別れたいのに別れられない…コロナ自粛が引き延ばす惰性の恋

七海 ライター
更新日:2020-05-03 07:18
投稿日:2020-04-28 06:00
別れたいけど、今じゃないかも…(写真:iStock)
別れたいけど、今じゃないかも… (写真:iStock)

「そろそろ別れを告げよう。春は別れの季節だし、いいよね」

 そう思っていた矢先、コロナの騒ぎが大きくなり自粛ムードがいっぱいで、なんだか別れを切り出す勇気が削がれた……そんなモヤモヤした状態で彼と「会うのも自粛しようか」と関係を切らずに続けている人もいるのではないでしょうか。

 思ってもみなかった理由で「今は別れられない」人の理由をご紹介します。

今は別れられない女性の3つの事情

意外な思いやりに惚れ直した(写真:iStock)
意外な思いやりに惚れ直した (写真:iStock)

今別れたら次の彼氏がいつ見つかるかわからない

「合コンも3カ月くらいやってないし、次の候補が見つけられるような状況じゃないし…」

 会社の人とさえ画面越しでしか会っていないのに、ましてや新しい出会いなんて望めない。そう思うと、今いる彼氏を手放すのは少し怖いし、もったいないと思ってしまいますよね。

「いつこの自粛が終わるかわからないまま彼氏と別れるのはなんだか怖い。不満はあるけど、彼氏がいないよりましかな、と思ってダラダラ連絡を取り続けてる」(27歳・事務)

 夏までにはおさまります! という明確な終止符がわからないからこそ、ダラダラと続けてしまうのかもしれません。

不安な情勢の中、一人になる勇気がない

 ツイッターでは本当か嘘かわからない噂が流れ、その日の夕方には今日の感染者数がニュースで報道される……そんな落ち着かない日々はストレスがたまるし、「このコロナ感染の自粛っていつ終わるの?」「もし自分が感染したらどうなるの?」などと不安も募りますよね。

「本当だったら別れるはずだったんだけど、コロナのせいで別れ話がうやむやになった。さっさと切りたいけど、不安や愚痴を思う存分話せるのは結局彼氏だけだから、連絡を断ち切ると孤独感が過ごそう」(25歳・保育士)

 人と離れて暮らしているからこそ、親密な関係が恋しくなり、恋人という存在がマストに思えることもあります。ダメ男でもいないよりはマシかな……とずるずる毎日通話してしまう、という人もいるのではないでしょうか。

意外としっかりしている、など惚れ直す面があった

 同棲しているカップルは特に、家で一緒に恋人と過ごす時間が増えたはず。もしお互いにテレワークになったりしていたら、彼が仕事をしている様を盗み見ることも当然、起こりますよね。

「ZOOM越しにテキパキ後輩に指示出しして真剣に仕事してるのをみたらちょっとむらむらしてしまった。喧嘩が増えるかも? と危惧していたけど、かえっていいところを見られたから別れの危機が少し去りました」(32歳・フリーランス)

 こんなに仕事ができるなんてかっこいい! と惚れ直したり、自分が取り乱して泣いていたら「大丈夫だよ」と根気強くあやしてくれたり、別れを密かに取りやめた人もいる一方、「自宅勤務中ずっとゲームしてる」「選挙にも行ったことがないくせに、ずっと政治家の批判をしている」なんてがっかりな面を見て、別れたい気持ちが加速している人もいるようです……。

終わりに

これからも一緒に歩める相手かどうか(写真:iStock)
これからも一緒に歩める相手かどうか (写真:iStock)

「コロナ自粛が終わったら絶対別れてやる」という人もいれば、「コロナが終わったら、この人と結婚してもいいな」と思う人もいるかもしれません。

 思ってもみない災害の渦中にいると、その人の真価が見えてきますよね。あなたの恋人や旦那さんはどうですか?

関連キーワード

ラブ 新着一覧


シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ
多様な生き方を!「結婚したいけど子供いらない派」の婚活道
 厚生労働省の調査によると、結婚後に生みたい子供の数は「2人」と答える人がもっとも多く、「結婚したいけど子供いらない派」...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ
「うん。抱きたい」大人女子が興奮するマル秘LINEのやり取り
 経験が豊富な大人女子は妄想も膨らみやすいため、男性から来たLINEで興奮する場合もあるのではないでしょうか?  今回...
恋バナ調査隊 2022-07-01 20:44 ラブ
「彼氏の機嫌を直す方法」たったそれだけ?実践あるのみです
 彼氏の機嫌が悪い時、理由を聞いても答えてくれなくて困った経験がある人もいるのではないでしょうか? 実は女性に比べて男性...
恋バナ調査隊 2022-06-29 06:00 ラブ