別れたいのに別れられない…コロナ自粛が引き延ばす惰性の恋

七海 ライター
更新日:2020-05-03 07:18
投稿日:2020-04-28 06:00
別れたいけど、今じゃないかも…(写真:iStock)
別れたいけど、今じゃないかも… (写真:iStock)

「そろそろ別れを告げよう。春は別れの季節だし、いいよね」

 そう思っていた矢先、コロナの騒ぎが大きくなり自粛ムードがいっぱいで、なんだか別れを切り出す勇気が削がれた……そんなモヤモヤした状態で彼と「会うのも自粛しようか」と関係を切らずに続けている人もいるのではないでしょうか。

 思ってもみなかった理由で「今は別れられない」人の理由をご紹介します。

今は別れられない女性の3つの事情

意外な思いやりに惚れ直した(写真:iStock)
意外な思いやりに惚れ直した (写真:iStock)

今別れたら次の彼氏がいつ見つかるかわからない

「合コンも3カ月くらいやってないし、次の候補が見つけられるような状況じゃないし…」

 会社の人とさえ画面越しでしか会っていないのに、ましてや新しい出会いなんて望めない。そう思うと、今いる彼氏を手放すのは少し怖いし、もったいないと思ってしまいますよね。

「いつこの自粛が終わるかわからないまま彼氏と別れるのはなんだか怖い。不満はあるけど、彼氏がいないよりましかな、と思ってダラダラ連絡を取り続けてる」(27歳・事務)

 夏までにはおさまります! という明確な終止符がわからないからこそ、ダラダラと続けてしまうのかもしれません。

不安な情勢の中、一人になる勇気がない

 ツイッターでは本当か嘘かわからない噂が流れ、その日の夕方には今日の感染者数がニュースで報道される……そんな落ち着かない日々はストレスがたまるし、「このコロナ感染の自粛っていつ終わるの?」「もし自分が感染したらどうなるの?」などと不安も募りますよね。

「本当だったら別れるはずだったんだけど、コロナのせいで別れ話がうやむやになった。さっさと切りたいけど、不安や愚痴を思う存分話せるのは結局彼氏だけだから、連絡を断ち切ると孤独感が過ごそう」(25歳・保育士)

 人と離れて暮らしているからこそ、親密な関係が恋しくなり、恋人という存在がマストに思えることもあります。ダメ男でもいないよりはマシかな……とずるずる毎日通話してしまう、という人もいるのではないでしょうか。

意外としっかりしている、など惚れ直す面があった

 同棲しているカップルは特に、家で一緒に恋人と過ごす時間が増えたはず。もしお互いにテレワークになったりしていたら、彼が仕事をしている様を盗み見ることも当然、起こりますよね。

「ZOOM越しにテキパキ後輩に指示出しして真剣に仕事してるのをみたらちょっとむらむらしてしまった。喧嘩が増えるかも? と危惧していたけど、かえっていいところを見られたから別れの危機が少し去りました」(32歳・フリーランス)

 こんなに仕事ができるなんてかっこいい! と惚れ直したり、自分が取り乱して泣いていたら「大丈夫だよ」と根気強くあやしてくれたり、別れを密かに取りやめた人もいる一方、「自宅勤務中ずっとゲームしてる」「選挙にも行ったことがないくせに、ずっと政治家の批判をしている」なんてがっかりな面を見て、別れたい気持ちが加速している人もいるようです……。

終わりに

これからも一緒に歩める相手かどうか(写真:iStock)
これからも一緒に歩める相手かどうか (写真:iStock)

「コロナ自粛が終わったら絶対別れてやる」という人もいれば、「コロナが終わったら、この人と結婚してもいいな」と思う人もいるかもしれません。

 思ってもみない災害の渦中にいると、その人の真価が見えてきますよね。あなたの恋人や旦那さんはどうですか?

七海
記事一覧
ライター
95年、雪国生まれ。元バニーガール広報兼ライター。大学3年の時にブログを始める。婚活と読書がルーティン。卒論は綿矢りさ。好きなタイプは高学歴童貞。13のマッチングアプリを駆使し、1年半で会った男性は100人を超える。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


彼氏のドタキャンから始まるイイ女道 いらっとしたら飲み込むのが得策
 楽しみにしていたデートをドタキャンされたら、誰だって悲しいものです。でも文句を言ったら、それが別れの原因になってしまう...
恋バナ調査隊 2023-09-26 06:00 ラブ
39歳、赤ちゃんを見ると母乳が出るような気に…出産のリミットを考える
 最近、お母さんの腕に抱かれている小さな赤ちゃんを見るとなんだかおっぱいがうずきます。  見てるだけで母乳が出るん...
まめ 2023-09-26 06:00 ラブ
外見が大事ですか? 見た目のことを言う男性の心理&3つの対処法
 どうせ恋愛をするなら、自分の中身をまるごと愛してほしいもの。でも、彼氏がやたらと見た目のことを言う男だと、がっかりしま...
恋バナ調査隊 2023-09-25 06:00 ラブ
「不倫の慰謝料」気になる使い道、サレ妻たちは何を思い、どう使った?
 夫に不倫された場合、相手の女性に慰謝料を請求できます。その相場は数十万円から数百万円ほど。時には1000万円以上になる...
恋バナ調査隊 2023-09-24 06:00 ラブ
当てはまりすぎて自分が怖い!? 恋愛ご無沙汰女性5つの特徴と脱出方法
 気が付いたら「数年、彼氏がいない……」なんて人はいませんか。あまりにもご無沙汰だと、恋愛の仕方すら忘れてしまいますよね...
恋バナ調査隊 2023-09-23 06:00 ラブ
「結婚6年でメシマズは致命傷」妻に抱かない宣言を突き付けた夫の決断
「冷酷と激情のあいだvol.161〜女性編〜」では、結婚6年目にして完全にセックスレスになり、夫婦で話し合うたびに状況が...
並木まき 2023-09-23 06:00 ラブ
夫の「2度と抱かない」宣言にタガが外れた43歳レス妻、潮目が変わった
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2023-09-23 06:00 ラブ
大失恋を経て婚約した男は視えてる? 20代ネイリストの幸福と恐怖 #1
 秋は結婚式の多い季節。 「ゼクシィ結婚トレンド調査2022」によると、結婚式の多い月は11月、10月、5月となっ...
蒼井凜花 2023-09-22 06:00 ラブ
やっておけばよかった…既婚女性が悔やむ「恋愛ときめき」7大イベント
 イベントは恋愛に欠かせないときめきエッセンス。結婚して落ち着いた今、「もっと、こんなことしておけばよかった」なんて後悔...
恋バナ調査隊 2023-09-22 06:00 ラブ
平静を装い1年…“不倫クソ夫”は絶対に許さない!妻たちの仕返しエピ3選
 夫に不倫された妻の苦しみは、計り知れません。家族や子供のために「許そう」と一人葛藤しながら、一生懸命生活しています。で...
恋バナ調査隊 2023-09-22 06:00 ラブ
「20代vs30代」女性の婚活バトルで判明!? 年齢は若いほど有利は幻想だ
 20代女性と30代女性、婚活中の男性はどちらを選ぶのか、がコンセプトのABEMA新恋リア番組『GIRL or LADY...
内藤みか 2023-09-21 06:00 ラブ
大好きな人とのキスでドン引き→集中できず“ご辞退申し上げた”思い出3選
 あなたは男性からのキスにドン引きした経験がありますか? 世の中には意中の彼からのキスでドン引きし、相手への気持ちが激萎...
恋バナ調査隊 2023-09-21 06:00 ラブ
親との関係が影響している可能性も…モラハラ夫を作り出す義母の特徴3つ
 妻に対して攻撃的な言動を繰り返す「モラハラ夫」に怯える女性は少なくありません。家にいても安心してくつろげず、いつも夫の...
恋バナ調査隊 2023-09-21 06:00 ラブ
他人事だとシャッターおろす前に確認を…泥沼不倫に陥る男の特徴と末路
 不倫は他人事と思っているかもしれませんが、あなたの夫が泥沼に陥ってしまう可能性もあります。夫婦関係がうまくいっていると...
恋バナ調査隊 2023-09-20 06:00 ラブ
モテる男攻略のめちゃ大事な第一歩は? 見た目もキャリアも平凡でOK!
 SNSを見ているとイケメンには、スタイル抜群の可愛い彼女がいます。  フォロワーが多かったり、特別なお仕事をして...
若林杏樹 2023-09-20 06:00 ラブ
貴女の度数は? フェロモンジャッジに挑戦! 相性抜群のメンズ香水も♪
 素敵な女性はいい香りがする――。  そう感じるのは、肌から放たれるフェロモンの効果。フェロモンが高まると色気だけ...
太田奈月 2023-09-19 06:00 ラブ