「コロナを機に目が覚めた」元不倫男の身勝手すぎる心変わり

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-05-10 06:06
投稿日:2020-05-09 06:00
 男女の関係では、交際相手の不可解な行動に悩む人も少なくありません。カップルでも、価値観や物事の判断はそれぞれ。ひとつの出来事への解釈や目的が、男性と女性では異なるケースも多いです。男性と女性では、関係の終わらせ方についても、思惑が大きく異なる場合もしばしば起きています。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、コロナ禍において別れを選ぶことになった不倫カップルから聞いた、“相手に理解されなかったホンネ”から、今回は不倫をしていた男性の言い分をお届けします。

「いつか終わりにしないと」と思っていた

浮気相手としては申し分のない女性だった(写真:iStock)
浮気相手としては申し分のない女性だった (写真:iStock)

「冷酷と激情のあいだ〜女性編~ #5」では、突然、不倫相手から別れを告げられたRさんの言い分をご紹介しました。では、恋人であった男性のTさんは、この出来事をどう捉えているのでしょうか。

「Rとは、1年以上付き合ってきましたけど、ぶっちゃけカラダだけの関係って言うか、セフレみたいな間柄だったんじゃないかなと思います。彼女から離婚をせがまれたこともないし、俺に家庭があることも気にしていないように見えたから、彼女も俺をセフレとして必要としているんだと思って付き合ってきました。

 デートもまぁ楽しんだけど旅行とかの遠出はしたこともないし、僕の一番の目的はセックスでしたね。家庭に不満があるわけでもなかったんだけど、妻とは子どもが生まれてからレスだったので、性欲をなんとかしたいってのが大きかったです。仕事の関係で知り合った子だったので、ビジネスの話ができたことや、仕事への価値観が近かったから、会話も面白く、Rは浮気相手として申し分のない女性でしたよ。

 だけど、コロナの問題が出てくる前から『いつまでもこんなこと続けられないな』と思っていたし、妻と離婚してRと再婚するなんてまったく考えていなかったので、Rのためにも、どこかで終わりにしないとな、とは思っていました」

家族のために奔走する妻

家族を守ろうとする妻を見て…(写真:iStock)
家族を守ろうとする妻を見て… (写真:iStock)

 サバサバとした不倫関係は、男性からは「都合のいい関係」に受け取られるケースも少なくありません。離婚をする気がさらさらない男性の場合、不倫を続けながらも、どこかで「いつか終わりにしないと」と考えているのも、よくある話です。

 そんなふうに漠然と考えていた矢先に、コロナ禍に見舞われたTさんは、自分に対して疑問を抱くようになったそうです。

「コロナの問題がだんだんと深刻になってきて、世間が落ち着かなくなってきたのと同時くらいに、僕自身、不倫をしている自分に『何をしているんだろう』って、疑問を感じ始めたんです。家に帰れば、妻が感染防止のために家中をアルコールで消毒して清潔にしてくれていて、専業主婦である自分や子どもが、外出時に万が一にも感染しないよう、食料品の買い物も細心の注意を払ってくれていて。とにかく必死で、コロナから家族を守りたいっていうのが妻の様子からヒシヒシと伝わってきました。

 それなのに、俺が外でセフレと会うのもおかしな話だし、俺は俺で、家族を生涯かけて守るって決めていたはずなのに、この一年、何をしてきたんだろう? って思い始めちゃって……。急に、不倫をするのがばかばかしく感じたし、虚しいなって思ったんです。それで、次にRに会ったときには、そういう話をして関係を終わりにしようって決めました」

 そして、別れ話をするつもりで向かった最後のデート。しかし、そこでTさんはRさんに別れ話を告げることはできなかったと言います。そのワケとは?

ラブ 新着一覧


“美人は3日で飽きる”は本当?男性たちの意外な本音を調査!
「美人は3日で飽きる」という言葉を、聞いたことがある人は多いはず。そして、「ブスは3日で慣れる」という言葉も……。でも、...
恋バナ調査隊 2020-12-06 06:00 ラブ
彼に復縁したいと思わせるには?復縁までにするべき行動4つ
 大好きな彼と別れてしまったけれど、どうしてもやり直したい!という気持ちが抑えられなくなることってありますよね。でも、復...
恋バナ調査隊 2020-12-06 06:00 ラブ
男はチャンスがあれば浮気する!怪しげな気配を見抜くコツは
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。宮崎謙介元衆院議員(39)二度目の不倫を文春砲にてスクープされました。ここ最...
山崎世美子 2020-12-05 06:00 ラブ
何をしてもダメ出し…妻に怯えながら家庭生活を営む夫の悲哀
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-12-05 05:48 ラブ
ルーズすぎる夫にメンタル限界…秘密裏に別居計画を進める妻
「冷酷と激情のあいだvol.23〜男性編〜」では、妻に対して怯えながら家庭生活を送っている男性であるOさんの心情をご紹介...
並木まき 2020-12-05 05:48 ラブ
もう泣きたくない…離婚から立ち直るために必要な期間は?
 長く厳しい離婚協議(または調停)を終え、やっと解放されたと思っても……悲しいかな、離婚は失恋以上に悲しみを引きずる場合...
七味さや 2020-12-04 06:00 ラブ
彼はLINEが苦手なだけ?彼の本音&“脈あり”を見抜く方法♡
 いい感じになった彼と連絡先を交換できたのに、LINEが盛り上がらなくて悩んでいる人は多いようです。しかし、実際のところ...
恋バナ調査隊 2020-12-04 06:00 ラブ
好きな人とお揃いのグッズが欲しい♡ おすすめアイテムを紹介
 あなたは好きな人とペアグッズを持ったことがありますか? 中には「恥ずかしいから」という理由でペアグッズを持たない人もい...
恋バナ調査隊 2020-12-03 06:00 ラブ
目指すはスルメ系女子? 噛むほどに味が出る女性の特徴7つ
 男女の性質を、「◯◯系」という括りで表しがちな昨今。実は今、見直されているのが、“スルメ系女子”。その言葉の通り、スル...
リタ・トーコ 2020-12-03 06:00 ラブ
彼女がいても…彼が「元カノ」と連絡を取り続ける理由って?
 なぜ、私たちの恋人は元カノと連絡を取り続けるのでしょうか。面と向かって「連絡取らないでよ」というのは重たいけれど、連絡...
ミクニシオリ 2020-12-02 06:00 ラブ
イケメンと付き合いたい女性がすべき5つの行動&出会い方♡
「彼氏がイケメンだったらいいなぁ」と、思う女性は多いのではないでしょうか? 同じセリフや行動でも、イケメンがするだけで特...
恋バナ調査隊 2020-12-02 06:00 ラブ
彼の本性が見える!結婚相手選びでチェックすべき一つのこと
「何で、結婚する前に分からなかったの?」  これは、夫婦仲が悪くなって悩んでいる人に絶対言ってはいけない言葉です。...
田中絵音 2020-12-01 06:00 ラブ
9年前にお見合いした別の優良物件男からクズ過ぎる連絡が。
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-12-01 06:00 ラブ
モテ女子に学べ♡片思い中LINEの注意点&効果的な送り方
 片思いの彼とLINE交換ができたのは良いけれど、どんなメッセージを送れば関係を発展させられるかと、悩んでいる人は多いよ...
2020-12-01 06:00 ラブ
【女性版】マッチングアプリで「モテ無双」できる写真とは?
 日常生活で「いい出会いがない」と嘆いたり、マッチングアプリは昔やっていたけれど、なかなかマッチしなかったと不満に思う方...
若林杏樹 2020-12-03 10:16 ラブ
気分屋の彼氏と幸せになれる?特徴&上手に付き合うコツ4つ
 気分屋の彼氏と付き合っていると、本当に疲れますよね。日によって言うことが違ったり、機嫌がコロコロ変わったり……。好きな...
恋バナ調査隊 2020-11-30 06:00 ラブ