「コロナを機に目が覚めた」元不倫男の身勝手すぎる心変わり

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-05-10 06:06
投稿日:2020-05-09 06:00
 男女の関係では、交際相手の不可解な行動に悩む人も少なくありません。カップルでも、価値観や物事の判断はそれぞれ。ひとつの出来事への解釈や目的が、男性と女性では異なるケースも多いです。男性と女性では、関係の終わらせ方についても、思惑が大きく異なる場合もしばしば起きています。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、コロナ禍において別れを選ぶことになった不倫カップルから聞いた、“相手に理解されなかったホンネ”から、今回は不倫をしていた男性の言い分をお届けします。

「いつか終わりにしないと」と思っていた

浮気相手としては申し分のない女性だった(写真:iStock)
浮気相手としては申し分のない女性だった (写真:iStock)

「冷酷と激情のあいだ〜女性編~ #5」では、突然、不倫相手から別れを告げられたRさんの言い分をご紹介しました。では、恋人であった男性のTさんは、この出来事をどう捉えているのでしょうか。

「Rとは、1年以上付き合ってきましたけど、ぶっちゃけカラダだけの関係って言うか、セフレみたいな間柄だったんじゃないかなと思います。彼女から離婚をせがまれたこともないし、俺に家庭があることも気にしていないように見えたから、彼女も俺をセフレとして必要としているんだと思って付き合ってきました。

 デートもまぁ楽しんだけど旅行とかの遠出はしたこともないし、僕の一番の目的はセックスでしたね。家庭に不満があるわけでもなかったんだけど、妻とは子どもが生まれてからレスだったので、性欲をなんとかしたいってのが大きかったです。仕事の関係で知り合った子だったので、ビジネスの話ができたことや、仕事への価値観が近かったから、会話も面白く、Rは浮気相手として申し分のない女性でしたよ。

 だけど、コロナの問題が出てくる前から『いつまでもこんなこと続けられないな』と思っていたし、妻と離婚してRと再婚するなんてまったく考えていなかったので、Rのためにも、どこかで終わりにしないとな、とは思っていました」

家族のために奔走する妻

家族を守ろうとする妻を見て…(写真:iStock)
家族を守ろうとする妻を見て… (写真:iStock)

 サバサバとした不倫関係は、男性からは「都合のいい関係」に受け取られるケースも少なくありません。離婚をする気がさらさらない男性の場合、不倫を続けながらも、どこかで「いつか終わりにしないと」と考えているのも、よくある話です。

 そんなふうに漠然と考えていた矢先に、コロナ禍に見舞われたTさんは、自分に対して疑問を抱くようになったそうです。

「コロナの問題がだんだんと深刻になってきて、世間が落ち着かなくなってきたのと同時くらいに、僕自身、不倫をしている自分に『何をしているんだろう』って、疑問を感じ始めたんです。家に帰れば、妻が感染防止のために家中をアルコールで消毒して清潔にしてくれていて、専業主婦である自分や子どもが、外出時に万が一にも感染しないよう、食料品の買い物も細心の注意を払ってくれていて。とにかく必死で、コロナから家族を守りたいっていうのが妻の様子からヒシヒシと伝わってきました。

 それなのに、俺が外でセフレと会うのもおかしな話だし、俺は俺で、家族を生涯かけて守るって決めていたはずなのに、この一年、何をしてきたんだろう? って思い始めちゃって……。急に、不倫をするのがばかばかしく感じたし、虚しいなって思ったんです。それで、次にRに会ったときには、そういう話をして関係を終わりにしようって決めました」

 そして、別れ話をするつもりで向かった最後のデート。しかし、そこでTさんはRさんに別れ話を告げることはできなかったと言います。そのワケとは?

ラブ 新着一覧


FILM
 長続きするカップルと、しないカップルっていますよね。「ただの相性でしょ!」と思いたくなりますが、なぜかいつもすぐ別れて...
恋バナ調査隊 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 夏は、開放的な気持ちになる男性も多く、例年、火遊び的な恋愛も増えるシーズン。秋らしくなってきた今は、夏のあいだに知り合...
並木まき 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 彼氏に限らず、男友達や上司から「お前」と呼ばれた経験がある女性は多いはず。「不快だな」と感じる女性も多い、この「お前」...
孔井嘉乃 2020-09-22 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-22 06:00 ラブ
FILM
 出会った頃はラブラブだったのに、1年も経つと扱いがだんだん雑になってきて、彼氏から「別れたいオーラ」が漂うように……。...
若林杏樹 2020-09-21 06:00 ラブ
FILM
 女性はついつい自分の彼氏と友達の彼氏を比べて、優劣をつけてしまうことがあります。比べても意味がないことはわかっているの...
恋バナ調査隊 2020-09-21 06:00 ラブ
FILM
 はじめまして。相談をさせてください。私は通勤の電車で会う方が気になっています。  その方とは乗り降りする駅がとも...
神崎メリ 2020-09-20 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性に送るLINE。顔が見えない分、積極的にアプローチできるからと、相手の気持ちも考えずにLINEを送っていま...
恋バナ調査隊 2020-09-20 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-19 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-19 06:00 ラブ
FILM
 好きだった彼と付き合うことになったら、誰だって「ずっと一緒にいたい」と思うものでしょう。しかし、一緒にいる時間が長くな...
恋バナ調査隊 2020-09-19 06:00 ラブ
FILM
 離婚経験者のみなさま、離婚した理由を周りに聞かれることって、ありますよね? その時、どんな風に説明していますか? ...
七味さや 2020-09-18 06:00 ラブ
FILM
「理想の男性は?」と聞かれた時、“頼りがいがある年上男性”と答える女性は多いでしょう。年上男性は仕事経験だけでなく人生経...
恋バナ調査隊 2020-09-18 06:00 ラブ
FILM
 近ごろ、マッチングアプリでママ活を始めようとする社会人男性が急増しています。なかには「40代ですがママ募集してます」と...
内藤みか 2020-09-17 06:00 ラブ
FILM
 男性をデートに誘う時、LINEなら顔を見なくて済むので勇気も出ますよね♡ でも、どんな風に誘ったら良いのか悩んでしまっ...
恋バナ調査隊 2020-09-17 06:00 ラブ
FILM
 “駆け引き”と聞くと、あまり良いイメージを持たない方も多いでしょう。しかし、恋愛においては、時に駆け引きが必要なことも...
恋バナ調査隊 2020-09-16 06:00 ラブ