「コロナを機に目が覚めた」元不倫男の身勝手すぎる心変わり

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-05-10 06:06
投稿日:2020-05-09 06:00
 男女の関係では、交際相手の不可解な行動に悩む人も少なくありません。カップルでも、価値観や物事の判断はそれぞれ。ひとつの出来事への解釈や目的が、男性と女性では異なるケースも多いです。男性と女性では、関係の終わらせ方についても、思惑が大きく異なる場合もしばしば起きています。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、コロナ禍において別れを選ぶことになった不倫カップルから聞いた、“相手に理解されなかったホンネ”から、今回は不倫をしていた男性の言い分をお届けします。

「いつか終わりにしないと」と思っていた

浮気相手としては申し分のない女性だった(写真:iStock)
浮気相手としては申し分のない女性だった (写真:iStock)

「冷酷と激情のあいだ〜女性編~ #5」では、突然、不倫相手から別れを告げられたRさんの言い分をご紹介しました。では、恋人であった男性のTさんは、この出来事をどう捉えているのでしょうか。

「Rとは、1年以上付き合ってきましたけど、ぶっちゃけカラダだけの関係って言うか、セフレみたいな間柄だったんじゃないかなと思います。彼女から離婚をせがまれたこともないし、俺に家庭があることも気にしていないように見えたから、彼女も俺をセフレとして必要としているんだと思って付き合ってきました。

 デートもまぁ楽しんだけど旅行とかの遠出はしたこともないし、僕の一番の目的はセックスでしたね。家庭に不満があるわけでもなかったんだけど、妻とは子どもが生まれてからレスだったので、性欲をなんとかしたいってのが大きかったです。仕事の関係で知り合った子だったので、ビジネスの話ができたことや、仕事への価値観が近かったから、会話も面白く、Rは浮気相手として申し分のない女性でしたよ。

 だけど、コロナの問題が出てくる前から『いつまでもこんなこと続けられないな』と思っていたし、妻と離婚してRと再婚するなんてまったく考えていなかったので、Rのためにも、どこかで終わりにしないとな、とは思っていました」

家族のために奔走する妻

家族を守ろうとする妻を見て…(写真:iStock)
家族を守ろうとする妻を見て… (写真:iStock)

 サバサバとした不倫関係は、男性からは「都合のいい関係」に受け取られるケースも少なくありません。離婚をする気がさらさらない男性の場合、不倫を続けながらも、どこかで「いつか終わりにしないと」と考えているのも、よくある話です。

 そんなふうに漠然と考えていた矢先に、コロナ禍に見舞われたTさんは、自分に対して疑問を抱くようになったそうです。

「コロナの問題がだんだんと深刻になってきて、世間が落ち着かなくなってきたのと同時くらいに、僕自身、不倫をしている自分に『何をしているんだろう』って、疑問を感じ始めたんです。家に帰れば、妻が感染防止のために家中をアルコールで消毒して清潔にしてくれていて、専業主婦である自分や子どもが、外出時に万が一にも感染しないよう、食料品の買い物も細心の注意を払ってくれていて。とにかく必死で、コロナから家族を守りたいっていうのが妻の様子からヒシヒシと伝わってきました。

 それなのに、俺が外でセフレと会うのもおかしな話だし、俺は俺で、家族を生涯かけて守るって決めていたはずなのに、この一年、何をしてきたんだろう? って思い始めちゃって……。急に、不倫をするのがばかばかしく感じたし、虚しいなって思ったんです。それで、次にRに会ったときには、そういう話をして関係を終わりにしようって決めました」

 そして、別れ話をするつもりで向かった最後のデート。しかし、そこでTさんはRさんに別れ話を告げることはできなかったと言います。そのワケとは?

ラブ 新着一覧


好きじゃない男性と付き合う5つのメリット&ポイントとは
「彼氏がいる」と聞くと、多くの人は「彼のことが好きだから付き合っている」と思うでしょう。しかし、恋愛のはじまり方はさまざ...
恋バナ調査隊 2021-05-07 06:00 ラブ
キスの場所には意味がある♡ パーツ別に隠れた14の男性心理
 恋人同士が愛情を伝えるために交わす、「キス」。実は、キスには場所ごとに意味があるのをご存知でしょうか? 今回は、厳選し...
リタ・トーコ 2021-05-07 06:00 ラブ
年下男性からの好感度アップ!年上女性のLINEメッセージテク
 最近、LINEでのモテメッセージの傾向に変化が起きています。スタンプを散りばめた派手なメッセージよりも、落ち着いたオト...
内藤みか 2021-05-06 06:00 ラブ
結婚に失敗する人の特徴&後悔しないためのチェックポイント
「いつか素敵な人と結婚して幸せになりたい」と、思っている人は多いでしょう。しかし、現実はそう甘くはありません。今では、3...
恋バナ調査隊 2021-05-06 06:00 ラブ
同棲彼氏とのマンネリに悩まない!ラブラブに過ごす方法とは
 カレと同棲を初めてある程度月日が経過すると、お互いにいい意味でも悪い意味でも慣れてしまい、コミュニケーションが少なくな...
若林杏樹 2021-05-05 06:00 ラブ
いくつ当てはまる? モテない女性の共通点5つ&卒業する方法
 女性の中には、「どうして私はモテないのだろう?」と、疑問を抱いている人がいます。自分のことは1番分かっているつもりでも...
恋バナ調査隊 2021-05-05 06:01 ラブ
付き合っていることを隠す彼氏の男性心理5つ&NG行動は?
 せっかく彼氏ができても、付き合っていることを周囲に隠されていると、「もしかして遊ばれているのかな……」「私を紹介するの...
恋バナ調査隊 2021-05-04 06:00 ラブ
一番に顔が思い浮かぶのは…? パートナーとの価値観の違い
 うれしいことやつらいことがあった時に、いちばんに思い浮かぶのは誰の顔ですか? 誰に真っ先に伝えたいと思うでしょうか? ...
七味さや 2021-05-03 06:00 ラブ
理系女子の恋愛あるある5つ♡ 相性バツグンの男性の特徴は?
 いつも理論的な、「リケジョ」こと理系女子。頭の回転が早くて、なんとなく甘えるのが苦手そうな彼女たちは、いったいどんな恋...
恋バナ調査隊 2021-05-03 06:00 ラブ
やっぱりピュアな人が一番モテる♡ 心が綺麗な女性の特徴7つ
 心がピュアな女性というと、真っ白くて純粋な心を持ち、人の苦しむ姿に涙する……なんて、まさに、“デキた人柄”を思い浮かべ...
恋バナ調査隊 2021-05-02 06:00 ラブ
コロナ禍のLINE恋愛術5選♡彼との距離をぐっと縮めよう
 長引くコロナ禍によって、人と会う機会が大幅に減ってしまった昨今。その影響は、これから彼氏を作ろうと思っていた女性たちに...
恋バナ調査隊 2021-05-02 06:00 ラブ
運命の結婚相手とは相性が悪いという少しスピリチュアルなお話
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。出会って一緒になった運命の相手。結婚披露宴は人生で一番と言っていいほど“自分...
山崎世美子 2021-05-01 12:56 ラブ
法律婚から事実婚へ…結婚関係の格下げを提案された夫の狼狽
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-05-01 06:22 ラブ
この人とはもう無理…法律婚を解消し事実婚を望んだ妻の胸中
「冷酷と激情のあいだvol.37〜男性編〜」では、法律婚をしていた妻から「事実婚」への変更を提案され、どうしても受け入れ...
並木まき 2021-05-01 06:19 ラブ
ルノルマン占い〜5月の恋愛運〜 後半の混乱期を乗り切るには
 ルノルマンカードとは、18世紀に活躍していた歴史上有名な占い師であるマダム・ルノルマンの占いから生まれたカードで、トラ...
七色翡翠 2021-05-01 06:00 ラブ
コロナ禍の結婚はコスパ良し? これからの婚活方法を考える
 新型コロナウィルスの猛威により、外出自粛生活が始まって早一年。3度目の緊急事態宣言が発令され、マスクなしで生活ができる...
田中絵音 2021-04-30 06:00 ラブ