遊び目的…?不倫男性の態度で分かる本音&別れる時のルール

リタ・トーコ ライター
更新日:2020-06-24 06:00
投稿日:2020-06-24 06:00
 世を騒がせる芸能人の不倫劇……。法律的にも「いけないこと」だと分かっているのに、結婚をしてもなお、遊び目的での不倫をやめられない男性はたくさんいます。そんな男性にハマらないためにも、今回は不倫男性の態度で分かる本音や、別れる際のルールをご紹介します。

なぜ不倫をするの? 遊びたくなる男性の本音

いつまでも現役でいたいという心理(写真:iStock)
いつまでも現役でいたいという心理 (写真:iStock)

 不倫経験のある男性の割合は、なんと「7割」とも言われています。もちろん、その中にはお互いが本気になる不倫もあるでしょう。でも中には「遊び」が目的で女性に近づく男性もいます。

 そもそも、そんな不倫男性は、なぜ遊びたくなるのでしょうか?

妻との不仲

 価値観の違いや性の不一致など、妻との不仲が原因で不倫を始める男性は多いようです。特に、小さな子どもがいるご家庭の場合には、子ども中心の生活を余儀なくされます。自分の居場所を感じられず「外に安らげる場所を作りたい」と身勝手に思う男性もいるようです。

男性として見られる喜びを感じたい

 不倫相手の女性から「男性」として扱われることに喜びを感じて、遊びがやめられない男性も多いです。「いつまでも現役でいたい」と思うのは、“男性のサガ”と言い切る方もいます。

 不倫相手の女性から尊敬や憧れの眼差しを向けてもらえることで、男性としてのプライドや自信を保てるのでしょう。

癒されたい

「癒されたい」という思いから、不倫が始まることも。仕事や家庭で頑張っていたり、強く見える男性に限って甘えたり、安らげる場所を求める傾向にあるそうです。

 本来であれば癒してくれるはずの妻にないがしろにされているような状況であれば、なおさら自分を好きと言ってくれる女性に癒しを求めてしまうことも。

恋愛欲や性欲を満たしたい

「性欲を満たしたい」という単純な理由で、不倫を始める男性もいます。お店などで欲求を解消する人もいますが、中には「お金がかからず疑似恋愛を楽しめるから」という理由で、身近にいる女性に近づく男性もいます。

浮気や不倫を悪いと思っていない

 一般的には、家庭を持ったら遊び心は封印し、妻や子供を守る夫や父親になるというのがセオリー。しかし、独身の頃から浮気や不倫を悪いと思っていない男性は少なからずいます。

 1人の女性で満足できない性質であったり、人を信用できない性格であったりと理由はさまざまですが、こういった男性はタチが悪く、結婚してからも遊びを繰り返します。

遊び目的で近づく不倫男性の5つの態度

合うタイミングはいつも相手の都合(写真:iStock)
合うタイミングはいつも相手の都合 (写真:iStock)

 遊び目的で近づく不倫男性には共通した態度があります。ハマってしまわないためにも、不倫男性の態度を見極めてくださいね。

1. 会うのはいつも男性都合

 遊び目的の不倫男性は、いつも自分都合で動きます。連絡は次に会う時間や場所だけを簡潔に提示するだけだったり、こちらから連絡をしても素っ気ない返信しか送ってこなかったり。

 こういった男性に限ってリスクや責任を負う覚悟もないため、電話やLINEなどの連絡をしないようにと、言われることもあるでしょう。

2. お金や手間をかけない

 男性は好きな女性に対して、お金や手間をかけることで愛情を示そうとします。つまりは、遊び目的だと思っている女性に対しては、そういった行動を見せないのです。

 プレゼントやデートプランに手間をかけないのはもちろん、食事やホテル代など全てにおいてできるだけ安く済ませようとする男性には、注意が必要です。

3. 口先だけで愛を述べる

 遊びの不倫をする男性は、ほとんどの場合、体が目的。その関係に持ち込めそうであったり、または、都合の良い関係を続けられそうであれば、「君だけだよ」「本気だ」なんて、口先だけの愛を述べます。

 問題は、そういった不倫男性は相手が自分に好意があることを知っていて、発言しているということ。一見優しく、口がうまいため、女性がハマってしまうケースも多いです。本気なのであれば、言葉よりも行動で表すことを忘れてはいけません。

4. デートがワンパターン

 ご飯を食べた後、ホテルに行き、体を重ねて……そんなワンパターンなデートしかしない不倫男性も、残念ながら遊び目的である可能性が高いです。ましてや、待ち合わせも別れる場所もホテルなんて、グレーどころか真っ黒です。

 たとえ不倫だとしても大切に思う相手であれば、いろいろな場所に行って思い出を共有しようとしたり、喜ばせたいと思うものでしょう。

5.「離婚はしない」と宣言している

 態度どころか、「離婚はしない」と宣言する男性も多いのが現状。つまりは、「あなたのことは遊びですよ」と、ハナから言いのけているのです。

「それでもいいから」とお付き合いをする女性の多くは、男性に惚れてしまっている状態。「あんなことを言っていたけど、いつか……」と、淡い希望を抱き、ずるずると関係が続いてしまうこともありますが、これは無駄! 早々に別れた方が自分のためでしょう。

もう不倫をやめたい! 別れる時の3つのルール

綺麗になんて別れられない(写真:iStock)
綺麗になんて別れられない (写真:iStock)

「薄々わかっていたけれど、やっぱり遊びだったのかな……」と、肩を落としている女性もいるかもしれませんね。刺激やドキドキではなく、「つらい」という気持ちが勝ってしまったら、「不倫をやめる」という選択肢を持つことも時には必要。

 しかし、ここで心に留めるべきは、遊びだったにせよ、遊ばれたにせよ、不倫をしたあなたも同罪だということ。別れる時の3つのルールを見ていきましょう。

1. 綺麗に別れようなんて思わない

 どんな恋愛でも、できれば「綺麗に別れたい」と思うのが女性でしょう。「最後に別れ話をちゃんとしたい」と思う方も多いですが、そこで湧いてしまうのが情や未練。どう見ても未来がないのに、「やっぱり別れられない」と、続ける男女を見たことがある方も多いのではないでしょうか?

 泣いたり感情的になればなるほど、相手から執着されるリスクも高まります。一度別れる覚悟を決めたら、相手にどう思われようともきっぱりと縁を断つのが良いでしょう。

2. 終わっても公にしない

 不倫を終わらせた後、「もう時効だから」なんて公にする女性もいますが、たとえ終わっても不倫は不倫。「道ならぬ道だった」ということを、忘れてはいけません。

 中には、遊ばれた悔しさから報復をしようと思う女性もいるようですが、終わった後のことを赤裸々にひけらかすことは、自分の恥にもなります。そんな格好の悪いことは避けましょう。相手の妻から自分に対して、慰謝料請求などが起こるリスクも高まります。

3. 決して振り返らない

 一般的な恋愛であれば、同棲や結婚などの将来を想像することができるでしょう。しかし、不倫の中でも、遊ばれている可能性が高い場合、未来を想像することはもちろん、何も得られません。たとえ関係がバレたとしても多くの場合、男性は家庭へと戻っていきます。結果、傷つくのは女性だけ。

 一度決めたら、決して振り返らないで。甘い誘惑に負けそうであれば、全ての連絡手段を断って、甘えられない状況を作りましょう。

遊びの不倫なんて願い下げ! 男性は星の数ほどいる

気持ちを断ち切る勇気を持とう(写真:iStock)
気持ちを断ち切る勇気を持とう (写真:iStock)

 遊び目的で不倫をする男性は、おそらく常習犯であることが多いです。「こっちも割り切って付き合えばいいか」なんて思っていても、本気で好きになってしまうことは多々あります。

 でも、私も一人の女性として言うならば、「遊ばれるなんて絶対嫌!」が、本音なのでは? 誰かの一番になる喜びを知る方が、おそらく幸せです。

 男性としてのプライドを保ちたいから不倫をする男性も多いですが、女性としてのプライドを持って、「遊びなら願い下げ!」とお断りをする勇気を持つことも大切。男性は星の数ほどいるのですから。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 突然強い孤独感に襲われる……。今後の人生も、ずっとこのまま独りなのではないかーーそんな漠然とした不安感で眠れない夜を過...
七味さや 2020-08-07 06:00 ラブ
FILM
「モテる人」の条件は、時代によっても変化します。コロナ禍の今は、これまで以上に男女間においてのさまざまな場面における「価...
並木まき 2020-08-07 06:00 ラブ
FILM
 シリーズでご紹介している「男女の恋愛観まるっと調査」! 今回は、東京と大阪の中間に位置する、愛知県、岐阜県、三重県、静...
FILM
 自宅にこもってばかりで退屈な日々を送っている女性が大勢います。なかには暇つぶしにとマッチングアプリに登録する人も。けれ...
内藤みか 2020-08-06 06:00 ラブ
FILM
「なんだか最近、モテてる……?」そんな素敵な状況が訪れている人はいませんか? 今まで男性になかなか相手にされなかったの...
恋バナ調査隊 2020-08-06 06:00 ラブ
FILM
 ひと昔前は、「年下の若い女性が好み」という男性が多かったのですが、最近では年上の女性に魅力を感じる年下男性が増加傾向に...
恋バナ調査隊 2020-08-05 06:00 ラブ
FILM
 仕事でもプライベートでも、仲良くなりたい相手との話が合わない時ってありますよね。生まれた年代や趣味が違いすぎて、共通の...
若林杏樹 2020-08-04 06:00 ラブ
FILM
 いつまでも仲良くいたくても、恋人との関係は思いがけない方法に進んでしまうことがあります。一方的に別れを切り出されること...
恋バナ調査隊 2020-08-04 06:00 ラブ
FILM
 男性は「過去に付き合った彼女は、いつまでも自分のことを好き」だと思っていることが多いようです。それでも復縁したくなるほ...
恋バナ調査隊 2020-08-03 06:00 ラブ
FILM
 甘え上手な女性は同性から見ると、少しマイナスなイメージを持たれがち。しかし、それと同時に異性に上手に甘える彼女たちを見...
恋バナ調査隊 2020-08-02 06:00 ラブ
FILM
 令和の時代になっても、昭和かと思うほどに、古典的な嫁イビリをする義母が散見されます。そんな義母との関係によって、想像を...
並木まき 2020-08-02 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。人間の五感(視覚 聴覚 味覚 触覚 嗅覚)を超越した直感を“第六感”と呼びま...
山崎世美子 2020-08-01 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる女性の中には、夫を思い通りにコントロールできないと、不機嫌になるタイプも珍しくありません。さらには自分の...
並木まき 2020-08-01 06:00 ラブ
FILM
 離婚後の大きな不安の一つ、お金の問題。結婚や出産によって女性が仕事を辞めざるを得ないケースも多い中、離婚すれば経済的に...
七味さや 2020-07-31 06:00 ラブ
FILM
 もはや調子に乗っているとしか思えない義母の態度や発言に対し、我慢の限界を迎える女性も。そんな義母に対して、真実や本音を...
並木まき 2020-07-31 06:00 ラブ
FILM
 まだまだ感染症の心配が残り、慎重な行動が求められる今日このごろですが、出会い系にはまだ「今日会える人いませんか?」と呼...
内藤みか 2020-07-30 06:00 ラブ