元彼と体だけの関係に陥りやすい女性の特徴&5つの男性心理

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-06-14 06:00
投稿日:2020-06-14 06:00
「別れたのに元彼との関係がやめられない」「切ったはずなのに、ズルズルと続いてしまう」、そんな関係が続く女性には共通する特徴がいくつかあるようです。今回は、元彼との関係が続いてしまう女性の特徴と、元彼との縁が切れない心理について詳しくご紹介します。

元彼と体だけの関係に陥りやすい女性の3つの特徴!  

別れたはずなのに……(写真:iStock)
別れたはずなのに…… (写真:iStock)

 別れたはずなのに、元彼と体だけの関係が続いている……そんな経験がある方は少なくないでしょう。いつかは切りたいと思っていても、気づけばかなりの時間が経ってしまうこともあります。

 実は、こんな風な関係が続きやすい女性には3つの特徴があるんです。まずは、それぞれの特徴から見ていきましょう。

1. 好きな気持ちが捨てられない

 元彼と体だけの関係が続く1番辛いパターンが、元彼に未練がある場合です。好きな気持ちがあると、どんな形でもつながっていたいと思ってしまう女性は多いでしょう。

 いつかはやめなくちゃ……と思いながらもズルズルと関係が続いてしまうため、復縁のきっかけを逃してしまうだけではなく、新たな恋に進むことも難しくなってしまいます。

 まずは、自分がこの先どうしたいかをしっかり考えて、決断するようにしましょう。時には、踏ん切りも必要ですよ。

2. 人肌が恋しい寂しがり屋なタイプ

 人肌が恋しいと感じやすい寂しがり屋なタイプも、元彼と体だけの関係が続きやすいタイプでしょう。なんとなく寂しい時に元彼に連絡をしてしまい、切るに切れない都合の良い関係になってしまうこともあるでしょう。

 お互い彼や彼女がいない時であればまだ良いですが、どちらかにパートナーがいる場合には、ほかのトラブルを招く可能性もあるため、好きな気持ちがないのであれば関係に終止符を打った方が良いでしょう。

3. 彼氏がいない時の相手としてベスト

 彼氏が途切れた瞬間に思い浮かぶのが、「元彼だった」というケースも少なくありません。体の関係に発展するつもりがなくとも、その場の流れで体だけの関係になってしまうこともあるでしょう。

「1、2度会う程度」と思っていたはずが、気づけば体だけの関係になってしまい、次へのステップを逃してしまうこともあるため、気をつける必要があります。

元カノと体だけの関係を持つ5つの男性心理

今カノと上手くいってないからかも(写真:iStock)
今カノと上手くいってないからかも (写真:iStock)

 元彼と体だけの関係になりやすい女性の特徴をご紹介しましたが、そもそも「元彼」である男性側は、どのような心理で元カノとの関係を続けるのでしょうか? お次は、そんな元カノと体だけの関係を続けようとする、男性心理についてお伝えします。

1. 体の相性がよかった

 男女には、体の相性というものがあります。体の相性は本質的なところでもあるため、なかなか合わせられるものではありません。特に男性は付き合う上で体の相性を重視する傾向にあるため、別れた後でも相性が良い相手を忘れられないというケースも多いのです。

 そのため、元カノと体の相性が良かったと感じている男性の中には、「体の関係だけでも続けたい」と思う方もいます。なんの前触れもなく急に連絡をしてくるケースは、体の関係に持っていこうとしている可能性もあるため、注意が必要でしょう。

2. 今カノとマンネリ化しているから

 今カノとマンネリ化していたり、喧嘩などをきっかけに関係がこじれている場合、元カノに急に会いたくなるのも男性の心理でしょう。

 うまくいってる時は思い出すことすらなかったものの、今カノとの間に隙間がある時に元カノを美化してしまい、連絡を入れることがあります。「最近どう?」など、近況報告を兼ねた連絡には、少し警戒した方が良いかもしれません。

3. 自分のことをまだ好きだと思っているから

 男性は、過去に付き合った女性から「ずっと好意を持たれている」と思う傾向にあります。そのため、不意に元カノを思い出した時に連絡をしたくなる男性もいるでしょう。

 自分のことをまだ好きだと思っている心理状態で、お誘いの連絡が来ることも……! 元彼と会う場合には体だけの関係にもつれ込まないよう、しっかりとした意思表示が大切です。

4. たくさんの女性と関係を持ちたいから

 男性の中には、とにかく複数名と体だけの関係を持ちたがる方もいるようです。いわば、「都合よく割り切った関係」ですね。そんな相手を探している時、真っ先に思い浮かべるのが元カノというパターンも少なくないでしょう。

 誘い文句として、復縁する気がないのに復縁を持ちかけてくることもあります。お互いの利害が一致している場合には良いですが、少しでも未練がある場合には気をつけなくてはなりません。元彼に未練があるとつけ込まれやすくなってしまうため、すぐに体を許すことは避けた方が良いでしょう。

5. 自分のことをわかってくれるから

 体だけの関係を求める男性の中には、元カノとの思い出に浸っているという方もいます。何かうまくいかない時、「自分のことをよくわかっている元カノに頼りたい」と思ってしまうのです。

 母性の強い女性は、そんな元彼をほっとけなくなることもあるでしょう。男性の「甘えたい」という心理から、体だけの関係に発展してしまうこともあるため、注意しましょう。

男性には裏があることも…元彼との体だけの関係に終止符を!

疑問を感じたらお別れする勇気も(写真:iStock)
疑問を感じたらお別れする勇気も (写真:iStock)

 女性は、体でつながった相手を好きになってしまう傾向にあります。それが、元彼だったとしても例外ではないでしょう。

 元彼と体だけの関係を持つことは、あなたにとって必ずしもプラスのことではありません。少しでも今の関係に疑問を抱く場合には、一歩踏み出して終止符を打つ勇気も必要です。

 男性心理についてもご紹介しましたが、元彼からの誘いには裏があることもあります。この記事を参考にして、ぜひ新しい一歩を踏み出して下さいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


元カレから連絡キタ…復縁できる? 元カノにLINEする男性心理
 未練が残る元カレから連絡がくるとドキッとしますよね。「最近調子どう? 元気?」なんてきたら、嬉しさと切なさでいっぱいに...
若林杏樹 2022-07-06 06:00 ラブ
イケメン夫と結婚した妻の本音…“超絶幸せ”と“憂鬱”どっち?
 婚活中の女性に、どんな人と結婚したいかを聞くと、性格や経済面を差し置いて、まず最初に「イケメン」と答える人がいます。ま...
田中絵音 2022-07-06 06:00 ラブ
「ギャップモテ」40代女性でも使えるのか問題!NG行動あるよ
 ギャップのある女性は、年齢に関係なく男性からモテるもの。40代女性で「ギャップモテ」を狙っている人もいるでしょう。そこ...
恋バナ調査隊 2022-07-06 06:00 ラブ
シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ