嫁は頭を抱える日々…やりたい放題でも開き直る姑たちの生態

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-07-06 06:00
投稿日:2020-07-06 06:00
 義母とお嫁さんの関係になると、いつの時代も、トラブルはつきものなのかもしれません。しかし問題が起き、完全に義母側に非がある場合、驚くことに開き直ってしまう人もいる模様。こうなると、嫁の立場からは、頭を抱えるしかないようで……。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、問題が起きるたびに開き直る義母の実態をお届けします。

1:妻の実家に暴言を吐いても平然

妻の実家に平気で暴言を吐く(写真:iStock)
妻の実家に平気で暴言を吐く (写真:iStock)

「うちの義母は、とにかく口が悪いし言葉がキツい!結婚した当初は、いちいちそんな義母の態度に傷ついていたのですが、最近では『またか』と流せるくらい、私も強くなりました(笑)。

 だけど、たまに私の実家に対して、とんでもなく非常識な発言をすることがあって、そうなると私が間に入らざるをえないので、義母と対立。そんなとき、義母は必ず開き直ってしまい『私は口が悪いので有名なんだから、アンタが自分の親をなだめろ』と言われます。

 ついこの前は、私の母の過去の離婚に対してめちゃくちゃ失礼なことを言い、母が激怒。誰が聞いても、義母が母親に謝るべき発言だったのですが、何度謝るように諭してもダメでした。ひとこと謝ればおさまるのに、結局半年以上尾を引いてしまい、その間に息子の七五三があったのですが、両家が集まることも叶わず、面倒くさかったです」(36歳女性/パート)


2:妻の元夫に愚痴を言うトンデモ義母

抗議してもムダ(写真:iStock)
抗議してもムダ (写真:iStock)

「私はバツイチで、今の夫とは再婚。以前の結婚も今の結婚も地元の人とだったので、義母は私の元夫のことも知っているんです。みんな地元で商売をしているので、地域の会合で顔を合わせることもあります。

 あるときに義母が、私の元夫に、私の悪口を言いまくっていたと判明。見るに見かねた元夫から私にLINEが届き、教えてくれたんです。

 これには今の夫が激怒し、義母に抗議をしたんですが……。『地元で結婚と離婚を繰り返す嫁が悪い』『みんな地域でつながりがあるんだから、お互いが知っている人の悪口を言って何が悪い』と開き直られました。

 息子である夫も唖然としていましたし、私も呆然。それ以来、義母には地域の会合に出ないように夫が言っていますが、黙って参加しているものも多いようで、私の悪口をいろんなところで言いふらすのもやめていないみたいです」(34歳女性/自営業)

3:孫の面倒を見ないで自分を正当化する義母

「女の子の扱いはわからない」と逆切れ(写真:iStock)
「女の子の扱いはわからない」と逆切れ (写真:iStock)

「娘が体調を崩してしまって、でもどうしても私が出張しなくてはならなかったときに、義母に家にきてもらって娘の面倒をみてもらいました。

 ところが、義母が帰った後に娘から聞いた話だと、義母は遊びに出かけてしまって何時間も留守にしたり、娘が何かをお願いしてもやってくれなかったりと、看病してくれたとはとてもじゃないけれど言い難い状況だったとのこと。

 さすがにそれはないんじゃないかと義母に抗議をしたら『私は男の子しか育てたことがないから、女の子の扱いはまったくわからない』と開き直られました。そういう問題ではないと思うのですが……」(35歳女性/貿易)

開き直る義母は変わらない

 トラブルが起きたとき、自分の非を認められない義母は、おそらく何を言っても、変わらないパターンがほとんどかと思われます。そんな義母に何かを期待してしまうと、期待を裏切られ続けることがストレス源に。

「義母はトラブルメーカー」と、ある意味で諦めた前提で、義母を含む対人関係を構築したほうが、無用なストレスを招かないのは間違いありません。

 特に、息子である夫が介入して義母を諭しても、変化が見られない場合にはかなり厄介。そっと距離を置いて、付き合いを段階的に浅くしていくことが、唯一の自己防衛策につながるでしょう。

【並木まきオンラインサロン】あなたもライターになりませんか?

 コクハク内の並木まき公式オンラインサロン「#まきコク」では、現在新規メンバーを募集中!

 在宅でも安定して稼げるプロライターになれる近道を、メインコンテンツとして提供しています。また、サロンを通じて紹介する仕事は、新人にも最低文字単価1円を保証。学びと実践を両立しながらスキルアップできます。

 業界人を招いたオンラインオフ会も開催。地方や海外在住でも、不自由なく仲間づくり・人脈づくりに役立てられます。

↓詳細はこちら↓
https://salon.kokuhaku.love/namikimaki

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


FILM
 離婚したばかりの時って、なんとなく世間に後ろめたい気がしませんか。私は人と会うのが怖くなり、友人の結婚式をお断りしてし...
FILM
 きょうは、空中浮遊のにゃんたまωにロックオン。  長毛種の猫にとって、日本の夏は……湿度サイアク! あつくるしい...
FILM
 考えてみるとお花屋さんというお商売は、亡くなるご本人やそのご家族、あるいは、その知人との距離が微妙に近い不思議な職業で...
FILM
 きょうは、爪とぎ中のにゃんたまωにロックオン。  ガリガリガリ♪♪♪ ストレス発散!きもちイイな~!  猫...
FILM
 病気入院や手術が急に決まったとき、すぐに直面するのが治療費と収入に関する不安です。例えば日本人女性に多い子宮頸がんは若...
FILM
 仲間たちが噂していた「白ユリのような可憐な女の子」があっちにいる!!!  きょうは、スグに声を掛けず、まだ若い白...
FILM
 ネコ店長「さぶ」が率いる我がお花屋さんには、おかげさまで最近ネコ以外の生き物も生息するようになりました。いや、無理やり...
FILM
 アメリカ、特にニューヨークではメキシコ料理、ベトナム料理、中華料理が人気です。そして、それらの料理にはパクチーがよく使...
FILM
 郊外に念願の一軒家を手に入れた、1組の「パワー夫婦」。会社への通勤には少々不便な地でも、テレワークがメインの今は「少し...
FILM
 尊いにゃんたまωを求めて遠い島へ。  地図上で見つけにくい、ここは神聖なる秘密の「にゃんたま島」。  初め...
FILM
 梅雨が明け、いよいよ本格的な夏の到来です。例年ならばバーベキューや旅行など、楽しみがたくさんある季節ですが、外出や旅行...
FILM
 いつでもニコニコしていて優しい女性、あなたの周りにいませんか? そういった女性は男女問わず、人気があるでしょう。しかし...
FILM
 一生に一度も嘘をついたことのない人はいないでしょう。人をだます悪質な嘘をつく人は少ないと思いますが、隠しごとをしたり、...
FILM
 近頃、外見も性格も男前な“ハンサム女子”が大人気。男性も女性も憧れるハンサム女子には、一体どのような特徴があるのでしょ...
FILM
 きょうは、惚れ惚れするにゃんたまωに出逢いました。  張りがあって、形も色も……なんて美しいのでしょう! ...
FILM
 まさか自分がお花屋さんになるなんて思ってもいなかった、社会人1年目の夏。初めていただいた夏のボーナスで、仏教の国「タイ...