蛙の親は蛙?「妻に加えて義母も鬼」と辟易する夫の苦悩3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-02-12 06:00
投稿日:2020-02-12 06:00
「蛙の子は蛙」という言葉もありますが、鬼嫁の母親も同類で、辟易した体験をもつ夫もいるみたいです。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが「妻のみならず、義母も鬼だった……」と落胆を隠せない夫たちの悪夢をご紹介します。

1:夫婦喧嘩にいちいち介入…

嫁からの泣きの電話で義母がすっ飛んでくる(写真:iStock)
嫁からの泣きの電話で義母がすっ飛んでくる (写真:iStock)

「妻はかなり口うるさい性格で、なんでも自分の思い通りにならないと気が済まないタイプ。そして、俺と家庭のことで口論になると、必ず泣きながら自分の母親に電話して、助け船を求めます。

 義母も義母で、娘からの話を間に受け、そのあとは必ず我が家に怒鳴り込んできて、俺に暴言を浴びせる始末。

 最後には『婿ではなく、息子だと思っているから、ホンネで話しているの!!』とは言いますが、夫婦喧嘩レベルなら、正直放っておいてほしい。

 なんせ、タオルのたたみ方で揉めたくらいでも、大騒ぎですから……!

 電車で1時間かかる距離に住んでいるのに、月に何度も来るので辟易しています……」(28歳男性/サービス)

 ◇  ◇  ◇

 夫婦喧嘩にいちいち干渉してくる親がいるのは、厄介な話。日常的なぶつかり合いレベルなら、夫婦だけで解決したい夫も多いでしょう。

2:家事をやれと何度も呼び出し

疲れてるのに何でこんなことを?(写真:iStock)
疲れてるのに何でこんなことを? (写真:iStock)

「義母は、ひとり親で娘を育て上げたので、そこは尊敬しているんです。

 だけど、家事をやれと俺を月に何度も呼びつけ、気に入らないと大声で罵るのには、ぶっちゃけウンザリしています。

 電球を変えろだの、風呂を掃除しろだのって、平日夜でも電話がかかってきて、そのたびにどんなに疲れていても、車を走らせ片道40分かけて駆けつけています。

 妻は知らん顔で、そんな母親の行動も当たり前のように放置。

 あまりにも頻度が多いので、俺から妻になんとかしてほしいと相談したら『私には関係ない。ふたりの間の話でしょ?』とキレられ、さらに『母から見たら、あなたは義理の息子のクセに、本当に生意気ね』とイミフな文句を言われました。

 この親にしてこの子ありって感じで、イライラします」(30歳男性/福祉)

 ◇  ◇  ◇

 義母と夫が親しいのは、基本的には喜ばしい話なはず。しかし度を超えた甘えが見えれば、ウンザリするのも夫の心理でしょうね……。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


女性からの告白は大アリ! 成功率を高めるシチュエーション
 気になるカレとデートを重ね、連絡のやりとりも続いているけど、進展しそうでなかなか進展しない時ってありますよね。「付き合...
若林杏樹 2021-08-04 06:00 ラブ
厄介…男性に近づく“相談女”の特徴&彼を狙われた時の対処法
 男性に相談を持ちかけて、無理に恋愛に持っていこうとする「相談女」。厄介な彼女たちには、どのような特徴があるのでしょうか...
恋バナ調査隊 2021-08-04 06:00 ラブ
離れたいのに離れられない男性の特徴5つ&関係を解消するには
 彼氏がいるからといって、誰もが幸せというわけではありません。中には、「彼氏と離れたいのに離れられない……」と、苦しんで...
恋バナ調査隊 2021-08-03 06:00 ラブ
大人の恋愛がしたい…進め方の4つのコツ&避けるべきNG行動
 若い頃は、後先考えずに恋愛していた人も多いでしょう。しかし、大人になるにつれて、勢い任せで恋愛することって難しくなりま...
恋バナ調査隊 2021-08-03 06:00 ラブ
悲しみから立ち直るために…自分を責めることをやめてみよう
 喪失のどん底にいるときって、ついつい自分を責めてしまいますよね。自分に自信がなくなって、耐えられない後悔に胸がちぎれそ...
七味さや 2021-08-02 06:00 ラブ
長続きの秘訣かも♡ 彼と“ちょうどいい関係”の作り方4つ
 恋愛での男女の距離感って、とても難しいですよね。好きだからこそもっと近くにいたいのに、求めれば求めるほど不安になったり...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:01 ラブ
本当にモテるのは性格美人な女性♡ 特徴&心がけるべきこと
 モテるために、外見を磨こうとする女性は多いですよね。でも、外見と内面を天秤にかけたら、最終的には内面が美しい女性が選ば...
恋バナ調査隊 2021-08-02 06:00 ラブ
告白の返事はどのくらい待つべき?男性が保留にする4つの理由
 勇気を出して告白した彼に「少し考えさせてほしい……」と言われたら、がっかりしてしまう人も多いでしょう。しかし、保留にさ...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
ひどい男に仕返しする5つの方法&怒りと悲しみの乗り越え方
「二股をかけられた」「お金だけ払わされてフラれた」など、本当にひどい男はいます。仕返ししたい!と思うのも無理ありませんが...
恋バナ調査隊 2021-08-01 06:00 ラブ
「この人となら幸せに…」と思って結婚するのが間違いな理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。幸せの価値基準は人それぞれで、お寿司を食べるにしても回転寿司じゃ満足できない...
山崎世美子 2021-07-31 06:00 ラブ
諦められない…恋の引き際を見極める5つのポイント&メリット
 片思いでも両想いでも、好きになればなるほど「諦めたくない」と思うものです。しかし、恋愛は相手あってのことですから、自分...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
何をしても文句ばかり…「幼稚な母親」と妻に呆れる夫の主張
「冷酷と激情のあいだvol.49〜女性編〜」では、ワンオペ育児に不満が爆発している女性の・Hさんの叫びをご紹介しました。...
並木まき 2021-07-31 06:03 ラブ
在宅なのに何もしてくれない…ワンオペ育児に限界な妻の叫び
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-31 06:06 ラブ
癒されるけどね…天然彼女からのぶっとんだLINE内容5選
 天然の彼女を持った彼氏たちは、「可愛いな」「癒されるな」と微笑ましく見守る人が多いでしょう。でも、中にはあまりに度を越...
恋バナ調査隊 2021-07-31 06:00 ラブ
結婚直後から不幸続き…奇妙な出会いをした夫を見限った女性
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-07-30 06:11 ラブ
彼ママに挨拶する際の基本マナー&やりがちな5つのNG行動
 彼氏との交際が順調に進んだら、相手の両親に会うこともあるでしょう。女性にとって彼ママというのは厄介な存在ではありますが...
恋バナ調査隊 2021-07-30 06:16 ラブ