蛙の親は蛙?「妻に加えて義母も鬼」と辟易する夫の苦悩3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-02-12 06:00
投稿日:2020-02-12 06:00
「蛙の子は蛙」という言葉もありますが、鬼嫁の母親も同類で、辟易した体験をもつ夫もいるみたいです。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが「妻のみならず、義母も鬼だった……」と落胆を隠せない夫たちの悪夢をご紹介します。

1:夫婦喧嘩にいちいち介入…

嫁からの泣きの電話で義母がすっ飛んでくる(写真:iStock)
嫁からの泣きの電話で義母がすっ飛んでくる (写真:iStock)

「妻はかなり口うるさい性格で、なんでも自分の思い通りにならないと気が済まないタイプ。そして、俺と家庭のことで口論になると、必ず泣きながら自分の母親に電話して、助け船を求めます。

 義母も義母で、娘からの話を間に受け、そのあとは必ず我が家に怒鳴り込んできて、俺に暴言を浴びせる始末。

 最後には『婿ではなく、息子だと思っているから、ホンネで話しているの!!』とは言いますが、夫婦喧嘩レベルなら、正直放っておいてほしい。

 なんせ、タオルのたたみ方で揉めたくらいでも、大騒ぎですから……!

 電車で1時間かかる距離に住んでいるのに、月に何度も来るので辟易しています……」(28歳男性/サービス)

 ◇  ◇  ◇

 夫婦喧嘩にいちいち干渉してくる親がいるのは、厄介な話。日常的なぶつかり合いレベルなら、夫婦だけで解決したい夫も多いでしょう。

2:家事をやれと何度も呼び出し

疲れてるのに何でこんなことを?(写真:iStock)
疲れてるのに何でこんなことを? (写真:iStock)

「義母は、ひとり親で娘を育て上げたので、そこは尊敬しているんです。

 だけど、家事をやれと俺を月に何度も呼びつけ、気に入らないと大声で罵るのには、ぶっちゃけウンザリしています。

 電球を変えろだの、風呂を掃除しろだのって、平日夜でも電話がかかってきて、そのたびにどんなに疲れていても、車を走らせ片道40分かけて駆けつけています。

 妻は知らん顔で、そんな母親の行動も当たり前のように放置。

 あまりにも頻度が多いので、俺から妻になんとかしてほしいと相談したら『私には関係ない。ふたりの間の話でしょ?』とキレられ、さらに『母から見たら、あなたは義理の息子のクセに、本当に生意気ね』とイミフな文句を言われました。

 この親にしてこの子ありって感じで、イライラします」(30歳男性/福祉)

 ◇  ◇  ◇

 義母と夫が親しいのは、基本的には喜ばしい話なはず。しかし度を超えた甘えが見えれば、ウンザリするのも夫の心理でしょうね……。

並木まき
記事一覧
ライター・エディター
元市議会議員・時短美容家(一般社団法人 時短美容協会・代表理事)の肩書きを有する。20代から見聞きしてきた魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様への分析を活かし、美容や恋愛に関するコラムを中心に、さまざまな媒体に寄稿。
Instagram公式HP

日刊ゲンダイ掲載「あの人は今」
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/277865

ラブ 新着一覧


そこ見る!? ヒモ男とヒモを飼いたい女性のリアリティーショーがすごい
 近頃、恋愛リアリティーショーも細分化されてきています。  バツイチだけの恋愛リアリティーや男性同士の恋愛リアリティー...
内藤みか 2024-06-13 06:00 ラブ
韓国人彼氏はプリンにも嫉妬なんてかわゆ♡ 日韓カップルのLINEを覗き見
 韓流ドラマなどを見ていると、主人公によくいる紳士的で優しい韓国人彼氏に憧れますよね!  実際に、韓国人彼氏がいる...
恋バナ調査隊 2024-06-12 06:00 ラブ
「恋愛も結婚も女性もわからなくて」色恋経験ゼロ男が淡泊に描く既定路線
「冷酷と激情のあいだvol.198〜女性編〜」では、結婚前提で交際する5歳年上の生真面目な恋人・サトルさん(46歳・仮名...
並木まき 2024-06-08 06:00 ラブ
「真面目で大事にされてもときめかない」味気ない男との再婚迷う41歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-08 06:00 ラブ
年齢を言いたがらないアラフォー女性 “私は若く見える”が招く婚活トラブル
 結婚相談所では生年月日はプロフィール上に掲載されていますが、相談所外での恋愛相談を聞いていると、「年齢」を巡って揉める...
植草美幸 2024-06-07 06:00 ラブ
ド緊張して顔が土色!? 夫の人見知り発動時に隣の妻がやるべき3つのこと
「夫が人見知りで困っている」という悩みを抱える妻は少なくありません。ご近所付き合いや親戚の集まり、子育て関係のイベントや...
恋バナ調査隊 2024-06-07 06:00 ラブ
“女風”で気持ち良くなりたいのに…アラフォー女性初回利用でなぜ大失敗?
 女性用風俗、略して「女風」の勢いが止まりません。東京都だけで約100店舗ほどがあるとされ、どのお店の誰を選べばいいのか...
内藤みか 2024-06-06 06:00 ラブ
唇かむ“サレ女”。高度化する浮気バレ対策、奴らはLINEに証拠残さない!
 今、SNSのショート動画には“スマホから浮気を発見する方法”に関する動画が溢れ返っています。LINEはトーク画面上から...
ミクニシオリ 2024-06-06 06:00 ラブ
「野球大好き男」彼氏がうざい件 たまには違う話をしてー!対処法は?
 野球大好き男を彼氏にもつと、一緒に野球観戦デートをしたり、勝利を祝ったり、楽しいこともありますよね。でも、時にはあまり...
恋バナ調査隊 2024-06-06 06:00 ラブ
「関西の女はモテない」のざっくり感。関東男性の本音と好相性のいい人
 恋愛において、相手の出身地は意外と大きな影響があるものです。文化や習慣、価値観などに関わるので、相性にも差が出てきそう...
恋バナ調査隊 2024-06-04 06:00 ラブ
【調香師監修】梅雨はフェロモン危機!パワフルシトラスで恋愛運UPを
 雨の日が続く梅雨時は、出かけるのも仕事に行くのも憂鬱な気分…ヘアスタイルも決まらないし、肌も心も曇りがちなフェロモンピ...
太田奈月 2024-06-04 06:00 ラブ
セルフプレジャーは私を解放してくれた。性欲は恥ずかしいものではない
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。2年前の48歳までセックスをしたことはなくても「セルフプ...
mirae.(みれ) 2024-06-03 06:00 ラブ
お金に寛容な年上彼女、急募! 遊びの延長の同棲を後悔するバツ1男
「冷酷と激情のあいだvol.197〜女性編〜」では、同棲を始めた途端にセコい金銭感覚をあらわにした8歳年下の恋人・ユウタ...
並木まき 2024-06-01 06:00 ラブ
私のアカウントで買い物し、支払いはスルー。セコさ増す彼に悩む49歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-01 06:00 ラブ
「年収500万の星野源似=普通の男」問題も再燃…でも最近は「普通の男=吉沢亮」の深層
 歌手の星野源(43)に対する“臆測”投稿が世間の注目を集めた件。インフルエンサーに拡散されたアナウンサーとの不倫疑惑は...
思い込み? 年下独身男性が既婚女性を「好き避け」するサインが知りたい
「職場の年下の独身男性が、なんだか素っ気ない…」と悩んでいる女性、必見! それはもしかして好き避けかもしれません。  ...
恋バナ調査隊 2024-05-31 06:00 ラブ