マッチングアプリで“ヤリ目男”を見抜く術!既婚男性にも注意

田中絵音 日本合コン協会会長
更新日:2020-06-30 06:25
投稿日:2020-06-30 06:00
マッチングアプリでの出会いは珍しくない(写真:iStock)
マッチングアプリでの出会いは珍しくない (写真:iStock)

 今や出会いは、マッチングアプリで見つけられる時代。

 マッチングアプリを利用した人の約7割が「出会えた!」、そして出会った人の約8割が「交際に繋がった!」ということですので、彼氏がいない人は是非やってみる価値がありそうですね。

 ただ、悲しいかな、マッチングアプリで出会った男性と実際にデートしてみたら「体だけが目的の人だった」という“ヤリ目男”や、「実は、結婚している人だった」という“隠れ既婚男”であるというケースも、時々あるようです。

 女性側は結婚も視野に入れているほど真剣なのに、こうした遊び目的の男性に騙されてしまうと不信に陥ってしまい、中には鬱状態になってしまう人もいると聞きます。これは何とも由々しき事態!

 ということで今回は、これまでに200個以上のマッチングアプリを使って延べ130人以上と実際に出会い、現在はご自身もその中で出会った彼氏と交際中という、「マッチングアプリなび編集長」の柏木りさこさんに「マッチングアプリに潜むヤリ目男の見抜き方」を伺いました。

【あわせて読みたい】出会い方の一つ!マッチングアプリの魅力&後悔しない注意点

ヤリ目男を見抜くには? 5つのポイント

「マッチングアプリなび」柏木りさこ編集長
「マッチングアプリなび」柏木りさこ編集長

 チェックポイントは5つあります。

 マッチングアプリで知り合った男性と実際に会う前に、まずはこの5つの項目が当てはまらないか確認してみてください。

1. 距離感が近い

 妙に馴れ馴れしい口調でメッセージを送ってきたり、最初からタメ口。また、「何カップ?」などと平気で下ネタを言ってくるなど。

2. すぐに会いたがる

 まだそんなにメッセージのやり取りをしていないのに、急いで会いたいと言ってくる人。最近だと、即オンラインデートを誘ってくるユーザーも怪しい。

3. プロフィール文章が雑

 年齢が20代後半〜40代以上なのに、結婚観や子どもが欲しいなどについて、何も書いていない人。

4. プロフィール写真をかなり盛る

 やたらと加工してイケメンを装ったり、光を入れて顔がハッキリ分かりにくいなど、プロフィール写真がリアリティに欠ける人。

5. デートの時間を夜遅く設定してくる

 職業的にそんなに帰りが遅くなるはずはないのに、なぜか終電に近い夜遅めの時間を指定してくる人。

 このうち、2つ以上当てはまる場合は、ヤリ目の可能性があるので要注意です。

 たとえば、まだメッセージのやり取りをそんなにしていない段階で「2. すぐに会いたがる」、さらには職業が会社員なのに「5. デートの時間を遅く設定してくる」が当てはまる男性は、相手のことを深く知りたいという真剣さが感じられず、体目的の可能性が高まります。

 また、「金曜の夜遅い時間から会いたい=翌日は休みだから朝までOK」とも取れますよね。

 こういった男性には一旦会うのを断ってみて、別の提案をしてくるのかチェックした方が安全でしょう。相手のことを真剣に考えている男性なら、休日の昼間の時間帯でも会いたいと言ってくるはずです。

 ただしご紹介した項目のどれか一つを満たしただけで「ヤリ目男!」と認定してしまうと、出会える確率が下がってしまうので、じっくり見極めていきましょう!

  ◇  ◇  ◇

 このように、ヤリ目男には会う前の段階でも分かる特徴があるようです。

 顔や条件がタイプだとしてもすぐに会わずに、まずはオンラインデートから始めて様子を伺うのもアリかもしれませんね!

既婚男性にも要注意!

既婚者にも気をつけて!(写真:iStock)
既婚者にも気をつけて! (写真:iStock)

 また、柏木編集長によると、独身者向けのマッチングアプリだとしても、既婚者が紛れ込んでいる場合があるとのこと。既婚であれば、なおさら遊び目的や体の関係だけを求めている可能性が高まります。

 マッチングアプリのプロフィール欄には「結婚に対する意思」といった項目があるので、相手の男性がどのような回答をしているかをチェックしましょう。そもそも"結婚したい"にチェックが入っていない場合は、独身なのか非常に怪しいですね。

 しっかりと既婚者を排除しているマッチングアプリは「独身証明書の提出ができる、または必須」となっているので、こういったアプリを選ぶことも安心につながるでしょう。

まとめ

ヤリ目じゃない」素敵な男性に出会えますように(写真:iStock)
ヤリ目じゃない」素敵な男性に出会えますように (写真:iStock)

 いかがでしたか?

 マッチングアプリで気になる男性が見つかって、いざ対面したらヤリ目だった……なんてことがあると、とてもショックを受けてしまいますよね。

 自分を守るためにも、5つのチェックポイントをしっかりと確認して、“ヤリ目男”を排除しましょう。

取材協力:マッチングアプリなび 柏木りさこ編集長

ラブ 新着一覧


年上を狙うハイエナに注意!アプリで出会った自己中心浮気男
 近ごろ、マッチングアプリで年下男性を希望する女性が急増しています。  若い男性とのスイートな真剣交際を夢見る女性に忍...
内藤みか 2022-07-07 06:00 ラブ
復縁後の彼氏が冷たいって何なん? “地獄の過ち”二度は嫌!
 別れた元彼と復縁をした経験がある人は少なくありません。別れを後悔し、念願叶ってやっと復縁できたとなれば、当然嬉しいです...
恋バナ調査隊 2022-07-07 06:00 ラブ
元カレから連絡キタ…復縁できる? 元カノにLINEする男性心理
 未練が残る元カレから連絡がくるとドキッとしますよね。「最近調子どう? 元気?」なんてきたら、嬉しさと切なさでいっぱいに...
若林杏樹 2022-07-06 06:00 ラブ
イケメン夫と結婚した妻の本音…“超絶幸せ”と“憂鬱”どっち?
 婚活中の女性に、どんな人と結婚したいかを聞くと、性格や経済面を差し置いて、まず最初に「イケメン」と答える人がいます。ま...
田中絵音 2022-07-06 06:00 ラブ
「ギャップモテ」40代女性でも使えるのか問題!NG行動あるよ
 ギャップのある女性は、年齢に関係なく男性からモテるもの。40代女性で「ギャップモテ」を狙っている人もいるでしょう。そこ...
恋バナ調査隊 2022-07-06 06:00 ラブ
シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ