「一人じゃ戦えない」と思ったら…頼り先は分散させておこう

七味さや 漫画家・イラストレーター
更新日:2020-07-10 06:00
投稿日:2020-07-10 06:00
 離婚は当事者の人生史上、なかなかにシビアな局面です。かくいう筆者も人生の大ピンチに直面し「あ、これ一人じゃ戦えない……」と悟りました。周りにSOSを出しましたが、人に頼るのが苦手だと躊躇してしまいますよね。
 前回までのお話では、主人公・リコが友人のノラちゃんに頼りすぎてケンカになってしまいます。離婚経験のあるシンちゃんに相談してアドバイスをもらったノラは、リコの元に仲直りに出向きますが……?

(漫画:七味さや)
(漫画:七味さや)

味方は多い方がいい!頼り先は分散を

 誰よりもそばにいて、心を許し信頼していたパートナーがいなくなる――。離婚や失恋には、そういう側面もあります。独り身は自由な反面、孤独を感じるもの。そして孤独を感じると、誰かに寄りかかりたくなってしまいますよね。

 ですがリコちゃんのように誰か一人に寄りかかりすぎると、相手に大きな負担を感じさせてしまう可能性があります。奇跡的にすぐ次のパートナー候補が現れる場合もあるかもしれませんが、弱っている時は判断力が低下するので、やはり一人だけに依存するのは避けたいところです。

 依存を避けるには、依存先=頼れる存在を複数に「分散させる」ことです。
 
 例えば私の場合、主に女友達(複数)、親、元夫の女性親族に離婚の相談を聞いてもらっていました。またAmazonプライムで映画やバラエティー番組を延々と観たり、ネットカフェに逃げ込んで朝まで漫画を読みあさったりと、なるべく頭を空っぽにするような現実逃避も積極的に行いました。

 このように人や娯楽など、辛くなったときの頼り先を複数持つことで、依存度が分散され一人への負担が小さく済むのです。

 これは非常時に限ったことではなく、日頃からできるだけ多くの話せる友人やコミュニティ、現実逃避できる方法を持っておくと精神的に安定しやすいです。

 パートナーにべったりも楽しいけれど、日頃からなるべくたくさんの人と関わって、視野を広く持つよう心掛けたいですね。

登場人物紹介

(漫画:七味さや)
(漫画:七味さや)

リコ
離婚して傷心しているアラサー。男友達は多いが、女友達が少ない。女性に誤解されやすい不器用なタイプ。恋愛体質でもあり、重くなりがちなところを直したい……

シンちゃん
ノラとリコの高校時代の同級生。仕事に育児に忙しいワーママ。女友達も男友達も等しく多い、社交的なタイプ。よく頼りにされるが、実は人を頼るのは苦手だったりする。

ノラ
リコの高校時代からの数少ない女友達。独身謳歌中のアラサーOL。友人関係は狭く深く、付き合う人はよく選ぶ。やや女友達多めで、学生時代は女性によくモテていた。

七味さや
記事一覧
漫画家・イラストレーター
離婚済アラサー漫画家。不注意型ADHD傾向ありの綱渡り人生。世界中からゆるされたくて、「ゆるし系」漫画やキャラクターを描いています。やさしい世界をつくりたい。Xでも随時漫画更新中。お仕事実績はこちら:https://shichimin.com/

関連キーワード

ラブ 新着一覧


お金に執着する女が結婚できない理由3つ 大切なことを見失った悲しい末路
 婚活中は、改めて自分がどんな男性に惹かれるのかを見つめ直す機会になりますよね。性格や趣味、価値観や見た目にこだわる人も...
恋バナ調査隊 2024-02-27 06:00 ラブ
だから「媚びる女」は嫌い! 男性の本音と“媚び認定”する女の言動とは
 恋愛で「媚びる」を武器にしている女性はいませんか? でもその武器は、嫌われるきっかけになる恐れもあるため注意が必要です...
恋バナ調査隊 2024-02-27 06:00 ラブ
更生して一途に?それとも性病に苦しむ?遊びだった人の明暗を分ける瞬間
 遊び人の男性にもてあそばれ、つらい思いをした女性もいるでしょう。しかし、遊び人でも年齢や経験を重ねて更生する場合がある...
恋バナ調査隊 2024-02-26 06:00 ラブ
30代40代「婚活の後悔」4選 あのときどうして気づかなかったんだろう
 婚活に励んでいる女性は必見! 「あのときこうしておけば…」と、自身の婚活に後悔がある女性たちの話を集めてみました。 ...
恋バナ調査隊 2024-02-26 06:00 ラブ
甘い新婚生活なんて誰が言った?ラブラブ一転イライラ爆発エピソード5選
「新婚」と聞くと、誰もがラブラブな生活を想像するでしょう。 でも、共同生活を始めて間もない新婚は、イライラする機会も多い...
恋バナ調査隊 2024-02-25 06:00 ラブ
男「冗談はよしこちゃん」女「は?」年の差カップルはすれ違い日常茶飯事
 近年、10歳以上の年の差カップルが増えていますよね。年の差があると、相手を尊敬できたり、落ち着いて安定した恋愛ができた...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
肉体より精神的なつながりに“利”があるよね? 51歳経営者が女を選ぶ条件
「冷酷と激情のあいだvol.183〜女性編〜」では、夜の営みをしないことを条件にプロポーズをしてきた恋人・ジュンジさん(...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
性交渉一生ナシ?裕福な経営者から提示された結婚の条件に戸惑う47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
女に困らないチャラ男に聞いた! 本命に選ぶ女性の特徴3つ
 好きになった男性がチャラ男だったら「真面目に恋愛する気はないよね…」と落ち込むかもしれません。  でも、チャラ男だっ...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
女性から家デートに誘うのはアリなの? 超自然な誘い方と男性の本音
 なかなか家に呼んでくれない彼。もっと仲を深めたいけど「女性から家デートに誘うのはナシかも…」と悩んでいる人は多いはず。...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
年の差婚は“1億円プレーヤー”の特権に…婚活のプロが見た同世代婚の現場
 年の離れた若い女性と結婚したい――。結婚相談所には今も夢見る中年男性が訪れるそうだが、時代は変わったようだ。  ...
モテる女が選ぶ男はセンスなし? 美人が陥りがちな恋愛の失敗傾向3つ
 あなたは、男性にモテますか? 答えがイエスなら、恋愛で選ぶ男に注意したほうがいいかもしれません。  なぜなら、美人で...
恋バナ調査隊 2024-02-23 06:00 ラブ
年下男性と恋愛したい! 知っていると憧れられる3つのテク
「年下男性と恋愛したい」と主張する女性がかなり増えています。けれど、思い切ってアプローチしてみても、なかなか盛り上がらな...
内藤みか 2024-02-22 06:00 ラブ
“お金持ちのド本命”になる方法 爆美女じゃなくても大丈夫!
 将来結婚するならお金持ちの人が断然いいですよね。  しかし、「自分は特別な美貌もないし、稼いでいるわけでもない。...
若林杏樹 2024-02-21 06:00 ラブ
【風邪ひき夫のイライラエピ6選】かまちょで子より手間かかるんですけど
 既婚女性の皆さん。夫から「風邪をひいた」と言われたらどんな反応をするでしょうか? 心から純粋に心配するのは、ラブラブな...
恋バナ調査隊 2024-02-21 06:00 ラブ
1分で得するフェロモンジャッジ!自律神経を整え、ストレスを手放す香り
 寒さが残る早春は男女ともにフェロモン度が下がり、生殖器にとっては大ピンチのシーズン。カップルや夫婦もマンネリ化しやすく...
太田奈月 2024-02-20 06:00 ラブ