彼氏に浮気させないための5つの方法! 浮気する男性心理は?

リタ・トーコ ライター
更新日:2020-07-28 06:00
投稿日:2020-07-28 06:00
 あなたは過去に、男性に浮気をされた経験がありますか? 裏切られた苦しみを一度でも味わうと、相手が変わったとしても「また浮気されたらどうしよう」と、不安になってしまう女性も多くいるでしょう。
 でも、浮気させない方法はあると思います! 今回は、男性心理や浮気させないための方法をご紹介。ぜひ参考にしてくださいね。

浮気をしない男性はいない!? 浮気をする4つの男性心理

きっかけは些細なことだったりする(写真:iStock)
きっかけは些細なことだったりする (写真:iStock)

「浮気をするのは男性の本能」なんて言われることもありますが、多くの場合、男性は自ら浮気をしようと思って動くものではありません。浮気へと導くなんらかの状況が揃った時や、心理が働いた時に浮気をしてしまうのです。

 まずは、浮気をする男性心理をチェックしてみましょう。

1. 彼女に不満がある

「思っていた女性と違った」「マンネリ化してきた」など、理由はさまざまですが、彼女に不満がある時に浮気へと走る男性は多いです。この場合、「体だけ」と完全に割り切った浮気ではなく、新しく出会った女性と本気の恋愛に発展してしまうこともあるでしょう。

2.「モテ」を謳歌したい

「モテ」を謳歌したいという願望から、浮気心が芽生えることもあります。大人になってから、急にモテ始めたタイプの男性によく見られるケースでしょう。

 こういったタイプの男性はモテている自分に酔っているため、理性が効かないことが多いです。本能での浮気ですので、彼女の気持ちを想像する思考もありません。ちなみに、浮気バレして別れた後に後悔するのも、このタイプの男性に多いです。

3. 刺激が欲しい

「今の彼女とは別れたくないけど、刺激が欲しい」と浮気をする男性もいます。この場合、日々のストレスなどが引き金となることも多く、「彼女にイライラをぶつけたくないから」という信じられない理由で浮気に走ることもあります。

 また、彼女に知られたくない性癖がある男性も、外で発散しようとする場合があるでしょう。

4. 癖のようなもの

 育った環境や女性遍歴によるトラウマなど、なんらかの理由で当たり前に浮気をしてしまう男性もいます。こういったタイプは、浮気を悪いこととも思わず癖のように行ってしまうため、改善が難しいかもしれません。

 彼女が傷つく姿を見ているのに、何度も浮気を繰り返す男性には“心”がありません。早めに別れてしまった方が身のためでしょう。

彼氏に浮気させないための5つの方法

恋人の携帯を見てもいいことなんてない(写真:iStock)
恋人の携帯を見てもいいことなんてない (写真:iStock)

 男性が浮気へと走る時、そこにはなんらかの理由があることがほとんど。本能が浮気へと向かわせる瞬間、食い止める術はあるのでしょうか? 実はその方法は、女性側の心がけで得ることができるかもしれません。

1. 一途でいる

 “浮気をする or したことがある人は相手の浮気を疑いやすい”そうです。これは、「浮気心は誰にでもあるんだから、相手が浮気をしてもおかしくはない」と思うからこそ。でも、浮気を考えたことすらない人にとっては、「一途でいることは当たり前」。つまり、彼氏に浮気させない方法なんて、考えもしないのです。

 だからこそ、一途でいることが大切。“信じるものは救われる”ではないですが、駆け引きなしのまっすぐな愛情に敵うものはないと思います。もしも、男性に浮気心が湧いたとしても、一途に思ってくれる彼女を手放したくない、と、ぐっと理性を働かせてくれるはずです。

2. 信頼する

 彼氏を信頼することも大切でしょう。やってもいないのに、「浮気してるでしょう!」なんて言われたら、彼氏の気持ちは離れてしまったり、言われたことで浮気を意識する可能性もあります。誰だって、疑われるより信じてもらったほうが嬉しいですよね。

 確実に「クロ」ではない限り、勝手に疑わないこと。携帯を覗き見たりなどは論外。ドツボにはまっていきますし、女性としての魅力や余裕もなくなってしまいます。

3. 自分に自信を持つ

「自分に自信を持つ」と言うのは簡単ですが、なかなか難しいものです。女性の多くは、自分より綺麗な女性やデキる女性を見た時、どうしても比べてしまいがちです。

 しかし、個人のスペック云々は置いておいて、「彼氏のことを一番に思っているのは自分!」という自信は、誰でも持てるのではないでしょうか? そもそも、そんなあなたを彼氏は選んでいるのですから、誰かと比べる心を捨てて、昨日よりも素敵な自分でいることを意識してみると良いと思います。

 自信が持てないのであれば、磨きましょう! なりたい自分を目指すことで堂々とできますし、より魅力的な存在になれるはずです。

4. 恋愛以外の世界を持つ

 お付き合いが始まると、恋愛オンリーの生活になってしまう女性は多いでしょう。これを「重い」と思うのが男性だったりします。しかし、これは男女の考え方の違いもあると思います。一点集中型の男性は、交際初期こそ恋愛に没頭するものの、関係が落ち着いてくると仕事や趣味など、その時興味があることに集中します。

 その点、女性は男性と違って、仕事、恋愛、趣味、など、さまざまなことを同時進行できるため、男性にかける時間自体は交際が長くなっても変わらないことがほとんど。ここに差が生まれるのです。

 これを埋めるためには、恋愛以外の時間もしっかり充実していることを彼に見せることが重要。自分の世界を広げることは、お互いの良い刺激となるでしょう。

5. 居心地を良くする

 当たり前ですが、人は居心地良くいられる相手と一緒にいたいと思うものでしょう。特に仕事や人間関係など、外で戦う大人の男性は彼女に癒しを求めます。手料理を振舞ったり、身の回りのお世話をするだけがすべてではありません。気分転換にお散歩に連れ出してみたり、疲れていそうな時にはそっと寄り添うことが、癒しとなる場合もあるでしょう。

「浮気」はほとんどの場合、刺激的なもの。簡単に手に入る一過性の刺激よりも、唯一無二の居心地の良い場所を見つけることの方が難しいと男性も知っているはずです。そんな「帰りたい」と思える場所になれたら、ベストなのではないでしょうか。

「失いたくない」と思わせられる女性になれるかがポイント

「浮気をするのは男性の本能」なんて信じない!(写真:iStock)
「浮気をするのは男性の本能」なんて信じない! (写真:iStock)

「浮気をまったくしない」という男性は確かに存在します。しかし、そういった男性に出会えるのは、とても稀!

 浮気へと導くなんらかの状況ができてしまい、「いざ浮気!」と男性の本能が意気込んだとしても、「失いたくない」と理性を奮い立たせられる存在でいられるか、ここがポイントです。

 誰かを信じ切るのは難しいことかもしれませんが、一緒にいる日々の中で、思い切り彼氏を信頼して一途に大切に思いましょう。そんな気持ちがまっすぐに届くような、そんな彼氏であることを祈って。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


元カレから連絡キタ…復縁できる? 元カノにLINEする男性心理
 未練が残る元カレから連絡がくるとドキッとしますよね。「最近調子どう? 元気?」なんてきたら、嬉しさと切なさでいっぱいに...
若林杏樹 2022-07-06 06:00 ラブ
イケメン夫と結婚した妻の本音…“超絶幸せ”と“憂鬱”どっち?
 婚活中の女性に、どんな人と結婚したいかを聞くと、性格や経済面を差し置いて、まず最初に「イケメン」と答える人がいます。ま...
田中絵音 2022-07-06 06:00 ラブ
「ギャップモテ」40代女性でも使えるのか問題!NG行動あるよ
 ギャップのある女性は、年齢に関係なく男性からモテるもの。40代女性で「ギャップモテ」を狙っている人もいるでしょう。そこ...
恋バナ調査隊 2022-07-06 06:00 ラブ
シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ