離婚に直結する“妻たちが許せる浮気”と“許せない浮気”の違い

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2020-06-20 06:25
投稿日:2020-06-20 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。浮気は男の甲斐性と言われた時代はもう終わりました。不倫問題が暴露され女性たちの反感を買い、活動自粛や仕事を失う芸能人も出てきたほどです。イメージが良かった人ならなおさらです。その落差で猛バッシングを受けています。
 夫の浮気が発覚した夫婦はその後、心から仲良く元サヤに収まっているのでしょうか。他の女性と肉体関係を持った事実を知ってしまうと、出口の見えない地獄の苦しみがはじまります。世のサレ妻たちはどのように乗り越えてきたのか? 今回はその実態を解説したいと思います。

お金も地位もない男も浮気ができる

夫の浮気が発覚した夫婦のその後は?(写真:iStock)
夫の浮気が発覚した夫婦のその後は? (写真:iStock)

 SNSの普及と浮気の増加は正比例しています。昔の彼女を探し出すこともそんなに難しくありませんし、新しい女友達もどんどん増やせます。ダイレクトに連絡のやりとりも出来ますから、意気投合すればデートに持ち込むことも可能です。

 何よりも簡単に異性と出会える場が増えたことが、誰でも不倫や浮気がしやすくなった原因です。お金がなくてもマメにレスポンスができる男性には親近感がわきますので、先々に飲みに行こう!となっても不思議ではありません。

 出会い系アプリに登録した途端、秒速でアプローチがある男性は、遊びたくて常にターゲットを探しています。「めっちゃ可愛かったから直ぐにいいね! した」と言われても本気にしてはいけませんよ~。ヤリモクですから。

浮気をされて我慢する時代は終わった

迷わず離婚を選択できるように(写真:iStock)
迷わず離婚を選択できるように (写真:iStock)

「離婚したい」と親に相談すると、「我慢しなさい。生活はどうするの? 子供もいるからね」と諭されたり、「近所の目があるから離婚だけはしないで」と言われている、と話す相談者さんは10年前までは少なくありませんでした。しかし筆者世代の親を持つ娘さんたちは心配しないで下さい。結婚式間近に「嫌になったらいつでも帰ってきなさい」と告げる親もいるほど時代は変わりました。

 嫁に行ったら実家の敷居をまたいではいけないという風潮はもうありません。2018年の厚生労働白書によりますと共働き世帯は77%という結果で、結婚しても働く女性が多くなりました。65%近くの女性が専業主婦だった約35年前と割合が反転しているという結果ですが、お金がないので離婚できないという女性は今でも存在します。

 皆さんにいつもアドバイスすることですが、機会があればお仕事を再開して下さい。離婚をするしないを自分の心を尊重して考えることができるので、悩みの種をひとつは減らすことが出来ます。

昭和のバブル期以前、愛人は日陰者のイメージだった

時代は変わった(写真:iStock)
時代は変わった (写真:iStock)

「彼氏は38才で結婚している」と隠すことも悪びれることもなく話す女性。それを聞いても驚くことがなくなったことが実は驚きなのです。

 この意識も不倫や浮気が増えた要因のひとつです。バブル期以前はスナックのママさんとお金に余裕のあるおっさんが愛人関係にあっても周囲の目を気にして、はた目から関係はバレバレでも堂々と認めることはありませんでした。

 しかし今じゃ、奥さんに宣戦布告するような行動を取る女性は珍しくありませんし、相手が結婚していると知っていても、自分のタイプであれば恋愛対象として平気な女性たちもいます。こんな女性に自分の旦那が狙われると怖いですね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


男性のヒゲから読み解く深層心理&性格♡ 彼はどのタイプ?
 あなたは、男性のヒゲが好きですか?「ヒゲは不潔なイメージがあるから苦手」という人や「ヒゲの生えている男性のほうがワイル...
恋バナ調査隊 2021-06-25 06:00 ラブ
“体の相性”が良いってどういうこと? 判断する5つのポイント
 女友達と赤裸々に恋愛トークをしている時、彼氏との“体の相性”について話すこともあるのではないでしょうか? でも、中には...
恋バナ調査隊 2021-06-25 06:00 ラブ
積極的だと逆効果? “恋愛やりすぎアプローチ”7選&注意点
 女性から男性にアプローチするのは、とても勇気がいること。本気だからこそ「絶対に彼を振り向かせたい!」と、意気込んでいる...
恋バナ調査隊 2021-06-24 06:00 ラブ
元カレと比べてない?彼氏ができない人の残念な思考パターン
 近ごろ出会った男性とデートをしてもいまいちピンと来ない——。自分の感覚を信じるのはすごくいいことなんですが、歴代彼氏や...
若林杏樹 2021-06-23 06:00 ラブ
デートを断られた…脈ありor脈なしを見極めるポイント&対策
 女性からデートに誘うのは、とても勇気がいること。思い切って誘ったのにも関わらず、あっさりと断られてしまったら、多くの人...
恋バナ調査隊 2021-06-23 06:00 ラブ
嫌われるかも…彼氏がドン引きした彼女の行動エピソード8選!
 あなたは、彼氏がドン引きするような行動を無意識にしていませんか? 彼氏との付き合いが長くなればなるほど、素が出てきてし...
恋バナ調査隊 2021-06-22 06:00 ラブ
情に引っ張られすぎてつらい…別れるべきか否かの“判断基準”
 長年連れ添ったパートナーには情が芽生えますよね。そしてその情に引っ張られ、別れるべきかどうかわからなくなることも。一体...
七味さや 2021-06-21 06:00 ラブ
“素朴女子”はなぜモテる?特徴&男性が結婚相手に選ぶ理由
 かっこいい男性の結婚相手を見て、「なんであの素朴な子が!?」って思ったことはありませんか? 実は、男性の多くは「素朴女...
恋バナ調査隊 2021-06-21 06:00 ラブ
恋愛主導権を握る♡ 効果的な“寸止めテクニック”6つ&注意点
 好意を抱いている男性からアプローチされると、すぐに誘いに乗ってしまう人が多いでしょう。しかし、相手がモテる男性だったり...
恋バナ調査隊 2021-06-20 06:00 ラブ
夫が妻に求めるたったひとつのこと~もっと愛される秘訣とは
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。“恋愛”と“結婚”についての話題って、尽きませんよね。わかり合えないから悩み...
山崎世美子 2021-06-19 06:39 ラブ
不倫相手から夫に届いた恐怖のLINE…妻が見た驚愕の内容5選
 妻に内緒でこっそり不倫を続けている夫……。いえ、気付いていないと思っているのは夫だけ。妻は気付いていない振りをしながら...
恋バナ調査隊 2021-06-19 06:09 ラブ
真心を感じられない…感情的な女性の扱いに苦心する熟年男性
「冷酷と激情のあいだvol.43〜女性編〜」では、婚活中に出会った年上男性にしつこくアプローチされていると言う女性・Oさ...
並木まき 2021-06-19 06:00 ラブ
猛アプローチの真意は?年上男性の言動に頭を抱える婚活女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-19 05:58 ラブ
運命の人だと思ったのに違った…7つの共通点&見極めるコツ
 彼と出会った時、一緒にいて落ち着いたり、偶然の共通点が多かったりすると「思わず運命の人なのかも!?」と思ってしまいます...
恋バナ調査隊 2021-06-18 06:00 ラブ
ここに来て注目…すぐに会える安心感「ご近所恋愛」のススメ
 コロナ禍は、多くの遠距離カップルを引き裂いてしまいました。会えない期間が続くと、愛情を持続させることはかなり難しくなっ...
内藤みか 2021-06-17 06:00 ラブ
離婚を後悔しがちな5つの理由&後悔しないための確認ポイント
 どんな夫婦でも、結婚が決まった時は明るい未来を想像し、お互いに幸せを感じていたでしょう。しかし、年月が過ぎ、さまざまな...
恋バナ調査隊 2021-06-17 06:00 ラブ