離婚に直結する“妻たちが許せる浮気”と“許せない浮気”の違い

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2020-06-20 06:25
投稿日:2020-06-20 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。浮気は男の甲斐性と言われた時代はもう終わりました。不倫問題が暴露され女性たちの反感を買い、活動自粛や仕事を失う芸能人も出てきたほどです。イメージが良かった人ならなおさらです。その落差で猛バッシングを受けています。
 夫の浮気が発覚した夫婦はその後、心から仲良く元サヤに収まっているのでしょうか。他の女性と肉体関係を持った事実を知ってしまうと、出口の見えない地獄の苦しみがはじまります。世のサレ妻たちはどのように乗り越えてきたのか? 今回はその実態を解説したいと思います。

お金も地位もない男も浮気ができる

夫の浮気が発覚した夫婦のその後は?(写真:iStock)
夫の浮気が発覚した夫婦のその後は? (写真:iStock)

 SNSの普及と浮気の増加は正比例しています。昔の彼女を探し出すこともそんなに難しくありませんし、新しい女友達もどんどん増やせます。ダイレクトに連絡のやりとりも出来ますから、意気投合すればデートに持ち込むことも可能です。

 何よりも簡単に異性と出会える場が増えたことが、誰でも不倫や浮気がしやすくなった原因です。お金がなくてもマメにレスポンスができる男性には親近感がわきますので、先々に飲みに行こう!となっても不思議ではありません。

 出会い系アプリに登録した途端、秒速でアプローチがある男性は、遊びたくて常にターゲットを探しています。「めっちゃ可愛かったから直ぐにいいね! した」と言われても本気にしてはいけませんよ~。ヤリモクですから。

浮気をされて我慢する時代は終わった

迷わず離婚を選択できるように(写真:iStock)
迷わず離婚を選択できるように (写真:iStock)

「離婚したい」と親に相談すると、「我慢しなさい。生活はどうするの? 子供もいるからね」と諭されたり、「近所の目があるから離婚だけはしないで」と言われている、と話す相談者さんは10年前までは少なくありませんでした。しかし筆者世代の親を持つ娘さんたちは心配しないで下さい。結婚式間近に「嫌になったらいつでも帰ってきなさい」と告げる親もいるほど時代は変わりました。

 嫁に行ったら実家の敷居をまたいではいけないという風潮はもうありません。2018年の厚生労働白書によりますと共働き世帯は77%という結果で、結婚しても働く女性が多くなりました。65%近くの女性が専業主婦だった約35年前と割合が反転しているという結果ですが、お金がないので離婚できないという女性は今でも存在します。

 皆さんにいつもアドバイスすることですが、機会があればお仕事を再開して下さい。離婚をするしないを自分の心を尊重して考えることができるので、悩みの種をひとつは減らすことが出来ます。

昭和のバブル期以前、愛人は日陰者のイメージだった

時代は変わった(写真:iStock)
時代は変わった (写真:iStock)

「彼氏は38才で結婚している」と隠すことも悪びれることもなく話す女性。それを聞いても驚くことがなくなったことが実は驚きなのです。

 この意識も不倫や浮気が増えた要因のひとつです。バブル期以前はスナックのママさんとお金に余裕のあるおっさんが愛人関係にあっても周囲の目を気にして、はた目から関係はバレバレでも堂々と認めることはありませんでした。

 しかし今じゃ、奥さんに宣戦布告するような行動を取る女性は珍しくありませんし、相手が結婚していると知っていても、自分のタイプであれば恋愛対象として平気な女性たちもいます。こんな女性に自分の旦那が狙われると怖いですね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


イケメンとは付き合いたくない!女性が思う意外な4つの理由
 美しい顔立ちのイケメンは、女性の心を虜にしますよね♡ それなのに、いざ恋愛関係になると「彼と付き合いたくない」と身を引...
恋バナ調査隊 2021-09-27 06:00 ラブ
男性が遠ざかる…非モテ女子の特徴3つ&モテるための秘訣♡
 美人で可愛くても、なぜかまったくモテない「非モテ女子」。女性から見るとどうして?と思ってしまいますが、そこには男性を遠...
恋バナ調査隊 2021-09-26 06:00 ラブ
眞子さまのご結婚問題に思う…結婚を反対してはいけない理由
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。ここ何年も小室圭さんと眞子さまのご結婚について日本中が注目してきました。今年...
山崎世美子 2021-09-25 06:00 ラブ
結婚を望まれても…半同棲中の恋人との別れを意識する男性
「冷酷と激情のあいだvol.57〜女性編〜」では、恋人がおかした過去の過ちをどうしても許せずに苦しむ女性・Eさんの胸中を...
並木まき 2021-09-26 05:34 ラブ
過去の浮気は許せないけど…彼のプロポーズを待つ女性の胸中
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-09-25 06:28 ラブ
不倫相手の図々しいLINEに戦慄…妻が怒りで我を失った内容5つ
 旦那の不倫——。ただでさえ辛いのに、引いてしまうような図々しい発言をする不倫相手も多いようです。最近では不倫相手と直接...
恋バナ調査隊 2021-09-25 06:28 ラブ
結婚10年目にして…運命の「彼女」との出会いでレズビアンに
 今やLGBTを公言できる時代となった。海外では有名人も同性愛者のパートナーや配偶者がいることを公表し、日本でも徐々に「...
蒼井凜花 2021-09-24 06:15 ラブ
惚れっぽい性格を直したい女性は必見!特徴&5つの対処方法
 彼氏と別れても、すぐに好きな人や新しい彼氏ができる女性は、惚れっぽい性格であることが多いです。一見、恋愛上手で羨ましが...
恋バナ調査隊 2021-09-24 06:00 ラブ
彼氏が何もしてくれない…男性心理5つ&うまく付き合う方法
 どんなに好きな相手でも、交際をすれば何かと不満が出てくるもの。中には、「彼氏が何もしてくれない」と、悩んでいる人もいる...
恋バナ調査隊 2021-09-24 06:00 ラブ
コロナ禍でデートできない…恋愛上手な女性がとった作戦とは
 長引くコロナ禍で、デートするべきか迷うカップルが少なくありません。特に男性のほうが「会うのはしばらくやめておこう」など...
内藤みか 2021-09-23 06:00 ラブ
隠れ肉食系男子を見抜く!5つの特徴&惹かれる女性のタイプ
 普段、優しく柔らかな物腰の男性が、いざという時に男らしく頼れる姿にドキッとする女性は多いでしょう。そのギャップに、好意...
恋バナ調査隊 2021-09-23 06:00 ラブ
ラブラブを取り戻したい…倦怠期を乗り越えるLINE内容5つ
 長く付き合っていると、だんだん新鮮さがなくなってきてマンネリ化し、家族のようになってしまいますよね。でも、本当はラブラ...
恋バナ調査隊 2021-09-23 06:00 ラブ
恋人に自分の意見を言えない…リスクと嫌われない言い回し!
 恋人関係になり、相手との関係をより長く継続したいと考えると、なかなか自分の意見を言えない時ってありますよね。「連絡頻度...
若林杏樹 2021-09-22 06:00 ラブ
バツイチ男性と付き合う前に確認するべき5つのこと&心構え
 ある程度の年齢になれば、周りに離婚経験者が増えてくるため、たまたま好きになった男性が「バツイチだった」ということもある...
恋バナ調査隊 2021-09-22 06:04 ラブ
恋の季節っていつ? 春夏秋冬で恋に落ちる男性心理を解説♡
「恋の季節」という言葉はよく聞きますが、いったいいつなのかって曖昧ですよね。そこで今回は、春夏秋冬それぞれで男性が恋に落...
恋バナ調査隊 2021-09-21 06:02 ラブ
チャラい男性が“本気の恋”に落ちる瞬間&付き合うメリット
 チャラい男性というと、「浮気しそう」「女性にだらしなさそう」といった悪いイメージを持っている人が多いでしょう。しかし、...
恋バナ調査隊 2021-09-21 06:00 ラブ