女性からの告白はあり?男性心理&思いを届ける告白方法5選

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-07-08 06:00
投稿日:2020-07-08 06:00
 女性の中には、告白経験がない人もいます。「ひたすら、男性からの告白を待つ」という人もいるでしょう。しかし、せっかく好きな人ができたのであれば、勇気を出してあなたの気持ちを伝えてみませんか?
 ここでは、女性から告白された男性の心理&5つの告白方法をご紹介します。

女性からの告白ってアリ? 告白された男性の心理とは

好きな人に気持ちを伝えたい(写真:iStock)
好きな人に気持ちを伝えたい (写真:iStock)

 好きな男性ができると「気持ちを伝えずにいられない」と、積極的に告白をする女性もいますが、一般的には男性から告白される機会の方が多いでしょう。女性から告白された時、男性はどう思うのでしょうか? 男性心理をご紹介します。

1. 単純に嬉しい

 女性から告白されたら、単純に「嬉しい」と感じる男性がほとんどです。たとえ、興味がなかった女性からの告白であっても、好意を持ってもらえるというのは嬉しいことでしょう。

 中には、「今まで恋愛感情を持っていなかったのに、告白をきっかけに意識しはじめた」という男性もいます。告白が彼の心を開く鍵になることもあるでしょう。

2. 自分に自信がつく

 誰しも男性は、「女性からモテたい」という願望を持っているものです。そのため、男性は女性から告白されると、嬉しい気持ちと同時に、「俺って、意外とイケるのでは?」と自分に自信を持てるようになります。恋愛経験が少ない男性ほど、そういった気持ちが強いでしょう。

3.「からかわれているのでは?」と疑う

 恋愛経験が豊富な男性であれば、女性からの告白されると素直に「嬉しい」と感じるものです。しかし、恋愛経験が少ない男性の場合には、経験がないゆえに告白を素直に受け入れることができません。

「これって、からかわれているのでは?」「騙されているのでは?」と、疑いを持つ男性もいます。

4.「自分から言うべきだった」と後悔する

 男性の中には女性に対して、「男らしく引っ張っていきたい」と、考えている人もいます。そんな男性は、好意を抱いている女性ができると、「自分から告白したい」と考えていることが多いです。

 そのため、女性から告白されると「OK」の返事をしながらも、「もっと早く、自分から言うべきだった」と情けなく感じてしまうこともあるようです。

5. 好意がない場合「申し訳ない」と感じる

 女性から告白されるのは、男性であれば誰だって嬉しいものです。しかし、必ずしも好意を抱いている相手からの告白とは限りません。

 そのため、気のない女性から告白されると、「NO」の返事をすることに「申し訳ない」と感じてしまうでしょう。

気持ちをどう伝える? 女性からの5つの告白方法

どうやって伝える?(写真:iStock)
どうやって伝える? (写真:iStock)

 好きな彼に「告白をしよう」と考えている女性の中には、「どんなふうに告白したらいいだろうか?」と悩んでいる人もいます。告白はいくつになっても緊張するものですから、うまく伝えられる方法を模索している人もいるでしょう。

 そんな人は、自分にとって相応しい方法を見つけることも大切ですよ。

1. 会っている時に顔を見て伝える

 気持ちを伝えるためには、やはり顔を見て伝えるのが理想的です。会って告白するのは緊張するものですが、大切なことだからこそ、顔を見て伝えましょう。

 顔を見ながらの告白は、言葉だけでなく、勇気や本気度も相手に届くため、よりあなたの想いが伝わるはずです。

2. 電話で伝える

 告白を考えている女性は、「自分の気持ちをちゃんと伝えたい」と思っているでしょう。しかし、顔を見てしまうと照れや恥ずかしさ、緊張から「ちゃんと伝えられるか不安」と考える人もいます。

 そんな場合には、電話での告白がおすすめです。電話の告白は、あなたの声で気持ちを届けることができます。緊張感なども伝わり、相手も真剣に受け取ることができるでしょう。

3. 緊張する人はLINEで伝える

 好きな男性への告白を考えながらも、「彼の反応が怖い」と思っている人がいます。中には、「その後、気まずくなってしまうのではないか?」と、告白できずにいる人もいるでしょう。

 そんな人は、LINEで気持ちを伝えてみましょう。LINEであれば、彼の反応を直接見ることもありませんし、どう返事をするか考える時間を与えることもできます。

4. 気持ちを込めた手紙で伝える

 今の時代、電話やLINEなどを使えば簡単に連絡を取ることができます。告白だって、これらのツールを使えば気軽に行えます。しかし、手軽さゆえに気持ちが伝わりにくいと感じる人も少なくありません。

 その点、手書きの手紙からは気持ちが伝わりやすいです。一文字一文字大切に書き上げた手紙からは一生懸命さが感じられますし、丁寧な人柄も伝わるでしょう。

5. 共通の友達から伝えてもらう

「告白したい」と思いながらも、勇気が出ずに行動に移せない人もいます。そんな人は、共通の友達の力を借りるのも一つの方法です。

 誰かを通してでも「伝えたい」という気持ちがあれば、これも立派な告白です。ただ、友達を経由することで、伝えたい言葉をすべて届けることは難しいかもしれません。いかにあなたの気持ちに親身になってくれる友達を選ぶことも、告白を成功させるポイントになるでしょう。

告白の目的は自分の素直な気持ちを伝えること!

自分から言ったっていいじゃない(写真:iStock)
自分から言ったっていいじゃない (写真:iStock)

 告白というと、「男性からされるのが理想的」と、思っている女性も多いでしょう。しかし、あなたが想いを寄せている相手が、必ずしもあなたと同じ思いであるとは限りません。相手があなたを意識していなければ、あなたが行動を起こさなければ、何も進展しない可能性だってあるんです。

 告白はOKをもらうためではなく、「自分の素直な気持ちを伝えるもの」と考えてみてはいかがでしょう。きっと、自分にとって相応しい告白方法が見つかると思います。ぜひ、この記事を参考に、あなたにとって理想的な告白をしてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


運命の人だと思ったのに違った…7つの共通点&見極めるコツ
 彼と出会った時、一緒にいて落ち着いたり、偶然の共通点が多かったりすると「思わず運命の人なのかも!?」と思ってしまいます...
恋バナ調査隊 2021-06-18 06:00 ラブ
ここに来て注目…すぐに会える安心感「ご近所恋愛」のススメ
 コロナ禍は、多くの遠距離カップルを引き裂いてしまいました。会えない期間が続くと、愛情を持続させることはかなり難しくなっ...
内藤みか 2021-06-17 06:00 ラブ
離婚を後悔しがちな5つの理由&後悔しないための確認ポイント
 どんな夫婦でも、結婚が決まった時は明るい未来を想像し、お互いに幸せを感じていたでしょう。しかし、年月が過ぎ、さまざまな...
恋バナ調査隊 2021-06-17 06:00 ラブ
レスの彼との未来はある? 乗り越えるためのおすすめ解消法
 友達同士でもなかなか語り合えない「セックスの頻度」。皆さんはどれくらいでしょうか? パートナーとの夜の営みがない期間が...
若林杏樹 2021-06-16 06:00 ラブ
愛され女子のほっこりLINE♡ 彼氏の仕事の疲れを癒す内容5つ
 仕事が忙しくて、なかなか会えない彼氏……。そんな時には、「なんで会えないの!?」なんて拗ねたLINEよりも、彼氏を癒す...
恋バナ調査隊 2021-06-16 06:00 ラブ
冷凍ごはん絶対NG?ホント無理!彼のこだわりに打ち勝った日
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 08:28 ラブ
いくら美形でも…付き合いたくないモンスターイケメン体験談
 外見の良さは、人から評価されやすいものです。しかし、あまりに外見でちやほやされすぎると、コミュニケーション能力の欠如し...
ミクニシオリ 2021-06-15 06:00 ラブ
現実と向き合って!夫婦の問題から逃げるパートナーとの末路
 結婚って幸せの入り口だと思っていたのに……結婚生活を重ねるほどに浮上してくる、現実的な問題の数々。もしパートナーがこの...
七味さや 2021-06-14 06:00 ラブ
美魔女はモテる?モテない?年齢に負けずちやほやされるコツ
 少し前に流行った、「美魔女」という言葉をご存知ですか? 一般的な定義としては、“35歳以上の才色兼備の女性”のを指すよ...
恋バナ調査隊 2021-06-14 06:00 ラブ
すぐに実践♡ 男性を虜にする効果抜群の恋愛テクニック8選
 気になる男性ができた時、「誰にでも効果のある恋愛テクニックがあればいいのになぁ」と感じたことはありませんか? 今回は、...
恋バナ調査隊 2021-06-13 06:01 ラブ
もはや誤変換の神! 彼女から届いた笑える可愛いLINE5選♡
 恋人同士の連絡ツールであるLINEには、2人のいろいろな物語が詰まっています。今回はその中でも、愛しい彼女から届いた、...
恋バナ調査隊 2021-06-12 06:00 ラブ
妻一筋で不倫しません! 夫を虜にする妻が持つ“4つの共通点”
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。芸能人の不倫スクープが山ほどクローズアップされ、今や“女遊びは芸の肥やし”と...
山崎世美子 2021-06-12 11:11 ラブ
別居してお互い自由にしているし…離婚に応じない夫の言い分
「冷酷と激情のあいだvol.42〜女性編〜」では、別居をして何度も離婚の話をするも、夫が合意してくれない女性・Sさんの苦...
並木まき 2021-06-13 22:12 ラブ
冷え切った関係なのに…夫に離婚を認めてもらえない妻の悲嘆
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-12 06:09 ラブ
キスは何回目のデートで?最適なタイミング&男性のサイン♡
 待ちに待った初デート♡「もしかしてキスされるのでは?」と、ドキドキしてしまいますよね。でも、それと同時に何度目のデート...
恋バナ調査隊 2021-06-11 06:05 ラブ
見極めが肝心! 不倫をする男性の7つの特徴&行動パターン
 永遠の愛を誓って結婚したはずが、夫の不倫で人生どん底……そんな目にあいたくないのは皆同じ。でも、リサーチしたところによ...
リタ・トーコ 2021-06-11 10:49 ラブ