女性からの告白はあり?男性心理&思いを届ける告白方法5選

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-07-08 06:00
投稿日:2020-07-08 06:00
 女性の中には、告白経験がない人もいます。「ひたすら、男性からの告白を待つ」という人もいるでしょう。しかし、せっかく好きな人ができたのであれば、勇気を出してあなたの気持ちを伝えてみませんか?
 ここでは、女性から告白された男性の心理&5つの告白方法をご紹介します。

女性からの告白ってアリ? 告白された男性の心理とは

好きな人に気持ちを伝えたい(写真:iStock)
好きな人に気持ちを伝えたい (写真:iStock)

 好きな男性ができると「気持ちを伝えずにいられない」と、積極的に告白をする女性もいますが、一般的には男性から告白される機会の方が多いでしょう。女性から告白された時、男性はどう思うのでしょうか? 男性心理をご紹介します。

1. 単純に嬉しい

 女性から告白されたら、単純に「嬉しい」と感じる男性がほとんどです。たとえ、興味がなかった女性からの告白であっても、好意を持ってもらえるというのは嬉しいことでしょう。

 中には、「今まで恋愛感情を持っていなかったのに、告白をきっかけに意識しはじめた」という男性もいます。告白が彼の心を開く鍵になることもあるでしょう。

2. 自分に自信がつく

 誰しも男性は、「女性からモテたい」という願望を持っているものです。そのため、男性は女性から告白されると、嬉しい気持ちと同時に、「俺って、意外とイケるのでは?」と自分に自信を持てるようになります。恋愛経験が少ない男性ほど、そういった気持ちが強いでしょう。

3.「からかわれているのでは?」と疑う

 恋愛経験が豊富な男性であれば、女性からの告白されると素直に「嬉しい」と感じるものです。しかし、恋愛経験が少ない男性の場合には、経験がないゆえに告白を素直に受け入れることができません。

「これって、からかわれているのでは?」「騙されているのでは?」と、疑いを持つ男性もいます。

4.「自分から言うべきだった」と後悔する

 男性の中には女性に対して、「男らしく引っ張っていきたい」と、考えている人もいます。そんな男性は、好意を抱いている女性ができると、「自分から告白したい」と考えていることが多いです。

 そのため、女性から告白されると「OK」の返事をしながらも、「もっと早く、自分から言うべきだった」と情けなく感じてしまうこともあるようです。

5. 好意がない場合「申し訳ない」と感じる

 女性から告白されるのは、男性であれば誰だって嬉しいものです。しかし、必ずしも好意を抱いている相手からの告白とは限りません。

 そのため、気のない女性から告白されると、「NO」の返事をすることに「申し訳ない」と感じてしまうでしょう。

気持ちをどう伝える? 女性からの5つの告白方法

どうやって伝える?(写真:iStock)
どうやって伝える? (写真:iStock)

 好きな彼に「告白をしよう」と考えている女性の中には、「どんなふうに告白したらいいだろうか?」と悩んでいる人もいます。告白はいくつになっても緊張するものですから、うまく伝えられる方法を模索している人もいるでしょう。

 そんな人は、自分にとって相応しい方法を見つけることも大切ですよ。

1. 会っている時に顔を見て伝える

 気持ちを伝えるためには、やはり顔を見て伝えるのが理想的です。会って告白するのは緊張するものですが、大切なことだからこそ、顔を見て伝えましょう。

 顔を見ながらの告白は、言葉だけでなく、勇気や本気度も相手に届くため、よりあなたの想いが伝わるはずです。

2. 電話で伝える

 告白を考えている女性は、「自分の気持ちをちゃんと伝えたい」と思っているでしょう。しかし、顔を見てしまうと照れや恥ずかしさ、緊張から「ちゃんと伝えられるか不安」と考える人もいます。

 そんな場合には、電話での告白がおすすめです。電話の告白は、あなたの声で気持ちを届けることができます。緊張感なども伝わり、相手も真剣に受け取ることができるでしょう。

3. 緊張する人はLINEで伝える

 好きな男性への告白を考えながらも、「彼の反応が怖い」と思っている人がいます。中には、「その後、気まずくなってしまうのではないか?」と、告白できずにいる人もいるでしょう。

 そんな人は、LINEで気持ちを伝えてみましょう。LINEであれば、彼の反応を直接見ることもありませんし、どう返事をするか考える時間を与えることもできます。

4. 気持ちを込めた手紙で伝える

 今の時代、電話やLINEなどを使えば簡単に連絡を取ることができます。告白だって、これらのツールを使えば気軽に行えます。しかし、手軽さゆえに気持ちが伝わりにくいと感じる人も少なくありません。

 その点、手書きの手紙からは気持ちが伝わりやすいです。一文字一文字大切に書き上げた手紙からは一生懸命さが感じられますし、丁寧な人柄も伝わるでしょう。

5. 共通の友達から伝えてもらう

「告白したい」と思いながらも、勇気が出ずに行動に移せない人もいます。そんな人は、共通の友達の力を借りるのも一つの方法です。

 誰かを通してでも「伝えたい」という気持ちがあれば、これも立派な告白です。ただ、友達を経由することで、伝えたい言葉をすべて届けることは難しいかもしれません。いかにあなたの気持ちに親身になってくれる友達を選ぶことも、告白を成功させるポイントになるでしょう。

告白の目的は自分の素直な気持ちを伝えること!

自分から言ったっていいじゃない(写真:iStock)
自分から言ったっていいじゃない (写真:iStock)

 告白というと、「男性からされるのが理想的」と、思っている女性も多いでしょう。しかし、あなたが想いを寄せている相手が、必ずしもあなたと同じ思いであるとは限りません。相手があなたを意識していなければ、あなたが行動を起こさなければ、何も進展しない可能性だってあるんです。

 告白はOKをもらうためではなく、「自分の素直な気持ちを伝えるもの」と考えてみてはいかがでしょう。きっと、自分にとって相応しい告白方法が見つかると思います。ぜひ、この記事を参考に、あなたにとって理想的な告白をしてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


年上を狙うハイエナに注意!アプリで出会った自己中心浮気男
 近ごろ、マッチングアプリで年下男性を希望する女性が急増しています。  若い男性とのスイートな真剣交際を夢見る女性に忍...
内藤みか 2022-07-07 06:00 ラブ
復縁後の彼氏が冷たいって何なん? “地獄の過ち”二度は嫌!
 別れた元彼と復縁をした経験がある人は少なくありません。別れを後悔し、念願叶ってやっと復縁できたとなれば、当然嬉しいです...
恋バナ調査隊 2022-07-07 06:00 ラブ
元カレから連絡キタ…復縁できる? 元カノにLINEする男性心理
 未練が残る元カレから連絡がくるとドキッとしますよね。「最近調子どう? 元気?」なんてきたら、嬉しさと切なさでいっぱいに...
若林杏樹 2022-07-06 06:00 ラブ
イケメン夫と結婚した妻の本音…“超絶幸せ”と“憂鬱”どっち?
 婚活中の女性に、どんな人と結婚したいかを聞くと、性格や経済面を差し置いて、まず最初に「イケメン」と答える人がいます。ま...
田中絵音 2022-07-06 06:00 ラブ
「ギャップモテ」40代女性でも使えるのか問題!NG行動あるよ
 ギャップのある女性は、年齢に関係なく男性からモテるもの。40代女性で「ギャップモテ」を狙っている人もいるでしょう。そこ...
恋バナ調査隊 2022-07-06 06:00 ラブ
シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ