郊外に家を建てた若夫婦…幸せ絶頂の妻を襲った夫の浮気疑惑

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-08-11 14:50
投稿日:2020-07-21 06:00
 郊外に念願の一軒家を手に入れた若夫婦。会社への通勤には少々不便な地だが、最近ではテレワークがメインになり「少し無理をしてでも、家を買っておいて本当に良かった」と感じているそうだ。
 マンションよりも広々とした玄関、近隣住民との適度な距離感。そしてなにより「ここは私たちのお城」という独特の満足感。
 そんな若夫婦の“城”では、ときに、人生につきものの奇妙な事件も起こりうるーー。
 戸建て住宅を買ったばかりの若夫婦に起きた、ちょっと奇妙でほろ苦いストーリーとは……?

謎の白い封筒

念願の一戸建てを手にいれたた若い夫婦は…(写真:iStock)
念願の一戸建てを手にいれたた若い夫婦は… (写真:iStock)

 バタン。

 いつものように自宅のポストの扉を開けてみると、今日は郵便物が3通。

 不動産を買うときに資料を取り寄せていた仲介会社からのダイレクトメールと、お取り寄せによく使っている農園からのクーポン付きハガキ。そしてもう1通は、いかにも私信といった感じの白い封筒――。

「ん? なんだろう、これ」

 この家の主のひとりである咲子は、宛名に夫の名前が書かれている手紙に目を留めた。

 咲子は、この家を建てるときに、ポストひとつにもとことんこだわった。海外のインテリア雑誌を何冊も読み、気に入ったポストを個人輸入で取り寄せた。そのお気に入りのポストに、想定外の郵便物が届いたのは今回が初めてだ。

「えっと……。なんで差出人の名前が、イニシャルなんだろう?」

 その封筒は、ちょっと厚みがある。おもてには、達筆な文字で夫の名前が丁寧に書かれていた。裏面を見ると、差出人の住所は途中までしか書かれておらず、名前もイニシャル表記になっている。

住所を知る人は少ないはずなのに

(写真:iStock)
(写真:iStock)

(えー。なんだか気持ち悪い。不幸の手紙だったらイヤだなぁ。それにしても、なんで夫宛にこんな奇妙な手紙が届くんだろう。あの人、私に隠れて怪しいことでもしているのかしら……)

 インポートのタイル張りになっている自慢の玄関ポーチに立ちすくんだまま、咲子は奇妙な郵便物について、即座に夫にLINEで報告しようとして、やめた。

(ちょっと待った。もしも夫が浮気していたとしたら、少し泳がせないとダメなのかな。ここで手紙のことを話したら、他の証拠を隠しちゃうかもしれないし、これは私がしばらく持っておこう)

 咲子たちがここに家を建ててから、まだ1年も経っていない。親しい友人らには、新居を知らせる案内は出しているものの、ここの住所を知る人は少ないはずだ。

 それなのに、夫宛に手紙が届いていることが、咲子には不思議で仕方がない。

(これはやっぱり。夫が、怪しいことをしているに違いない!)

ライフスタイル 新着一覧


開運花師激推し!夏っぽ“黄色の花”で元気&やる気をチャージ
 びっくりするほど短かった梅雨が明け、猛烈に暑い日本でございます。 「日本の気温がヨーロッパではニュースになってい...
円安でも大満足!ダナン&ホイアン満喫、世界はもう動いてる
 こんにちは! 複業家の林知佳です(占い師もやってます!)。全4回にわたり、コロナ後初の海外について書かせていただきます...
「忘れ物が多い」と自覚するなら“時間ギリ子”の習慣をなくす
 常日頃、忘れ物が多いと悩んでいませんか? 仕事で必要な資料を家に忘れてきたり、お店に傘を忘れてきたなんて経験がある人は...
えっ“たまたま”が落ちてる?夏の夕暮れの路地で大胆ポーズ♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 7月4日~7月10日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
「40代の女子会」手抜きメークは“ご法度”!NGマナーの確認を
 気の合う女性同士が集まって、本音を言い合いながら楽しめる「女子会」ですが、大人になると、やはりそれなりのマナーが必要で...
「枕元に麻婆豆腐置いとくわね」世界一意地悪な姑LINE3選!
 大切な息子をとられた恨みがあるからなのか、世の中には嫁をいびる意地悪な姑が存在します。今回は、運悪く意地悪な姑と家族に...
自分ファーストは難しい…他人軸で生きる人のメンタル安定術
 みなさんは、“自分のため”だけにできる行動って何かありますか? 「スキルアップに繋がる」「誰かのためになるかも」とか...
“たまたま”そっくりな口元に注目!ソファの上で寝落ち寸前!!
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
暑い夏!“NO.1”の青い花「デルフィニウム」で頭も体も冷やす
 ここ数日の暑さには本当にまいっちゃいます。暑いのが大の苦手で、基本毎日薄着のワタクシ。夏だからとはいえ、女である以上脱...
悲劇のヒロイン説も浮上!「疲れるネガティブ」ちゃんへのお作法
「どうせ自分なんて」「もう嫌だ」……あなたの周囲にも「他人を疲れさせる」ネガティブな人はいませんか? 悲観的な発言を聞か...
事前準備が命!子連れ引っ越しこう乗り切る 2022.6.28(火)
 ただでさえ、やることだらけでバタバタするのがお引越しですが、小さな子がいる家族は環境の変化や子どもの体調など、心配事も...
タイ→ホーチミンへ!ベトナムドン、やっぱりゼロ多すぎ問題
こんにちは! 複業家の林知佳です(占い師もやってます!)。全4回にわたり、コロナ後初の海外について書かせていただきます。...
招き猫“たまたま”の「おいでおいで♪」に吸い寄せられちゃう
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 6月27日~7月4日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
すいかばかと呼ばれる男<2>ハッパ64で10年に一度のすいかを
 山梨県のすいかの生産量は全国で最下位の47位。その山梨県北杜市で、ひとりこだわりのすいかを作る男がいる。寿風土(ことぶ...