郊外に家を建てた若夫婦…幸せ絶頂の妻を襲った夫の浮気疑惑

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-08-11 14:50
投稿日:2020-07-21 06:00
 郊外に念願の一軒家を手に入れた若夫婦。会社への通勤には少々不便な地だが、最近ではテレワークがメインになり「少し無理をしてでも、家を買っておいて本当に良かった」と感じているそうだ。
 マンションよりも広々とした玄関、近隣住民との適度な距離感。そしてなにより「ここは私たちのお城」という独特の満足感。
 そんな若夫婦の“城”では、ときに、人生につきものの奇妙な事件も起こりうるーー。
 戸建て住宅を買ったばかりの若夫婦に起きた、ちょっと奇妙でほろ苦いストーリーとは……?

謎の白い封筒

念願の一戸建てを手にいれたた若い夫婦は…(写真:iStock)
念願の一戸建てを手にいれたた若い夫婦は… (写真:iStock)

 バタン。

 いつものように自宅のポストの扉を開けてみると、今日は郵便物が3通。

 不動産を買うときに資料を取り寄せていた仲介会社からのダイレクトメールと、お取り寄せによく使っている農園からのクーポン付きハガキ。そしてもう1通は、いかにも私信といった感じの白い封筒――。

「ん? なんだろう、これ」

 この家の主のひとりである咲子は、宛名に夫の名前が書かれている手紙に目を留めた。

 咲子は、この家を建てるときに、ポストひとつにもとことんこだわった。海外のインテリア雑誌を何冊も読み、気に入ったポストを個人輸入で取り寄せた。そのお気に入りのポストに、想定外の郵便物が届いたのは今回が初めてだ。

「えっと……。なんで差出人の名前が、イニシャルなんだろう?」

 その封筒は、ちょっと厚みがある。おもてには、達筆な文字で夫の名前が丁寧に書かれていた。裏面を見ると、差出人の住所は途中までしか書かれておらず、名前もイニシャル表記になっている。

住所を知る人は少ないはずなのに

(写真:iStock)
(写真:iStock)

(えー。なんだか気持ち悪い。不幸の手紙だったらイヤだなぁ。それにしても、なんで夫宛にこんな奇妙な手紙が届くんだろう。あの人、私に隠れて怪しいことでもしているのかしら……)

 インポートのタイル張りになっている自慢の玄関ポーチに立ちすくんだまま、咲子は奇妙な郵便物について、即座に夫にLINEで報告しようとして、やめた。

(ちょっと待った。もしも夫が浮気していたとしたら、少し泳がせないとダメなのかな。ここで手紙のことを話したら、他の証拠を隠しちゃうかもしれないし、これは私がしばらく持っておこう)

 咲子たちがここに家を建ててから、まだ1年も経っていない。親しい友人らには、新居を知らせる案内は出しているものの、ここの住所を知る人は少ないはずだ。

 それなのに、夫宛に手紙が届いていることが、咲子には不思議で仕方がない。

(これはやっぱり。夫が、怪しいことをしているに違いない!)

ライフスタイル 新着一覧


醜すぎる女性同士のバトル! 姑・友人・姉妹のドロドロLINE
 女性同士のケンカって、ドロドロしがちですよね。「本気でぶつかり合えばすっきり解決!」ができる男性に比べて、女性同士のケ...
あなたは大丈夫…? ”不幸中毒”になっていたお客さんの話
 自分のことを「不幸だな」「不運だな」と感じることはありますか?もちろん生活の中でそんなふうに感じる瞬間はあると思います...
断捨離で社会貢献 「古着deワクチン」レポ 2021.10.22(金)
 整理整頓が苦手です。特に洋服。気が付くとクロゼットはいつもパンパン。そのくせ着る服はいつも一緒という残念な事態に。この...
猫は「きもちいい」の天才! 日差しにウットリ“にゃんたま”
 猫は「きもちいい」の天才です。  きょうは柔らかな日差し。ただでさえ気持ちの良い日なのに、にゃんたま君は背中を伸...
「ガーデンシクラメン」攻略法! 間違った園芸方法に決別を
 10月も半ばともなると、あんなに暑かった夏もいつの間にか過ぎ、早くも年末のカウントダウンがはじまった気がいたします。 ...
GU「スタイルヒート」で“ダサ見え”を解決 2021.10.19(火)
 すっかり肌寒くなり、朝晩冷え込んできました。気温が下がってきたら活躍するのは、ヒートテックですよね。急激に気温が下がっ...
シングルマザーになったら突然色眼鏡がかかってしまう不思議
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...
10月18日~24日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
男同士の方が楽しいの? 尻尾を絡ませる“にゃんたま”君たち
 美にゃんな三毛猫のお嬢さんと見つめ合うにゃんたま君。  スマートなお尻を見せつけて、自分の魅力をアピールしている...
なにが違うの?努力して憧れの存在に近づける人と遠ざかる人
 皆さんには憧れの人はいますか? 仕事ができる先輩や上司、友人や家族、著名人の名前をあげる人もいるかもしれません。私はた...
プロレスごっこで力加減を勉強中!“にゃんたま”兄弟をパチリ
 きょうは、プロレスごっこに夢中なにゃんたま兄弟。これは格闘の練習です。  獲物をつかまえる時の練習にもなっていて...
花と色の相乗効果! ビタミンカラーで心も身体もポジティブに
 猫店長「さぶ」率いる我が花屋は、カントリー風情たっぷりな立地でありながら、なんだかんだで毎日のように外国人のお客様がご...
褒め言葉を理解? ドヤ顔する猫がかわいい 2021.10.12(火)
 猫の知能は1歳半~2歳半の子ども程度だとされています。一説によると、80語くらいの人間の言葉を認識できるそう。彼らが覚...
ムカつきながらも息子の前では「パパを立てる」と決めたこと
 はじめまして。シングルマザー3年目の孔井嘉乃です。私には、6歳になる息子がいます。  家庭の事情はそれぞれあって、離...
10月11日~17日のエレメント占い 今週のあなたの運勢は?
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
“にゃんたま”をくんくん…この匂いは間違いなく我が息子!
 あらゆるものをくんくんしたがる習性は、野生時代からの名残。  きょうは先輩に、にゃんたまω付近をくんくんされてド...