浮気されやすい女性の10の特徴!男性の思考を知って対策を

リタ・トーコ ライター
更新日:2020-07-14 06:00
投稿日:2020-07-14 06:00
「彼氏を大事にしているはずなのに、なぜか浮気されやすい……」そんなお悩みはありませんか? 今回は、そんな女性に共通する特徴をご紹介。「浮気されやすい」なんて悩みは、今後一切なくしちゃいましょう!

浮気されやすい女性の10個の特徴

なぜだかいつも浮気されてしまう(写真:iStock)
なぜだかいつも浮気されてしまう (写真:iStock)

 浮気されやすい女性には、特徴があるようです。もしも、その原因を取り除けるなら、浮気トラブルの悩みは減るのかも? さっそく、見ていきましょう。

1. 感情的になる

 女性は男性よりも感情が豊かだと言われます。これには、月経を司る女性ホルモンが影響している可能性もあるでしょう。しかし、難しいことに、なにかと感情的になる女性を男性は嫌う傾向にあります。

 世の男性が、浮気相手に求める大きな要素は「癒し」だったりします。ヒステリックになりそうな時、「これをしたら落ち着く」という“自分をなだめる術”を身につけておくと良いかもしれません。

2. 依存をする

 お付き合いが始まると、恋愛に没頭する女性は多いです。もちろん、これは悪いことではありません。しかし、「彼氏がいないとダメ!」と依存する女性は、男性に重く捉えられてしまい、浮気へと走らせてしまう可能性があるでしょう。

 共働き夫婦が増えている昨今、結婚後に共に家計を支えて欲しいと思う男性は多いですが、精神的にも社会的にも女性が自立することは大切。「彼氏はいた方がもちろん良いけれど、いなくても生きていける」状況を作っておくと、依存をせずにいられるでしょう。

3. 束縛をする

 浮気をさせないために何から何まで束縛する女性がいますが、これは逆効果になるケースが多いです。男性は束縛をされると、自由になる方法を考えたくなります。ついでにこの時、狡猾にバレない対策を学んでいくのです。

 そして、「束縛」は一見、相手を好きだからこそ起こる行動のように見えますが、実は、相手を信じていないゆえの行動。まずは、相手をとことん信じましょう。

4. すべてを当たり前に許す態度を取る

「もし、俺が浮気をしたらどうする?」と聞かれたら、あなたはなんと答えますか? この時、「好きだから、許しちゃうんじゃないかな」なんて答えるのはNG。

 一見寄り添っていたり、男性に対して理解が深い女性に見えるかもしれませんが、「いい女=全てを許す女」ではありません。「浮気なんてしないでしょう?」と、信じる姿勢は崩さず、でも、「浮気したいなら、私と別れてからどうぞ!」と伝えておきましょう。

結婚願望が強すぎるのも…(写真:iStock)
結婚願望が強すぎるのも… (写真:iStock)

5. 結婚願望が強い

 女性の中には、「早く結婚したい」「◯歳までには子供を産みたい」など、自分の理想の人生設計を立てている人もいます。しかし、そんな結婚願望が強い女性に対して、男性は「これから一生縛られるのか……」と、自由を奪われてしまうような感覚に陥ってしまうそう。

 特に、年齢が若い男性や経済面で余裕がない男性は、その傾向が強いため、注意が必要です。

6. 一人でも生きていけそう

 何もかも完璧で一人でも生きていけそうな女性も、浮気されやすいです。こういった女性に共通するのは、とにかく負けず嫌いで甘え下手。

 多かれ少なかれ、男性には「頼られたい」願望があります。そのため、対極にいる甘え上手で隙がある女性との出会いがあると、男性はついつい心を奪われやすいのです。

 きちんと自立をすることは大切なのですが、頑張りすぎず、できないことは素直に認めて頼って、男性の自尊心を保ってあげることも必要でしょう。

7. ネガティブで文句ばかり

「どうせ私なんて」と、ネガティブな上、文句や人の悪口を言ってばかりいる女性は、恋人ではなくても一緒にいてストレスを感じさせてしまうでしょう。

 誰だって愚痴などを言いたくなる時はあると思いますが、せっかく彼氏といる時くらいは笑顔でポジティブを意識することが肝心!それに、「一緒にいて気持ちいい」と思われる女性は、周りからも好感を得ることができますよね。

8. 愛情表現に乏しい

 愛情表現に乏しい女性も、浮気されやすい傾向にあるでしょう。「好き」「愛してる」などの言葉もなく、スキンシップもなく、まったくヤキモチも焼く様子もない……、そんな女性といると「本当に好きなのかな?」とか、「一緒にいてもつまらない」と男性が思ってしまうのも無理はありません。

 恥ずかしいから表現できないという方もいるかもしれませんが、損をするだけ。上手に愛情を伝えるスキルを磨きましょう。

9. 恥じらいがない

 付き合いが長くなると相手が考えることもわかってきますし、気を使わずにいられるようになります。しかし、気を許しすぎて恥じらいを持たなくなるのはNG。

 この意識こそが、男性に「女性として見ることができなくなった」なんて、ひどい言葉を言わせたり、「居心地は良いけど、刺激がない」と、浮気へと向かわせる大きな原因になるのです。

 知り合ったばかりの頃を思い出して、恥じらいや上品さ、気遣いを持ち続ける努力をするのは大切なことでしょう。

10. 男性を見る目がない

 身も蓋もないですが、男性を見る目がない女性も浮気されやすい可能性があります。「浮気を絶対にしない」とは誰しも言い切れないものだと思いますが、中には、浮気を悪いこととも思わず、癖のように行う男性も存在するのです。

 男性を選ぶ時には、とにかく慎重に。とはいえ、いったん好きになってしまったら、「時すでに遅し」なんですけどね。

浮気されやすい女性が悪いわけではない

早めに見切りを付けた方がいいことも(写真:iStock)
早めに見切りを付けた方がいいことも (写真:iStock)

 浮気されやすい女性の特徴をお伝えしてきました。しかし、大前提として、浮気をされやすい女性が悪いのではなく、彼女がいながら浮気をする男性が絶対に悪いことは分かっておきましょう。男性がきっちり白黒つけて次に進んでくれたら、浮気されやすいかどうかなんて悩まなくても良い問題なんですから。

 でも、女性にも「理想の男性像」があるように、男性にも「理想の女性像」があるのは仕方がないこと。男性を浮気へと走らせるのは、女性の些細な行動であったりもするのです。

 男性の思考を知っておくと、そんな行動を慎むことができ、浮気を防ぐことにもつながるかもしれません。ぜひ、参考にしてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


私は本命? 男性が“最後の女”と決める5つの瞬間&目指し方
 交際が順調に進めば、「このまま彼と結婚したい」と思うのは当然のこと。しかし、なかなか結婚話が出ないと「彼にとって、私は...
恋バナ調査隊 2021-05-14 06:30 ラブ
“デキる女”感がアップ! 同棲や結婚が近づく日用品セレクト
 彼とのおうちデートや半同棲生活では、「この子は生活能力が高い」と思わせることができれば、同棲や結婚へのチャンスも近づき...
並木まき 2021-05-14 06:00 ラブ
会ってくれないのはなぜ?コロナ破局を回避するための対処法
 感染症の流行が続くなか、恋人から「もう別れよう」「もう友達に戻ろう」などと言われる女性が続出しています。その原因は女性...
内藤みか 2021-05-13 06:00 ラブ
奥手な草食系男子との恋愛…LINEはどう送る?注意点5つ
 草食系男子といえば、「恋愛に対する熱量が低く、心優しくて奥手」というイメージが強いですよね。繊細な彼らの特徴やポイント...
恋バナ調査隊 2021-05-13 06:00 ラブ
甘えたくなる〜!男子が弱いところを見せたくなる女子の特徴
 いつもは仕事などでキリッとしているカレが、素の顔や弱いところを見せてくるとキュンと来ちゃいますよね。仕事のできる男性に...
若林杏樹 2021-05-12 06:00 ラブ
男性は記念日を忘れる生き物?納得の理由&忘れさせない方法
 誕生日や付き合った記念日、結婚記念日など、女性が大切にしたい「記念日」。でも、そんな記念日を、あっさり忘れてしまうのが...
孔井嘉乃 2021-05-11 06:00 ラブ
遠距離恋愛中こそLINEを活用♡ 愛が深まる送り方5つ
 遠距離恋愛中のカップルは、会えないぶんだけ絆が深まっていくか、物理的に距離が離れた生活に心も離れてしまうかのどちらかで...
恋バナ調査隊 2021-05-11 06:00 ラブ
実は幸せかも♡ ドキドキしない恋愛の魅力&見極めポイント
「恋愛するなら、思いっきりドキドキしたい♡」と、思っている人は多いでしょう。確かに、ドキドキする恋愛は刺激的です。しかし...
恋バナ調査隊 2021-05-10 06:01 ラブ
いい匂いの女は記憶に残る…男性を魅了する香りのテクニック
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。嫌でも汗ばむ季節の到来です。今年こそ香りを操れる素敵な女性になりたいものです...
山崎世美子 2021-05-08 06:00 ラブ
男性が恐怖を感じる女性の恋愛暴走LINE…あなたは大丈夫?
 恋愛中の女性って、ついつい妄想してしまいがち。特に、LINEでのやりとりでは、相手の顔が見えないぶん、1人で勝手に暴走...
恋バナ調査隊 2021-05-08 06:00 ラブ
愛はなかった…離婚に同意するも話し合いで揉める夫の本心
「冷酷と激情のあいだvol.38〜女性編〜」では、コロナ禍だからこそ、別居婚を経て同居婚になった途端に、離婚を選ばざるを...
並木まき 2021-05-08 05:57 ラブ
同居した途端…夫への愛がないことを悟ってしまった妻の決断
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-05-08 05:56 ラブ
好きじゃない男性と付き合う5つのメリット&ポイントとは
「彼氏がいる」と聞くと、多くの人は「彼のことが好きだから付き合っている」と思うでしょう。しかし、恋愛のはじまり方はさまざ...
恋バナ調査隊 2021-05-07 06:00 ラブ
キスの場所には意味がある♡ パーツ別に隠れた14の男性心理
 恋人同士が愛情を伝えるために交わす、「キス」。実は、キスには場所ごとに意味があるのをご存知でしょうか? 今回は、厳選し...
リタ・トーコ 2021-05-07 06:00 ラブ
年下男性からの好感度アップ!年上女性のLINEメッセージテク
 最近、LINEでのモテメッセージの傾向に変化が起きています。スタンプを散りばめた派手なメッセージよりも、落ち着いたオト...
内藤みか 2021-05-06 06:00 ラブ
結婚に失敗する人の特徴&後悔しないためのチェックポイント
「いつか素敵な人と結婚して幸せになりたい」と、思っている人は多いでしょう。しかし、現実はそう甘くはありません。今では、3...
恋バナ調査隊 2021-05-06 06:00 ラブ