“絶対に浮気をしない男”のパターンは6通りしか存在しない件

しめサバ子 マルチポテンシャライトライター
更新日:2020-06-23 06:00
投稿日:2020-06-23 06:00
 アンジャッシュ渡部健さんの多目的トイレ不倫は、世間を騒がさせましたね。佐々木希さんという美人な奥さんがいるのに浮気をするなんて……というのも、驚きのポイントだったのかもしれません。
「結局、男ってどんな状況でも浮気するのか……」。そんな絶望感を世の中の女性に突きつけた今回の騒動ですが、そうした中で“浮気をしない男”をどのように見極めればよいのか。

「浮気レス男性」の6つパターン

浮気をしない男はいるのか?(写真:iStock)
浮気をしない男はいるのか? (写真:iStock)

 ここで重要なのは、「浮気しなさそう」「浮気する確率が低そう」というレベルではなく、「絶対に浮気しない!」と言い切れる男性はいずこにいるのか、ということです。一見浮気しなさそうなのに、状況によっては浮気してしまう男性は意外といるもの。

 今回は「100%浮気レス保証」を実現してくれる男性のパターンを徹底的に分析してみたいと思います。

その1. 自分の趣味が大好き

 まずこちらは鉄板ですよね。「趣味 >女性」というタイプ。完全に自分の世界にこもってくれるので、女性に時間とお金を使う余裕があるなら、すべて趣味に突っ込みたい! そんな彼らの心に浮気が入り込む隙間などほとんどありません。

 こういう男性、そもそも恋愛にも興味がないんじゃ……という懸念もありますが、そこは共通の趣味などで突破しましょう。なお、趣味といっても、ゴルフなど、ほかの人と一緒に何かをすることを前提にするものは向きません。もっと自分の世界に没頭するもの、例えばパズルとか、遺跡探索とかがおススメです。

その2. 性欲があまりない

 ある調査によると、20~60代の男性のうち約16.3%が「自分には全く性欲がない」と自覚しているようです。性欲がなければ、そもそも浮気心なんて出てくるわけがありませんものね。

 ただし、「俺、性欲ないんだよね~」的なことを言っておいて、浮気相手の女性には「でも君は特別だよ」みたいなことをいう「自称性欲なし男」もいるので、検証するためには、ちゃんと医療機関などを利用するのがよいでしょう。

その3. 家が好きで外食が嫌い

 世のお父さんに一定数存在しているのが、とにかく出不精な方。仕事が終わったら速攻で家に帰りたい、面倒な外食ではなく家でご飯を食べたい、旅行もしたくないから留守番をしている、というタイプ。このような男性は、わざわざ浮気をするために外に出かけたりはしないでしょう。だって、面倒くさいんだもん。

 一方、世界の渡部さんも“グルメ王”の異名の通り、とにかく外食好きな方。外食が好きで、まめなタイプには浮気リスクが満載です。基本、外食なんて1人じゃ行かないですからね。外食好きでも「孤独のグルメ」愛好家のひとり飯タイプは安全度は高いでしょう。好きなお店に「寿司」や「ビストロ」を上げる方は、浮気リスク大と言えます。

浮気をコスパで考える男性も(写真:iStock)
浮気をコスパで考える男性も (写真:iStock)

その4. 浮気のコスパの悪さを痛感している

 こちらは、感情よりも論理的な思考を最優先するタイプ。浮気した場合のリスクとリターンを考えると、感情を抜きにしたら圧倒的にそのコスパの悪さを理解できるでしょう。

 このタイプは原理原則に基づいて行動するため、一時の感情で浮気をするような危険性はほぼないと言えます。可能性があるとすると、薬を盛られて意識が飛んだ場合などでしょうか。ドラッグ、ダメ、絶対。国家や企業間の陰謀に巻き込まれて、薬漬けにされないように気を付けましょう。

その5. 孤独に強く寂しいといった感情がない

 人は浮気をしてしまう時、その根底に「一人は寂しい」といった感情がある場合が多いようです。例えば、奥さんの子どもが生まれて関心が子供に移ってしまったときや、共働きで奥さんが仕事から帰ってくるのが遅いときなど。家にいても寂しいから、一緒にいてくれる人を求めてしまうというのはありがちなパターン。

 こうした状況にあっても、自分を崩さずマイペースで過ごすことができるのは、孤独耐性が強いことが求められます。無人島でも何年も過ごせる!ってタイプなら浮気の心配は皆無です。

その6. 女性より好きな男の親友がいる

 大人の男の友情は永遠と言いますが、結構熱いものがありますよね。趣味も価値観も仕事も全て合っていれば、女性と遊ぶよりも親友と遊ぶほうが楽しい!と思う男性は意外と多いようです。

 しかしながら、その親友が女遊びが好きなタイプだとその道に引きずり込まれる可能性も高いため注意が必要。良くも悪くも親友の影響を受けてしまいます。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 恋人や旦那と同棲しているという人の中には、「テレワークや外出の自粛で二人の時間が取れて仲良くなった」という人もいれば、...
ミクニシオリ 2020-08-13 06:00 ラブ
FILM
 日本にいながらにして海外在住の外国人男性と知り合えるマッチングアプリがいくつかあります。語学の勉強にもなるかなと思い、...
内藤みか 2020-08-13 06:00 ラブ
FILM
「好きな人と仲良くなっても、いつも“いい人止まり”」そんな悩みはありませんか? 嫌われているわけではないのに、なぜかお付...
孔井嘉乃 2020-08-12 06:00 ラブ
FILM
 いいなと思った男性が「実は既婚者だった」というパターン、よくありますよね。 実際、付き合って1年経ってから気づいたとか...
田中絵音 2020-08-11 06:00 ラブ
FILM
 郊外に念願の一軒家を手に入れた、1組の「パワー夫婦」。会社への通勤には少々不便な地でも、テレワークがメインの今は「少し...
並木まき 2020-08-11 06:00 ラブ
FILM
 20代のころは年上男性が好みでしたが、年齢が上がっていくにつれて、自分より年下の男の子にときめくことが増えました。仕事...
若林杏樹 2020-08-10 06:00 ラブ
FILM
 付き合い方の理想は人によって異なるものですが、多くの場合、「コソコソした恋愛はしたくない」と思っているはず。しかし、カ...
恋バナ調査隊 2020-08-10 06:00 ラブ
FILM
 家庭内で問題が勃発したときに、話し合いで解決を図る夫婦は多いもの。ところが鬼嫁には、話し合いが意味をなさないタイプも散...
並木まき 2020-08-10 06:00 ラブ
FILM
 私は遠距離で長年付き合った遠方在住の彼と婚約し、結婚式まであと2カ月となった頃に以前から憧れていた同じ職場のAさんに告...
神崎メリ 2020-08-09 06:00 ラブ
FILM
 告白をしようと考える時、「フラれたらどうしよう?」と、誰もが不安になるものです。しかし、待ってばかりでは二人の関係は進...
恋バナ調査隊 2020-08-09 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。世の中、勘が鈍く察しの悪い人もいれば直感が鋭く物事の本質をすぐに察してしまう...
山崎世美子 2020-08-10 16:49 ラブ
FILM
「鬼嫁」と呼ばれる女性には、巧みな話術で、夫を煙に巻くタイプもいるようです。その中には「あなたのためだから」と言いつつも...
並木まき 2020-08-08 06:09 ラブ
FILM
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向!今回は、東海地方に迫っていきます。東海地方は、愛知県、岐阜...
FILM
 突然強い孤独感に襲われる……。今後の人生も、ずっとこのまま独りなのではないかーーそんな漠然とした不安感で眠れない夜を過...
七味さや 2020-08-07 06:00 ラブ
FILM
「モテる人」の条件は、時代によっても変化します。コロナ禍の今は、これまで以上に男女間においてのさまざまな場面における「価...
並木まき 2020-08-07 06:00 ラブ
FILM
 シリーズでご紹介している「男女の恋愛観まるっと調査」! 今回は、東京と大阪の中間に位置する、愛知県、岐阜県、三重県、静...