“絶対に浮気をしない男”のパターンは6通りしか存在しない件

しめサバ子 マルチポテンシャライトライター
更新日:2020-06-23 06:00
投稿日:2020-06-23 06:00
 アンジャッシュ渡部健さんの多目的トイレ不倫は、世間を騒がさせましたね。佐々木希さんという美人な奥さんがいるのに浮気をするなんて……というのも、驚きのポイントだったのかもしれません。
「結局、男ってどんな状況でも浮気するのか……」。そんな絶望感を世の中の女性に突きつけた今回の騒動ですが、そうした中で“浮気をしない男”をどのように見極めればよいのか。

「浮気レス男性」の6つパターン

浮気をしない男はいるのか?(写真:iStock)
浮気をしない男はいるのか? (写真:iStock)

 ここで重要なのは、「浮気しなさそう」「浮気する確率が低そう」というレベルではなく、「絶対に浮気しない!」と言い切れる男性はいずこにいるのか、ということです。一見浮気しなさそうなのに、状況によっては浮気してしまう男性は意外といるもの。

 今回は「100%浮気レス保証」を実現してくれる男性のパターンを徹底的に分析してみたいと思います。

その1. 自分の趣味が大好き

 まずこちらは鉄板ですよね。「趣味 >女性」というタイプ。完全に自分の世界にこもってくれるので、女性に時間とお金を使う余裕があるなら、すべて趣味に突っ込みたい! そんな彼らの心に浮気が入り込む隙間などほとんどありません。

 こういう男性、そもそも恋愛にも興味がないんじゃ……という懸念もありますが、そこは共通の趣味などで突破しましょう。なお、趣味といっても、ゴルフなど、ほかの人と一緒に何かをすることを前提にするものは向きません。もっと自分の世界に没頭するもの、例えばパズルとか、遺跡探索とかがおススメです。

その2. 性欲があまりない

 ある調査によると、20~60代の男性のうち約16.3%が「自分には全く性欲がない」と自覚しているようです。性欲がなければ、そもそも浮気心なんて出てくるわけがありませんものね。

 ただし、「俺、性欲ないんだよね~」的なことを言っておいて、浮気相手の女性には「でも君は特別だよ」みたいなことをいう「自称性欲なし男」もいるので、検証するためには、ちゃんと医療機関などを利用するのがよいでしょう。

その3. 家が好きで外食が嫌い

 世のお父さんに一定数存在しているのが、とにかく出不精な方。仕事が終わったら速攻で家に帰りたい、面倒な外食ではなく家でご飯を食べたい、旅行もしたくないから留守番をしている、というタイプ。このような男性は、わざわざ浮気をするために外に出かけたりはしないでしょう。だって、面倒くさいんだもん。

 一方、世界の渡部さんも“グルメ王”の異名の通り、とにかく外食好きな方。外食が好きで、まめなタイプには浮気リスクが満載です。基本、外食なんて1人じゃ行かないですからね。外食好きでも「孤独のグルメ」愛好家のひとり飯タイプは安全度は高いでしょう。好きなお店に「寿司」や「ビストロ」を上げる方は、浮気リスク大と言えます。

浮気をコスパで考える男性も(写真:iStock)
浮気をコスパで考える男性も (写真:iStock)

その4. 浮気のコスパの悪さを痛感している

 こちらは、感情よりも論理的な思考を最優先するタイプ。浮気した場合のリスクとリターンを考えると、感情を抜きにしたら圧倒的にそのコスパの悪さを理解できるでしょう。

 このタイプは原理原則に基づいて行動するため、一時の感情で浮気をするような危険性はほぼないと言えます。可能性があるとすると、薬を盛られて意識が飛んだ場合などでしょうか。ドラッグ、ダメ、絶対。国家や企業間の陰謀に巻き込まれて、薬漬けにされないように気を付けましょう。

その5. 孤独に強く寂しいといった感情がない

 人は浮気をしてしまう時、その根底に「一人は寂しい」といった感情がある場合が多いようです。例えば、奥さんの子どもが生まれて関心が子供に移ってしまったときや、共働きで奥さんが仕事から帰ってくるのが遅いときなど。家にいても寂しいから、一緒にいてくれる人を求めてしまうというのはありがちなパターン。

 こうした状況にあっても、自分を崩さずマイペースで過ごすことができるのは、孤独耐性が強いことが求められます。無人島でも何年も過ごせる!ってタイプなら浮気の心配は皆無です。

その6. 女性より好きな男の親友がいる

 大人の男の友情は永遠と言いますが、結構熱いものがありますよね。趣味も価値観も仕事も全て合っていれば、女性と遊ぶよりも親友と遊ぶほうが楽しい!と思う男性は意外と多いようです。

 しかしながら、その親友が女遊びが好きなタイプだとその道に引きずり込まれる可能性も高いため注意が必要。良くも悪くも親友の影響を受けてしまいます。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


年上を狙うハイエナに注意!アプリで出会った自己中心浮気男
 近ごろ、マッチングアプリで年下男性を希望する女性が急増しています。  若い男性とのスイートな真剣交際を夢見る女性に忍...
内藤みか 2022-07-07 06:00 ラブ
復縁後の彼氏が冷たいって何なん? “地獄の過ち”二度は嫌!
 別れた元彼と復縁をした経験がある人は少なくありません。別れを後悔し、念願叶ってやっと復縁できたとなれば、当然嬉しいです...
恋バナ調査隊 2022-07-07 06:00 ラブ
元カレから連絡キタ…復縁できる? 元カノにLINEする男性心理
 未練が残る元カレから連絡がくるとドキッとしますよね。「最近調子どう? 元気?」なんてきたら、嬉しさと切なさでいっぱいに...
若林杏樹 2022-07-06 06:00 ラブ
イケメン夫と結婚した妻の本音…“超絶幸せ”と“憂鬱”どっち?
 婚活中の女性に、どんな人と結婚したいかを聞くと、性格や経済面を差し置いて、まず最初に「イケメン」と答える人がいます。ま...
田中絵音 2022-07-06 06:00 ラブ
「ギャップモテ」40代女性でも使えるのか問題!NG行動あるよ
 ギャップのある女性は、年齢に関係なく男性からモテるもの。40代女性で「ギャップモテ」を狙っている人もいるでしょう。そこ...
恋バナ調査隊 2022-07-06 06:00 ラブ
シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ