男性に好感を持たれる色気の出し方8選♡ 逆効果なNG行動も

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-07-29 06:00
投稿日:2020-07-29 06:00
 色気のある女性は同性から見ても、とても魅力的で憧れる存在。でも、「色気を出したい!」と思っても、どうすれば良いか悩んでいる人も多いでしょう。
 そこで今回は、男性から好感を持たれる色気の出し方8選と、色気を出す際に避けるべきNG行動をご紹介します。どれも簡単に実践できるものばかりなので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

男性から好感を持たれる色気の出し方8選♡

「色気のある女性を目指したい!」と思って奮起しても、何から始めて良いのかわからず諦めてしまう人も多いのではないでしょうか? まずはじめに、誰でも簡単にトライできる色気の出し方を見ていきましょう。自分にできることから始めることが、成功のカギになりますよ。

1. スキンケアで美肌に

 キメが細かく、透明感のある美肌は色気のひとつ。どんなにファッションやメイクが完璧でも、毛穴が開いていたり、くすんでいたらがっかりされてしまうことも。

 スキンケアは努力次第で結果が変わるので、日頃のケアを怠らないように心がけましょう。睡眠時間や食生活も「美肌」と大きな関わりがあるので、この機会に生活を見直してみるのも良いかもしれませんね。

2. 健康的な女性らしいボディラインを目指す

 男性目線の「色気のある女性」は、痩せていれば良いというわけではないようです。太りすぎはもちろんNGですが、男性が思わず「触れてみたい」と思う女性は、柔らかそうな女性です。

 バストやヒップなど女性特有の丸みはありながらも、メリハリのあるボディが理想です。適度なトレーニングを取り入れて、健康的で女性らしい体型を目指しましょう。

3. できるだけヒールを履くようにする

 大人の女性の定番と言えば、ヒールのある靴でしょう。高めのヒールで姿勢よく綺麗に歩ける女性には、なぜか色気を感じてしまうものです。

 ヒールは色気を引き出すだけでなく、美脚効果もあります。脚を綺麗に見せたい場合は、7cm以上のヒールを履くのがおすすめですよ。

4. いつも「女性らしい香り」を意識する

 色気のある大人の女性は、近くに寄ると女性らしい良い香りがしますよね。多くの場合、自己主張の強い香りではなく、ほんのり甘い心地の良い香りです。

「香り=香水」というイメージが強いと思いますが、最近ではボディクリームやヘアオイルなどのアイテムでも、香りの種類が豊富です。ぜひ、自分のお気に入りの香りを探してみてくださいね。

5. スタイルがわかるファッションを心がける

 ファッションは、女性が色気をアピールできる最大のアイテムでしょう。できるだけ、ボディラインがわかるコーディネートを心がけましょう。

 もちろん、全身タイトにする必要はありません。コンプレックスは上手に隠しつつ、自信のある部分は少しタイトにアピールすると、セクシーに見えますよ。

6. ヘアケアでダメージレスの美髪に

 ツヤのある綺麗な髪の毛は、男女問わず色気を感じるもの。どんなにおしゃれで美人な女性であっても、ダメージのあるパサパサした髪の毛に色気を感じることは少ないでしょう。

 日々のヘアケアをしっかり行い、ダメージレスの美髪を手に入れましょう。

7. 自分のことを話しすぎない

 男性は、自分のことを包み隠さず話す女性よりも、少しミステリアス感じの女性に色気を感じるそう。そのため、男性との会話の際には、多少自分を隠すのも色気を感じさせるテクニックのひとつ。「もっと知りたい」と思わせるくらいが、丁度良いと言えるでしょう。

8. 色気を感じさせるリップメイクを研究する

 男性が、女性の顔の中で最も色気を感じるパーツは「唇」。ツヤのある膨らみのある唇に色気を感じるため、リップメイクを研究してみるのも有効です。

 保湿効果のある口紅やリップグロスを上手に使って、思わずキスしたくなるような唇を目指しましょう。

間違えると逆効果!色気を出す際のNG行動とは?

 どんなに色気を出したいと思っても、色気の出し方を間違えてしまうと逆効果になってしまうことも。続いては、色気を出す際に避けるべきNG行動を見ていきましょう。

過度な露出

「色気=露出」というのは大きな間違い。過度な露出をしてしまうと、「軽い女性」だと思われてしまう可能性もあるので注意が必要です。

 胸元の開いたトップスやノースリーブの場合はパンツスタイルやロングスカートを、ミニスカートの場合はTシャツやブラウスを合わせるなど、適度な露出を心がけることも大切です。

大きな声で話す

 男性はどんなに見た目に色気を感じても、大声で話す女性を「下品」だと思ってしまうことがあります。男性と話す時は、適度な声の大きさで。ゆっくり話した方が好感を持たれますよ。

過度なボディタッチ

 女性からの適度なボディタッチは男性から喜ばれますが、あまりにも強烈なアピールは、逆に引かれてしまう可能性も。ボディタッチは、「会話の流れに沿って自然に」がベストです。意識してみてくださいね。

色気を上手に出して男女にモテる素敵な女性を目指して♡

 女性であれば、誰もが「色気のある女性」に憧れるもの。遠い存在のように思ってしまうかもしれませんが、ご紹介してきたように努力次第で誰でも色気を手に入れることはできるんです。

 まずは自分にできることからスタートして、男女問わず好感を持たれるような素敵な女性を目指してくださいね。

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


すべてクロ!夫の不倫を見抜いた 探偵級妻たちの鋭すぎる「女の勘」5選
「ん? なんか怪しい…」、そんな女の勘は意外と当たるもの。実際に夫の不倫を、女の勘によって見抜いた女性たちがたくさん存在...
恋バナ調査隊 2024-07-21 06:00 ラブ
婚活市場で「尊敬婚」が増加中。男性に選ばれる女性は若さよりも収入?
 近年、「尊敬婚」が非常に増えています。以前の多くの男性の価値観は、若くて気立ての良い女性を好み、「夫を支える良き妻」が...
植草美幸 2024-07-20 06:00 ラブ
「妻とはマジで離婚」自分の親への非礼に我慢しバカにされ続けた41歳男
「冷酷と激情のあいだvol.205〜女性編〜」では、結婚12年目にして、レスを理由に夫から離婚を突きつけられた妻・絢音さ...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
「もう限界だ」レスを理由に夫から離婚届を突きつけられた41歳女の画策
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
夜職彼氏との付き合い方「虎の巻」全方位モテ男を骨抜きに♡
「付き合い始めた彼氏が夜職で、女性との接点が多くて不安…」「彼にとって、お客様とは違う特別な女性になるにはどうすればいい...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
暑すぎる…!彼氏との幸せ気分をぶち壊す「夏の失敗デートスポット」4選
 いや日本の夏、暑すぎ〜(泣)! 最近は朝からクーラーつけないと滝汗かいちゃう毎日で、彼氏とのあまあまデートにも支障を来...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
『バチェロレッテ・ジャパン』S3“本当”の楽しみ方 偏差値高めな人の“頭で恋する恋愛学”が詰まっている!
 恋愛リアリティー番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン3(Amazon Prime Video)が、今まで観たことが...
内藤みか 2024-07-18 06:00 ラブ
元彼と友達になるメリットとデメリット。完全に縁切りする時はいつ?
 彼氏と別れるとき、バッサリ縁を切るべきか、それとも友達になるべきか悩みませんか? そんな悩みを抱えている女性に、元彼と...
恋バナ調査隊 2024-07-18 06:00 ラブ
妻の「レスだけど仲良し」に潰された夫の本音 無言の圧力をかけてない?
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  セックス...
豆木メイ 2024-07-16 06:00 ラブ
恋愛感情ない結婚の「夜事情」5選 アラフォー夫婦の“その後”を聞く
「お金のために結婚した」「親を安心させるためにお見合い結婚した」など、恋愛感情がない相手と結婚している人もいます。そんな...
恋バナ調査隊 2024-07-15 06:00 ラブ
意中の彼と“宿泊デート”。自宅まで押しかけ、時計の針は21時を過ぎた。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。20代でハマったメタル音楽のオフ会で知り合った遠い北の地...
mirae.(みれ) 2024-07-15 06:00 ラブ
既婚女性と独身男性“禁断愛”の終わり方5選。縁はあっけなく切れるもの?
 読者の女性のなかには、独身男性と不倫している方もいるのではないでしょうか。でも、残念ながら既婚女性と独身男性の不倫はバ...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ
友情か恋愛か。友達と同じ人が好きになり“カマかけLINE”を送ったら…
 友達と同じ人が好きになってしまい、友情か恋愛かを選べずに苦しんでいる人は多いようです。  中には、自分の気持ちを...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ
「元妻とマッチング」の後悔 即ブロせずにベッドインした47歳男の決意
「冷酷と激情のあいだvol.204〜女性編〜」では、5年間前に離婚した元夫とマッチングアプリで再会し、よりを戻したいと考...
並木まき 2024-07-13 06:00 ラブ
別れた元夫とマッチング成立!デートで確信、ガチ復縁望む44歳女の心痛
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-13 06:00 ラブ
【写真でプレイバック】表情がくるくると変わる石丸伸二氏
【この写真の本文に戻る⇒】 彼が『石丸伸二さん』『ひろゆき氏』推し…論破系男性との結婚でうまくいく女性と回避法は?