LINEで告白♡ 成功させるポイント5つ&気を付けたい注意点

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-07-15 06:00
投稿日:2020-07-15 06:00
 せっかく告白をするなら、誰だって「OK」をもらいたいものでしょう。告白に成功するためには、どんな伝え方をするかも重要。LINE告白も増えている昨今ですが、やり方次第で結果が変わってしまうこともあります。
 そこで今回は、LINE告白に成功するためのポイントや、気を付けたい注意点をご紹介します。

LINE告白を成功させる5つのポイント

LINEで気持ちを伝えたい(写真:iStock)
LINEで気持ちを伝えたい (写真:iStock)

 告白となると、緊張して思うように言葉を伝えられなくなるものです。隣にいると、告白のタイミングが掴めず、諦めてしまう人もいるでしょう。

 そんな時には、LINEを上手に使って告白するのも一つの方法です。相手が見えないからこそ、成功させるポイントを熟知してチャレンジしてみませんか?

1. 告白前にLINEやり取りで距離を縮めておく

 人と連絡を取る際、LINEを使うのが当たり前になった今、初対面の人とでも気軽にLINE交換をする人も多いでしょう。

 しかし、LINE交換したからといって、仲良くなった、距離が縮まった訳ではありません。たとえ本気で好きになった相手だとしても、LINE交換後にすぐに告白されれば、誰だって戸惑います。まずは、告白前にやり取りを重ねて距離を縮めていきましょう。

2. 冷静にタイミングを見極める

 何度もLINEでのやり取りを行い、一緒に食事などに行くようになった人もいるでしょう。そんな人は、会うたびに彼に惹かれているのではないでしょうか?

 その思いを伝えるためには、何気ないLINEでのやり取り中がおすすめ。ドキッとさせることもできます。しかし、告白はなんといってもタイミングが重要ですから、冷静に見極める必要があります。

 いつもの明るい雰囲気ではなく、真面目な言葉遣いを用いることで真剣さを伝えることができるでしょう。

3. 絵文字やスタンプをうまく使う

 告白というのは、時に相手に重く受け止められてしまうことがあります。顔を見ての告白であれば表情でカバーすることができますが、文章ではなかなか伝わりにくいものです。

 そのため、告白の際には絵文字やスタンプを上手に使って、雰囲気や気持ちを伝えやすくするとよいでしょう。

4. 一人でいる時を狙う

 誰にとっても、告白は緊張するものです。素直な思いを相手に伝える訳ですから、それがちゃんと伝わりやすいタイミングを狙うことも忘れてはいけません。

 万が一、友達といる時に告白LINEが届いたら、恥ずかしさや戸惑いから「NO」という返信を出したり、ノリで「YES」という返信をする可能性もあります。彼が真剣に考えられるように、一人でいるタイミングを狙いましょう。

5. 自分の気持ちを素直に伝える

 LINEでの告白の一番のメリットは、事前に気持ちを整理して文章を考えておくことができることでしょう。

 しかし、ここでカッコつけたり、臆病になってしまっては意味がありません。せっかく勇気を出して告白するのですから、自分の素直な気持ちを伝えるようにしましょう。

LINEで告白する際に気を付けたい5つの注意点

距離を縮めておけば成功率も上がる(写真:iStock)
距離を縮めておけば成功率も上がる (写真:iStock)

 好きな男性に告白をする場合、「LINEなら素直に気持ちが伝えられるかも?」と思う女性も多いでしょう。顔が見えないLINEでのやり取りであれば、緊張せずに気持ちを伝えられるかもしれません。

 しかし、気軽さゆえに間違った対応をしてしまうこともあるため、注意が必要です。

1. 長文にならない

 好きな彼にLINEで告白をする時、「私の気持ちをちゃんと伝えたい」と思って、ついつい長文になってしまう人もいます。

 しかし、人によっては長文が苦手だと思う人もいます。読む気力を失わせてしまいますし、逆に思いが伝わりづらくなることもあるでしょう。また、中には「重い」と思われ、敬遠されてしまうことも……。できるだけ分かりやすく、端的に伝えることを意識しましょう。

2. 短文過ぎない

「長文を避けた方がよい」と言われると、「じゃあ、短文にしよう」と「好き」とだけ送ろうと考える人もいます。

 しかし、これでは真剣さが伝わりにくく、「本気なのだろうか?」と、相手を戸惑わせてしまうことにもなりかねません。「よかったらお付き合いしてください」といった文章を加えて、短文になりすぎないように気を付けましょう。

3. 相手の状況を把握しておく

 告白されるのは、誰だって嬉しいものでしょう。告白する側も、結果はどうあれ気持ちを伝えることですっきりします。

 でも、恋人がいる人や、仕事で忙しい時期の告白は相手を困らせてしまうことになります。告白が伝わりやすいかどうか、相手の状況を確認しておきましょう。

4. 今の関係性を考え冷静にタイミングを見極める

 好意を抱いたら、すぐにアプローチして「告白したい」と思う人もいます。恋愛の進め方は人によって異なるため、早い行動は決して悪い訳ではありません。

 しかし、まだ距離が縮まっていない段階で告白されると、「軽い女性だな」「チャラいな」と、思われてしまう恐れもあります。現時点での相手との関係性を考えて、冷静にタイミングを見極めるようにしましょう。

5. 曖昧な言葉は避ける

 勇気を出して「LINEで告白しよう」と決めたのにも関わらず、まだどこかで照れや恥ずかしさを抱えたまま告白してしまう人がいます。こういった人は、表現が曖昧になりがちで、相手に気持ちが伝わらない可能性があるでしょう。

 特に、男性は鈍感な人が多いですから、遠回しな言い方や曖昧な表現では伝わりません。誰にでも分かりやすい言葉を選んで、伝えるようにしましょう。

LINEでの告白はメリットを最大限に活かそう!

うまくいきますように!(写真:iStock)
うまくいきますように! (写真:iStock)

 どんな方法であっても、告白というのは勇気がいるものですし、緊張するものです。もちろん、LINEでの告白も例外ではありません。しかし、事前に文章などを準備することができるため、気持ちを伝えやすいはずです。

 口下手の人も、なかなか告白に勇気が出ない人も、ご紹介したポイントや注意点を参考にLINEで思いを伝えてみませんか?

関連キーワード

ラブ 新着一覧


付き合って3年目の男性心理…結婚してくれない理由&対処法
 付き合って3年目は、男女共に心境に変化が訪れやすい時。結婚を目的として彼と付き合っている女性は、なかなか進展がないこと...
恋バナ調査隊 2021-10-18 06:00 ラブ
男性に飽きられる女性に共通する5つの特徴&卒業する方法
 せっかく彼氏ができたのに、飽きられて振られてしまう女性がいます。そんな女性の多くは、過去にも同じような経験をしているの...
恋バナ調査隊 2021-10-18 06:00 ラブ
付き合ってはいけない!? LINEで垣間見えるダメ男の特徴5つ
 素敵な男性がいる一方、女性を不幸にするダメ男っているんですよね……。なんとなく違和感を感じながらも、結局流されて付き合...
恋バナ調査隊 2021-10-17 06:00 ラブ
別れ話をせず約2年…自然消滅に期待も彼女の執着に驚く男性
「冷酷と激情のあいだvol.60〜女性編〜」では、自分とはコロナ禍を理由に会わないのに、他の人とは出かけている恋人・エツ...
並木まき 2021-10-17 03:46 ラブ
仲間とは遊ぶのに…約2年ほとんど会えない彼氏に苛立つ女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-10-16 06:00 ラブ
結婚後は別人に豹変! 嫁の本性が露見した強気すぎるLINE5選
「結婚前と結婚後で、相手の性格が別人になった」という話は、よく聞きますよね。今回は、そんな事例の中でも、結婚後に本性が見...
恋バナ調査隊 2021-10-16 06:00 ラブ
元カノに嫉妬してつらい…気になる4つの原因&上手な対処法
 自分が彼にとってはじめての彼女でない限り、どんな男性にも存在する「元カノ」。もう関係が終わっているのはわかっているのに...
恋バナ調査隊 2021-10-16 06:00 ラブ
要注意!“地雷男”の5つの見分け方&付き合うデメリット
 一見普通そうに見えるのに、付き合うと問題が勃発しやすい「地雷男」は、誰だって敬遠したいものでしょう。でも、多くの地雷男...
恋バナ調査隊 2021-10-15 06:00 ラブ
男性から突然告白された…彼に隠れた5つの心理&答え方
 男性から告白されるのは嬉しいことではありますが、異性として意識していなかった相手から突然告白されてしまったら戸惑ってし...
恋バナ調査隊 2021-10-15 06:00 ラブ
付き合うべき? プライドの低い男性のメリット&デメリット
 好きになった人がプライドの低い男性だと、なんとなく頼りがいがなさそうと感じて、少し不安を覚えてしまうことってありますよ...
恋バナ調査隊 2021-10-14 06:00 ラブ
彼をキュン死にさせる♡ 恋愛上級者の大胆LINEテク5つ
 モテるとモテないの違いって、実はとても些細なことだったりします。恋愛上級者たちは、その小さな違いをさりげなく言動に織り...
恋バナ調査隊 2021-10-14 06:00 ラブ
彼氏が優しいのは最初だけ…? 残念な理由2つと抜け出す方法
 せっかく付き合えた彼氏。なぜか毎回、最初は楽しいのに数カ月経つとデートや連絡が激減したり、奢ってくれなくなったり、「好...
若林杏樹 2021-10-13 06:00 ラブ
運命の出会いを果たし…夫の元から去った女性の意外な選択
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-10-13 06:00 ラブ
おしゃべりor無口な彼女どっちがいい?男性の本音を紹介
 おしゃべりな彼女と無口な彼女、あなたはどちらですか?「無口だとつまらないと思われるかも……」「おしゃべりな女は嫌われる...
恋バナ調査隊 2021-10-12 06:00 ラブ
ぞぞっ!パートナーが“DV男”かどうかを見抜く質問と禁句の話
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。今回は番外編です。のべ3000人以上の離婚案件の相談に乗ってい...
内埜さくら 2021-10-12 06:00 ラブ
恋愛に見返りを求めてしまう人必見!デメリット&抜け出し方
 好きな人と付き合えただけで幸せを感じていたはずなのに、交際が進むにつれて「もっと愛されたい」と欲張りになる人は少なくあ...
恋バナ調査隊 2021-10-11 06:00 ラブ