2年間にわたって結婚への踏ん切りがつかない男が抱える不安

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-07-18 06:00
投稿日:2020-07-18 06:00
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人差があります。ひとつの出来事への解釈や目的が、男性と女性では異なる場合もしばしば。男性と女性では“結婚”に対しても、思惑が大きく異なる場合も少なくありません。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、「結婚しよう」と言いながらも2年間にわたって踏ん切りがついていない男性の心情をお届けします。

「結婚しよう」とは言ったものの

無責任なのは自覚している(写真:iStock)
無責任なのは自覚している (写真:iStock)

 前回は、「結婚しよう」と言われたものの2年間にわたって関係が前に進まない女性の気持ちをお届けしました。では「結婚」と言いながら、実際に踏ん切りがつかないでいる男性の本心は?

「Rに対しては、特に恋人としての不満はありません。相性もいいほうだと思うし、物事に対する価値観も近い。付き合った当初は、僕も彼女も結婚を意識せざるを得ない年齢だったし、僕自身も『結婚したいな』って思っていたんですよね。

 最初は社内恋愛だったけど、将来的な結婚を見据えてRが転職したことにも、感謝はしています。だけど、なんとなくそこからタイミングを逸しちゃって。ちょうどその直後に、僕が昇級して結婚よりも仕事中心の生活になっちゃったり、すでに結婚している仲間から『結婚を早まるとろくなことがない』なんて聞かされたりしているうちに、なぁなぁになっています。

 気づけば、もうRと付き合って3年以上か……とも思いますが、だからと言って、今すぐに結婚したいとも思えないんです」

今すぐに結婚したいとは思えない

「今じゃない」という気持ちが拭えない(写真:iStock)
「今じゃない」という気持ちが拭えない (写真:iStock)

 Rさんを待たせている自覚はあり、なおかつ自分から「結婚しよう」と口にしたのも認めているTさん。けれど、結婚を具体的に進めようという気がどうしても湧かないのだそうです。

「自分でも、なんでここまで動くのが面倒に感じるのか、よくわかっていません。親しい仲間に相談したこともあって、結婚に肯定的な友達からは『結婚は勢いだよ』なんて背中を押されたこともあったんですけどね。

 ただ、自分の中では『今じゃないのかな』みたいな気持ちがあって、ずるずると時間が過ぎちゃっています。Rからも頻繁に『どうするの?』って聞かれているし、将来的には結婚する気はあるんですけど……」

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 突然強い孤独感に襲われる……。今後の人生も、ずっとこのまま独りなのではないかーーそんな漠然とした不安感で眠れない夜を過...
七味さや 2020-08-07 06:00 ラブ
FILM
「モテる人」の条件は、時代によっても変化します。コロナ禍の今は、これまで以上に男女間においてのさまざまな場面における「価...
並木まき 2020-08-07 06:00 ラブ
FILM
 シリーズでご紹介している「男女の恋愛観まるっと調査」! 今回は、東京と大阪の中間に位置する、愛知県、岐阜県、三重県、静...
FILM
 自宅にこもってばかりで退屈な日々を送っている女性が大勢います。なかには暇つぶしにとマッチングアプリに登録する人も。けれ...
内藤みか 2020-08-06 06:00 ラブ
FILM
「なんだか最近、モテてる……?」そんな素敵な状況が訪れている人はいませんか? 今まで男性になかなか相手にされなかったの...
恋バナ調査隊 2020-08-06 06:00 ラブ
FILM
 ひと昔前は、「年下の若い女性が好み」という男性が多かったのですが、最近では年上の女性に魅力を感じる年下男性が増加傾向に...
恋バナ調査隊 2020-08-05 06:00 ラブ
FILM
 仕事でもプライベートでも、仲良くなりたい相手との話が合わない時ってありますよね。生まれた年代や趣味が違いすぎて、共通の...
若林杏樹 2020-08-04 06:00 ラブ
FILM
 いつまでも仲良くいたくても、恋人との関係は思いがけない方法に進んでしまうことがあります。一方的に別れを切り出されること...
恋バナ調査隊 2020-08-04 06:00 ラブ
FILM
 男性は「過去に付き合った彼女は、いつまでも自分のことを好き」だと思っていることが多いようです。それでも復縁したくなるほ...
恋バナ調査隊 2020-08-03 06:00 ラブ
FILM
 甘え上手な女性は同性から見ると、少しマイナスなイメージを持たれがち。しかし、それと同時に異性に上手に甘える彼女たちを見...
恋バナ調査隊 2020-08-02 06:00 ラブ
FILM
 令和の時代になっても、昭和かと思うほどに、古典的な嫁イビリをする義母が散見されます。そんな義母との関係によって、想像を...
並木まき 2020-08-02 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。人間の五感(視覚 聴覚 味覚 触覚 嗅覚)を超越した直感を“第六感”と呼びま...
山崎世美子 2020-08-01 06:00 ラブ
FILM
 鬼嫁と呼ばれる女性の中には、夫を思い通りにコントロールできないと、不機嫌になるタイプも珍しくありません。さらには自分の...
並木まき 2020-08-01 06:00 ラブ
FILM
 離婚後の大きな不安の一つ、お金の問題。結婚や出産によって女性が仕事を辞めざるを得ないケースも多い中、離婚すれば経済的に...
七味さや 2020-07-31 06:00 ラブ
FILM
 もはや調子に乗っているとしか思えない義母の態度や発言に対し、我慢の限界を迎える女性も。そんな義母に対して、真実や本音を...
並木まき 2020-07-31 06:00 ラブ
FILM
 まだまだ感染症の心配が残り、慎重な行動が求められる今日このごろですが、出会い系にはまだ「今日会える人いませんか?」と呼...
内藤みか 2020-07-30 06:00 ラブ