六本木の元ママが語る 多目的トイレ以外にもある“秘密SPOT”

蒼井凜花 官能作家・コラムニスト
更新日:2020-07-23 06:00
投稿日:2020-07-23 06:00
 某男性有名芸能人の「多目的トイレ不倫」ですっかり有名になった六本木ヒルズですが、何を隠そう、筆者が10年間クラブママをしていた店は六本木ヒルズ沿い、つまり歩いて数分の場所だったのです。
 当然ながら、酔った勢いでエッチをするカップルや酔客も多く、「ヤリどころ」は数知れず。
 今回は「六本木ヒルズの多目的トイレ以外にもある、エッチができる穴場」について、水商売関係者にリサーチしてみました。

そんなところでしちゃうの!?驚きの6スポット

スリルがたまらない?(写真:iStock)
スリルがたまらない? (写真:iStock)

1. エレベーターの中

 驚かれる方も多いでしょうが、ビルのエレベーターで「あくまでもゲーム」の一環としてセックスするカップルも多いようです。

 詳しく聞けば、「誰もいない瞬間を見計らい、エレベーターを待っている段階で彼のモノをこっそりシコシコして勃起させ、エレベーターに乗り込むと同時にバックで挿入。

 もちろん、挿入すること前提なので彼女はノーパンです。慣れてくると、監視カメラから見えないようにスカートやバッグで隠しています」とのこと。

2. カラオケボックス

 ホステスのアフターの定番にカラオケボックスがありますが、密室ゆえ、こちらも割とポピュラーなヤリ場所です。

 慣れた男女は監視カメラにハンカチなどをかぶせて、スタッフの視界を遮ります。

 イスがあるので正常位、対面騎乗位、立ちバックもお手のモノなんだとか。

(写真:iStock)
(写真:iStock)

3. 公園

 六本木には小さな公園がいくつかありますが、そこもエッチスポットの一つ。

 酔った勢いで公衆トイレや遊具の陰、または「ブランコに乗って」という猛者もいました。

 繁華街だけあって挙動不審な人がいても、通行人は「巻き込まれたくない」と、見て見ぬふり。さすがに巡回の警察官に見つかればマズいでしょうが、繁華街の公園は意外に穴場、のびのびとヤレるのだとか。

4. 試着室

 六本木にはドンキ・ホーテや深夜ブティックがありますが、試着室でもエッチしちゃうカップルがいるそうです。

「洋服を彼に見立ててもらうから」と一緒に入れば、鏡の前での立ちバックや、時間があればフェラも可能。

 どこにでも怖いもの知らずの人間はいるものですね。

5. 電車の連結部分

 これも驚きですが、夜のお店関係者が乗る電車は始発が多く、乗客が少ないのです。

 それを良いことに、電車の連結部分でハメて「電車の揺れとともに、床の蛇腹の不安定さ、誰かに見られるかもしれないスリリングさが最高」とのたまう輩もいました。

 見つかったら公然わいせつ罪間違いなしの危険な場所でも、エレベーター同様、酔った勢いで「ゲーム性を楽しむ」感覚があるようです。

6. その他

 思わず「バチ当たり!」と言いたくなりますが、神社の境内や墓地も出てきましたし、ビルの非常階段、屋上、そして、自動販売機の裏などの場所も挙がりました。

 エッチをするという性衝動に加え、いつ見られるかもしれないというスリルを求めるバカップルが多いようです。

おわりに

思わぬトラブルに巻き込まれてしまうことも…(写真:iStock)
思わぬトラブルに巻き込まれてしまうことも… (写真:iStock)

 いかがでしたか?

 六本木ヒルズの多目的トイレがあまりにも有名になったため、ミーハー気分で訪れる人が増え、一時は警備員を配置して使用禁止にしたそうです。

 スリリングなエッチは興奮を増すかもしれませんが、くれぐれも「公然ワイセツ」になりませぬように。

関連キーワード

エロコク 新着一覧


FILM
 女性はクリトリスの刺激が大好きです♡  ラブグッズ業界はそのへんをしっかり心得ているので、あの手この手でクリに...
桃子 2020-09-26 06:00 エロコク
FILM
 カラダ目当ての男って、私は嫌いじゃありません。「ヤリ逃げされた」とか「遊ばれた」とか言ってる女子もいるけど、性欲を満た...
FILM
 リモートワーク、リモート飲み会……。リモートという言葉がこんなに使われる日が来るなんて、誰が予想したでしょう。ラブグッ...
桃子 2020-09-20 06:00 エロコク
FILM
 わたしとひろしの48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットなイッ...
FILM
 手にした瞬間、ずっしりと重い。「ウィーバイブ ワンド」は私が試してきた数々のラブグッズの中でも最重量級です。  ...
桃子 2020-09-18 12:03 エロコク
FILM
 気持ち良さとは理屈によるものではない、と思われがちです。たしかに、セックスではフィーリングが大事。でも実は、体の仕組み...
桃子 2020-09-07 11:06 エロコク
FILM
 わたしとひろしの48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットなイッ...
FILM
 ツイッター上で、性的な画像や発言などの投稿をくりかえす“裏垢女性”のアカウント。目にする度に「いったい何の目的があって...
大泉りか 2020-09-02 18:00 エロコク
FILM
「骨まで愛して」という懐メロを聴いたことがあります。人には見えない、自分の芯のところまで愛されたいという、情念や執着があ...
桃子 2020-08-29 06:00 エロコク
FILM
 “リモバイ”という言葉が分かるなら、あなたはラブグッズ上級者。この連載でも何度か取り上げてきましたが、リモートバイブ、...
桃子 2020-08-24 15:29 エロコク
FILM
 日々、男女のセックスを書いている官能作家の筆者ですが、実はセックス時、膣内(なか)でイクことができません。  こ...
蒼井凜花 2020-08-18 23:35 エロコク
FILM
 クリトリスを覆って振動刺激を与えながら吸い上げる“吸引系”グッズ。大流行となって、一時期は新商品が乱発していました。現...
桃子 2020-08-15 06:00 エロコク
FILM
 わたしとひろしの48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットなイッ...
FILM
 学生時代、見た目はふんわりお嬢さま系なのに、大型バイクを乗り回す同級生がいました。その意外性にドキドキしたものです。今...
桃子 2020-08-12 06:00 エロコク
FILM
 わたしとひろしの48歳差の激しすぎる恋――男は何歳まで男なのか、81歳との恋愛模様とはいかなるものなのか。ホットなイッ...
FILM
 ステイホーム期間、ラブグッズ業界は店舗を閉めざるをえなかった一方で、通販での売れ行きはよかったといいます。  な...
桃子 2020-07-29 06:00 エロコク