年下男性にモテる女性の6つの特徴♡ 上手なアプローチ方法も

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-08-05 06:00
投稿日:2020-08-05 06:00
 ひと昔前は、「年下の若い女性が好み」という男性が多かったのですが、最近では年上の女性に魅力を感じる年下男性が増加傾向にあります。そこで、今回は年下男性にモテる女性の6つの特徴と、年下男性へのアプローチ方法をご紹介します。年下男性とのお付き合いを考えている方、必見ですよ♡

年下男性にモテる女性の6つの特徴

年下からモテる女性に共通することは?(写真:iStock)
年下からモテる女性に共通することは? (写真:iStock)

 気になる男性が自分より年下の場合、年齢を気にしてネガティブになってしまう女性も多いでしょう。でも、年上の大人の女性に魅力を感じる男性は意外と多いんですよ。まずは、年下男性にモテる女性の6つの特徴をひとつずつ見ていきましょう。

1. 姉御肌

 年下男性は、面倒見がよくサバサバした性格の「姉御肌」の女性を好みます。ただ優しいだけのお姉さんタイプではなく、ダメな部分はしっかり指摘してくれるような、しっかりした「芯のある女性」を求めているのです。

 また、「包容力」は、年上女性の最大の魅力だと言えるでしょう。大人ならではの、おおらかさに惹かれる年下男性はとても多いです。

2. 大人の色気を感じる

 年上女性の落ち着いた雰囲気や色気に、好感を持つ年下男性は多いでしょう。特に、同年代女性の声の大きさや下品な笑い方を「苦手」だと思っている男性ほど、そんな年上女性の色気に惹かれます。

 大人の色気はセクシーさだけでなく、丁寧な言葉遣いや立ち振る舞いからも醸し出されるもの。男性は「品の良い女性」に大人の色気を感じ、惹かれる生き物なのかもしれませんね。

3. 見た目が若々しい

 年下男性からモテる女性は、見た目が若々しいことが絶対条件。しかし、メイクやファッションで無理に若作りするのは逆効果になる可能性もあります。

 年齢を感じさせない透明感のある美肌やツヤのある髪など、自分のケアをしっかりしている女性は、年齢問わず憧れの存在になるでしょう。

4. 男性を立てられる

 男性はとてもプライドが高い生き物なので、年下扱いされたり、低く見られることを「バカにされた」と思い、とても嫌がります。その点、年上女性は上手に男性を立ててくれますし、聞き手に回って男性の会話を盛り上げてくれるため、一緒にいて心地よさを感じる男性は多いでしょう。

5. 可愛らしい一面がある

 いつもしっかりしていて頼れる年上女性ですが、少し抜けていたり、天然な部分が垣間見えたりすると、ギャップを感じて「可愛い」と思ったり、「守ってあげたい」と感じる年下男性は多いです。

 完璧で近寄りにくいと敬遠されていたとしても、年上女性のそんな部分が見えた瞬間、恋に落ちてしまう年下男性もいるようです。

6. 経済的な自立

 年下男性は経済的に自立している女性に、「大人の女性ならではのたくましさ」を感じるそう。何もかも頼ってくる同年代の女性と違い、一緒にいることが良い刺激になり、「共に成長できる」という部分に惹かれます。

年下男性に上手にアプローチする5つの方法

適度な距離感は大人だからこそ(写真:iStock)
適度な距離感は大人だからこそ (写真:iStock)

 年下男性を好きになってしまった場合、自分の年齢を気にして、なかなかアプローチできない女性も多いでしょう。でも、何もせずに諦めてしまうのはもったいないですよね。

 続いては、年下男性への効果的なアプローチ方法を見ていきましょう。場面に合わせながら上手に使い分けて、年下男性のハートを掴んでくださいね。

1. 年下でも男性に頼ってあげる

 自分が年上だからといって、頼ることを「恥ずかしい」と感じるのは大きな間違い。年下といっても、立派な大人の男性ということを忘れてはいけません。

 年齢に関係なく、男性は「女性に頼られたい」と思っているため、頼れる部分は上手に頼って、「いつもありがとう」と感謝の気持ちを伝えましょう。

2. 共通の話題を探す

 共通の話題を探すことは、恋愛を進める上で大事なコミュニケーションのひとつです。同じ話題で盛り上がることで、お互いに親近感を感じることができて距離が縮まります。

 事前に、彼の趣味や好きなことをリサーチしておくと、さらに会話が弾むのでおすすめ。恋愛をきっかけに彼の趣味を真似して新たな世界に飛び込んでみると、意外にもハマってしまうかもしれません。

3. 甘えさせてあげる

 年下男性にとって「甘えられる」ということは、年上女性と付き合う最大のメリットと言えるでしょう。年上ならではの包容力で、年下男性を優しく包み込んであげてくださいね。

 彼を肯定してあげることも、恋のアプローチのひとつ。彼と絶対的な信頼関係を築くことができれば、恋愛成就はすぐ目の前かもしれません。

4. 男性として褒める

 年上の女性は、年下男性をどうしても「可愛い扱い」しがち。彼の彼女になりたいのであれば、男性として褒めてあげることを意識しましょう。

 それが「男性として認められている」という自信に繋がり、年上の女性を恋愛対象として見てくれる可能性が高くなります。

5. 重くなりすぎない適度な愛情表現

 過度な愛情表現は、男性から「重い」と思われてしまう可能性があります。とはいえ、あまりにドライな対応すぎると、「俺なんか必要ないのかも」と勘違いされてしまうことも。

 年下男性と付き合いたいのであれば、適度な愛情表現が必要です。若い女性にはできない絶妙なバランスで、年下男性を虜にしちゃいましょう。

大人の魅力で年下男性にモテる女性を目指そう♡

年下と付き合いたいなら…(写真:iStock)
年下と付き合いたいなら… (写真:iStock)

 年下男性にモテる女性になるためには、若い女性にはできない、大人の女性ならではの方法でアプローチすることが必要不可欠です。

 年上の女性は、知識や包容力など、年下男性が魅力に感じる要素がたくさんあります。ぜひ、大人の魅力を上手にアピールして、年下男性にモテる素敵な女性を目指しましょう。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


結婚相手を見極める!郵便ポストが溜まっている男にはご用心
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。離婚に反対する親も少なくなりました。ずいぶんと時代は変化しましたが、できれば...
山崎世美子 2021-05-15 06:00 ラブ
彼はどう? 亭主関白彼氏のタイプ別特徴&上手な付き合い方
 亭主関白タイプの男性は、「男らしくてかっこいい」という意見がある反面、「自己中心的過ぎて腹が立つ!」と感じる人もいます...
恋バナ調査隊 2021-05-15 06:00 ラブ
私は本命? 男性が“最後の女”と決める5つの瞬間&目指し方
 交際が順調に進めば、「このまま彼と結婚したい」と思うのは当然のこと。しかし、なかなか結婚話が出ないと「彼にとって、私は...
恋バナ調査隊 2021-05-14 06:30 ラブ
“デキる女”感がアップ! 同棲や結婚が近づく日用品セレクト
 彼とのおうちデートや半同棲生活では、「この子は生活能力が高い」と思わせることができれば、同棲や結婚へのチャンスも近づき...
並木まき 2021-05-14 06:00 ラブ
会ってくれないのはなぜ?コロナ破局を回避するための対処法
 感染症の流行が続くなか、恋人から「もう別れよう」「もう友達に戻ろう」などと言われる女性が続出しています。その原因は女性...
内藤みか 2021-05-13 06:00 ラブ
奥手な草食系男子との恋愛…LINEはどう送る?注意点5つ
 草食系男子といえば、「恋愛に対する熱量が低く、心優しくて奥手」というイメージが強いですよね。繊細な彼らの特徴やポイント...
恋バナ調査隊 2021-05-13 06:00 ラブ
甘えたくなる〜!男子が弱いところを見せたくなる女子の特徴
 いつもは仕事などでキリッとしているカレが、素の顔や弱いところを見せてくるとキュンと来ちゃいますよね。仕事のできる男性に...
若林杏樹 2021-05-12 06:00 ラブ
男性は記念日を忘れる生き物?納得の理由&忘れさせない方法
 誕生日や付き合った記念日、結婚記念日など、女性が大切にしたい「記念日」。でも、そんな記念日を、あっさり忘れてしまうのが...
孔井嘉乃 2021-05-11 06:00 ラブ
遠距離恋愛中こそLINEを活用♡ 愛が深まる送り方5つ
 遠距離恋愛中のカップルは、会えないぶんだけ絆が深まっていくか、物理的に距離が離れた生活に心も離れてしまうかのどちらかで...
恋バナ調査隊 2021-05-11 06:00 ラブ
実は幸せかも♡ ドキドキしない恋愛の魅力&見極めポイント
「恋愛するなら、思いっきりドキドキしたい♡」と、思っている人は多いでしょう。確かに、ドキドキする恋愛は刺激的です。しかし...
恋バナ調査隊 2021-05-10 06:01 ラブ
いい匂いの女は記憶に残る…男性を魅了する香りのテクニック
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。嫌でも汗ばむ季節の到来です。今年こそ香りを操れる素敵な女性になりたいものです...
山崎世美子 2021-05-08 06:00 ラブ
男性が恐怖を感じる女性の恋愛暴走LINE…あなたは大丈夫?
 恋愛中の女性って、ついつい妄想してしまいがち。特に、LINEでのやりとりでは、相手の顔が見えないぶん、1人で勝手に暴走...
恋バナ調査隊 2021-05-08 06:00 ラブ
愛はなかった…離婚に同意するも話し合いで揉める夫の本心
「冷酷と激情のあいだvol.38〜女性編〜」では、コロナ禍だからこそ、別居婚を経て同居婚になった途端に、離婚を選ばざるを...
並木まき 2021-05-08 05:57 ラブ
同居した途端…夫への愛がないことを悟ってしまった妻の決断
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-05-08 05:56 ラブ
好きじゃない男性と付き合う5つのメリット&ポイントとは
「彼氏がいる」と聞くと、多くの人は「彼のことが好きだから付き合っている」と思うでしょう。しかし、恋愛のはじまり方はさまざ...
恋バナ調査隊 2021-05-07 06:00 ラブ
キスの場所には意味がある♡ パーツ別に隠れた14の男性心理
 恋人同士が愛情を伝えるために交わす、「キス」。実は、キスには場所ごとに意味があるのをご存知でしょうか? 今回は、厳選し...
リタ・トーコ 2021-05-07 06:00 ラブ