アラサーだけど…「結婚できない女」のあるあるな考え方3つ

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2020-07-15 06:00
投稿日:2020-07-15 06:00
 コロナによる経済不安や自粛による寂しさから、恋愛や結婚に関心の高まっている人も増えているのではないでしょうか。しかし、まだ気持ちやスタンスが追いついていないという人も多いはず。
 安定した恋愛や結婚がしたいと思ったものの、上手くいっていないという女性たちのケースを参考に、考え方を変えてみましょう。

ケース1:自立しすぎるあまり男性をバカにしてしまう

自分より優れた人しか好きになれない(写真:iStock)
自分より優れた人しか好きになれない (写真:iStock)

「私はここ5年ほど彼氏がいません。東京で一人でも生きていけるように馬車馬のように働いてきました。正直に言ってしまうと、私は仕事ができて、お酒の場でも気を使えて、体力があって。男性に頼らなくても大丈夫なくらい自立したんです。だから、仕事ができない男性、気がきかない男性、お酒に弱い男性をみると、だらしなく感じてしまいます。自分よりしっかりした人じゃないと尊敬できないんです」(30歳・フリーランス)

 しっかりした女性によく多いのがこのパターンですね。女性と男性の役割は違うのに、自分と同じ分野に優れていないと尊敬できなかったり、短所を愛せなかったり……。自分より優れた人しか認められなくなっている人がいます。

 安定した恋愛や結婚に必要なものは「支え合い」です。なので、全てがあなたより優れている必要はありません。自分とは違う長所を持つ人のことも認めてあげられたら、短所を埋め合える人と恋ができるかもしれないのに。

ケース2:失敗を重ねて求める条件が増えすぎてしまった

過去の経験から失敗を恐れすぎて…(写真:iStock)
過去の経験から失敗を恐れすぎて… (写真:iStock)

「今年で29歳の私。たくさん恋愛してたくさん失敗しました。かっこいいけどちゃらんぽらんなバンドマン、お金にだらしない古着屋店員、2番目の女にしかしてくれなかったベンチャー企業社長。失敗を経験に変えて、同じミスを繰り返さないような男を選びたいと思っていたら、理想とする条件が増えすぎて妥協できなくなりました。

 顔、年収、女性関係、ユーモア、交友関係、仕事内容……。どれも譲りたくないけど、全部持ってる人なんていない。誰も好きになれず困っています」(29歳・保育士)

 恋愛経験の多い人の方が陥りやすい穴ですね。今までいろんな人を見てきたからこそ、求める条件が増え、理想がどんどん高くなってしまっています。

 今までの失敗をすべて列挙するのではなく「今の自分に必要な要素」を考えてみるべきでしょう。そうすると「理想の男性」ではなく「自分に合う男性」が見えてくるはずです。

ケース3:「自分はモテる」という自信が強すぎる

いつだって自分が選ぶ側?(写真:iStock)
いつだって自分が選ぶ側? (写真:iStock)

「自分でいうのもなんですが、今までよくモテてきました。高学歴なハイスペ男子やモデル男子を落としてきたこともあって、自分に自信がある分、男性には妥協できません。私なら30代になった今でも問題なくモテると思っているので、早く安定はしたいけど、焦って変な男を捕まえるのもイヤ」(31歳・コンパニオン)

 20代でモテてきた人ほど、結婚できないというパターンもありますよね。自分に価値がなくなっていくことを憂いすぎるのも不健康ですが、若さという、今の日本での大きなポテンシャルが失われていくことは自覚しておかないと、20代と同じ理想を追い求めることも難しくはなってくるでしょう。

 モテた人は“自分が選ぶ側”という考えが強いかもしれませんが、恋愛や結婚は縁でもあるので、選ばれる必要があることも忘れてはいけません。

アラサーは「自信過剰こじらせ」が流行り病

 自分に自信がない人ほど早いうちに結婚します。その後の人生に自信が持てず、早めに見切りをつけて安定を求めるからです。

 その流れから外れて「早婚」を諦めたアラサー独女たちは、何かしら自分を納得させるだけの「自信」を持っている人が多いです。学歴があることや、外見がいいこと、モテたこと、年収があることなど……。

 それ自体はとてもいいことなのですが、自信をこじらせた上でアラサー、アラフォーになっていくと、自分の置かれた環境が変わっていくことに気づかず、そのまま「自信過剰」になっていってしまいます。男性からは「プライドが高く扱いづらい」と思われ、恋の機会も逃します。

 自信を持つことは大事なことですが、独りよがりになってしまわないように注意しましょう。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。競泳の瀬戸大也さん(26)が、昼間からスレンダー美女とラブホテルに出入りして...
山崎世美子 2020-09-26 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-26 06:03 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-26 06:04 ラブ
FILM
 今まで恋愛に苦労してきた人は、ちょっとやそっとじゃ動じなさそうな「大人の恋愛」に憧れを抱いている人も多いでしょう。簡単...
恋バナ調査隊 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 結婚前から、たびたび同じことでケンカになる。毎回解決できず、モヤっとしたまま終わる……。そんなパートナーとの「どうして...
七味さや 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 ウィズコロナの時代になってからというもの「どこで異性と出会ったらいいんだ!?」という男性たちの悲鳴があちこちからあがっ...
内藤みか 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
「自称モテ男」から届くLINEの数々は、根拠のない自信に溢れています。そのなかには、周囲からはどれほど贔屓目に見ても「ま...
並木まき 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
 長続きするカップルと、しないカップルっていますよね。「ただの相性でしょ!」と思いたくなりますが、なぜかいつもすぐ別れて...
恋バナ調査隊 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 夏は、開放的な気持ちになる男性も多く、例年、火遊び的な恋愛も増えるシーズン。秋らしくなってきた今は、夏のあいだに知り合...
並木まき 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 彼氏に限らず、男友達や上司から「お前」と呼ばれた経験がある女性は多いはず。「不快だな」と感じる女性も多い、この「お前」...
孔井嘉乃 2020-09-22 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-22 06:00 ラブ
FILM
 出会った頃はラブラブだったのに、1年も経つと扱いがだんだん雑になってきて、彼氏から「別れたいオーラ」が漂うように……。...
若林杏樹 2020-09-21 06:00 ラブ
FILM
 女性はついつい自分の彼氏と友達の彼氏を比べて、優劣をつけてしまうことがあります。比べても意味がないことはわかっているの...
恋バナ調査隊 2020-09-21 06:00 ラブ
FILM
 はじめまして。相談をさせてください。私は通勤の電車で会う方が気になっています。  その方とは乗り降りする駅がとも...
神崎メリ 2020-09-20 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性に送るLINE。顔が見えない分、積極的にアプローチできるからと、相手の気持ちも考えずにLINEを送っていま...
恋バナ調査隊 2020-09-20 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-19 06:00 ラブ