アラサーだけど…「結婚できない女」のあるあるな考え方3つ

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2020-07-15 06:00
投稿日:2020-07-15 06:00
 コロナによる経済不安や自粛による寂しさから、恋愛や結婚に関心の高まっている人も増えているのではないでしょうか。しかし、まだ気持ちやスタンスが追いついていないという人も多いはず。
 安定した恋愛や結婚がしたいと思ったものの、上手くいっていないという女性たちのケースを参考に、考え方を変えてみましょう。

ケース1:自立しすぎるあまり男性をバカにしてしまう

自分より優れた人しか好きになれない(写真:iStock)
自分より優れた人しか好きになれない (写真:iStock)

「私はここ5年ほど彼氏がいません。東京で一人でも生きていけるように馬車馬のように働いてきました。正直に言ってしまうと、私は仕事ができて、お酒の場でも気を使えて、体力があって。男性に頼らなくても大丈夫なくらい自立したんです。だから、仕事ができない男性、気がきかない男性、お酒に弱い男性をみると、だらしなく感じてしまいます。自分よりしっかりした人じゃないと尊敬できないんです」(30歳・フリーランス)

 しっかりした女性によく多いのがこのパターンですね。女性と男性の役割は違うのに、自分と同じ分野に優れていないと尊敬できなかったり、短所を愛せなかったり……。自分より優れた人しか認められなくなっている人がいます。

 安定した恋愛や結婚に必要なものは「支え合い」です。なので、全てがあなたより優れている必要はありません。自分とは違う長所を持つ人のことも認めてあげられたら、短所を埋め合える人と恋ができるかもしれないのに。

ケース2:失敗を重ねて求める条件が増えすぎてしまった

過去の経験から失敗を恐れすぎて…(写真:iStock)
過去の経験から失敗を恐れすぎて… (写真:iStock)

「今年で29歳の私。たくさん恋愛してたくさん失敗しました。かっこいいけどちゃらんぽらんなバンドマン、お金にだらしない古着屋店員、2番目の女にしかしてくれなかったベンチャー企業社長。失敗を経験に変えて、同じミスを繰り返さないような男を選びたいと思っていたら、理想とする条件が増えすぎて妥協できなくなりました。

 顔、年収、女性関係、ユーモア、交友関係、仕事内容……。どれも譲りたくないけど、全部持ってる人なんていない。誰も好きになれず困っています」(29歳・保育士)

 恋愛経験の多い人の方が陥りやすい穴ですね。今までいろんな人を見てきたからこそ、求める条件が増え、理想がどんどん高くなってしまっています。

 今までの失敗をすべて列挙するのではなく「今の自分に必要な要素」を考えてみるべきでしょう。そうすると「理想の男性」ではなく「自分に合う男性」が見えてくるはずです。

ケース3:「自分はモテる」という自信が強すぎる

いつだって自分が選ぶ側?(写真:iStock)
いつだって自分が選ぶ側? (写真:iStock)

「自分でいうのもなんですが、今までよくモテてきました。高学歴なハイスペ男子やモデル男子を落としてきたこともあって、自分に自信がある分、男性には妥協できません。私なら30代になった今でも問題なくモテると思っているので、早く安定はしたいけど、焦って変な男を捕まえるのもイヤ」(31歳・コンパニオン)

 20代でモテてきた人ほど、結婚できないというパターンもありますよね。自分に価値がなくなっていくことを憂いすぎるのも不健康ですが、若さという、今の日本での大きなポテンシャルが失われていくことは自覚しておかないと、20代と同じ理想を追い求めることも難しくはなってくるでしょう。

 モテた人は“自分が選ぶ側”という考えが強いかもしれませんが、恋愛や結婚は縁でもあるので、選ばれる必要があることも忘れてはいけません。

アラサーは「自信過剰こじらせ」が流行り病

 自分に自信がない人ほど早いうちに結婚します。その後の人生に自信が持てず、早めに見切りをつけて安定を求めるからです。

 その流れから外れて「早婚」を諦めたアラサー独女たちは、何かしら自分を納得させるだけの「自信」を持っている人が多いです。学歴があることや、外見がいいこと、モテたこと、年収があることなど……。

 それ自体はとてもいいことなのですが、自信をこじらせた上でアラサー、アラフォーになっていくと、自分の置かれた環境が変わっていくことに気づかず、そのまま「自信過剰」になっていってしまいます。男性からは「プライドが高く扱いづらい」と思われ、恋の機会も逃します。

 自信を持つことは大事なことですが、独りよがりになってしまわないように注意しましょう。

ミクニシオリ
記事一覧
フリーライター
フリーランスの取材ライター・コラムニスト。ファッション誌や週刊誌、WEBSITEメディアなどで幅広く活動。女性向けのインタビュー取材や、等身大なコラム執筆を積極的に行う。いくつになってもキュンとしたい、恋愛ドラマと恋バナ大好き人間。
XInstagram

関連キーワード

ラブ 新着一覧


お金に執着する女が結婚できない理由3つ 大切なことを見失った悲しい末路
 婚活中は、改めて自分がどんな男性に惹かれるのかを見つめ直す機会になりますよね。性格や趣味、価値観や見た目にこだわる人も...
恋バナ調査隊 2024-02-27 06:00 ラブ
だから「媚びる女」は嫌い! 男性の本音と“媚び認定”する女の言動とは
 恋愛で「媚びる」を武器にしている女性はいませんか? でもその武器は、嫌われるきっかけになる恐れもあるため注意が必要です...
恋バナ調査隊 2024-02-27 06:00 ラブ
更生して一途に?それとも性病に苦しむ?遊びだった人の明暗を分ける瞬間
 遊び人の男性にもてあそばれ、つらい思いをした女性もいるでしょう。しかし、遊び人でも年齢や経験を重ねて更生する場合がある...
恋バナ調査隊 2024-02-26 06:00 ラブ
30代40代「婚活の後悔」4選 あのときどうして気づかなかったんだろう
 婚活に励んでいる女性は必見! 「あのときこうしておけば…」と、自身の婚活に後悔がある女性たちの話を集めてみました。 ...
恋バナ調査隊 2024-02-26 06:00 ラブ
甘い新婚生活なんて誰が言った?ラブラブ一転イライラ爆発エピソード5選
「新婚」と聞くと、誰もがラブラブな生活を想像するでしょう。 でも、共同生活を始めて間もない新婚は、イライラする機会も多い...
恋バナ調査隊 2024-02-25 06:00 ラブ
男「冗談はよしこちゃん」女「は?」年の差カップルはすれ違い日常茶飯事
 近年、10歳以上の年の差カップルが増えていますよね。年の差があると、相手を尊敬できたり、落ち着いて安定した恋愛ができた...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
肉体より精神的なつながりに“利”があるよね? 51歳経営者が女を選ぶ条件
「冷酷と激情のあいだvol.183〜女性編〜」では、夜の営みをしないことを条件にプロポーズをしてきた恋人・ジュンジさん(...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
性交渉一生ナシ?裕福な経営者から提示された結婚の条件に戸惑う47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
女に困らないチャラ男に聞いた! 本命に選ぶ女性の特徴3つ
 好きになった男性がチャラ男だったら「真面目に恋愛する気はないよね…」と落ち込むかもしれません。  でも、チャラ男だっ...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
女性から家デートに誘うのはアリなの? 超自然な誘い方と男性の本音
 なかなか家に呼んでくれない彼。もっと仲を深めたいけど「女性から家デートに誘うのはナシかも…」と悩んでいる人は多いはず。...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
年の差婚は“1億円プレーヤー”の特権に…婚活のプロが見た同世代婚の現場
 年の離れた若い女性と結婚したい――。結婚相談所には今も夢見る中年男性が訪れるそうだが、時代は変わったようだ。  ...
モテる女が選ぶ男はセンスなし? 美人が陥りがちな恋愛の失敗傾向3つ
 あなたは、男性にモテますか? 答えがイエスなら、恋愛で選ぶ男に注意したほうがいいかもしれません。  なぜなら、美人で...
恋バナ調査隊 2024-02-23 06:00 ラブ
年下男性と恋愛したい! 知っていると憧れられる3つのテク
「年下男性と恋愛したい」と主張する女性がかなり増えています。けれど、思い切ってアプローチしてみても、なかなか盛り上がらな...
内藤みか 2024-02-22 06:00 ラブ
“お金持ちのド本命”になる方法 爆美女じゃなくても大丈夫!
 将来結婚するならお金持ちの人が断然いいですよね。  しかし、「自分は特別な美貌もないし、稼いでいるわけでもない。...
若林杏樹 2024-02-21 06:00 ラブ
【風邪ひき夫のイライラエピ6選】かまちょで子より手間かかるんですけど
 既婚女性の皆さん。夫から「風邪をひいた」と言われたらどんな反応をするでしょうか? 心から純粋に心配するのは、ラブラブな...
恋バナ調査隊 2024-02-21 06:00 ラブ
1分で得するフェロモンジャッジ!自律神経を整え、ストレスを手放す香り
 寒さが残る早春は男女ともにフェロモン度が下がり、生殖器にとっては大ピンチのシーズン。カップルや夫婦もマンネリ化しやすく...
太田奈月 2024-02-20 06:00 ラブ