アラサーだけど…「結婚できない女」のあるあるな考え方3つ

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2020-07-15 06:00
投稿日:2020-07-15 06:00
 コロナによる経済不安や自粛による寂しさから、恋愛や結婚に関心の高まっている人も増えているのではないでしょうか。しかし、まだ気持ちやスタンスが追いついていないという人も多いはず。
 安定した恋愛や結婚がしたいと思ったものの、上手くいっていないという女性たちのケースを参考に、考え方を変えてみましょう。

ケース1:自立しすぎるあまり男性をバカにしてしまう

自分より優れた人しか好きになれない(写真:iStock)
自分より優れた人しか好きになれない (写真:iStock)

「私はここ5年ほど彼氏がいません。東京で一人でも生きていけるように馬車馬のように働いてきました。正直に言ってしまうと、私は仕事ができて、お酒の場でも気を使えて、体力があって。男性に頼らなくても大丈夫なくらい自立したんです。だから、仕事ができない男性、気がきかない男性、お酒に弱い男性をみると、だらしなく感じてしまいます。自分よりしっかりした人じゃないと尊敬できないんです」(30歳・フリーランス)

 しっかりした女性によく多いのがこのパターンですね。女性と男性の役割は違うのに、自分と同じ分野に優れていないと尊敬できなかったり、短所を愛せなかったり……。自分より優れた人しか認められなくなっている人がいます。

 安定した恋愛や結婚に必要なものは「支え合い」です。なので、全てがあなたより優れている必要はありません。自分とは違う長所を持つ人のことも認めてあげられたら、短所を埋め合える人と恋ができるかもしれないのに。

ケース2:失敗を重ねて求める条件が増えすぎてしまった

過去の経験から失敗を恐れすぎて…(写真:iStock)
過去の経験から失敗を恐れすぎて… (写真:iStock)

「今年で29歳の私。たくさん恋愛してたくさん失敗しました。かっこいいけどちゃらんぽらんなバンドマン、お金にだらしない古着屋店員、2番目の女にしかしてくれなかったベンチャー企業社長。失敗を経験に変えて、同じミスを繰り返さないような男を選びたいと思っていたら、理想とする条件が増えすぎて妥協できなくなりました。

 顔、年収、女性関係、ユーモア、交友関係、仕事内容……。どれも譲りたくないけど、全部持ってる人なんていない。誰も好きになれず困っています」(29歳・保育士)

 恋愛経験の多い人の方が陥りやすい穴ですね。今までいろんな人を見てきたからこそ、求める条件が増え、理想がどんどん高くなってしまっています。

 今までの失敗をすべて列挙するのではなく「今の自分に必要な要素」を考えてみるべきでしょう。そうすると「理想の男性」ではなく「自分に合う男性」が見えてくるはずです。

ケース3:「自分はモテる」という自信が強すぎる

いつだって自分が選ぶ側?(写真:iStock)
いつだって自分が選ぶ側? (写真:iStock)

「自分でいうのもなんですが、今までよくモテてきました。高学歴なハイスペ男子やモデル男子を落としてきたこともあって、自分に自信がある分、男性には妥協できません。私なら30代になった今でも問題なくモテると思っているので、早く安定はしたいけど、焦って変な男を捕まえるのもイヤ」(31歳・コンパニオン)

 20代でモテてきた人ほど、結婚できないというパターンもありますよね。自分に価値がなくなっていくことを憂いすぎるのも不健康ですが、若さという、今の日本での大きなポテンシャルが失われていくことは自覚しておかないと、20代と同じ理想を追い求めることも難しくはなってくるでしょう。

 モテた人は“自分が選ぶ側”という考えが強いかもしれませんが、恋愛や結婚は縁でもあるので、選ばれる必要があることも忘れてはいけません。

アラサーは「自信過剰こじらせ」が流行り病

 自分に自信がない人ほど早いうちに結婚します。その後の人生に自信が持てず、早めに見切りをつけて安定を求めるからです。

 その流れから外れて「早婚」を諦めたアラサー独女たちは、何かしら自分を納得させるだけの「自信」を持っている人が多いです。学歴があることや、外見がいいこと、モテたこと、年収があることなど……。

 それ自体はとてもいいことなのですが、自信をこじらせた上でアラサー、アラフォーになっていくと、自分の置かれた環境が変わっていくことに気づかず、そのまま「自信過剰」になっていってしまいます。男性からは「プライドが高く扱いづらい」と思われ、恋の機会も逃します。

 自信を持つことは大事なことですが、独りよがりになってしまわないように注意しましょう。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


結婚相手を見極める!郵便ポストが溜まっている男にはご用心
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。離婚に反対する親も少なくなりました。ずいぶんと時代は変化しましたが、できれば...
山崎世美子 2021-05-15 06:00 ラブ
彼はどう? 亭主関白彼氏のタイプ別特徴&上手な付き合い方
 亭主関白タイプの男性は、「男らしくてかっこいい」という意見がある反面、「自己中心的過ぎて腹が立つ!」と感じる人もいます...
恋バナ調査隊 2021-05-15 06:00 ラブ
私は本命? 男性が“最後の女”と決める5つの瞬間&目指し方
 交際が順調に進めば、「このまま彼と結婚したい」と思うのは当然のこと。しかし、なかなか結婚話が出ないと「彼にとって、私は...
恋バナ調査隊 2021-05-14 06:30 ラブ
“デキる女”感がアップ! 同棲や結婚が近づく日用品セレクト
 彼とのおうちデートや半同棲生活では、「この子は生活能力が高い」と思わせることができれば、同棲や結婚へのチャンスも近づき...
並木まき 2021-05-14 06:00 ラブ
会ってくれないのはなぜ?コロナ破局を回避するための対処法
 感染症の流行が続くなか、恋人から「もう別れよう」「もう友達に戻ろう」などと言われる女性が続出しています。その原因は女性...
内藤みか 2021-05-13 06:00 ラブ
奥手な草食系男子との恋愛…LINEはどう送る?注意点5つ
 草食系男子といえば、「恋愛に対する熱量が低く、心優しくて奥手」というイメージが強いですよね。繊細な彼らの特徴やポイント...
恋バナ調査隊 2021-05-13 06:00 ラブ
甘えたくなる〜!男子が弱いところを見せたくなる女子の特徴
 いつもは仕事などでキリッとしているカレが、素の顔や弱いところを見せてくるとキュンと来ちゃいますよね。仕事のできる男性に...
若林杏樹 2021-05-12 06:00 ラブ
男性は記念日を忘れる生き物?納得の理由&忘れさせない方法
 誕生日や付き合った記念日、結婚記念日など、女性が大切にしたい「記念日」。でも、そんな記念日を、あっさり忘れてしまうのが...
孔井嘉乃 2021-05-11 06:00 ラブ
遠距離恋愛中こそLINEを活用♡ 愛が深まる送り方5つ
 遠距離恋愛中のカップルは、会えないぶんだけ絆が深まっていくか、物理的に距離が離れた生活に心も離れてしまうかのどちらかで...
恋バナ調査隊 2021-05-11 06:00 ラブ
実は幸せかも♡ ドキドキしない恋愛の魅力&見極めポイント
「恋愛するなら、思いっきりドキドキしたい♡」と、思っている人は多いでしょう。確かに、ドキドキする恋愛は刺激的です。しかし...
恋バナ調査隊 2021-05-10 06:01 ラブ
いい匂いの女は記憶に残る…男性を魅了する香りのテクニック
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。嫌でも汗ばむ季節の到来です。今年こそ香りを操れる素敵な女性になりたいものです...
山崎世美子 2021-05-08 06:00 ラブ
男性が恐怖を感じる女性の恋愛暴走LINE…あなたは大丈夫?
 恋愛中の女性って、ついつい妄想してしまいがち。特に、LINEでのやりとりでは、相手の顔が見えないぶん、1人で勝手に暴走...
恋バナ調査隊 2021-05-08 06:00 ラブ
愛はなかった…離婚に同意するも話し合いで揉める夫の本心
「冷酷と激情のあいだvol.38〜女性編〜」では、コロナ禍だからこそ、別居婚を経て同居婚になった途端に、離婚を選ばざるを...
並木まき 2021-05-08 05:57 ラブ
同居した途端…夫への愛がないことを悟ってしまった妻の決断
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-05-08 05:56 ラブ
好きじゃない男性と付き合う5つのメリット&ポイントとは
「彼氏がいる」と聞くと、多くの人は「彼のことが好きだから付き合っている」と思うでしょう。しかし、恋愛のはじまり方はさまざ...
恋バナ調査隊 2021-05-07 06:00 ラブ
キスの場所には意味がある♡ パーツ別に隠れた14の男性心理
 恋人同士が愛情を伝えるために交わす、「キス」。実は、キスには場所ごとに意味があるのをご存知でしょうか? 今回は、厳選し...
リタ・トーコ 2021-05-07 06:00 ラブ