夫にヤルヤル詐欺? 話し合いを口先だけで逃げる鬼嫁たち

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-08-10 06:00
投稿日:2020-08-10 06:00
 家庭内で問題が勃発したときに、話し合いで解決を図る夫婦は多いもの。ところが鬼嫁には、話し合いが意味をなさないタイプも散見されます。特に厄介なのが、合意しているように見せかけて「意欲」でごまかすタイプ……⁉︎
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな鬼嫁たちのミステリアス語録をお届けします。

1:努力の意思だけで話し合い終了

どこかの政治家みたい(写真:iStock)
どこかの政治家みたい (写真:iStock)

「掃除、洗濯、料理をほとんどせず、一日中テレビを見て過ごしている我が妻。仕事をやめてからというもの、専業主婦というよりも絵に描いたようなグータラ主婦になっています。

 さすがに家が汚いのに耐えられなくて、僕が洗濯と料理を担当するから、せめて掃除だけは妻にやってもらえないかとお願いしてみたんです。すると『やるように努力はしたいと思う』と返事が返ってきたものの、変わる気配はナシ!

 何回か妻に同じ話をしていますが、そのたびに『やる努力はしたいと思う』の一点張り。『やる』と言わずに、意欲だけ表明するあたりが、どこぞの政治家みたいで、なんともズルイと思いませんか⁉︎」(39歳男性/サービス)

2:肯定も否定もせずに煙に巻く

話し合いをしたつもりが…(写真:iStock)
話し合いをしたつもりが… (写真:iStock)

「結婚2年目ですが、妻と話し合って決めたはずのことが、実行された試しがありません。僕は夫婦喧嘩をなるべく避けたいので、波風を立てないようにとは思っていますが、あまりにも妻が言葉遊びばかりでイラつきます。

 例えば、『レスになりつつあるのはマズいから、せめて1カ月に1回は夜の営みをしよう』とか『たまには夫婦で外出したほうがいいから、3カ月に一度は食事に行こう』などと話し合っても、『そうしたほうがいいかもしれないね』と返ってくるだけで、いっこうにやらないわけです。

 最初のうちは、妻のこの口癖を肯定の返事かと誤解していましたが、どうやらそうではなく、その場で否定せずに、会話を終わらせるための相槌だったみたい。こちらの提案に意欲的なフリをして、なんにもしてくれない姿には本当にイライラします」(42歳男性/製造)

3:屁理屈で期待させて終わり

妻が家庭を顧みないで遊んでばかり(写真:iStock)
妻が家庭を顧みないで遊んでばかり (写真:iStock)

「妻が家庭を顧みないで遊んでばかりなので、いい加減にしてくれと話をしました。

 僕からは、『飲みに行ったら24時までには帰宅すること』『休日はなるべく夫婦で過ごすこと』『家事は折半で、分担し合うのを徹底すること』の3つを提案。すると妻からは『それはいいね!』と返事があったので、納得してくれたものとばかり思っていたんです。

 ところが、その話し合いからも妻の生活態度は何ひとつ改善せず。腹が立ったので妻に再び話し合いを求めると、『いいねとは言ったけど、やるとは言ってない』と屁理屈が返ってきて……。唖然としましたし、意欲があるフリをして、僕を期待させる妻のやり方には本気で不愉快です」(37歳男性/教育)

言葉遊びが得意な家庭内政治家⁉︎

 日本語はときに難しい! まるで言葉遊びのように日本語を巧みに操り、夫からの提案や要求を、うまく煙に巻く妻もいるようですね。そのスキルの高さは、まるでベテランの政治家のよう……。

 真っ向から相手の言葉を否定するわけではなく、むしろその場では肯定や合意をしているかのようにも聞こえ、それ以上深い話にならずに済むこの手法は、政治家がよく使うワザでもありますよね。

 こんな鬼嫁と話し合いで成果を得るのは至難の技。明確に「約束」できれば一件落着ですが、こういった妻ほど、逃げ場がない会話になると感情的にもなりがち。なので、強く出られない夫も多いのでしょうね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


年上を狙うハイエナに注意!アプリで出会った自己中心浮気男
 近ごろ、マッチングアプリで年下男性を希望する女性が急増しています。  若い男性とのスイートな真剣交際を夢見る女性に忍...
内藤みか 2022-07-07 06:00 ラブ
復縁後の彼氏が冷たいって何なん? “地獄の過ち”二度は嫌!
 別れた元彼と復縁をした経験がある人は少なくありません。別れを後悔し、念願叶ってやっと復縁できたとなれば、当然嬉しいです...
恋バナ調査隊 2022-07-07 06:00 ラブ
元カレから連絡キタ…復縁できる? 元カノにLINEする男性心理
 未練が残る元カレから連絡がくるとドキッとしますよね。「最近調子どう? 元気?」なんてきたら、嬉しさと切なさでいっぱいに...
若林杏樹 2022-07-06 06:00 ラブ
イケメン夫と結婚した妻の本音…“超絶幸せ”と“憂鬱”どっち?
 婚活中の女性に、どんな人と結婚したいかを聞くと、性格や経済面を差し置いて、まず最初に「イケメン」と答える人がいます。ま...
田中絵音 2022-07-06 06:00 ラブ
「ギャップモテ」40代女性でも使えるのか問題!NG行動あるよ
 ギャップのある女性は、年齢に関係なく男性からモテるもの。40代女性で「ギャップモテ」を狙っている人もいるでしょう。そこ...
恋バナ調査隊 2022-07-06 06:00 ラブ
シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ