夫にヤルヤル詐欺? 話し合いを口先だけで逃げる鬼嫁たち

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-08-10 06:00
投稿日:2020-08-10 06:00
 家庭内で問題が勃発したときに、話し合いで解決を図る夫婦は多いもの。ところが鬼嫁には、話し合いが意味をなさないタイプも散見されます。特に厄介なのが、合意しているように見せかけて「意欲」でごまかすタイプ……⁉︎
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、そんな鬼嫁たちのミステリアス語録をお届けします。

1:努力の意思だけで話し合い終了

どこかの政治家みたい(写真:iStock)
どこかの政治家みたい (写真:iStock)

「掃除、洗濯、料理をほとんどせず、一日中テレビを見て過ごしている我が妻。仕事をやめてからというもの、専業主婦というよりも絵に描いたようなグータラ主婦になっています。

 さすがに家が汚いのに耐えられなくて、僕が洗濯と料理を担当するから、せめて掃除だけは妻にやってもらえないかとお願いしてみたんです。すると『やるように努力はしたいと思う』と返事が返ってきたものの、変わる気配はナシ!

 何回か妻に同じ話をしていますが、そのたびに『やる努力はしたいと思う』の一点張り。『やる』と言わずに、意欲だけ表明するあたりが、どこぞの政治家みたいで、なんともズルイと思いませんか⁉︎」(39歳男性/サービス)

2:肯定も否定もせずに煙に巻く

話し合いをしたつもりが…(写真:iStock)
話し合いをしたつもりが… (写真:iStock)

「結婚2年目ですが、妻と話し合って決めたはずのことが、実行された試しがありません。僕は夫婦喧嘩をなるべく避けたいので、波風を立てないようにとは思っていますが、あまりにも妻が言葉遊びばかりでイラつきます。

 例えば、『レスになりつつあるのはマズいから、せめて1カ月に1回は夜の営みをしよう』とか『たまには夫婦で外出したほうがいいから、3カ月に一度は食事に行こう』などと話し合っても、『そうしたほうがいいかもしれないね』と返ってくるだけで、いっこうにやらないわけです。

 最初のうちは、妻のこの口癖を肯定の返事かと誤解していましたが、どうやらそうではなく、その場で否定せずに、会話を終わらせるための相槌だったみたい。こちらの提案に意欲的なフリをして、なんにもしてくれない姿には本当にイライラします」(42歳男性/製造)

3:屁理屈で期待させて終わり

妻が家庭を顧みないで遊んでばかり(写真:iStock)
妻が家庭を顧みないで遊んでばかり (写真:iStock)

「妻が家庭を顧みないで遊んでばかりなので、いい加減にしてくれと話をしました。

 僕からは、『飲みに行ったら24時までには帰宅すること』『休日はなるべく夫婦で過ごすこと』『家事は折半で、分担し合うのを徹底すること』の3つを提案。すると妻からは『それはいいね!』と返事があったので、納得してくれたものとばかり思っていたんです。

 ところが、その話し合いからも妻の生活態度は何ひとつ改善せず。腹が立ったので妻に再び話し合いを求めると、『いいねとは言ったけど、やるとは言ってない』と屁理屈が返ってきて……。唖然としましたし、意欲があるフリをして、僕を期待させる妻のやり方には本気で不愉快です」(37歳男性/教育)

言葉遊びが得意な家庭内政治家⁉︎

 日本語はときに難しい! まるで言葉遊びのように日本語を巧みに操り、夫からの提案や要求を、うまく煙に巻く妻もいるようですね。そのスキルの高さは、まるでベテランの政治家のよう……。

 真っ向から相手の言葉を否定するわけではなく、むしろその場では肯定や合意をしているかのようにも聞こえ、それ以上深い話にならずに済むこの手法は、政治家がよく使うワザでもありますよね。

 こんな鬼嫁と話し合いで成果を得るのは至難の技。明確に「約束」できれば一件落着ですが、こういった妻ほど、逃げ場がない会話になると感情的にもなりがち。なので、強く出られない夫も多いのでしょうね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 10〜20代の頃は好きな人のためにオシャレをして、髪をかわいく盛って、毎日楽しかった……。しかし、オトナ女子になった今...
若林杏樹 2020-09-28 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性とやっとLINEを交換できたのに、あまりにそっけないと連絡を続けるべきかやめるべきか迷ってしまいますよね。...
恋バナ調査隊 2020-09-28 06:00 ラブ
FILM
「既婚男性との恋愛なんて絶対ムリ!」と思っているのにもかかわらず、熱心なアプローチを受けて不倫へと走ってしまう女性は少な...
リタ・トーコ 2020-09-27 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。競泳の瀬戸大也さん(26)が、昼間からスレンダー美女とラブホテルに出入りして...
山崎世美子 2020-09-26 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-26 06:03 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-26 06:04 ラブ
FILM
 今まで恋愛に苦労してきた人は、ちょっとやそっとじゃ動じなさそうな「大人の恋愛」に憧れを抱いている人も多いでしょう。簡単...
恋バナ調査隊 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 結婚前から、たびたび同じことでケンカになる。毎回解決できず、モヤっとしたまま終わる……。そんなパートナーとの「どうして...
七味さや 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 ウィズコロナの時代になってからというもの「どこで異性と出会ったらいいんだ!?」という男性たちの悲鳴があちこちからあがっ...
内藤みか 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
「自称モテ男」から届くLINEの数々は、根拠のない自信に溢れています。そのなかには、周囲からはどれほど贔屓目に見ても「ま...
並木まき 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
 長続きするカップルと、しないカップルっていますよね。「ただの相性でしょ!」と思いたくなりますが、なぜかいつもすぐ別れて...
恋バナ調査隊 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 夏は、開放的な気持ちになる男性も多く、例年、火遊び的な恋愛も増えるシーズン。秋らしくなってきた今は、夏のあいだに知り合...
並木まき 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 彼氏に限らず、男友達や上司から「お前」と呼ばれた経験がある女性は多いはず。「不快だな」と感じる女性も多い、この「お前」...
孔井嘉乃 2020-09-22 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-22 06:00 ラブ
FILM
 出会った頃はラブラブだったのに、1年も経つと扱いがだんだん雑になってきて、彼氏から「別れたいオーラ」が漂うように……。...
若林杏樹 2020-09-21 06:00 ラブ
FILM
 女性はついつい自分の彼氏と友達の彼氏を比べて、優劣をつけてしまうことがあります。比べても意味がないことはわかっているの...
恋バナ調査隊 2020-09-21 06:00 ラブ