夫は見た! ウチの妻が“鬼嫁”へと変化を遂げたきっかけ3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-03-14 06:00
投稿日:2020-03-14 06:00
「鬼嫁」と呼ばれる女性のなかには、もともとの性格だけでなく、特別な事情を経て鬼嫁化した女性もいるようです。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、夫たちがコクハクした「我が妻が鬼嫁になったきっかけ」をご紹介します。

1:不妊治療の末に子供ができず…

不妊治療の果てに…(写真:iStock)
不妊治療の果てに… (写真:iStock)

「今年46歳になった妻とは、10年ほど不妊治療をしていましたが、結局子供には恵まれませんでした。

 それで、子供は諦めようってことになったのですが、それを決めてから1年くらいすると妻の性格が激変。

 彼女にとってつらい決断だったと思い、しばらくは大目に見ていたら、どんどんエスカレートしてしまい……。今では、手をつけられない暴君にまでなってしまいました。

 そろそろ、もとの妻に戻ってほしいけど、もはや別人レベルなので難しそうです」(48歳男性/IT)

  ◇  ◇  ◇

 受け入れがたい体験によって、性格がキツくなる女性もいるのは確か。しかし短期にとどまらず、年単位で暴君化が止まらないとなれば、一緒に暮らす夫には厳しい環境なのも事実でしょう…。

2:濡れ衣の浮気疑惑で開き直り

身に覚えのない浮気疑惑で険悪に(写真:iStock)
身に覚えのない浮気疑惑で険悪に (写真:iStock)

「実際には浮気をしていないのに、妻からやたら浮気を疑われた時期があって、それ以来、ずっと僕に対する態度がキツくて困っています。

 そのときの妻は、被害妄想に取り憑かれたみたいになっていたから、更年期障害かなって思い、医療機関への受診も勧めたんですけど…。まったく聞き入れてもらえず、今に至ります。

 本当に僕が浮気していたならともかく、まったくの誤解。なのに、今では『していたかどうかに関係なく、妻に浮気を疑わせた時点で、夫が悪い!』とキレながら開き直り、浪費や家事放棄を正当化するので、どうしたものか……」(43歳男性/サービス)

  ◇  ◇  ◇

 夫婦関係に陰りが生じる出来事があると、しばらく尾を引くのも事実。しかし濡れ衣のせいで、どんどんと関係が悪化するとなれば、真剣に頭を抱える夫も少なくないでしょう。

3:働ける派遣先が限られプライドがズタズタ

タガが外れたように浪費を(写真:iStock)
タガが外れたように浪費を (写真:iStock)

「結婚直後から、年上の妻に鬼嫁っぽさは感じていましたが、妻も派遣で働いていたので、少しは家計の足しにもなっていました。

 けれど40代後半になって、働かせてくれる派遣先が見つかりにくくなり、どんどん条件も悪くなったあたりから、家での鬼っぷりが加速。

 性格がキツくなったのに加えて、子どもがいないことも関係しているのか、僕の給料から化粧品や洋服に散財するようになり、節約どころか浪費ざんまい。今では、もともと妻が派遣で稼いでいた金額を超える額を、貯金を崩してまで使い始めている始末です。

 このままでは破綻するので、何度も妻に意見していますが、そのたびに『そもそも、あなたがもっと稼がないのが元凶』と言い放ち改善の見込みはゼロ。もうウンザリすぎて、マジメに離婚を考えています……」(44歳男性/金融)

  ◇  ◇  ◇

 収入が減ったのに浪費は加速となれば、家計が破綻するのは時間の問題。社会的役割へのプライドが傷つけられたのを機に、何かの“タガ”が外れてしまう女性もいるようですね。

まとめ

 もともとは鬼嫁ではなくとも、何かのきっかけによって、鬼嫁化してしまう妻もいるのが現実。そんな変化を目の当たりにしている夫の苦悩たるや、相当なものでしょう……。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


子どもの口グセで判明…悟ってしまったママ友の「鬼嫁事情」
 外ではどんなに取り繕っていても、家庭内では、“鬼嫁”っぷりを発揮している女性も散見されますよね。一方、子どもは正直なの...
並木まき 2021-12-06 06:00 ラブ
駆け引き上手な男性の特徴&振り回されない5つの対処方法
 男性からアプローチをされたら当然嬉しいものですが、もしも駆け引きだと感じたら戸惑う人も多いでしょう。たとえ好意を抱いて...
恋バナ調査隊 2021-12-06 06:00 ラブ
男性がバツイチ女性に惹かれる4つの理由&恋愛再開の注意点
 ひと昔前までは、離婚歴がある女性を偏見の目でみる男性もいましたが、今はバツイチの女性に魅力を感じる男性も多いそうです。...
恋バナ調査隊 2021-12-05 06:00 ラブ
男女関係がグッとよくなる〜ケンカについて真剣に考えてみた
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。全国100人の妻に聞いた夫婦のケンカの頻度調査の結果、約70%がケンカをする...
山崎世美子 2021-12-04 06:00 ラブ
想いを告げただけで…女性から交際を期待されて戸惑う男性
「冷酷と激情のあいだvol.67〜女性編〜」では、想いを告白してきた男性であるユウタさんと交際に至らずに、相手への不信感...
並木まき 2021-12-04 06:11 ラブ
告白してきたのに…交際に至らない関係に不信感を抱く女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-12-04 06:12 ラブ
「いま家の前に…」元彼からの身勝手でちょっと怖いLINE5選
 大好きだったころは、いつも楽しみに待っていた彼からのLINE。でも「元彼」になってしまうと一変、送られてきたLINEで...
恋バナ調査隊 2021-12-04 06:00 ラブ
付き合って後悔する男性の5つの特徴&後悔した時の対処方法
 ずっと思い続けていた男性と付き合えることになれば、誰だって嬉しいものです。しかし、中には彼のことをよく知らないまま好き...
恋バナ調査隊 2021-12-03 06:00 ラブ
彼氏がほしくなる5つの時期♡ ほしくなったらすべきこと
 彼氏がほしいと思っている人の中には、「今まで、そんなことまったく思わなかったのに……」という人もいるでしょう。実は、彼...
恋バナ調査隊 2021-12-03 06:00 ラブ
自分で引き寄せて♡ モテ期を呼びこむスピリチュアル行動4選
 人生に何度か訪れる「モテ期」を経験したことがある人も多いでしょう。中には「私のモテ期は終わった」なんて、思っている人も...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
見た目重視な「面食い男性」に隠れた心理&落とすテクニック
 女性と同じく、男性にもそれぞれ好みやタイプがあります。「人は見た目じゃない」とも言いながらも、中には明らかに女性を見た...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
恋人未満な関係はもうウンザリ…セフレと本命彼女の違いとは
「セフレと本命の彼女の違いってなんだろう……」  友人のアラサー女子に相談されたのですが、皆さんはどう答えますか? そ...
若林杏樹 2021-12-01 06:00 ラブ
仕事を優先する彼氏の隠れた心理&うまく付き合う5つの方法
 彼氏ができたら休日のたびにデートしたり、まったりとおうちで過ごしたいと考えている女性が多いでしょう。しかし、男性の中に...
恋バナ調査隊 2021-12-01 06:25 ラブ
浮ついた心に刺さる! 彼氏に浮気をやめさせる効果的な言葉
 大好きな彼氏がほかの女性と浮気をしていたら、本当に辛く、傷つきますよね。でも、感情に任せて責めたところで、逆効果になっ...
恋バナ調査隊 2021-11-30 06:00 ラブ
自分のお金は自分だけのもの! 鬼嫁たちの呆れた金銭感覚
 鬼嫁は常に自分のことしか考えず、夫は「自分のために存在している人」でしかない様子。金銭的な面についても、“結婚”という...
並木まき 2021-11-30 06:00 ラブ
思わず胸キュン♡ 彼氏が彼女を「可愛い」と思う瞬間5選!
 世の中の男性たちは、彼女のことを「可愛い」と思う瞬間、愛情がさらに深まっていくそう。そこで今回は、彼氏が彼女を「可愛い...
恋バナ調査隊 2021-11-29 06:00 ラブ