夫は見た! ウチの妻が“鬼嫁”へと変化を遂げたきっかけ3選

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-03-14 06:00
投稿日:2020-03-14 06:00
「鬼嫁」と呼ばれる女性のなかには、もともとの性格だけでなく、特別な事情を経て鬼嫁化した女性もいるようです。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、夫たちがコクハクした「我が妻が鬼嫁になったきっかけ」をご紹介します。

1:不妊治療の末に子供ができず…

不妊治療の果てに…(写真:iStock)
不妊治療の果てに… (写真:iStock)

「今年46歳になった妻とは、10年ほど不妊治療をしていましたが、結局子供には恵まれませんでした。

 それで、子供は諦めようってことになったのですが、それを決めてから1年くらいすると妻の性格が激変。

 彼女にとってつらい決断だったと思い、しばらくは大目に見ていたら、どんどんエスカレートしてしまい……。今では、手をつけられない暴君にまでなってしまいました。

 そろそろ、もとの妻に戻ってほしいけど、もはや別人レベルなので難しそうです」(48歳男性/IT)

  ◇  ◇  ◇

 受け入れがたい体験によって、性格がキツくなる女性もいるのは確か。しかし短期にとどまらず、年単位で暴君化が止まらないとなれば、一緒に暮らす夫には厳しい環境なのも事実でしょう…。

2:濡れ衣の浮気疑惑で開き直り

身に覚えのない浮気疑惑で険悪に(写真:iStock)
身に覚えのない浮気疑惑で険悪に (写真:iStock)

「実際には浮気をしていないのに、妻からやたら浮気を疑われた時期があって、それ以来、ずっと僕に対する態度がキツくて困っています。

 そのときの妻は、被害妄想に取り憑かれたみたいになっていたから、更年期障害かなって思い、医療機関への受診も勧めたんですけど…。まったく聞き入れてもらえず、今に至ります。

 本当に僕が浮気していたならともかく、まったくの誤解。なのに、今では『していたかどうかに関係なく、妻に浮気を疑わせた時点で、夫が悪い!』とキレながら開き直り、浪費や家事放棄を正当化するので、どうしたものか……」(43歳男性/サービス)

  ◇  ◇  ◇

 夫婦関係に陰りが生じる出来事があると、しばらく尾を引くのも事実。しかし濡れ衣のせいで、どんどんと関係が悪化するとなれば、真剣に頭を抱える夫も少なくないでしょう。

3:働ける派遣先が限られプライドがズタズタ

タガが外れたように浪費を(写真:iStock)
タガが外れたように浪費を (写真:iStock)

「結婚直後から、年上の妻に鬼嫁っぽさは感じていましたが、妻も派遣で働いていたので、少しは家計の足しにもなっていました。

 けれど40代後半になって、働かせてくれる派遣先が見つかりにくくなり、どんどん条件も悪くなったあたりから、家での鬼っぷりが加速。

 性格がキツくなったのに加えて、子どもがいないことも関係しているのか、僕の給料から化粧品や洋服に散財するようになり、節約どころか浪費ざんまい。今では、もともと妻が派遣で稼いでいた金額を超える額を、貯金を崩してまで使い始めている始末です。

 このままでは破綻するので、何度も妻に意見していますが、そのたびに『そもそも、あなたがもっと稼がないのが元凶』と言い放ち改善の見込みはゼロ。もうウンザリすぎて、マジメに離婚を考えています……」(44歳男性/金融)

  ◇  ◇  ◇

 収入が減ったのに浪費は加速となれば、家計が破綻するのは時間の問題。社会的役割へのプライドが傷つけられたのを機に、何かの“タガ”が外れてしまう女性もいるようですね。

まとめ

 もともとは鬼嫁ではなくとも、何かのきっかけによって、鬼嫁化してしまう妻もいるのが現実。そんな変化を目の当たりにしている夫の苦悩たるや、相当なものでしょう……。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 新型コロナウイルスによって始まったテレワークにより、コロナ破局や同棲解消が増えている、という話が取りざたされています。...
ミクニシオリ 2020-09-29 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-29 06:00 ラブ
FILM
 10〜20代の頃は好きな人のためにオシャレをして、髪をかわいく盛って、毎日楽しかった……。しかし、オトナ女子になった今...
若林杏樹 2020-09-28 06:00 ラブ
FILM
 気になる男性とやっとLINEを交換できたのに、あまりにそっけないと連絡を続けるべきかやめるべきか迷ってしまいますよね。...
恋バナ調査隊 2020-09-28 06:00 ラブ
FILM
「既婚男性との恋愛なんて絶対ムリ!」と思っているのにもかかわらず、熱心なアプローチを受けて不倫へと走ってしまう女性は少な...
リタ・トーコ 2020-09-29 06:54 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。競泳の瀬戸大也さん(26)が、昼間からスレンダー美女とラブホテルに出入りして...
山崎世美子 2020-09-26 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-26 06:03 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-09-28 17:53 ラブ
FILM
 今まで恋愛に苦労してきた人は、ちょっとやそっとじゃ動じなさそうな「大人の恋愛」に憧れを抱いている人も多いでしょう。簡単...
恋バナ調査隊 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 結婚前から、たびたび同じことでケンカになる。毎回解決できず、モヤっとしたまま終わる……。そんなパートナーとの「どうして...
七味さや 2020-09-25 06:00 ラブ
FILM
 ウィズコロナの時代になってからというもの「どこで異性と出会ったらいいんだ!?」という男性たちの悲鳴があちこちからあがっ...
内藤みか 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
「自称モテ男」から届くLINEの数々は、根拠のない自信に溢れています。そのなかには、周囲からはどれほど贔屓目に見ても「ま...
並木まき 2020-09-24 06:00 ラブ
FILM
 長続きするカップルと、しないカップルっていますよね。「ただの相性でしょ!」と思いたくなりますが、なぜかいつもすぐ別れて...
恋バナ調査隊 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 夏は、開放的な気持ちになる男性も多く、例年、火遊び的な恋愛も増えるシーズン。秋らしくなってきた今は、夏のあいだに知り合...
並木まき 2020-09-23 06:00 ラブ
FILM
 彼氏に限らず、男友達や上司から「お前」と呼ばれた経験がある女性は多いはず。「不快だな」と感じる女性も多い、この「お前」...
孔井嘉乃 2020-09-22 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-09-28 18:52 ラブ