こんな交際はあり? 秘密にする恋愛のメリット&デメリット

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-08-10 06:00
投稿日:2020-08-10 06:00
 付き合い方の理想は人によって異なるものですが、多くの場合、「コソコソした恋愛はしたくない」と思っているはず。しかし、カップルの中には、あえて秘密の恋愛を選び、楽しむ人もいるんですよ。そんな今回は、秘密にする恋愛のメリットとデメリットをご紹介します。

秘密にする恋愛の5つのメリット

いつまでもドキドキ感が味わえる(写真:iStock)
いつまでもドキドキ感が味わえる (写真:iStock)

 恋人ができれば、多くの人は「みんなに言いたい!」と思うでしょう。周りに二人の関係を知られていれば堂々とデートもできますし、公認の中になれると嬉しいですよね。

 でも、中にはあえて周りに知られないように交際するカップルもいます。そんな秘密の恋愛には、どんなメリットがあるのでしょうか?

1. 周りから茶化されたり、追求されずに済む

 交際がスタートことを周りに知らせると、「どっちから告白したの?」なんて、いろいろなことを聞かれます。ノロケ話をたっぷりしたい人にとっては良いかもしれませんが、中には詮索されることを不快に思う人もいるでしょう。

 その点、秘密の恋愛であれば、周りから茶化されることもなければ、追求されることもありません。周りの言動に惑わされることなく自分たちのペースで付き合えるのは、交際を秘密にする大きなメリットでしょう。

2. いつまでもドキドキ感を味わえる

 周りに交際を秘密にする場合、「知っている人に会わないように」と、デート場所を考えるでしょうし、デート中も「知っている人がいないか?」と気を付けることになります。

 このようなデートは、常にドキドキ感を味わうことができます。交際が長くなってもマンネリ化することなく、新鮮な気持ちを維持することができるでしょう。

3. 彼への客観的な評価が聞ける

 友達に彼との交際を知られていると、彼の悪い評判などは自然と耳に入らなくなります。これは、万が一悪い噂があったとしても、それを知った友達はあなたに気を使って話さなくなるから。

 でも、秘密で付き合っていれば、良くも悪くもさまざまな情報が入ってくるでしょう。共通の知人がいればいるほど、彼についての客観的な評価を知ることができます。

4. 嫉妬される心配がない

 モテる男性と付き合った場合には、彼女になったことで女性から多くの嫉妬を受けることになります。彼を狙っていた女性の中には、あなたに嫌がらせをしてくる人もいるかもしれません。

 しかし、秘密で交際していれば、こういった嫉妬心を抱かれることもないため、嫌な思いをする心配もなくなります。

5. 万が一別れても、周りに気を使わせずに済む

 周りから公認されているカップルを見ると、「羨ましい」と思う人も多いでしょう。確かに、交際が順調に進み、結婚へと進めば理想的な二人です。

 しかし、恋愛は思いもしなかった方向へ進んでしまうこともあります。万が一、別れてしまったら、二人だけでなく、周りも気まずい思いをすることになるでしょう。その点、秘密の恋愛であれば、別れてしまったとしても気を使わずに済みます。

秘密の恋愛は良くない?5つのデメリット

誰かに相談したい時も…(写真:iStock)
誰かに相談したい時も… (写真:iStock)

 秘密の恋愛というと「人に言えないような恋愛」をイメージしてしまいますが、メリットを知れば「こういった付き合い方もありかも!」と思った人もいるのでは? しかし、どんなことにもデメリットはつきもの。秘密の恋愛の良くない点を見ていきましょう。

1. ノロケ話ができない

 大好きな男性と晴れて付き合うことができれば、誰だって誇らしく、嬉しい気持ちになりますよね。特におしゃべりが好きな女性は、「彼の素敵さを誰かに聞いてほしい」と思うでしょう。

 しかし、秘密の恋愛はノロケ話をすることすらできません。どこからバレるか分からないため、どんなに親しい友人であっても話すことができず、ストレスになってしまう人もいるでしょう。

2. 彼の相談をすることができない

 いつまでもラブラブの二人でいられれば良いですが、いったん交際が始まれば、喧嘩したり、うまくいかなくなったりと、時には辛い時期もあるでしょう。

 オープンな関係であれば女友達に相談したりすることもできますが、秘密の恋愛中には誰にも話すことができないため、一人で抱え込むことになってしまいます。

3. 彼を狙う女性が現れることも

 交際を秘密にしているということは、周りから見れば彼もあなたもフリーの状態です。彼を狙う女性が現れることもあるでしょう。

 堂々と交際していれば、「彼女がいるから」ときっぱり断ってもらうこともできますし、女性からのアプローチを牽制することもできます。しかし、秘密の恋愛となればそうはいきません。女性側も「彼はフリー」と思っているため、そうそう簡単には引いてくれないでしょう。

4. 堂々とデートを楽しめない

 ドキドキ感を味わうことができる秘密の恋愛ですが、その反面、堂々とデートを楽しむことができないのもデメリット。

 デート中に手を繋ぐこともできなければ、お互いの知り合いが来そうなお店では、食事や会話すら楽しむことができません。

5. 友達にも親にも紹介できない

 恋人との関係が長くなれば、「友達や親に紹介したい」と思うでしょう。周りにも二人の交際を知ってもらえれば、安心感を得ることができますよね。

 しかし、交際を秘密にしている場合には、当然誰にも紹介することはできません。二人の交際は誰も知らない訳ですから、「もしかして、浮気しているのでは?」「実は、他に本命がいるのでは?」といった不安を抱くこともあるでしょう。

秘密にする恋愛をメリットと捉えられるかはあなた次第!

秘密の恋してみる?(写真:iStock)
秘密の恋してみる? (写真:iStock)

 秘密の恋愛となると、「堂々と交際できない理由があるのでは?」と悪く捉える人も多いでしょう。でも、ご紹介してきたように秘密の恋愛にもメリットがあります。

 恋愛の価値観は人それぞれ。あなたにとって、秘密の恋愛はメリットとなるのかデメリットとなるのか、考えてみてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


元カレから連絡キタ…復縁できる? 元カノにLINEする男性心理
 未練が残る元カレから連絡がくるとドキッとしますよね。「最近調子どう? 元気?」なんてきたら、嬉しさと切なさでいっぱいに...
若林杏樹 2022-07-06 06:00 ラブ
イケメン夫と結婚した妻の本音…“超絶幸せ”と“憂鬱”どっち?
 婚活中の女性に、どんな人と結婚したいかを聞くと、性格や経済面を差し置いて、まず最初に「イケメン」と答える人がいます。ま...
田中絵音 2022-07-06 06:00 ラブ
「ギャップモテ」40代女性でも使えるのか問題!NG行動あるよ
 ギャップのある女性は、年齢に関係なく男性からモテるもの。40代女性で「ギャップモテ」を狙っている人もいるでしょう。そこ...
恋バナ調査隊 2022-07-06 06:00 ラブ
シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ