こんな交際はあり? 秘密にする恋愛のメリット&デメリット

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-08-10 06:00
投稿日:2020-08-10 06:00
 付き合い方の理想は人によって異なるものですが、多くの場合、「コソコソした恋愛はしたくない」と思っているはず。しかし、カップルの中には、あえて秘密の恋愛を選び、楽しむ人もいるんですよ。そんな今回は、秘密にする恋愛のメリットとデメリットをご紹介します。

秘密にする恋愛の5つのメリット

いつまでもドキドキ感が味わえる(写真:iStock)
いつまでもドキドキ感が味わえる (写真:iStock)

 恋人ができれば、多くの人は「みんなに言いたい!」と思うでしょう。周りに二人の関係を知られていれば堂々とデートもできますし、公認の中になれると嬉しいですよね。

 でも、中にはあえて周りに知られないように交際するカップルもいます。そんな秘密の恋愛には、どんなメリットがあるのでしょうか?

1. 周りから茶化されたり、追求されずに済む

 交際がスタートことを周りに知らせると、「どっちから告白したの?」なんて、いろいろなことを聞かれます。ノロケ話をたっぷりしたい人にとっては良いかもしれませんが、中には詮索されることを不快に思う人もいるでしょう。

 その点、秘密の恋愛であれば、周りから茶化されることもなければ、追求されることもありません。周りの言動に惑わされることなく自分たちのペースで付き合えるのは、交際を秘密にする大きなメリットでしょう。

2. いつまでもドキドキ感を味わえる

 周りに交際を秘密にする場合、「知っている人に会わないように」と、デート場所を考えるでしょうし、デート中も「知っている人がいないか?」と気を付けることになります。

 このようなデートは、常にドキドキ感を味わうことができます。交際が長くなってもマンネリ化することなく、新鮮な気持ちを維持することができるでしょう。

3. 彼への客観的な評価が聞ける

 友達に彼との交際を知られていると、彼の悪い評判などは自然と耳に入らなくなります。これは、万が一悪い噂があったとしても、それを知った友達はあなたに気を使って話さなくなるから。

 でも、秘密で付き合っていれば、良くも悪くもさまざまな情報が入ってくるでしょう。共通の知人がいればいるほど、彼についての客観的な評価を知ることができます。

4. 嫉妬される心配がない

 モテる男性と付き合った場合には、彼女になったことで女性から多くの嫉妬を受けることになります。彼を狙っていた女性の中には、あなたに嫌がらせをしてくる人もいるかもしれません。

 しかし、秘密で交際していれば、こういった嫉妬心を抱かれることもないため、嫌な思いをする心配もなくなります。

5. 万が一別れても、周りに気を使わせずに済む

 周りから公認されているカップルを見ると、「羨ましい」と思う人も多いでしょう。確かに、交際が順調に進み、結婚へと進めば理想的な二人です。

 しかし、恋愛は思いもしなかった方向へ進んでしまうこともあります。万が一、別れてしまったら、二人だけでなく、周りも気まずい思いをすることになるでしょう。その点、秘密の恋愛であれば、別れてしまったとしても気を使わずに済みます。

秘密の恋愛は良くない?5つのデメリット

誰かに相談したい時も…(写真:iStock)
誰かに相談したい時も… (写真:iStock)

 秘密の恋愛というと「人に言えないような恋愛」をイメージしてしまいますが、メリットを知れば「こういった付き合い方もありかも!」と思った人もいるのでは? しかし、どんなことにもデメリットはつきもの。秘密の恋愛の良くない点を見ていきましょう。

1. ノロケ話ができない

 大好きな男性と晴れて付き合うことができれば、誰だって誇らしく、嬉しい気持ちになりますよね。特におしゃべりが好きな女性は、「彼の素敵さを誰かに聞いてほしい」と思うでしょう。

 しかし、秘密の恋愛はノロケ話をすることすらできません。どこからバレるか分からないため、どんなに親しい友人であっても話すことができず、ストレスになってしまう人もいるでしょう。

2. 彼の相談をすることができない

 いつまでもラブラブの二人でいられれば良いですが、いったん交際が始まれば、喧嘩したり、うまくいかなくなったりと、時には辛い時期もあるでしょう。

 オープンな関係であれば女友達に相談したりすることもできますが、秘密の恋愛中には誰にも話すことができないため、一人で抱え込むことになってしまいます。

3. 彼を狙う女性が現れることも

 交際を秘密にしているということは、周りから見れば彼もあなたもフリーの状態です。彼を狙う女性が現れることもあるでしょう。

 堂々と交際していれば、「彼女がいるから」ときっぱり断ってもらうこともできますし、女性からのアプローチを牽制することもできます。しかし、秘密の恋愛となればそうはいきません。女性側も「彼はフリー」と思っているため、そうそう簡単には引いてくれないでしょう。

4. 堂々とデートを楽しめない

 ドキドキ感を味わうことができる秘密の恋愛ですが、その反面、堂々とデートを楽しむことができないのもデメリット。

 デート中に手を繋ぐこともできなければ、お互いの知り合いが来そうなお店では、食事や会話すら楽しむことができません。

5. 友達にも親にも紹介できない

 恋人との関係が長くなれば、「友達や親に紹介したい」と思うでしょう。周りにも二人の交際を知ってもらえれば、安心感を得ることができますよね。

 しかし、交際を秘密にしている場合には、当然誰にも紹介することはできません。二人の交際は誰も知らない訳ですから、「もしかして、浮気しているのでは?」「実は、他に本命がいるのでは?」といった不安を抱くこともあるでしょう。

秘密にする恋愛をメリットと捉えられるかはあなた次第!

秘密の恋してみる?(写真:iStock)
秘密の恋してみる? (写真:iStock)

 秘密の恋愛となると、「堂々と交際できない理由があるのでは?」と悪く捉える人も多いでしょう。でも、ご紹介してきたように秘密の恋愛にもメリットがあります。

 恋愛の価値観は人それぞれ。あなたにとって、秘密の恋愛はメリットとなるのかデメリットとなるのか、考えてみてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


結婚相手を見極める!郵便ポストが溜まっている男にはご用心
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。離婚に反対する親も少なくなりました。ずいぶんと時代は変化しましたが、できれば...
山崎世美子 2021-05-15 06:00 ラブ
彼はどう? 亭主関白彼氏のタイプ別特徴&上手な付き合い方
 亭主関白タイプの男性は、「男らしくてかっこいい」という意見がある反面、「自己中心的過ぎて腹が立つ!」と感じる人もいます...
恋バナ調査隊 2021-05-15 06:00 ラブ
私は本命? 男性が“最後の女”と決める5つの瞬間&目指し方
 交際が順調に進めば、「このまま彼と結婚したい」と思うのは当然のこと。しかし、なかなか結婚話が出ないと「彼にとって、私は...
恋バナ調査隊 2021-05-14 06:30 ラブ
“デキる女”感がアップ! 同棲や結婚が近づく日用品セレクト
 彼とのおうちデートや半同棲生活では、「この子は生活能力が高い」と思わせることができれば、同棲や結婚へのチャンスも近づき...
並木まき 2021-05-14 06:00 ラブ
会ってくれないのはなぜ?コロナ破局を回避するための対処法
 感染症の流行が続くなか、恋人から「もう別れよう」「もう友達に戻ろう」などと言われる女性が続出しています。その原因は女性...
内藤みか 2021-05-13 06:00 ラブ
奥手な草食系男子との恋愛…LINEはどう送る?注意点5つ
 草食系男子といえば、「恋愛に対する熱量が低く、心優しくて奥手」というイメージが強いですよね。繊細な彼らの特徴やポイント...
恋バナ調査隊 2021-05-13 06:00 ラブ
甘えたくなる〜!男子が弱いところを見せたくなる女子の特徴
 いつもは仕事などでキリッとしているカレが、素の顔や弱いところを見せてくるとキュンと来ちゃいますよね。仕事のできる男性に...
若林杏樹 2021-05-12 06:00 ラブ
男性は記念日を忘れる生き物?納得の理由&忘れさせない方法
 誕生日や付き合った記念日、結婚記念日など、女性が大切にしたい「記念日」。でも、そんな記念日を、あっさり忘れてしまうのが...
孔井嘉乃 2021-05-11 06:00 ラブ
遠距離恋愛中こそLINEを活用♡ 愛が深まる送り方5つ
 遠距離恋愛中のカップルは、会えないぶんだけ絆が深まっていくか、物理的に距離が離れた生活に心も離れてしまうかのどちらかで...
恋バナ調査隊 2021-05-11 06:00 ラブ
実は幸せかも♡ ドキドキしない恋愛の魅力&見極めポイント
「恋愛するなら、思いっきりドキドキしたい♡」と、思っている人は多いでしょう。確かに、ドキドキする恋愛は刺激的です。しかし...
恋バナ調査隊 2021-05-10 06:01 ラブ
いい匂いの女は記憶に残る…男性を魅了する香りのテクニック
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。嫌でも汗ばむ季節の到来です。今年こそ香りを操れる素敵な女性になりたいものです...
山崎世美子 2021-05-08 06:00 ラブ
男性が恐怖を感じる女性の恋愛暴走LINE…あなたは大丈夫?
 恋愛中の女性って、ついつい妄想してしまいがち。特に、LINEでのやりとりでは、相手の顔が見えないぶん、1人で勝手に暴走...
恋バナ調査隊 2021-05-08 06:00 ラブ
愛はなかった…離婚に同意するも話し合いで揉める夫の本心
「冷酷と激情のあいだvol.38〜女性編〜」では、コロナ禍だからこそ、別居婚を経て同居婚になった途端に、離婚を選ばざるを...
並木まき 2021-05-08 05:57 ラブ
同居した途端…夫への愛がないことを悟ってしまった妻の決断
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-05-08 05:56 ラブ
好きじゃない男性と付き合う5つのメリット&ポイントとは
「彼氏がいる」と聞くと、多くの人は「彼のことが好きだから付き合っている」と思うでしょう。しかし、恋愛のはじまり方はさまざ...
恋バナ調査隊 2021-05-07 06:00 ラブ
キスの場所には意味がある♡ パーツ別に隠れた14の男性心理
 恋人同士が愛情を伝えるために交わす、「キス」。実は、キスには場所ごとに意味があるのをご存知でしょうか? 今回は、厳選し...
リタ・トーコ 2021-05-07 06:00 ラブ