誰でも愛され彼女に♡ 甘え上手な女性の特徴&上手な甘え方

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-08-02 06:00
投稿日:2020-08-02 06:00
 甘え上手な女性は同性から見ると、少しマイナスなイメージを持たれがち。しかし、それと同時に異性に上手に甘える彼女たちを見て「羨ましい」と思っている女性も多いでしょう。そこで今回は、甘え上手な女性の特徴&甘え上手になる方法をご紹介します。

彼から愛される! 甘え上手な女性の5つの特徴

甘え上手には理由がある(写真:iStock)
甘え上手には理由がある (写真:iStock)

 彼氏ができれば、誰だって「愛されたい」と思うものです。大人になると上手に甘えられなくなる女性は少なくないですが、実は、彼女から甘えられるのが好きで、愛おしく感じる男性は多いんですよ。まずは、そんな甘え上手な女性の特徴を見てみましょう。

1. 素直に自分の気持ちを伝えられる

 甘え上手な女性は、常に自分の気持ちを素直に伝えることができます。遠回しな言い方ではなく、ストレートに伝えるため、男性に気持ちが伝わりやすいでしょう。

 また、辛い時、苦しい時にも弱みを隠すことがないため、男性にとっては「信頼してくれている」「俺が守らなければ」と思わせることができます。

2. ドキッとさせる絶妙なボディタッチをする

 男性にとって、好きな女性から触れられるというのはドキッとするもの。たとえ、付き合いが長い彼女であっても、さりげないボディタッチは嬉しいと感じるものです。

 甘え上手な女性は、そんなボディタッチが上手。いつでもどこでもするのではなく、場所や状況をわきまえられるからこそ、嫌がられることもありません。

3. 彼に頼ることができる

 恋人同士の関係は、どちらかが上ということはありません。むしろ、対等な関係を望んでいる人が多いでしょう。でも、「弱みを見せたくない」と思うあまり、困った時に恋人に頼れない女性もいます。

 その点、甘え上手な女性は対等な関係を築いていても、困っている時、辛い時には素直に彼に頼ることができます。男性は好きな女性から頼られるのは嬉しいため、そんな彼女を支えようと努力してくれるでしょう。

4. 「ありがとう」を言える

 交際が長くなると、ついつい関係がマンネリ化してしまい、「ありがとう」といった当たり前の言葉も伝えられなくなってしまう女性がたくさんいます。

 しかし、甘え上手な女性は感謝の気持ちを忘れません。どんなに交際期間が長くなった彼であっても、何かしてもらった時には「ありがとう」と伝えることができます。

5. 甘えるタイミングを見極められる

 男性は女性から甘えられるのが嬉しいとはいえ、場所や状況によっては「どうして、こんなシーンで甘えてくるのだろう?」と不快に感じることもあるようです。

 甘え上手な女性は、このタイミングをちゃんと見極めることができます。二人きりの時や彼氏に余裕があるタイミングを狙って甘えるのです。そのため、男性から「うざい」なんて思われることもありません。

愛される彼女になるには? 甘え上手になる5つの方法

感謝する気持ちを忘れない(写真:iStock)
感謝する気持ちを忘れない (写真:iStock)

 自立した大人の女性が、急に甘え上手になるというのはハードルが高く感じるかもしれませんね。でも、「甘え上手」というのは、甘い声で何かを頼むというだけではないんですよ。そこで、甘え上手になる方法についても、見ていきましょう。

1. 常に笑顔を意識する

 彼に甘えたい時には雰囲気作りも大切です。ムスっとした表情で突然甘えられれば、彼は戸惑うことになります。

 自然に雰囲気を作るためには、何よりも笑顔が欠かせません。いつもニコニコと笑顔で接していることで、彼に触れやすくなり、距離も縮めやすくなるでしょう。

2. 彼が良かれと思ってやってくれたことは素直に感謝する

 彼氏への愚痴が多い女性は、彼氏がやってくれたことに対して感謝の気持ちを忘れてしまい、文句を言いがち。しかし、これでは喧嘩が絶えない関係になってしまうでしょう。

 甘え上手な彼女を目指したいのであれば、まずは感謝の気持ちを忘れないこと。たとえ、「思っていたのとちょっと違うなぁ」と思っても、彼があなたのためを思ってやってくれたその気持ちに「ありがとう」を伝えましょう。

3. 彼氏以外の男性には甘えない

 彼氏に愛される甘え上手な女性は、誰彼構わず甘えるわけではありません。彼氏という特別な存在だからこそ、甘えているのです。

 甘え上手をはき違えている女性は、男性であれば誰にでも甘えてしまいます。こうなると単なる「軽い女」として見られてしまい、本命彼女になって欲しいとは思われにくくなるでしょう。

4. 気持ちは素直に伝える

 告白時にはちゃんと自分の気持ちを伝えたはずなのに、交際がスタートすると気持ちを伝えなくなってしまう人が少なくありません。もちろん、気持ちを言葉にしなくてもお互いの気持ちが理解できているのであれば不安になることはありませんが、男性の中には女性からの愛情表現がないことで不安になる人もいます。

 甘え上手になるには、弱みも含めて素直に気持ちを伝えることが大切です。

5. 甘えとわがままを見極める

「甘え上手になりたい」と思っている人の中には、甘えとわがままを間違えてしまっている人もいます。甘えは一見わがままにも見えますが、「可愛い」と思える範囲のもの。

 それに比べ、わがままは彼を振り回し、大きな負担を強いることになります。「甘えたい」と思った時には、それが客観的に「可愛い」と思えるものか考えてみましょう。

甘え上手になって、愛され彼女を目指そう♡

甘え上手は愛され上手♪(写真:iStock)
甘え上手は愛され上手♪ (写真:iStock)

 甘え上手な女性というと、彼氏に甘い声で何かをおねだりしたり、くっついていくようなイメージが強いため、「自分にはできない」と思っている人もいるでしょう。

 しかし、「甘える=べたべたする行為」というだけではありません。「甘えられない」という女性はこの記事を参考に、自分に合った甘え方を見つけて愛され彼女を目指してみてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


元カレから連絡キタ…復縁できる? 元カノにLINEする男性心理
 未練が残る元カレから連絡がくるとドキッとしますよね。「最近調子どう? 元気?」なんてきたら、嬉しさと切なさでいっぱいに...
若林杏樹 2022-07-06 06:00 ラブ
イケメン夫と結婚した妻の本音…“超絶幸せ”と“憂鬱”どっち?
 婚活中の女性に、どんな人と結婚したいかを聞くと、性格や経済面を差し置いて、まず最初に「イケメン」と答える人がいます。ま...
田中絵音 2022-07-06 06:00 ラブ
「ギャップモテ」40代女性でも使えるのか問題!NG行動あるよ
 ギャップのある女性は、年齢に関係なく男性からモテるもの。40代女性で「ギャップモテ」を狙っている人もいるでしょう。そこ...
恋バナ調査隊 2022-07-06 06:00 ラブ
シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ