マッチングアプリで年下男性とマッチングするコツ3つ

内藤みか 作家
更新日:2020-08-06 06:00
投稿日:2020-08-06 06:00
 自宅にこもってばかりで退屈な日々を送っている女性が大勢います。なかには暇つぶしにとマッチングアプリに登録する人も。けれどこうしたアプリを使うとアラサーアラフォーであっても、ついつい20代のイケメンに目が行ってしまいがち。競争率が高い男性にどうアプローチすればマッチングできるでしょうか。

やっぱり年下のイケメンが好き

どうせなら若い男の子とマッチングしたい!(写真:iStock)
どうせなら若い男の子とマッチングしたい! (写真:iStock)

 30代バツイチのS子さんも、コロナ禍で予定されていたイベントがことごとくなくなり、寂しさに耐えかねてマッチングアプリに登録したひとりです。プロフィールをアップロードすると、すぐさま何人もの男性からアプローチがありました。同年代だけでなく50代60代もいましたが、S子さんの好みである年下の男性からは1人もいいねがやってきません。

 若い人はいないのかと登録男性一覧ページを見てみたら、大勢います。福士蒼汰似の爽やかな笑顔の20代イケメンにS子さんは目を奪われました。そして、どうせなら年下のイケメンとマッチングしたい!」という気持ちが萌え上がってきてしまったのです。

どうして私にはいいねをしてくれないの?

年上だから?(写真:iStock)
年上だから? (写真:iStock)

 S子さんはそんな自分に最初はためらいました。「若い子がいいだなんて、私、キャバクラに通うオジサマが言うようなことを言ってて恥ずかしい」と恥ずかしく思い、いったんはいいねをくれた同い年の男性とのやりとりに集中しようとしました。

 けれど、やはり若い男の子とコンタクトをとりたくてうずうずしてしまい、彼らのプロフィールページを訪れるようになったのです。

 こんなに大勢の若いイケメンがいるのに、どうして自分にはいいねをしてくれないのか、それは自分が30代と年上だということが大きな理由だろうということはもちろんわかっていました。

 おそらく彼らは同世代の女性とやりとりをしていて、年上の女性はお呼びではないのだろうと。けれど、翌日、アプリにアクセスしてS子さんはときめきました。

 昨日プロフィールを見た福士蒼汰似から足跡がついていたのです。彼のページを訪問するとS子さんの足跡が残るので、彼はそれを見てアクセスしてくれたのでしょう。

私からいいねするなんて……

いいねを押していれば…(写真:iStock)
いいねを押していれば… (写真:iStock)

 彼が足跡を返してくれたことでS子さんはとあることに気づきました。イケメンは、その外見の良さから大勢の女性が足跡を残すので、その足跡を踏み返すだけで忙しいのです。自分から女性を探しに行かなくても、足跡だけを見ていれば十分なのでしょう。30代のS子さんが足跡を踏んでもちゃんと返してくれるので、年齢で切られているわけではなかったのです。

 けれど男性とマッチングするためには足跡を付けるだけでなく、S子さんが「いいね」をクリックする必要があります。そして男性も「いいね」を押した時点でマッチング成立となり、直接メッセージのやり取りができるようになるのです。S子さんは福士蒼汰似と毎日足跡をつけ合うというジリジリするやりとりを数日続けましたが、彼は一向にいいねをしてくれないのです。

「私からいいねするなんて恥ずかしい。やっぱり男の人のほうからいいねしてもらいたい」そう迷っているうちに、ある日突然、彼のアカウントは消えてしまいました。もしかしたら女性が見つかったので退会したのかもしれません。S子さんは自分が何も行動を起こさなかったことを深く後悔したのでした。

若いイケメンは争奪戦

若い男性にはたくさんの女性が集まる(写真:iStock)
若い男性にはたくさんの女性が集まる (写真:iStock)

 マッチングアプリ初心者のS子さんは今回の失敗からいくつもの学びを得ました。今では「いいと思った男性には速攻でいいねする」「年齢の差は気にしない」「お金目当ての人は即ブロック」することで、年下のイケメンと健全にメッセージ交換できるようになったそうです。年の差は全然気にしないよと言ってくれる優しい男の子とやり取りすれば安心できるし、卑屈になることもありません。

 また、年上の女性に対して「ご飯連れてって!」「お小遣いちょうだい!」などと甘えてくる年下の男性もいますが、ブロックすればそれ以上言い寄られないので、貢ぐ心配もありません。そして何より大切なのは、速攻で行動すること。自分が好みと感じた男性は、他の女性たちも同様に思っているので、素早く動かないと他の人にもっていかれてしまうのです。

 彼と自分だけの駆け引きではなく目に見えないライバルもいるのだと気付いてから、S子さんは積極的にならざるをえなくなったそうです。それでもまだ「こんな年上でいいの?」という思いは完全には消えていないそうですが、コロナが落ち着いたら年下のイケメンとまずはお茶から始めてみるのもいいなと考えてはいるそうです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


離婚って人生の汚点なの…? 失敗をチャンスに変える考え方
 離婚するなんて、夢にも思わなかった。離婚経験者の大半はそう思っているでしょう。幸せになるつもりで結婚したのに失敗してし...
七味さや 2021-03-01 06:00 ラブ
結婚相談所での出会いってどう? 利用者から学べる注意点5つ
「結婚したいけど、出会いがないまま30代……」と、婚活を始めようとしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、...
恋バナ調査隊 2021-03-01 06:00 ラブ
浮気する女性の5つの心理や特徴! 浮気中に見せるサインも
 近年、芸能人の浮気や不倫が話題になっていますが、身近な友人で浮気する女性がいるという人も多いでしょう。実は、浮気をする...
恋バナ調査隊 2021-02-28 06:00 ラブ
独身でいた方が良かった…夫が結婚を後悔する一番の不満とは
 結婚は人生の墓場か、はたまた天国なのか——。多くの著名人や偉人が結婚にまつわる恐ろしい名言を残しています。長い人生を共...
山崎世美子 2021-02-27 06:00 ラブ
復縁を望む元カノの心を悟りつつも…応えられない男性の本音
「冷酷と激情のあいだvol.32〜女性編〜」では、元カレと復縁したいのに、あと一歩のところで関係が進まない女性・Yさんの...
並木まき 2021-02-27 03:05 ラブ
恋人時代みたいに話すのに…元彼と復縁できない女性の苛立ち
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-02-27 03:03 ラブ
口癖がうつる?“彼氏に話し方が似てきた”と感じる瞬間6選
 彼氏との付き合いが長くなると、ふとした瞬間に「なんだか彼氏に似てきたな」と思う瞬間がありませんか? 口癖や話し方など、...
恋バナ調査隊 2021-02-26 06:00 ラブ
浮気、音信不通…恋愛のトラウマによる影響&克服する方法
「恋愛はただただ甘くて楽しいもの」そんなふうに思えるあなたは、とても幸せな人かもしれません。実は、元カレの浮気や突然の自...
リタ・トーコ 2021-02-26 06:00 ラブ
コロナ禍に元カノに連絡してしまう男性の心理を分析してみた
 新型コロナウイルスの影響で、男女の出会いのシーンもかなり制限された状態が続いています。そんななか、元カレから連絡が来た...
内藤みか 2021-02-25 06:00 ラブ
実はモテる♡ ツンデレ女子の恋愛の特徴&男性が惚れる瞬間
 いつもクールで冷たく、たまにしか笑わない“ツンデレ女子”。男性の前でも媚びを売らないので、一見モテなさそうなのですが、...
恋バナ調査隊 2021-02-25 06:00 ラブ
彼の部屋が汚い!片付けられない男と付き合うとキケンな理由
 カレの部屋に行ってみたら、ゴミ屋敷……とまではいかないけど、モノが散乱していてごちゃごちゃ。服を置いたらホコリまみれ。...
若林杏樹 2021-02-24 06:00 ラブ
自然消滅の期間はどれくらい?距離を置かれる原因&回避方法
 別れ話が出ているわけでもないのに、彼氏と連絡が途絶えてしまうと「もしかして自然消滅を狙われているの?」と不安に感じてし...
恋バナ調査隊 2021-02-24 06:00 ラブ
浮気やウソ発覚…彼から送られてきたドン引き“誤爆LINE”9選
 恋人やパートナーとの連絡ツールとして、ほとんどの人がLINEを活用していることでしょう。そんなカップルの中でも、今回は...
恋バナ調査隊 2021-02-23 06:00 ラブ
30代になると恋愛するのが難しくなる理由&楽しむポイント
 10代、20代の頃、たくさんの恋愛を経験をしている人は多いでしょう。「好き!」と思ったら、後先考えず、思いのままに行動...
恋バナ調査隊 2021-02-23 06:00 ラブ
相手に期待しすぎると陥る罠…希望をハッキリ言うべき理由!
 相手が自分の思うように動いてくれない……なんだか不満がたまってモヤモヤする! パートナーに対して、そう感じた経験はある...
七味さや 2021-02-22 06:00 ラブ
同性にも好かれる“ネオぶりっ子”って?男女にモテるコツ♡
 ぶりっ子と言えば、「男性からは好かれるけれど、女性からは嫌われる」というイメージがありますよね。でも、それはひと昔前の...
恋バナ調査隊 2021-02-22 06:00 ラブ