マッチングアプリで年下男性とマッチングするコツ3つ

内藤みか 作家
更新日:2020-08-06 06:00
投稿日:2020-08-06 06:00
 自宅にこもってばかりで退屈な日々を送っている女性が大勢います。なかには暇つぶしにとマッチングアプリに登録する人も。けれどこうしたアプリを使うとアラサーアラフォーであっても、ついつい20代のイケメンに目が行ってしまいがち。競争率が高い男性にどうアプローチすればマッチングできるでしょうか。

やっぱり年下のイケメンが好き

どうせなら若い男の子とマッチングしたい!(写真:iStock)
どうせなら若い男の子とマッチングしたい! (写真:iStock)

 30代バツイチのS子さんも、コロナ禍で予定されていたイベントがことごとくなくなり、寂しさに耐えかねてマッチングアプリに登録したひとりです。プロフィールをアップロードすると、すぐさま何人もの男性からアプローチがありました。同年代だけでなく50代60代もいましたが、S子さんの好みである年下の男性からは1人もいいねがやってきません。

 若い人はいないのかと登録男性一覧ページを見てみたら、大勢います。福士蒼汰似の爽やかな笑顔の20代イケメンにS子さんは目を奪われました。そして、どうせなら年下のイケメンとマッチングしたい!」という気持ちが萌え上がってきてしまったのです。

どうして私にはいいねをしてくれないの?

年上だから?(写真:iStock)
年上だから? (写真:iStock)

 S子さんはそんな自分に最初はためらいました。「若い子がいいだなんて、私、キャバクラに通うオジサマが言うようなことを言ってて恥ずかしい」と恥ずかしく思い、いったんはいいねをくれた同い年の男性とのやりとりに集中しようとしました。

 けれど、やはり若い男の子とコンタクトをとりたくてうずうずしてしまい、彼らのプロフィールページを訪れるようになったのです。

 こんなに大勢の若いイケメンがいるのに、どうして自分にはいいねをしてくれないのか、それは自分が30代と年上だということが大きな理由だろうということはもちろんわかっていました。

 おそらく彼らは同世代の女性とやりとりをしていて、年上の女性はお呼びではないのだろうと。けれど、翌日、アプリにアクセスしてS子さんはときめきました。

 昨日プロフィールを見た福士蒼汰似から足跡がついていたのです。彼のページを訪問するとS子さんの足跡が残るので、彼はそれを見てアクセスしてくれたのでしょう。

私からいいねするなんて……

いいねを押していれば…(写真:iStock)
いいねを押していれば… (写真:iStock)

 彼が足跡を返してくれたことでS子さんはとあることに気づきました。イケメンは、その外見の良さから大勢の女性が足跡を残すので、その足跡を踏み返すだけで忙しいのです。自分から女性を探しに行かなくても、足跡だけを見ていれば十分なのでしょう。30代のS子さんが足跡を踏んでもちゃんと返してくれるので、年齢で切られているわけではなかったのです。

 けれど男性とマッチングするためには足跡を付けるだけでなく、S子さんが「いいね」をクリックする必要があります。そして男性も「いいね」を押した時点でマッチング成立となり、直接メッセージのやり取りができるようになるのです。S子さんは福士蒼汰似と毎日足跡をつけ合うというジリジリするやりとりを数日続けましたが、彼は一向にいいねをしてくれないのです。

「私からいいねするなんて恥ずかしい。やっぱり男の人のほうからいいねしてもらいたい」そう迷っているうちに、ある日突然、彼のアカウントは消えてしまいました。もしかしたら女性が見つかったので退会したのかもしれません。S子さんは自分が何も行動を起こさなかったことを深く後悔したのでした。

若いイケメンは争奪戦

若い男性にはたくさんの女性が集まる(写真:iStock)
若い男性にはたくさんの女性が集まる (写真:iStock)

 マッチングアプリ初心者のS子さんは今回の失敗からいくつもの学びを得ました。今では「いいと思った男性には速攻でいいねする」「年齢の差は気にしない」「お金目当ての人は即ブロック」することで、年下のイケメンと健全にメッセージ交換できるようになったそうです。年の差は全然気にしないよと言ってくれる優しい男の子とやり取りすれば安心できるし、卑屈になることもありません。

 また、年上の女性に対して「ご飯連れてって!」「お小遣いちょうだい!」などと甘えてくる年下の男性もいますが、ブロックすればそれ以上言い寄られないので、貢ぐ心配もありません。そして何より大切なのは、速攻で行動すること。自分が好みと感じた男性は、他の女性たちも同様に思っているので、素早く動かないと他の人にもっていかれてしまうのです。

 彼と自分だけの駆け引きではなく目に見えないライバルもいるのだと気付いてから、S子さんは積極的にならざるをえなくなったそうです。それでもまだ「こんな年上でいいの?」という思いは完全には消えていないそうですが、コロナが落ち着いたら年下のイケメンとまずはお茶から始めてみるのもいいなと考えてはいるそうです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


付き合って3年目の男性心理…結婚してくれない理由&対処法
 付き合って3年目は、男女共に心境に変化が訪れやすい時。結婚を目的として彼と付き合っている女性は、なかなか進展がないこと...
恋バナ調査隊 2021-10-18 06:00 ラブ
男性に飽きられる女性に共通する5つの特徴&卒業する方法
 せっかく彼氏ができたのに、飽きられて振られてしまう女性がいます。そんな女性の多くは、過去にも同じような経験をしているの...
恋バナ調査隊 2021-10-18 06:00 ラブ
付き合ってはいけない!? LINEで垣間見えるダメ男の特徴5つ
 素敵な男性がいる一方、女性を不幸にするダメ男っているんですよね……。なんとなく違和感を感じながらも、結局流されて付き合...
恋バナ調査隊 2021-10-17 06:00 ラブ
別れ話をせず約2年…自然消滅に期待も彼女の執着に驚く男性
「冷酷と激情のあいだvol.60〜女性編〜」では、自分とはコロナ禍を理由に会わないのに、他の人とは出かけている恋人・エツ...
並木まき 2021-10-17 03:46 ラブ
仲間とは遊ぶのに…約2年ほとんど会えない彼氏に苛立つ女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-10-16 06:00 ラブ
結婚後は別人に豹変! 嫁の本性が露見した強気すぎるLINE5選
「結婚前と結婚後で、相手の性格が別人になった」という話は、よく聞きますよね。今回は、そんな事例の中でも、結婚後に本性が見...
恋バナ調査隊 2021-10-16 06:00 ラブ
元カノに嫉妬してつらい…気になる4つの原因&上手な対処法
 自分が彼にとってはじめての彼女でない限り、どんな男性にも存在する「元カノ」。もう関係が終わっているのはわかっているのに...
恋バナ調査隊 2021-10-16 06:00 ラブ
要注意!“地雷男”の5つの見分け方&付き合うデメリット
 一見普通そうに見えるのに、付き合うと問題が勃発しやすい「地雷男」は、誰だって敬遠したいものでしょう。でも、多くの地雷男...
恋バナ調査隊 2021-10-15 06:00 ラブ
男性から突然告白された…彼に隠れた5つの心理&答え方
 男性から告白されるのは嬉しいことではありますが、異性として意識していなかった相手から突然告白されてしまったら戸惑ってし...
恋バナ調査隊 2021-10-15 06:00 ラブ
付き合うべき? プライドの低い男性のメリット&デメリット
 好きになった人がプライドの低い男性だと、なんとなく頼りがいがなさそうと感じて、少し不安を覚えてしまうことってありますよ...
恋バナ調査隊 2021-10-14 06:00 ラブ
彼をキュン死にさせる♡ 恋愛上級者の大胆LINEテク5つ
 モテるとモテないの違いって、実はとても些細なことだったりします。恋愛上級者たちは、その小さな違いをさりげなく言動に織り...
恋バナ調査隊 2021-10-14 06:00 ラブ
彼氏が優しいのは最初だけ…? 残念な理由2つと抜け出す方法
 せっかく付き合えた彼氏。なぜか毎回、最初は楽しいのに数カ月経つとデートや連絡が激減したり、奢ってくれなくなったり、「好...
若林杏樹 2021-10-13 06:00 ラブ
運命の出会いを果たし…夫の元から去った女性の意外な選択
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-10-13 06:00 ラブ
おしゃべりor無口な彼女どっちがいい?男性の本音を紹介
 おしゃべりな彼女と無口な彼女、あなたはどちらですか?「無口だとつまらないと思われるかも……」「おしゃべりな女は嫌われる...
恋バナ調査隊 2021-10-12 06:00 ラブ
ぞぞっ!パートナーが“DV男”かどうかを見抜く質問と禁句の話
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。今回は番外編です。のべ3000人以上の離婚案件の相談に乗ってい...
内埜さくら 2021-10-12 06:00 ラブ
恋愛に見返りを求めてしまう人必見!デメリット&抜け出し方
 好きな人と付き合えただけで幸せを感じていたはずなのに、交際が進むにつれて「もっと愛されたい」と欲張りになる人は少なくあ...
恋バナ調査隊 2021-10-11 06:00 ラブ