本当にあった不思議な話~夢が教えてくれた婚約者の裏切り

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2020-08-10 16:49
投稿日:2020-08-08 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。世の中、勘が鈍く察しの悪い人もいれば直感が鋭く物事の本質をすぐに察してしまう人もいます。
 勘ってなんなん?を簡単に説明しますと、あっ!この人と仲良くなるんだ!とピンとくるなど。過去に松田聖子さんが“ビビビっときた”とおっしゃり電撃結婚され離婚されましたが(笑)、ビビビっときただけで結婚まで進むなんてすごいことです。
 つまり勘とは理由なく当たってしまうもの。今回は夢で彼氏の実態を知ってしまった相談者さんのお話をしましょう。

予知夢が教える未来のこと

夢が未来を予知する?(写真:iStock)
夢が未来を予知する? (写真:iStock)

 夢にはいくつかの種類があるのですが、何かのメッセージが宿っているとスピチュアルの江原啓之さんもおっしゃっていました。

 科学的な根拠がないという理由で受け入れられない風潮もありますが、夢が未来を予知したり現実を知らせてくれたりする事実を否定はできません。

 相談者さんAさん(37)は医療系のお仕事をされているシングルマザー。離婚後、5才の息子さんと暮らしていましたが、1年前からバツイチの彼氏(36才)ができて時々お泊りに来ていたそうです。

 子供のことも考え早いうちに再婚しようかと話し合っていました。彼は食品などを扱うスーパーにお勤めで、医療系のAさんよりも格段にお給料が少なかったそうです。

シングルマザーが再婚に求める一番の条件

子供を可愛がってくれるかどうか(写真:iStock)
子供を可愛がってくれるかどうか (写真:iStock)

 鋭い皆さんはお察しだと思います。

 シンママが再婚に求める条件として、“自分の子供を大切にしてくれるか”が一番のポイントです。このツボを心得ているシンママジゴロ(女にたかって生活するオトコ)も実は増殖中なのです。

 お金がない男性でも子供を必死で可愛がると、シンママたちはぐらつきます。

 時間を気にせず一番信頼できるベビーシッターは彼だ!と断言して生活費をもらわず同居して、車を買ってあげた途端に逃げられた経営者シンママもいました。

 冒頭のA子さんも、医療系で稼ぎはその辺の男性より多い1000万円越え。都心にマンションも購入していました。そこへ転がり込んできた年収350万円前後の男。

 この収入格差でA子さんの母親は猛反対していましたが、息子を真摯に可愛がっている彼。疲れている時に話を聞いてくれてマッサージしてくれる彼。お金は自分が稼げばいいと腹をくくっていたそうです。

山崎のワンポイントアドバイス

 男女の収入格差、とりわけ女性の収入が極端に高い場合は、女性が主導権を完全に握ることになるので男女関係はうまくいかなくなる可能性が高いです。

 オトコは自分より学歴や収入の高い女性に対してコンプレックスを抱き、ひがみます! なので自分に金銭的余裕があってもオトコには施さないようにしてください。

「ありがとう」と言ってくれても心から喜んでいるのは最初だけです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


付き合って3年目の男性心理…結婚してくれない理由&対処法
 付き合って3年目は、男女共に心境に変化が訪れやすい時。結婚を目的として彼と付き合っている女性は、なかなか進展がないこと...
恋バナ調査隊 2021-10-18 06:00 ラブ
男性に飽きられる女性に共通する5つの特徴&卒業する方法
 せっかく彼氏ができたのに、飽きられて振られてしまう女性がいます。そんな女性の多くは、過去にも同じような経験をしているの...
恋バナ調査隊 2021-10-18 06:00 ラブ
付き合ってはいけない!? LINEで垣間見えるダメ男の特徴5つ
 素敵な男性がいる一方、女性を不幸にするダメ男っているんですよね……。なんとなく違和感を感じながらも、結局流されて付き合...
恋バナ調査隊 2021-10-17 06:00 ラブ
別れ話をせず約2年…自然消滅に期待も彼女の執着に驚く男性
「冷酷と激情のあいだvol.60〜女性編〜」では、自分とはコロナ禍を理由に会わないのに、他の人とは出かけている恋人・エツ...
並木まき 2021-10-17 03:46 ラブ
仲間とは遊ぶのに…約2年ほとんど会えない彼氏に苛立つ女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-10-16 06:00 ラブ
結婚後は別人に豹変! 嫁の本性が露見した強気すぎるLINE5選
「結婚前と結婚後で、相手の性格が別人になった」という話は、よく聞きますよね。今回は、そんな事例の中でも、結婚後に本性が見...
恋バナ調査隊 2021-10-16 06:00 ラブ
元カノに嫉妬してつらい…気になる4つの原因&上手な対処法
 自分が彼にとってはじめての彼女でない限り、どんな男性にも存在する「元カノ」。もう関係が終わっているのはわかっているのに...
恋バナ調査隊 2021-10-16 06:00 ラブ
要注意!“地雷男”の5つの見分け方&付き合うデメリット
 一見普通そうに見えるのに、付き合うと問題が勃発しやすい「地雷男」は、誰だって敬遠したいものでしょう。でも、多くの地雷男...
恋バナ調査隊 2021-10-15 06:00 ラブ
男性から突然告白された…彼に隠れた5つの心理&答え方
 男性から告白されるのは嬉しいことではありますが、異性として意識していなかった相手から突然告白されてしまったら戸惑ってし...
恋バナ調査隊 2021-10-15 06:00 ラブ
付き合うべき? プライドの低い男性のメリット&デメリット
 好きになった人がプライドの低い男性だと、なんとなく頼りがいがなさそうと感じて、少し不安を覚えてしまうことってありますよ...
恋バナ調査隊 2021-10-14 06:00 ラブ
彼をキュン死にさせる♡ 恋愛上級者の大胆LINEテク5つ
 モテるとモテないの違いって、実はとても些細なことだったりします。恋愛上級者たちは、その小さな違いをさりげなく言動に織り...
恋バナ調査隊 2021-10-14 06:00 ラブ
彼氏が優しいのは最初だけ…? 残念な理由2つと抜け出す方法
 せっかく付き合えた彼氏。なぜか毎回、最初は楽しいのに数カ月経つとデートや連絡が激減したり、奢ってくれなくなったり、「好...
若林杏樹 2021-10-13 06:00 ラブ
運命の出会いを果たし…夫の元から去った女性の意外な選択
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-10-13 06:00 ラブ
おしゃべりor無口な彼女どっちがいい?男性の本音を紹介
 おしゃべりな彼女と無口な彼女、あなたはどちらですか?「無口だとつまらないと思われるかも……」「おしゃべりな女は嫌われる...
恋バナ調査隊 2021-10-12 06:00 ラブ
ぞぞっ!パートナーが“DV男”かどうかを見抜く質問と禁句の話
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。今回は番外編です。のべ3000人以上の離婚案件の相談に乗ってい...
内埜さくら 2021-10-12 06:00 ラブ
恋愛に見返りを求めてしまう人必見!デメリット&抜け出し方
 好きな人と付き合えただけで幸せを感じていたはずなのに、交際が進むにつれて「もっと愛されたい」と欲張りになる人は少なくあ...
恋バナ調査隊 2021-10-11 06:00 ラブ