“ひと夏の恋”がすぐに終わる理由…長続きさせるポイントは?

リタ・トーコ ライター
更新日:2020-08-16 16:16
投稿日:2020-08-16 06:00
 あなたは、「ひと夏の恋」を経験したことがありますか? 一瞬で燃え上がって儚く散っていく、そんなイメージがあるひと夏の恋ですが、実際のところ夏の恋の寿命は短い傾向にあるよう。今回は、そんなひと夏の恋がすぐに終わる理由や、長続きさせるためのポイントをご紹介します!

「ひと夏の恋」がすぐに終わるのはなぜ?5つの理由

夏の恋は短命?(写真:iStock)
夏の恋は短命? (写真:iStock)

 まずは、ひと夏の恋がすぐに終わってしまう理由から見ていきましょう。

1. その場限りの出会いが多いから

 コロナ禍の今はあまり該当しないかもしれませんが、基本的に夏は海やプール、花火大会などのイベントが目白押し。その分、その場限りの出会いも多くなります。

 現在恋人がいたとしてもその事実を隠して、その場限りの恋を楽しむ方もいるようです。このように「夏だけ」と割り切って付き合う人が多いのも、ひと夏の恋が短命な理由でしょう。

2. 夏は開放的な気持ちになるから

 暑い季節は街の雰囲気がワイワイとしていて、テンションが高めに感じますよね。夏は普段よりも長い休みを取りやすく、誰もが開放的な気持ちになりやすいのです。

 さらに、旅先では「非日常」という環境も手伝って、瞬間的に恋に落ちやすくなります。相手の地元が遠いことがわかっているとリスクや煩わしさも少なくなるため、「今だけだから」とその場の欲求に流されてしまうのです。

3. 判断力が鈍るから

 近年の猛暑も、判断力を鈍らせる原因になっているかもしれません。暑いと肌の露出が増えますし、お酒を飲む人は喉の渇きを潤そうと酒量も増えます。

 これらのことも、ひと夏の恋を助長している原因でしょう。普段ならセーブがかかるのに、誘われたらフラフラとついていきたくなり、気づいたら「やらかしちゃった」ということってあると思います。

4. 遠距離になりがちだから

 ひと夏の恋につきものなのが、「自然消滅」。どんなに一緒に楽しく過ごしたとしても、休みには限りがありますし、それぞれ日々の生活へと帰らなければなりません。お互いの住んでいる場所が遠く、遠距離恋愛を余儀なくされることだってあるでしょう。

 お互いのことを知っていればまだしも、たいして知らない相手との遠距離恋愛はなかなか続きにくいものです。その場では燃え上がって「運命の相手!」なんて感じたとしても、急激に熱が冷めることは“ひと夏の恋あるある”でしょう。

5. イベントを一緒に楽しみたいだけだから

 海やプール、花火大会やお祭りにカップルで参加したいと思う人は多いです。夏にナンパが増えるのも、これが大きな理由。同性の友達同士よりも、異性と一緒に遊びたいと思う気持ちは分からなくもありません。

 このように、付き合う目的が「好きだから」ではなく、「イベントを一緒に楽しみたいから」だと、夏が終わったら相手の必要性を感じなくなる場合があります。これも、ひと夏の恋が短く終わる理由でしょう。

「ひと夏の恋」を長続きさせるための4つのポイント

秋になったら・・・(写真:iStock)
秋になったら・・・ (写真:iStock)

「ひと夏の恋だし!」と割り切れれば良いですが、中には「できるだけこの恋を長続きさせたい」と思う方もいるでしょう。そんな方は、夏の恋愛が始まる前にポイントを知っておくことが肝心です。

1. “夏マジック”に惑わされない

 夏は開放的な気分になりやすいですし、ほかの季節に比べて楽しいイベントやお出かけスポットが多く、必然的に出会いも多くなります。いってみれば、夏限定の“夏マジック”にかかりやすいのです。

 まずは、この事実を頭に刷り込んでおきましょう。異性に惹かれた時、普段通りに相手の良いところや悪いところ、価値観の違いをチェックするなど、客観的な目を持つことが大切。また、イベントデートだけではなく、普通のデートをしてみるなど、さまざまな環境で会ってみるのもおすすめです。

2. 体の関係は気持ちがクールダウンしてから

 活動的になる夏は、恋愛の速度が早いことも特徴。「勢いで体の関係を持ったことがある」という方も少なくないでしょう。しかし、恋愛を長続きさせたいのであれば、気持ちがクールダウンするのを待ってから関係を進めるのがおすすめ。

 女性は体の関係を持った相手を好きになりやすいという特徴がありますが、古来から狩猟本能が備わっている男性はその逆。「射止めたら終わり」という傾向にあります。自分が傷つかないためにも、本気で好きになれそうな相手だと感じたら、恋愛のペースを落としてみましょう。

 それで相手が嫌がるようなそぶりを見せたり、関係が終わるようであれば、体目当てだったと判断することができるかもしれません。

3. 秋など先の楽しみについても話題にする

 夏真っ盛りの時期に涼しい秋のことを考えと、なんとなくセンチメンタルな気持ちになってしまいます。秋の持つ物悲しさは、恋愛の終わりをも想像させてしまうんですよね。

 しかし、相手と関係が続くということは、秋にもその先の冬にも一緒にいるということ。「紅葉を見に行きたいね」「お正月はいつもどう過ごしてるの?」など、先の楽しみについて話題にすることで、相手に「この先も当たり前に一緒にいる」ということを想像してもらいやすくなります。

4. 相手のことをちゃんと知る

 旅行先で出会ったり、ナンパされたりなどの突然の出会いは、相手を知らずままに関係が深まってしまいがちです。でも、長続きカップルになりたいのであれば、相手の仕事や年齢、出身地や趣味などをちゃんと知るのも大事なこと。

 遊び目的の男性は、基本的に自分の話を避ける傾向にあります。「今、遊べれば良い」と思っているため、自分のことを知ってもらう必要も相手のことを知る必要もないのです。

 そのため、男性を見極める判断基準として、相手がプライベートのことを話してくれるか、逆にあなたのことについても質問してくれるかに注目しましょう。

ひと夏の恋をやめるもよし、続けるのもよし♡

ずっと夏ならいいのにね(写真:iStock)
ずっと夏ならいいのにね (写真:iStock)

「ひと夏の恋」をモチーフにした映画やドラマなどもありますが、燃え上がるような恋愛に溺れてみることも時にはアリなのかも。

 でも、人の気持ちは夏のように簡単に終わってくれません。相手はあっさりと去っていったのに、自分だけ忘れられない……となると切ない秋を過ごすハメになるので、注意が必要です。

 出会い方は問題ではありません。大切なのは自分がどうしていきたいか?ということ。ひと夏の恋をやめるもよし、続けるもよし。ひとつの恋愛経験として、楽しんでくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


年上を狙うハイエナに注意!アプリで出会った自己中心浮気男
 近ごろ、マッチングアプリで年下男性を希望する女性が急増しています。  若い男性とのスイートな真剣交際を夢見る女性に忍...
内藤みか 2022-07-07 06:00 ラブ
復縁後の彼氏が冷たいって何なん? “地獄の過ち”二度は嫌!
 別れた元彼と復縁をした経験がある人は少なくありません。別れを後悔し、念願叶ってやっと復縁できたとなれば、当然嬉しいです...
恋バナ調査隊 2022-07-07 06:00 ラブ
元カレから連絡キタ…復縁できる? 元カノにLINEする男性心理
 未練が残る元カレから連絡がくるとドキッとしますよね。「最近調子どう? 元気?」なんてきたら、嬉しさと切なさでいっぱいに...
若林杏樹 2022-07-06 06:00 ラブ
イケメン夫と結婚した妻の本音…“超絶幸せ”と“憂鬱”どっち?
 婚活中の女性に、どんな人と結婚したいかを聞くと、性格や経済面を差し置いて、まず最初に「イケメン」と答える人がいます。ま...
田中絵音 2022-07-06 06:00 ラブ
「ギャップモテ」40代女性でも使えるのか問題!NG行動あるよ
 ギャップのある女性は、年齢に関係なく男性からモテるもの。40代女性で「ギャップモテ」を狙っている人もいるでしょう。そこ...
恋バナ調査隊 2022-07-06 06:00 ラブ
シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ