ウィズコロナでも…“初対面の人にモテる夏”の作り方4STEP

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2020-07-07 06:00
投稿日:2020-07-07 06:00
 コロナ禍の中で迎えた今年の夏は、いわば前代未聞の夏です。恋愛だっていつも通りというわけにはいきません。昨年と同じことをしようとしても、今年は本当にそうはいかない。ウィズコロナの夏でもモテたい、好きな人に好きって言われたい。それなら、いつもと違う形でアピールしていく必要がありそうです。

1:オンライン飲みで「隙」を演出してみる

オンライン飲みでいつもとちがうあなたを(写真:iStock)
オンライン飲みでいつもとちがうあなたを (写真:iStock)

 今年の夏は、アプリや友達の紹介で出会った人も、デートまでこぎ着けるのは難しいかもしれません。しかし、今まで恋愛で上手くいかなかった人は、この状況を逆手に取るべきでしょう。

 コロナ自粛以降、オンラインで飲む機会が増えている人も多いはずです。オンライン、つまり家なので、女子らしさのアピール方法もいつもとは違います。

 会社帰りのデートではきっちりスーツになってしまっていた人も、家飲みならラフな部屋着で参加できます。酔っ払ったらまずい、というハードルも、リアルの飲み会より低いです。

 普段は男性に甘えられない、スキを見せられないという人でも、オンライン飲みならゆるく接することができるはず。リラックスした服装で少し酔っぱらってみたら、いつもとは違うあなたを見てもらうことができるかも。

2:デート時はマスクが汚れないナチュラルメイク

マスクの下はナチュラルメイクを心がけて(写真:iStock)
マスクの下はナチュラルメイクを心がけて (写真:iStock)

 電話やオンライン飲み会で仲良くなったら、実際にデートに行こうという話になるでしょう。でも、ご時世的にはデートの際にもマスクは必須。非常識だと思われないように、絶対につけていきましょう。

 しかし、今年の夏はマスクによるメイクよれにも悩まされるはずです。マスクを取った時、マスクがあまりにメイクで汚れているのも、メイクがよれてしまっているのも、男性にはあまり見せたくないところ。

 ファッション誌やYouTubeでもたくさん情報が出ていますが、そういったものを参考にしながら、よれづらいナチュラルなメイクを心がけましょう。

 メイクキープミストを使ってメイク崩れを防いだり、マスクにつきやすいリップメイクは控えたりする工夫が必要そうです。ファンデーションも密着感の高いリキッドタイプのものを使いましょう。

3:お散歩デートで自分らしさをアピール

密を避けてお散歩デート(写真:iStock)
密を避けてお散歩デート (写真:iStock)

 実際にデートに行くことになっても、繁華街には行きづらかったり、休業しているレジャー施設も多いと思います。それならいっそコンテンツに頼らず、最初から深いところまで時間をたっぷり使って話せるような、お散歩デートに行ってみるのもいいかもしれません。

 初対面のデートでよく行くような映画館や水族館では、自分の話をしたり相手の話を聞くことが難しいことも多いでしょう。それなら、デートのメインを食事とお散歩にして、相手のことをたくさん聞いたり知ったり、あなた自身のことをたくさん知ってもらえるデートにしてみてください。

 お散歩中、缶ビールを片手にほろ酔い散歩をするのもいいかもしれません。距離感が近くなって、手をつないだりもしやすくなりますよ。

4:早めのおうちデートで距離を詰めるのもアリ

おうちデートは楽しいけれど要注意(写真:iStock)
おうちデートは楽しいけれど要注意 (写真:iStock)

 お散歩デートが楽しかったら、相手の出方次第ですが、早めにおうちデートをすることで一気に距離を詰めるのもアリですね。今の状況では、おうちデートそのもののハードルも低くなっています。

 また、自粛期間を経て、家でできる遊びも充実しているはず。ゲームや映画をラフに楽しめば、自然と心の距離も縮まるでしょう。

 しかし、それを逆手にとって、ただ家に上がることを目標にしているクズ男性の数も増えている印象。相手の出方を見ながら、家に呼んでも大丈夫な人か見極めてください。

恋愛的には相手の本質を見極めやすい時期!

オンラインでも距離は縮まる(写真:iStock)
オンラインでも距離は縮まる (写真:iStock)

 コロナ禍でデートスポットの多くが行きづらいという状態で、誰もが慎重にはなっています。だからこそ、真剣な出会いにつながりやすいとも言えるでしょう。

 人の紹介やアプリで出会った人とは、せっかくなのでとことん話し会ったり、お互いの価値観を交換することを積極的にしてみましょう。デートスポットをめぐるよりは、お散歩や食事で話す時間を増やした方が、相手のことを知ったり、自分のことを知ってもらうスピードが早いはずです。

 状況を嘆きすぎず、今できる範囲のことを頑張ってみてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 新型コロナウイルスの影響で、美容整形業界が賑わっています。テレワークの普及などにより、術後のダウンタイムをゆっくりと過...
ミクニシオリ 2020-08-14 06:00 ラブ
FILM
 好きな男性との食事デートとなると、誰だって「失敗したくない」と思うはず。万が一、失態を犯してしまえば、そのまま疎遠にな...
恋バナ調査隊 2020-08-14 06:00 ラブ
FILM
 恋人や旦那と同棲しているという人の中には、「テレワークや外出の自粛で二人の時間が取れて仲良くなった」という人もいれば、...
ミクニシオリ 2020-08-13 06:00 ラブ
FILM
 日本にいながらにして海外在住の外国人男性と知り合えるマッチングアプリがいくつかあります。語学の勉強にもなるかなと思い、...
内藤みか 2020-08-13 06:00 ラブ
FILM
「好きな人と仲良くなっても、いつも“いい人止まり”」そんな悩みはありませんか? 嫌われているわけではないのに、なぜかお付...
孔井嘉乃 2020-08-12 06:00 ラブ
FILM
 いいなと思った男性が「実は既婚者だった」というパターン、よくありますよね。 実際、付き合って1年経ってから気づいたとか...
田中絵音 2020-08-11 06:00 ラブ
FILM
 郊外に念願の一軒家を手に入れた、1組の「パワー夫婦」。会社への通勤には少々不便な地でも、テレワークがメインの今は「少し...
並木まき 2020-08-11 06:00 ラブ
FILM
 20代のころは年上男性が好みでしたが、年齢が上がっていくにつれて、自分より年下の男の子にときめくことが増えました。仕事...
若林杏樹 2020-08-10 06:00 ラブ
FILM
 付き合い方の理想は人によって異なるものですが、多くの場合、「コソコソした恋愛はしたくない」と思っているはず。しかし、カ...
恋バナ調査隊 2020-08-10 06:00 ラブ
FILM
 家庭内で問題が勃発したときに、話し合いで解決を図る夫婦は多いもの。ところが鬼嫁には、話し合いが意味をなさないタイプも散...
並木まき 2020-08-10 06:00 ラブ
FILM
 私は遠距離で長年付き合った遠方在住の彼と婚約し、結婚式まであと2カ月となった頃に以前から憧れていた同じ職場のAさんに告...
神崎メリ 2020-08-09 06:00 ラブ
FILM
 告白をしようと考える時、「フラれたらどうしよう?」と、誰もが不安になるものです。しかし、待ってばかりでは二人の関係は進...
恋バナ調査隊 2020-08-09 06:00 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。世の中、勘が鈍く察しの悪い人もいれば直感が鋭く物事の本質をすぐに察してしまう...
山崎世美子 2020-08-10 16:49 ラブ
FILM
「鬼嫁」と呼ばれる女性には、巧みな話術で、夫を煙に巻くタイプもいるようです。その中には「あなたのためだから」と言いつつも...
並木まき 2020-08-08 06:09 ラブ
FILM
 シリーズでお送りしている、地方別男女の性格や特徴&恋愛傾向!今回は、東海地方に迫っていきます。東海地方は、愛知県、岐阜...
FILM
 突然強い孤独感に襲われる……。今後の人生も、ずっとこのまま独りなのではないかーーそんな漠然とした不安感で眠れない夜を過...
七味さや 2020-08-07 06:00 ラブ