ウィズコロナでも…“初対面の人にモテる夏”の作り方4STEP

ミクニシオリ フリーライター
更新日:2020-07-07 06:00
投稿日:2020-07-07 06:00
 コロナ禍の中で迎えた今年の夏は、いわば前代未聞の夏です。恋愛だっていつも通りというわけにはいきません。昨年と同じことをしようとしても、今年は本当にそうはいかない。ウィズコロナの夏でもモテたい、好きな人に好きって言われたい。それなら、いつもと違う形でアピールしていく必要がありそうです。

1:オンライン飲みで「隙」を演出してみる

オンライン飲みでいつもとちがうあなたを(写真:iStock)
オンライン飲みでいつもとちがうあなたを (写真:iStock)

 今年の夏は、アプリや友達の紹介で出会った人も、デートまでこぎ着けるのは難しいかもしれません。しかし、今まで恋愛で上手くいかなかった人は、この状況を逆手に取るべきでしょう。

 コロナ自粛以降、オンラインで飲む機会が増えている人も多いはずです。オンライン、つまり家なので、女子らしさのアピール方法もいつもとは違います。

 会社帰りのデートではきっちりスーツになってしまっていた人も、家飲みならラフな部屋着で参加できます。酔っ払ったらまずい、というハードルも、リアルの飲み会より低いです。

 普段は男性に甘えられない、スキを見せられないという人でも、オンライン飲みならゆるく接することができるはず。リラックスした服装で少し酔っぱらってみたら、いつもとは違うあなたを見てもらうことができるかも。

2:デート時はマスクが汚れないナチュラルメイク

マスクの下はナチュラルメイクを心がけて(写真:iStock)
マスクの下はナチュラルメイクを心がけて (写真:iStock)

 電話やオンライン飲み会で仲良くなったら、実際にデートに行こうという話になるでしょう。でも、ご時世的にはデートの際にもマスクは必須。非常識だと思われないように、絶対につけていきましょう。

 しかし、今年の夏はマスクによるメイクよれにも悩まされるはずです。マスクを取った時、マスクがあまりにメイクで汚れているのも、メイクがよれてしまっているのも、男性にはあまり見せたくないところ。

 ファッション誌やYouTubeでもたくさん情報が出ていますが、そういったものを参考にしながら、よれづらいナチュラルなメイクを心がけましょう。

 メイクキープミストを使ってメイク崩れを防いだり、マスクにつきやすいリップメイクは控えたりする工夫が必要そうです。ファンデーションも密着感の高いリキッドタイプのものを使いましょう。

3:お散歩デートで自分らしさをアピール

密を避けてお散歩デート(写真:iStock)
密を避けてお散歩デート (写真:iStock)

 実際にデートに行くことになっても、繁華街には行きづらかったり、休業しているレジャー施設も多いと思います。それならいっそコンテンツに頼らず、最初から深いところまで時間をたっぷり使って話せるような、お散歩デートに行ってみるのもいいかもしれません。

 初対面のデートでよく行くような映画館や水族館では、自分の話をしたり相手の話を聞くことが難しいことも多いでしょう。それなら、デートのメインを食事とお散歩にして、相手のことをたくさん聞いたり知ったり、あなた自身のことをたくさん知ってもらえるデートにしてみてください。

 お散歩中、缶ビールを片手にほろ酔い散歩をするのもいいかもしれません。距離感が近くなって、手をつないだりもしやすくなりますよ。

4:早めのおうちデートで距離を詰めるのもアリ

おうちデートは楽しいけれど要注意(写真:iStock)
おうちデートは楽しいけれど要注意 (写真:iStock)

 お散歩デートが楽しかったら、相手の出方次第ですが、早めにおうちデートをすることで一気に距離を詰めるのもアリですね。今の状況では、おうちデートそのもののハードルも低くなっています。

 また、自粛期間を経て、家でできる遊びも充実しているはず。ゲームや映画をラフに楽しめば、自然と心の距離も縮まるでしょう。

 しかし、それを逆手にとって、ただ家に上がることを目標にしているクズ男性の数も増えている印象。相手の出方を見ながら、家に呼んでも大丈夫な人か見極めてください。

恋愛的には相手の本質を見極めやすい時期!

オンラインでも距離は縮まる(写真:iStock)
オンラインでも距離は縮まる (写真:iStock)

 コロナ禍でデートスポットの多くが行きづらいという状態で、誰もが慎重にはなっています。だからこそ、真剣な出会いにつながりやすいとも言えるでしょう。

 人の紹介やアプリで出会った人とは、せっかくなのでとことん話し会ったり、お互いの価値観を交換することを積極的にしてみましょう。デートスポットをめぐるよりは、お散歩や食事で話す時間を増やした方が、相手のことを知ったり、自分のことを知ってもらうスピードが早いはずです。

 状況を嘆きすぎず、今できる範囲のことを頑張ってみてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


不安が尽きない彼…別れるべき?安心をくれる人との違いとは
 パートナーによって人生って変わりますよね。相性の良いパートナーを得て以前よりも幸せそうになった人、パートナーとうまくい...
七味さや 2021-03-08 12:34 ラブ
誠実な男性の5つの見分け方♡ 選ばれる女性になる準備とは?
 多くの女性が、理想の男性に求める条件として挙げるのが「誠実さ」でしょう。だって、誠実に向き合ってくれる男性となら、「幸...
恋バナ調査隊 2021-03-08 06:00 ラブ
あざとい女性がモテるのはなぜ?理由&真似したい5つの特徴
 “あざとい女性”というと、「計算高そう」というイメージが強いですよね。少し前まで、そんなあざとい女性は、同性からだけで...
恋バナ調査隊 2021-03-07 06:00 ラブ
男が依存してしまう…離れられなくなる女性の“絶対法則”4選
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。世界人口74億人。パートナーとの出会いはすごいご縁です。できれば仲良くやって...
山崎世美子 2021-03-06 06:00 ラブ
夫婦に言葉は必要?妻のダメ出しが理解できずレスに苦しむ夫
「冷酷と激情のあいだvol.33〜女性編〜」では、心のこもっていない言葉を交わす夫にうんざりしている妻・Fさんの疲弊をご...
並木まき 2021-03-06 05:04 ラブ
ロボットといるみたい…薄っぺらい夫の言葉に疲弊する女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-03-06 05:06 ラブ
他人を不快にする“非モテ行為5選”!自分の格まで下げないで
 緊急事態宣言の解除の日が待ち遠しい昨今。桜の開花とともに、かつてのようなリアル対面での交流が増えてくるかもしれません。...
蒼井凜花 2021-03-05 06:00 ラブ
よい出会いのために…超スローマッチンング時代にできること
 2度目の緊急事態宣で出会いや恋愛の機会を奪われた人が大勢います。長引くコロナ禍により、男女のマッチングにかなりのスロー...
内藤みか 2021-03-04 06:00 ラブ
付き合う前に見極めて! 嘘つき男性の特徴&見破るポイント
 どんなにタイプの男性でも、嘘つきと分かれば気持ちは冷めてしまうもの。付き合ってから、信用できない相手だと知るのは辛いで...
恋バナ調査隊 2021-03-04 06:00 ラブ
そんなに頑張らなくてもOK!男性の気を引く簡単な方法って?
 皆さんは「カレを落としたい!」と思った時、どんな行動を取りますか? 美容にお金をかけたり、ボディラインがきれいに見える...
若林杏樹 2021-03-03 06:00 ラブ
成婚数No.1仲人姉さんが告白!大人婚できる人は質問でわかる
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする、「40代50代の大人婚」連載の番外編。インタビュアー・内埜(うちの)...
内埜さくら 2021-03-03 06:00 ラブ
思わずゾワ〜ッ…勘違い男性からの“背筋が寒くなるLINE”6選
 LINEに届く内容の中でも、特に困るのが男性からのちょっと痛いLINEです。相手を傷つけたり、面倒なことになったりしな...
結婚相手の選び方♡重視するポイント&男性が求めている条件
結婚は、女性にとって人生を大きく変える最大のイベントです。そのため、結婚願望はあっても「本当にこの人でいいのか……」と、...
恋バナ調査隊 2021-03-02 06:21 ラブ
離婚って人生の汚点なの…? 失敗をチャンスに変える考え方
 離婚するなんて、夢にも思わなかった。離婚経験者の大半はそう思っているでしょう。幸せになるつもりで結婚したのに失敗してし...
七味さや 2021-03-01 06:00 ラブ
結婚相談所での出会いってどう? 利用者から学べる注意点5つ
「結婚したいけど、出会いがないまま30代……」と、婚活を始めようとしている方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、...
恋バナ調査隊 2021-03-01 06:00 ラブ
浮気する女性の5つの心理や特徴! 浮気中に見せるサインも
 近年、芸能人の浮気や不倫が話題になっていますが、身近な友人で浮気する女性がいるという人も多いでしょう。実は、浮気をする...
恋バナ調査隊 2021-02-28 06:00 ラブ