ナンバーディスプレイを辿るもわからない“怪しい女性”の正体

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-08-11 06:00
投稿日:2020-08-11 06:00
 郊外に念願の一軒家を手に入れた、1組の「パワー夫婦」。会社への通勤には少々不便な地でも、テレワークがメインの今は「少し無理をしてでも、家を買っておいて本当に良かった」と感じているそうだ。
 マンションよりも広々とした玄関、近隣住民との適度な距離感。そしてなにより「ここは私たちのお城」という独特の満足感。
 そんな夢にまで見たはずの“城”では、ときに、人生につきものの奇妙な事件も起こりうるーー。これは実在する物件を舞台にした、とある男女のストーリー。

義母からの期待外れな返答

期待外れな返答にがっかり……(写真:iStock)
期待外れな返答にがっかり…… (写真:iStock)

「ええーっと。ナンバーディスプレイって……、どこに出るんだったかしらね?」

 どこの誰だか名乗らない謎の女性から、咲子の夫である陽介の実家にかかってきた不審な電話。「ナンバーディスプレイを辿れば、なにかのヒントがあるかもしれない」と、咲子は義母に着信履歴の確認方法を説明した。

 ところが、機械音痴な義母から返ってきたのは、期待外れな返答だった。

「咲子さんが今言ったボタンを押したけど……。なんにも出てこないわよ!? もう一度やるわよ……? えーっと、やっぱり画面にはなんにも出ないけど……」

 何が原因かは咲子にもわからないが、どうやら義母の家の電話にはナンバーディスプレイが表示されないらしい。義母の使っている固定電話の機種を電話口で聞き、急いでインターネットで取扱説明書をダウンロードしたから、操作方法は間違いないはずなのに。

「そうですか……。お義母さん、この件はもう気にしないようにしましょう。でも、また次に何がおかしなことがあれば、陽介さんではなく私に連絡してください。そろそろ夕食の準備があるので、ひとまず切りますね……。毎日暑いので、お義母さんも暑さ対策は忘れないでくださいね。では、また……」

もうすぐ夫が帰宅するけど…

そろそろ夕食の準備をしないと…(写真:iStock)
そろそろ夕食の準備をしないと… (写真:iStock)

 ナンバーディスプレイに履歴が残っていれば、見知らぬ番号に電話をかけて直談判ができると考えた咲子だったが、一瞬にしてその計画は無理だと悟らされた。

 義母との電話を切ったあと、いまだリビングの床に落ちたままの白い封筒に目をやりながら、今後の対応をしばし考える。いつもなら夕食の準備にとりかからないといけない時間になっているのだが、封筒や電話のことが気になり、なかなかそんな気分になれずにいた。

「今日は、冷凍食品メインでいっか。どうせ陽介も晩酌するから、あんまり食べないだろうし」

 重い腰をあげながら、キッチンへと向かう咲子。リビングから続いているキッチンスペースは開放感のある作りが自慢で、ここにも咲子のこだわりが詰まっている。

 緑が豊かな地に建てたこの家は、なるべく自然な色だけを使い、キッチンにも木の風合いを取り入れた。いつもなら、そんなお気に入りのキッチンに立つだけで気分が良くなるのだが、今日はやっぱりそういうわけにはいかない。

(あーあ、テンション下がるわぁ〜。そろそろ陽介が帰ってきそうだけど、封筒の件はどうしよう……。今日、本人に話すより、しばらくは様子見して観察したほうがいいのかしら……)

 平穏だった生活の中、まさか夫の浮気疑惑が浮上するなんて夢にも思っていなかった咲子は、こういうときにどうするべきか、なかなか決められずにいた。

ラブ 新着一覧


元カレから連絡キタ…復縁できる? 元カノにLINEする男性心理
 未練が残る元カレから連絡がくるとドキッとしますよね。「最近調子どう? 元気?」なんてきたら、嬉しさと切なさでいっぱいに...
若林杏樹 2022-07-06 06:00 ラブ
イケメン夫と結婚した妻の本音…“超絶幸せ”と“憂鬱”どっち?
 婚活中の女性に、どんな人と結婚したいかを聞くと、性格や経済面を差し置いて、まず最初に「イケメン」と答える人がいます。ま...
田中絵音 2022-07-06 06:00 ラブ
「ギャップモテ」40代女性でも使えるのか問題!NG行動あるよ
 ギャップのある女性は、年齢に関係なく男性からモテるもの。40代女性で「ギャップモテ」を狙っている人もいるでしょう。そこ...
恋バナ調査隊 2022-07-06 06:00 ラブ
シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ