王道モテ理論が“無駄モテ”の原因? 本命男性にモテる方法♡

リタ・トーコ ライター
更新日:2020-08-18 06:00
投稿日:2020-08-18 06:00
「異性にモテる」のは、やっぱり嬉しいこと。誰かに好意を持ってもらえること自体が奇跡のようなことですし、当然、悪い気はしませんよね。でも、本命男性には好きになってもらえないのに、いつも興味のない男性からモテてしまうのも考えもの。でも実は、このような“無駄モテ”は、あなたの行動が引き寄せているのかもしれませんよ?

これってどうなの? 鵜呑みにしがちな王道モテ理論

そのモテ理論が引き寄せる相手は?(写真:iStock)
そのモテ理論が引き寄せる相手は? (写真:iStock)

 世の中には、王道のモテ理論があります。たとえば……

・LINEの返信は焦らしたほうが良い
・ナチュラルメイク・うるツヤリップ・ワンピースが鉄板モテファッション
・ボディタッチを適度に仕掛ける
・3回目のデートまでは体を許してはダメ
・お会計時には奢ってもらえるにせよ、財布をとりあえず出す
・さしすせそ言動「さすが、しらなかった、すごい、センスいい、そうなの?」を使う

 ……など。雑誌の恋愛企画や、ウェブなどで「モテる方法」と検索すれば、おそらく、このような「モテ仕草」、「モテ言動」など、王道のモテ理論がたくさん出てくるでしょう。

 気になる相手ができて「モテたい」「好きになってほしい」、そう強く思うからこそ、これらの恋愛論を鵜呑みにして実践している方は多いはずです。

王道モテ方法を実践するとどうなる? 4つの注意点

いいことばかりとは限らない(写真:iStock)
いいことばかりとは限らない (写真:iStock)

 上記でご紹介したような王道モテ方法を実践して、運命の人に巡り合える可能性はもちろんあります。しかし、場合によっては、思わぬ結果につながることもあるため、注意が必要でしょう。

“誰にでも好かれるモテ女性”になれる

 王道モテ方法がこれだけ知れ渡っているのは、「こんな女性がいい」という男性の意見であったり、「このモテ方法で彼氏ができた」という女性の体験があるからでしょう。

 つまりは、多くの一般男性から「この子は平均点以上」だと思ってもらえるのが王道モテ方法だということ。“誰にでも好かれるモテ女性”になれる確率は、当然上がります。

自分の個性やタイミングが潰されてしまう

 モテるために有効な王道モテ方法ですが、自分が持っている個性が潰れてしまうリスクがあるということも、頭においたほうが良いでしょう。

「本当は今すぐ返信したいけど、モテるには焦らした方が良いんだよね……?」「本当は関係を進めたいけど、3回目のデートまでは……」と駆け引きした時点で、自分らしいタイミングが潰されてしまいます。王道モテ方法を信じるあまり、「もしかしたら、『今すぐ』行動した方が、彼の心を掴めるかもしれない」という可能性を考えなくなってしまうのです。

本命男性にモテるかはわからない

 王道モテ方法を実践したら好きな人と必ずうまくいくのであれば良いですが、残念ながら必ずしも本命男性にモテるかはわかりません。

 モテる男性ほど、女性を選ぶ目が肥えている傾向にあります。女性の仕掛ける駆け引きに気付く男性も多く、「女性はみんな同じ」なんて思っている人もいるのだとか。要は、男性の想定内の女性になってしまうと、「面白い」「興味深い」と思ってもらいにくくなってしまうと言えるでしょう。

恋愛経験だけが増えていく

 王道モテ方法を得た女性は、不特定多数の男性から“無駄モテ”します。アプローチを受けて「これから好きになれるかもしれない」と、なんとなく付き合ってしまい、恋愛経験だけが増えていく方も多いです。

 しかし、このように始まった恋愛は、気持ちが盛り上がることもなく終わってしまう場合もあります。そして、この間に、本当に好きな人との出会いやチャンスを逃してしまうケースもあるでしょう。

本当のモテを引き寄せるためには? 4つの方法

「恋愛は自分から始める」と決める(写真:iStock)
「恋愛は自分から始める」と決める (写真:iStock)

 では、本当のモテを引き寄せるためには、どんなアプローチをすれば良いでしょうか?

1. 無駄に期待させない

 世で言う王道モテ方法は、平均的な男性に刺さるようにできていると思って良いでしょう。モテ方法に引っかかってくれる男性はたくさんいますし、脈ありサインを出してくる男性の気持ちに多くの女性は気付けるはずです。

 しかし、「これからの進展の可能性が全くない!」ということであれば、相手のためにも無駄に期待させないことが大切。相手からの告白やアプローチのチャンスは、女性自身が潰すことができるはずです。

2. 王道モテ方法と自分らしさを組み合わせる

 王道モテ方法の中でも自分が納得できるアプローチであれば、試してみるのはもちろんあり。その上で、自分らしさを出していくことを意識しましょう。

 たとえば、ファッションなど。「クールビューティー」なんて呼ばれている方が、王道モテ方法で言うところの“ゆるふわな雰囲気”を纏うと、どうしても浮いてしまいます。

 それよりも、自分に合った服を着ていた方が楽しいですし、堂々としていられるはずです。その自信が魅力につながり、モテへとつながるでしょう。

3. 恋愛は自分から始めると決める

 無駄モテする女性は、男性からのアプローチでお付き合いを始める受け身の恋愛が多いです。男性に言い寄られたら嫌な気はしませんし、「今、彼氏もいないし、嫌いじゃないし、これから好きになるかもしれない」という心を持ってしまうでしょうから。

 しかしこれは、知らない間に妥協をしてしまっているのと同じこと。ちょっとしたことで「やっぱり違った」と、簡単に別れてしまいやすくなります。

 これを避けるには、「恋愛は自分から始める」と決めること。きちんと恋に落ちて、「手に入れたい」と、自分からアプローチをしたくなるような相手を見つけてみると良いかもしれません。

4. 相手の性格に合わせたアプローチをする

 世の中には、王道モテ方法が通用しない男性もいます。それもそのはず、人の好みはそれぞれですから。大切なのは、それを見極めることに尽きます。

 相手の性格に合わせたアプローチをすることで、恋愛に発展しやすくなるのは当たり前。そのためには、リサーチをして相手好みに染まってみるのもありかもしれません。ただ、わざわざ相手に合わせずとも、価値観がぴたりと合う男性もどこかにいるかも? そんなチャンスがあったなら、逃さないように常に恋愛を始められる体制を整えておくことも大切です。

量より質! 無駄モテは数に入らない! 本命男性にモテてみて♡

不特定多数からモテるよりも…(写真:iStock)
不特定多数からモテるよりも… (写真:iStock)

 無駄モテをすると、少なからず「モテている気分」になってしまいますが、本命男性にモテなければ、やっぱり意味がありません。そして、せっかくの恋心を「無駄」なんて思われる男性に対して失礼なため、思わせぶりはやめておきましょう。

 無駄モテは、恋愛の数には入りません! 本当のモテ女性は、きっと無駄を省いて本命男性に一直線に向かうでしょう。王道モテ方法はほどほどに、自己流の王道モテ方法を研究して、本命男性にモテる女性を目指してくださいね♡

リタ・トーコ
記事一覧
ライター
引きこもり既婚ライター。夫とのゆるい幸せを楽しみつつ、つい浮つく。類は友を呼ぶのか、周りに似た友人が多い。人生1回きり。興味に負け続ける女。好きな言葉は「自己責任」。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


お金に執着する女が結婚できない理由3つ 大切なことを見失った悲しい末路
 婚活中は、改めて自分がどんな男性に惹かれるのかを見つめ直す機会になりますよね。性格や趣味、価値観や見た目にこだわる人も...
恋バナ調査隊 2024-02-27 06:00 ラブ
だから「媚びる女」は嫌い! 男性の本音と“媚び認定”する女の言動とは
 恋愛で「媚びる」を武器にしている女性はいませんか? でもその武器は、嫌われるきっかけになる恐れもあるため注意が必要です...
恋バナ調査隊 2024-02-27 06:00 ラブ
更生して一途に?それとも性病に苦しむ?遊びだった人の明暗を分ける瞬間
 遊び人の男性にもてあそばれ、つらい思いをした女性もいるでしょう。しかし、遊び人でも年齢や経験を重ねて更生する場合がある...
恋バナ調査隊 2024-02-26 06:00 ラブ
30代40代「婚活の後悔」4選 あのときどうして気づかなかったんだろう
 婚活に励んでいる女性は必見! 「あのときこうしておけば…」と、自身の婚活に後悔がある女性たちの話を集めてみました。 ...
恋バナ調査隊 2024-02-26 06:00 ラブ
甘い新婚生活なんて誰が言った?ラブラブ一転イライラ爆発エピソード5選
「新婚」と聞くと、誰もがラブラブな生活を想像するでしょう。 でも、共同生活を始めて間もない新婚は、イライラする機会も多い...
恋バナ調査隊 2024-02-25 06:00 ラブ
男「冗談はよしこちゃん」女「は?」年の差カップルはすれ違い日常茶飯事
 近年、10歳以上の年の差カップルが増えていますよね。年の差があると、相手を尊敬できたり、落ち着いて安定した恋愛ができた...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
肉体より精神的なつながりに“利”があるよね? 51歳経営者が女を選ぶ条件
「冷酷と激情のあいだvol.183〜女性編〜」では、夜の営みをしないことを条件にプロポーズをしてきた恋人・ジュンジさん(...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
性交渉一生ナシ?裕福な経営者から提示された結婚の条件に戸惑う47歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-02-24 06:00 ラブ
女に困らないチャラ男に聞いた! 本命に選ぶ女性の特徴3つ
 好きになった男性がチャラ男だったら「真面目に恋愛する気はないよね…」と落ち込むかもしれません。  でも、チャラ男だっ...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
女性から家デートに誘うのはアリなの? 超自然な誘い方と男性の本音
 なかなか家に呼んでくれない彼。もっと仲を深めたいけど「女性から家デートに誘うのはナシかも…」と悩んでいる人は多いはず。...
恋バナ調査隊 2024-02-24 06:00 ラブ
年の差婚は“1億円プレーヤー”の特権に…婚活のプロが見た同世代婚の現場
 年の離れた若い女性と結婚したい――。結婚相談所には今も夢見る中年男性が訪れるそうだが、時代は変わったようだ。  ...
モテる女が選ぶ男はセンスなし? 美人が陥りがちな恋愛の失敗傾向3つ
 あなたは、男性にモテますか? 答えがイエスなら、恋愛で選ぶ男に注意したほうがいいかもしれません。  なぜなら、美人で...
恋バナ調査隊 2024-02-23 06:00 ラブ
年下男性と恋愛したい! 知っていると憧れられる3つのテク
「年下男性と恋愛したい」と主張する女性がかなり増えています。けれど、思い切ってアプローチしてみても、なかなか盛り上がらな...
内藤みか 2024-02-22 06:00 ラブ
“お金持ちのド本命”になる方法 爆美女じゃなくても大丈夫!
 将来結婚するならお金持ちの人が断然いいですよね。  しかし、「自分は特別な美貌もないし、稼いでいるわけでもない。...
若林杏樹 2024-02-21 06:00 ラブ
【風邪ひき夫のイライラエピ6選】かまちょで子より手間かかるんですけど
 既婚女性の皆さん。夫から「風邪をひいた」と言われたらどんな反応をするでしょうか? 心から純粋に心配するのは、ラブラブな...
恋バナ調査隊 2024-02-21 06:00 ラブ
1分で得するフェロモンジャッジ!自律神経を整え、ストレスを手放す香り
 寒さが残る早春は男女ともにフェロモン度が下がり、生殖器にとっては大ピンチのシーズン。カップルや夫婦もマンネリ化しやすく...
太田奈月 2024-02-20 06:00 ラブ