王道モテ理論が“無駄モテ”の原因? 本命男性にモテる方法♡

リタ・トーコ ライター
更新日:2020-08-18 06:00
投稿日:2020-08-18 06:00
「異性にモテる」のは、やっぱり嬉しいこと。誰かに好意を持ってもらえること自体が奇跡のようなことですし、当然、悪い気はしませんよね。でも、本命男性には好きになってもらえないのに、いつも興味のない男性からモテてしまうのも考えもの。でも実は、このような“無駄モテ”は、あなたの行動が引き寄せているのかもしれませんよ?

これってどうなの? 鵜呑みにしがちな王道モテ理論

そのモテ理論が引き寄せる相手は?(写真:iStock)
そのモテ理論が引き寄せる相手は? (写真:iStock)

 世の中には、王道のモテ理論があります。たとえば……

・LINEの返信は焦らしたほうが良い
・ナチュラルメイク・うるツヤリップ・ワンピースが鉄板モテファッション
・ボディタッチを適度に仕掛ける
・3回目のデートまでは体を許してはダメ
・お会計時には奢ってもらえるにせよ、財布をとりあえず出す
・さしすせそ言動「さすが、しらなかった、すごい、センスいい、そうなの?」を使う

 ……など。雑誌の恋愛企画や、ウェブなどで「モテる方法」と検索すれば、おそらく、このような「モテ仕草」、「モテ言動」など、王道のモテ理論がたくさん出てくるでしょう。

 気になる相手ができて「モテたい」「好きになってほしい」、そう強く思うからこそ、これらの恋愛論を鵜呑みにして実践している方は多いはずです。

王道モテ方法を実践するとどうなる? 4つの注意点

いいことばかりとは限らない(写真:iStock)
いいことばかりとは限らない (写真:iStock)

 上記でご紹介したような王道モテ方法を実践して、運命の人に巡り合える可能性はもちろんあります。しかし、場合によっては、思わぬ結果につながることもあるため、注意が必要でしょう。

“誰にでも好かれるモテ女性”になれる

 王道モテ方法がこれだけ知れ渡っているのは、「こんな女性がいい」という男性の意見であったり、「このモテ方法で彼氏ができた」という女性の体験があるからでしょう。

 つまりは、多くの一般男性から「この子は平均点以上」だと思ってもらえるのが王道モテ方法だということ。“誰にでも好かれるモテ女性”になれる確率は、当然上がります。

自分の個性やタイミングが潰されてしまう

 モテるために有効な王道モテ方法ですが、自分が持っている個性が潰れてしまうリスクがあるということも、頭においたほうが良いでしょう。

「本当は今すぐ返信したいけど、モテるには焦らした方が良いんだよね……?」「本当は関係を進めたいけど、3回目のデートまでは……」と駆け引きした時点で、自分らしいタイミングが潰されてしまいます。王道モテ方法を信じるあまり、「もしかしたら、『今すぐ』行動した方が、彼の心を掴めるかもしれない」という可能性を考えなくなってしまうのです。

本命男性にモテるかはわからない

 王道モテ方法を実践したら好きな人と必ずうまくいくのであれば良いですが、残念ながら必ずしも本命男性にモテるかはわかりません。

 モテる男性ほど、女性を選ぶ目が肥えている傾向にあります。女性の仕掛ける駆け引きに気付く男性も多く、「女性はみんな同じ」なんて思っている人もいるのだとか。要は、男性の想定内の女性になってしまうと、「面白い」「興味深い」と思ってもらいにくくなってしまうと言えるでしょう。

恋愛経験だけが増えていく

 王道モテ方法を得た女性は、不特定多数の男性から“無駄モテ”します。アプローチを受けて「これから好きになれるかもしれない」と、なんとなく付き合ってしまい、恋愛経験だけが増えていく方も多いです。

 しかし、このように始まった恋愛は、気持ちが盛り上がることもなく終わってしまう場合もあります。そして、この間に、本当に好きな人との出会いやチャンスを逃してしまうケースもあるでしょう。

本当のモテを引き寄せるためには? 4つの方法

「恋愛は自分から始める」と決める(写真:iStock)
「恋愛は自分から始める」と決める (写真:iStock)

 では、本当のモテを引き寄せるためには、どんなアプローチをすれば良いでしょうか?

1. 無駄に期待させない

 世で言う王道モテ方法は、平均的な男性に刺さるようにできていると思って良いでしょう。モテ方法に引っかかってくれる男性はたくさんいますし、脈ありサインを出してくる男性の気持ちに多くの女性は気付けるはずです。

 しかし、「これからの進展の可能性が全くない!」ということであれば、相手のためにも無駄に期待させないことが大切。相手からの告白やアプローチのチャンスは、女性自身が潰すことができるはずです。

2. 王道モテ方法と自分らしさを組み合わせる

 王道モテ方法の中でも自分が納得できるアプローチであれば、試してみるのはもちろんあり。その上で、自分らしさを出していくことを意識しましょう。

 たとえば、ファッションなど。「クールビューティー」なんて呼ばれている方が、王道モテ方法で言うところの“ゆるふわな雰囲気”を纏うと、どうしても浮いてしまいます。

 それよりも、自分に合った服を着ていた方が楽しいですし、堂々としていられるはずです。その自信が魅力につながり、モテへとつながるでしょう。

3. 恋愛は自分から始めると決める

 無駄モテする女性は、男性からのアプローチでお付き合いを始める受け身の恋愛が多いです。男性に言い寄られたら嫌な気はしませんし、「今、彼氏もいないし、嫌いじゃないし、これから好きになるかもしれない」という心を持ってしまうでしょうから。

 しかしこれは、知らない間に妥協をしてしまっているのと同じこと。ちょっとしたことで「やっぱり違った」と、簡単に別れてしまいやすくなります。

 これを避けるには、「恋愛は自分から始める」と決めること。きちんと恋に落ちて、「手に入れたい」と、自分からアプローチをしたくなるような相手を見つけてみると良いかもしれません。

4. 相手の性格に合わせたアプローチをする

 世の中には、王道モテ方法が通用しない男性もいます。それもそのはず、人の好みはそれぞれですから。大切なのは、それを見極めることに尽きます。

 相手の性格に合わせたアプローチをすることで、恋愛に発展しやすくなるのは当たり前。そのためには、リサーチをして相手好みに染まってみるのもありかもしれません。ただ、わざわざ相手に合わせずとも、価値観がぴたりと合う男性もどこかにいるかも? そんなチャンスがあったなら、逃さないように常に恋愛を始められる体制を整えておくことも大切です。

量より質! 無駄モテは数に入らない! 本命男性にモテてみて♡

不特定多数からモテるよりも…(写真:iStock)
不特定多数からモテるよりも… (写真:iStock)

 無駄モテをすると、少なからず「モテている気分」になってしまいますが、本命男性にモテなければ、やっぱり意味がありません。そして、せっかくの恋心を「無駄」なんて思われる男性に対して失礼なため、思わせぶりはやめておきましょう。

 無駄モテは、恋愛の数には入りません! 本当のモテ女性は、きっと無駄を省いて本命男性に一直線に向かうでしょう。王道モテ方法はほどほどに、自己流の王道モテ方法を研究して、本命男性にモテる女性を目指してくださいね♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


実践!結婚後ずーっと“愛され妻”でいるための「3つの心得」
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。結婚したらずっと仲良くしたいし、ずっと愛されたいと誰しもが願います。年を重ね...
山崎世美子 2022-05-21 06:00 ラブ
「肉体関係なしのパパ活ですよ?」開き直って妻を見下す夫
「冷酷と激情のあいだvol.91〜女性編〜」では、夫であるヒロノブさんのパパ活に悩む妻・仁美さん(仮名・42歳)の覚悟を...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
パパ活発覚から半年…やめたフリする夫に42歳妻は“制裁”計画
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
「犬好き? 猫好き?」恋愛モードに突入!気になる彼に聞け
 あなたは犬好きですか? それとも猫好きですか? 実は、この「犬派or猫派」によって恋愛傾向が変わってくるそう。というこ...
恋バナ調査隊 2022-05-21 06:00 ラブ
社内不倫は態度でバレる! 知っておきたい5つの特徴とリスク
「不倫はいけないこと」だと知っていても、密かに既婚者と関係を持っている人は少なくありません。中には、危険度の高い社内不倫...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
狙った同窓会 憧れのK君が“地味子”の私に声をかけてきた!#1
 不倫に至る経緯の一つに「同窓会」が挙げられる。単なるクラスメイトだった相手が「再会」をきっかけに男女の関係になるーー。...
蒼井凜花 2022-05-20 06:00 ラブ
冷めたんじゃない? 彼氏が付き合って変わったと思ったら…
「付き合ってすぐの頃はあんなに愛情表現をしてくれたのに……」「連絡が少なくなった……」など、付き合って態度が変わった彼氏...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
【40代の恋愛】年下男にモテる女・モテない女の決定的な違い
 40代になり、年下に恋愛対象を変える女性がいます。しかし、同じ40代女性であっても、年下男性から好かれる40代と、敬遠...
内藤みか 2022-05-19 06:00 ラブ
「バツイチ同士」恋愛成就の方程式 メリット&デメリットは?
 離婚した後に好きになった人がバツイチだった場合、「バツイチ同士の恋愛は、やめたほうがいいのかな……」と、悩んでしまうこ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
「結婚して」が一転…“浮気バレ”で涙を流した男女の地獄エピ
 愛する恋人がいたとしても、不意に魔がさして浮気をしてしまう男女がいます。悲惨なのは、それがバレた時……。今回は、アラサ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
“長年不倫愛”継続中の40代女性に衝撃の予言! 人生初「電話占い」で“第2の男”の存在が…
 不倫などの誰にも言えない悩みを胸に秘め、苦しい思いをした経験、ありませんか? 誰かに相談したい、話を聞いてもらいたい、...
内藤みか [PR] 2022-05-18 12:30 ラブ
「男性との会話が続かない」悩むのやめ!最強カンタン雑談術
 女友達なら平気なのに、男性としゃべるのが苦手だったり、うまく自分が出せなくて会話が盛り上がらない……。もしくは、盛り上...
若林杏樹 2022-05-18 06:00 ラブ
不倫常習は連休明けこそ元気!カーナビとスマホに危険サイン
「連休明けに不倫の危険が高くなる」と耳にした経験がある方も多いでしょう。実は不倫関係にある2人にとって、連休明けは密会の...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
「カネでトキメキ買うしか」不倫相手と別れを決めた誤爆LINE
 道ならぬ恋と知っているからこそ、盛り上がってしまう“不倫”。恋は盲目とはよく言ったものですね。恋は盲目とはよく言ったも...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
結婚しないカップルの特徴 幸せの価値観は人それぞれだもの
 彼氏がいて、ある程度の年齢になると多くの人は結婚を意識するでしょう。でも、必ずしも結婚しなければいけないというわけでは...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ