モテ期到来…?急にモテる時の前兆&モテ女性の特徴や注意点

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-08-06 06:00
投稿日:2020-08-06 06:00
「なんだか最近、モテてる……?」そんな素敵な状況が訪れている人はいませんか? 今まで男性になかなか相手にされなかったのに、急に連絡やお誘いが増えたりと、モテ期が到来した時には、このチャンスをモノにしたい! と思ってしまいますよね。
 そこで今回は、モテる時に起こる前兆や、モテる女性の特徴について解説します。

急にモテるように!? モテ期を予感させる前兆やきっかけ

もしかして、これがモテ期?(写真:iStock)
もしかして、これがモテ期? (写真:iStock)

 モテ期が到来する時には、なんらかの前兆やきっかけがあります。ここでは、代表的な3つの前兆&きっかけをご紹介します。心当たりがある方は、モテ期が来ている、もしくはこれから訪れる可能性がありますので、しっかりと確認していきましょう。

1. お誘いや連絡が増えた

 モテ期の前兆として挙げられるのが、男性からのお誘いや連絡が増えた時でしょう。今まで連絡をとっていなかった人から急に連絡が来たり、急に飲みに誘われたりと、明らかに以前よりも男性からのアプローチが多くなった時には、チャンス到来かもしれません。

 全てのお誘いを受け入れる必要はありませんが、「相手を知りたい」という気持ちが芽生えた時には、迷わずお誘いに乗ってみると良いでしょう。 

2. 同窓会などに出席した

 モテ期到来のきっかけとなりやすいのが、同窓会などへの出席です。同窓会は大切な出会いの場のひとつ。学生時代に気になってた人から声をかけられたり、逆になんとも思っていなかった人からアプローチされたり、ということもあるでしょう。

 地方出身者であったり、仕事などで忙しいと、なかなか同窓会に出席することが難しい場合もありますが、タイミングを合わせてみると運命の出会いを見つけることができるかもしれません。

3. 見た目や環境などが変化した

 モテ期が訪れるということは、自分自身がステップアップした証拠でもあります。見た目を気にしてシェイプアップした方や、新しい環境へ挑戦する時などは、今までの自分よりも一歩前進しているということになります。

 これは自覚しやすい「モテ期」でもあります。自分に自信が持てるようになると、女性は魅力的に見えるもの。モテ期は訪れるべくして訪れているのかもしれませんよ。

真似したい! モテる女性の3つの特徴!

なんだか毎日が楽しそう(写真:iStock)
なんだか毎日が楽しそう (写真:iStock)

 実は、モテる女性には、無意識に行っている行動や特徴があります。そんな彼女たちの特徴を真似することで、モテ期を引き寄せることができるかもしれません。詳しく見ていきましょう。

1. 生活を楽しんでいる

 モテる女性の特徴として挙げられるのが、今の生活を全力で楽しんでいるということ。仕事もプライベートも一生懸命に取り組むため、常にキラキラとしていて、とても魅力的に感じられるでしょう。

 なんとなく憂鬱な日常を過ごしている方も多いかもしれませんが、憂鬱なオーラは相手に悟られてしまうもの。これだと、モテるどころか、男性から敬遠されてしまうかもしれません。何から取り組んだら良いのかわからないという方は、まずは、生活習慣を整えることから始めてみても良いかもしれませんね。

2. 自然体でいる

 自然体でいる人は男性からも女性からもモテます。人によって態度を変えず、誰にでも常に丁寧に接することができるため、周りからの信頼も厚いでしょう。

 自然体でいられるということは、自分自身を認めているからこそできること。今まで受け入れることができなかった部分も認めることで、自然体な女性になれるはず。また、自分がなりたい自然体の自分をイメージして、悪い部分を改善するのも大切なことですね。

3. 常に笑顔でいる

 常に笑顔でいるということも、モテる女性の特徴の一つでしょう。今を楽しんでいる人という点に近い特徴でもありますが、やはり笑顔というのはとても魅力的な一面です。

 モテたいと思う方は、まずは笑顔でいることを心がけてみるとモテ期が到来するかもしれません。「おかしくもないのに笑えない」というシャイな女性の場合には、まずは目を見て気持ち良く挨拶をしてみることから始めてみましょう。周りからの印象も変わりますし、話をするきっかけにもなります。そのうちに自然と笑顔が溢れてくるはずです。

急にモテる時にこそ気をつけたいポイント

モテる時こそ謙虚な対応を(写真:iStock)
モテる時こそ謙虚な対応を (写真:iStock)

 急にモテる時には、自身にとってもさまざまな心境の変化があるでしょう。しかしモテ期中は、浮かれているだけではいけません。最後に、気をつけたいポイントについてもお伝えします。

ちゃんと見極める

「急にモテる」と感じているということは、複数名から言い寄られる選びたい放題の状態とも言えるでしょう。しかし、全員が素敵な男性ばかりではありません。中には、あまり良くないタイプの男性が紛れ込んでいることも……。

 モテ期を無駄にしないためにも、ひとりひとりとしっかり向き合うことが大切です。素敵なチャンスをモノにするためには、見極めが大きな鍵となるでしょう。

適当な対応をしない

 残念ながら、モテ期は一生涯続くわけではありません。モテている時に調子に乗って適当な対応をしてしまうと、モテ期が過ぎ去った時に人気が落ちてしまうことも考えられます。

 モテる時こそ、謙虚に誠意を持って接するべきでしょう。また、男性のことが気になるモテ期中ですが、実は同性からの目が厳しいことも忘れずに!

「最近、なにもしてないのにモテちゃって」なんて、知らず知らずのうちにマウンティングをしたりなど、嫌味に見えないように注意する必要があります。

急にモテる時こそ慎重に! チャンスを大切にしよう♡

その中に運命の相手がいるかも?(写真:iStock)
その中に運命の相手がいるかも? (写真:iStock)

 急にモテる時って、なんだかワクワクしますよね? どんな方でもやはりモテ期が来る時は、浮かれ気分になるものです。女性が急にモテる時というのは、環境の変化などで人を惹きつける魅力を放つようになったり、ポジティブな印象を与えているなど、なんらかのきっかけがあるもの。

 しかし、そんな素敵なチャンスを逃さないためには慎重になることも重要です。さまざまな人と出会い、そして見極めて、素敵な相手をゲットして下さいね!

ラブ 新着一覧


結婚相手を見極める!郵便ポストが溜まっている男にはご用心
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。離婚に反対する親も少なくなりました。ずいぶんと時代は変化しましたが、できれば...
山崎世美子 2021-05-15 06:00 ラブ
彼はどう? 亭主関白彼氏のタイプ別特徴&上手な付き合い方
 亭主関白タイプの男性は、「男らしくてかっこいい」という意見がある反面、「自己中心的過ぎて腹が立つ!」と感じる人もいます...
恋バナ調査隊 2021-05-15 06:00 ラブ
私は本命? 男性が“最後の女”と決める5つの瞬間&目指し方
 交際が順調に進めば、「このまま彼と結婚したい」と思うのは当然のこと。しかし、なかなか結婚話が出ないと「彼にとって、私は...
恋バナ調査隊 2021-05-14 06:30 ラブ
“デキる女”感がアップ! 同棲や結婚が近づく日用品セレクト
 彼とのおうちデートや半同棲生活では、「この子は生活能力が高い」と思わせることができれば、同棲や結婚へのチャンスも近づき...
並木まき 2021-05-14 06:00 ラブ
会ってくれないのはなぜ?コロナ破局を回避するための対処法
 感染症の流行が続くなか、恋人から「もう別れよう」「もう友達に戻ろう」などと言われる女性が続出しています。その原因は女性...
内藤みか 2021-05-13 06:00 ラブ
奥手な草食系男子との恋愛…LINEはどう送る?注意点5つ
 草食系男子といえば、「恋愛に対する熱量が低く、心優しくて奥手」というイメージが強いですよね。繊細な彼らの特徴やポイント...
恋バナ調査隊 2021-05-13 06:00 ラブ
甘えたくなる〜!男子が弱いところを見せたくなる女子の特徴
 いつもは仕事などでキリッとしているカレが、素の顔や弱いところを見せてくるとキュンと来ちゃいますよね。仕事のできる男性に...
若林杏樹 2021-05-12 06:00 ラブ
男性は記念日を忘れる生き物?納得の理由&忘れさせない方法
 誕生日や付き合った記念日、結婚記念日など、女性が大切にしたい「記念日」。でも、そんな記念日を、あっさり忘れてしまうのが...
孔井嘉乃 2021-05-11 06:00 ラブ
遠距離恋愛中こそLINEを活用♡ 愛が深まる送り方5つ
 遠距離恋愛中のカップルは、会えないぶんだけ絆が深まっていくか、物理的に距離が離れた生活に心も離れてしまうかのどちらかで...
恋バナ調査隊 2021-05-11 06:00 ラブ
実は幸せかも♡ ドキドキしない恋愛の魅力&見極めポイント
「恋愛するなら、思いっきりドキドキしたい♡」と、思っている人は多いでしょう。確かに、ドキドキする恋愛は刺激的です。しかし...
恋バナ調査隊 2021-05-10 06:01 ラブ
いい匂いの女は記憶に残る…男性を魅了する香りのテクニック
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。嫌でも汗ばむ季節の到来です。今年こそ香りを操れる素敵な女性になりたいものです...
山崎世美子 2021-05-08 06:00 ラブ
男性が恐怖を感じる女性の恋愛暴走LINE…あなたは大丈夫?
 恋愛中の女性って、ついつい妄想してしまいがち。特に、LINEでのやりとりでは、相手の顔が見えないぶん、1人で勝手に暴走...
恋バナ調査隊 2021-05-08 06:00 ラブ
愛はなかった…離婚に同意するも話し合いで揉める夫の本心
「冷酷と激情のあいだvol.38〜女性編〜」では、コロナ禍だからこそ、別居婚を経て同居婚になった途端に、離婚を選ばざるを...
並木まき 2021-05-08 05:57 ラブ
同居した途端…夫への愛がないことを悟ってしまった妻の決断
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-05-08 05:56 ラブ
好きじゃない男性と付き合う5つのメリット&ポイントとは
「彼氏がいる」と聞くと、多くの人は「彼のことが好きだから付き合っている」と思うでしょう。しかし、恋愛のはじまり方はさまざ...
恋バナ調査隊 2021-05-07 06:00 ラブ
キスの場所には意味がある♡ パーツ別に隠れた14の男性心理
 恋人同士が愛情を伝えるために交わす、「キス」。実は、キスには場所ごとに意味があるのをご存知でしょうか? 今回は、厳選し...
リタ・トーコ 2021-05-07 06:00 ラブ