女友達への恋愛相談は正解? 5つのメリット&気を付けること

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-08-22 06:00
投稿日:2020-08-22 06:00
 片思い中や彼氏とうまくいっていない時など、恋愛中にはいろいろな悩みがつきもの。一人で悩んでいると不安になったり、どうしたら良いのか分からなくなってしまうような時、女性の多くは女友達に相談するのではないでしょうか? そこで今回は、女友達に恋愛相談するメリットや、相談の際に気を付けたいことをご紹介します。

女友達に恋愛相談する5つのメリット

なんでも話せる女友達は貴重な存在(写真:iStock)
なんでも話せる女友達は貴重な存在 (写真:iStock)

 女性は男性と比べると、困った時や悩んだ時に「誰かに相談したい」と思う人が多いようです。特に、恋愛に行き詰まった時には、親身になって聞いてくれる女友達の存在が頼もしく感じるものですよね。そこでまずは、女友達に恋愛相談をするメリットから見ていきましょう。

1. なんでも気軽に話せる

 仲の良い女友達は、誰よりも信頼できる存在。お互いにさまざまな話をしてきたため、なんでも気兼ねなく話すことができるのは、一番のメリットではないでしょうか。

 ほかの人には話せないような恋愛話や、話しにくい性の話なども、「恥ずかしい」と思うことなく気軽に相談することができます。

2. 気持ちを理解してくれる

 付き合いの長い女友達であれば、お互いの性格を熟知しています。そのため、恋愛相談をした時には、あなたの気持ちを誰よりも理解してくれるでしょう。

 女性は、"共感"してもらえることに安心感を覚えます。ただ聞いて、気持ちに寄り添ってくれることで、心が楽になることも多いでしょう。

3. 背中を押してくれる

 恋愛に悩んでいる人の中には、アプローチ中の人もいるでしょう。なかなか行動に移せず、焦りやもどかしさを感じていることもあるのではないでしょうか?

 そんな時に女友達に相談すると、背中を押してもらえることもあります。「動かないと、何も始まらないよ!」なんて言われたことがきっかけで、一歩踏み出せる人もいるでしょう。

4. 自信を与えてくれる

 恋愛で苦しんでいる時、自分に自信をなくしてしまうことがあります。「こんな私では、彼に好意を持ってもらえない」と、落ち込むこともあれば、「彼氏を怒らせてしまったのは、全部私が悪い」と、自己嫌悪に陥ることもあるでしょう。

 女友達は、そんな時にも助けてくれます。恋愛相談をしたら、「あなたは間違っていないよ」「悪くないよ」と、言葉をかけて励ましてくれるため、失いかけた自信を取り戻してくれるでしょう。

5. 的確なアドバイスをしてくれる

 恋愛に悩んだ時、「これから、どうしたら良いのだろう?」と迷ってしまうことはたくさんあります。

 そんな時、あなたの性格を知っている女友達であれば、的確なアドバイスを与えてくれます。アドバイスから解決の糸口が見つかることもありますし、客観的な意見を聞くことで、冷静に状況を見つめ直すこともできるでしょう。

女友達に恋愛相談した時に気を付けたい3つのこと

友達だからこそ言えないこともある?(写真:iStock)
友達だからこそ言えないこともある? (写真:iStock)

 女友達は、恋愛相談もできる頼もしい存在。「この人には、なんでも相談できる」と思える友達がいるのは幸せなことです。

 しかし、女同士というのは思っているほど簡単ではありません。信頼している相手であっても、恋愛相談の際には注意が必要です。

1. 嫉妬されることもある

 仲が良く信頼している女友達となれば、「恋愛相談も、親身になって聞いてくれるはず」と思っている人が多いでしょう。

 しかし、女性はどんなに仲の良い友達であっても、嫉妬や妬みを抱いてしまう傾向にあります。友達の恋愛を手放しで「良かったね」と、本気で喜んでくれるとは限りません。特に、彼氏がいない友達の場合には嫉妬される可能性が高く、恋愛相談を快く思わない人もいるため、注意しましょう。

2. 本音で話しているとは限らない

 女友達には「なんでも話せる」と思っている人は、「お互いに、本音で話している」と思っている人が多いでしょう。

 しかし、これはあなたの思い込みかもしれません。人によっては、「本音を言わない」「本音を言えない」という人もいます。また、あなたのことを思って、あえて本音を言わないこともあるでしょう。信頼している女友達だからといって、全てが本音で話しているとは限らないことを頭に入れておきましょう。

3. 結論は自分で決める

 恋愛に悩んだ時に女友達に相談する人の中には、結論を友達に委ねてしまう人がいます。自分で決められないからこそ、「友達がこうやって言うんだから、間違いない」と思うこともあるでしょう。

 しかし、これから先どうするか自分で決めなければ、後悔につながるかもしれません。万が一、悪い結果になったしまった場合には、少なからず友達への恨みが生まれてしまうでしょう。そうなれば、友達関係すら壊れてしまう恐れがあります。

 恋愛相談は、あくまでも客観的意見を聞くことが目的。アドバイスを聞いた上で、肝心な結論は自分で決めることが大切です。

女友達への恋愛相談はタイミングと相手を見極めよう!

友達の言葉が背中を押してくれることも(写真:iStock)
友達の言葉が背中を押してくれることも (写真:iStock)

 恋愛に悩んだ時、「相談しよう」と思うのは、仲の良い女友達の存在でしょう。あなたの性格や今までの恋愛を見てきた友達であれば親身になって聞いてくれますし、的確なアドバイスをもらえるかもしれません。

 しかし、恋愛相談は相手の状況や関係性を見極めることも必要です。「相談しよう」と思った時には、一度立ち止まって相談相手を見極めてみると良いですね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


元カレから連絡キタ…復縁できる? 元カノにLINEする男性心理
 未練が残る元カレから連絡がくるとドキッとしますよね。「最近調子どう? 元気?」なんてきたら、嬉しさと切なさでいっぱいに...
若林杏樹 2022-07-06 06:00 ラブ
イケメン夫と結婚した妻の本音…“超絶幸せ”と“憂鬱”どっち?
 婚活中の女性に、どんな人と結婚したいかを聞くと、性格や経済面を差し置いて、まず最初に「イケメン」と答える人がいます。ま...
田中絵音 2022-07-06 06:00 ラブ
「ギャップモテ」40代女性でも使えるのか問題!NG行動あるよ
 ギャップのある女性は、年齢に関係なく男性からモテるもの。40代女性で「ギャップモテ」を狙っている人もいるでしょう。そこ...
恋バナ調査隊 2022-07-06 06:00 ラブ
シングルマザーの私が“不倫サレた夫”と出会い、再婚するまで
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
Oh No!「来るもの拒まず」な男性心理 結局誰でもいいのね?
 世の中には「来るもの拒まずタイプ」の男性もいるもの。そうした男性への告白成功率は高いですが、彼氏にすると浮気されるリス...
恋バナ調査隊 2022-07-05 06:00 ラブ
彼氏の浮気対策してる? 即実践すべき4つの方法を教えます
 せっかくお付き合いをしているなら、いつまでもラブラブでいたいと思うのは当然のこと。しかし、中にはパートナーの浮気で頭を...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:01 ラブ
「もっといやらしい角度で」彼氏の闇にドン引きした怖いLINE
 恋人同士の連絡ツールとして欠かせないLINE。何気なく使っているからこそ、不意に相手の意外な一面が出てしまうことも。 ...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
最後に勝つのは「育ちがいい女性」!今すぐ実践したいお作法
 当然ですが、人はそれぞれ生まれ育った環境が違います。その環境が大人になってからいい影響を及ぼすこともあれば、逆もありま...
恋バナ調査隊 2022-07-03 06:00 ラブ
“恥じらい”にエロス感じる男性心理 効果的なあざとさとは?
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。お世辞にも「とってもかわいい」とはいえないのに、やたら彼氏が途切れないモテ女...
山崎世美子 2022-07-02 06:00 ラブ
イケオジの特徴って?ただのオジサンに捕まらないための知識
 40歳以上の男性というと、どうしても「オジサン……」と思ってしまう人が多いでしょう。自分の年齢はさておき、「恋愛対象外...
恋バナ調査隊 2022-07-02 06:00 ラブ
インフルエンサー気取って見栄っ張り彼女に愛想を尽かす男性
「冷酷と激情のあいだvol.97〜女性編〜」では、結婚前提で同棲を始めた恋人が、なかなか結婚の意思を固めないことに不満を...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
結婚前提の同棲!授かり婚狙うも彼の徹底ガードに不満な女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-07-02 06:00 ラブ
彼氏の悪い噂が聞こえてきた!即座にやってはいけないNG行動
 大好きで信頼している彼氏の悪い噂を聞いてしまったら、動揺してしまいますよね。信じたいものの、人によっては噂話を鵜呑みに...
恋バナ調査隊 2022-07-01 06:00 ラブ
40代“子ども部屋おばさん”が初デートで服装を教えるのはNG!
「子ども部屋おじさん」という言葉を見かけることがあります。中年になっても実家の子ども部屋で暮らす男性を指すのですが、こち...
内藤みか 2022-06-30 06:00 ラブ
男と女で異なる「浮気の定義」どこからNG?どこまでOK?
 カップルや夫婦の喧嘩の原因として思い浮かぶのが、「浮気問題」ですよね。ほとんどの場合、浮気されたほうは「信じられない!...
恋バナ調査隊 2022-07-04 12:20 ラブ
元カレがハイスペ故に…理想が下げられない場合はどうする?
 元カレがハイスペ……とまで行かなくても、まぁまぁ条件が良かった時、次のお相手を見つけるのって難しく感じてしまいますよね...
若林杏樹 2022-06-29 06:00 ラブ