世界が広がった…夫一筋の専業主婦が“裏垢”にハマった理由

大泉りか 作家・コラムニスト
更新日:2020-09-02 18:00
投稿日:2020-09-02 18:00
 ツイッター上で、性的な画像や発言などの投稿をくりかえす“裏垢女性”のアカウント。目にする度に「いったい何の目的があってのことなのか」「そもそも、彼女たちは実在するのか」という疑問をずっと抱いていました。
 ところが、この連載の取材対象を募ったところ、「ここ1年半くらいでセックスにハマり、セックスを極めてみたいと思って、裏垢を作り、細々と質の高いセックスを求めて生きてます」というダイレクトメールが届いたのです。
 送り主はともみさん(仮名 38歳・福祉関係)。“セックスにハマった”という1年半前、彼女の心境にどんな変化があり、どうして裏アカを作ろうと思い立ったのか、お話を聞いてみました。

夫ひとすじだったはずの専業主婦が…

普通に恋愛して結婚した(写真:iStock)
普通に恋愛して結婚した (写真:iStock)

「もともと性欲が強くてセックスやオナニーは好きでした。けれど、いわゆる変態性癖はなく、普通に恋愛して夫と結婚したんです。一途なほうだったので、結婚してから10年くらいは夫ひとすじでした」

 2人の子宝にも恵まれ、専業主婦として家事と育児に勤しむ日々。しかし一方では、出産を重ねるたびに感度が増したことで、ともみさんは以前にも増して、セックスをしたい、いろんなことをしてみたいと思うようになったといいます。

 が、ともみさんの夫が、毎回セックスに応じてくれるわけでは、ありませんでした。

「あるとき、『俺だって大変なんだよ!』って言われて、自分の性欲の強さに悩むようになってしまって。それで、仲の良い夫婦でいるためにセックスを外注しようって考えたんです。ちょうどその少し前に、ツイッターのアカウントを始めたんですが、そこで“裏垢”というものの存在を知って。いわゆる“裏垢男性”が、いろんな方と出会って、オフパコ(※ツイッターで出会った異性とセックスをすること)を繰り返しているツイートを見て『この人とセックスしたいな』って思ったんですね。

 もちろん、わたしは地方に住んでいるので、遠くて物理的にかなわないなって思ったけど……それまでは髪もぼさぼさでメイクもせずに、服もどうでもいい感じのものを着ていたんですが、『ちゃんとしてセックスをしよう!』って思い立ち、ダイエットをして、美容にも気を使い、そして裏垢を作ったんです」

関連キーワード

エロコク 新着一覧


終わった後も肌が突っ張らない潤滑剤♡セルフプレジャーにも
 女性には基礎化粧品を季節や肌の調子によって使い分ける習慣がありますが、潤滑剤も同じように考えてほしいと思います。香りで...
桃子 2021-02-21 06:00 エロコク
振動だけじゃない!肉感的な本体が生き物みたいにぐねぐねと
 ローターとは元来、「挿入を目的とせず」「振動によって主に体の表面に刺激を与えるもの」を意味していました。今もそのイメー...
桃子 2021-02-14 06:00 エロコク
ビギナーもOKなピストンバイブ 奥への突きに目覚めちゃう?
 私はピストンバイブを愛用していて使用頻度も高いですが、これまで「バイブビギナーさんにはオススメしにくいなぁ」と思ってき...
桃子 2021-02-12 18:53 エロコク
音に合わせてローターが…強烈な刺激におかしくなっちゃう♡
「スピーカー付きのローター」――。最初に聞いたとき思わず耳を疑いました。でも米国の「スバコム」が手掛けたと知り、納得。確...
桃子 2021-01-31 06:00 エロコク
女性官能作家が提案する「ウィズコロナのセックス」#3
 これまで二回にわたり、ウィズコロナのセックスを提案してきました。前回は、安心・安全・気持ちいいセックスの体位5つをお伝...
蒼井凜花 2021-01-29 06:00 エロコク
初心者におすすめの吸引系♡ 11段階で好みの加減を追求して
 ラブグッズに限った話ではないですが、ひとつのヒット商品が出て、その派生商品が続々と発売されると、ひとつのジャンルが形成...
桃子 2021-01-23 06:00 エロコク
女性官能作家が提案する「ウィズコロナのセックス5選」#2
「ウィズコロナ」の生活が当たり前になった昨今。セックスも「安心・安全・心地よさ」をモットーに、パートナーとの愛を深めたい...
蒼井凜花 2021-01-22 06:00 エロコク
直径8ミリの極細ローター 強すぎず弱すぎずの刺激にうっとり
 クリトリスは、“性的に気持ちよくなる”ためだけに存在する器官といわれることもありますが、快感に対してほんと貪欲ですよね...
桃子 2021-01-18 11:06 エロコク
女性官能作家が提案する「ウィズコロナのセックス5選」#1
 二回目の緊急事態宣言が発令されて、セックスに恐怖をお持ちの方も多いことでしょう。しかし、一方では「ここさえクリアすれば...
蒼井凜花 2021-01-15 06:00 エロコク
パーフェクト!自分の手ではできない小刻みな動きが病みつき
 最近パフェがブームですが、語源は「パーフェクト」。一つのグラスにさまざまな素材が絶妙なバランスで詰め込まれ、完成してい...
桃子 2021-01-10 06:00 エロコク
官能作家オススメ「寒い冬こそしたい」おすすめセックス4選
 日に日に寒さが強まってまいりましたが、こんなときこそ、愛するパートナーとのセックスを充実させたいですね。そこで、官能作...
蒼井凜花 2021-01-08 06:00 エロコク
電マのヘッドだけ ユニークなアイディアグッズで実力も◎
 国内外のアダルトグッズをかなりの数見てきているという自負のある私ですが、今でもハッとする斬新なアイデアに出合うことがあ...
桃子 2020-12-27 06:00 エロコク
女性官能作家直伝!クリスマスのセクシーデート&セックス4選
 クリスマスには、愛しいパートナーとのデートや情熱的なセックスを楽しむ方も多いでしょう。そこで官能作家の筆者が提案したい...
蒼井凜花 2020-12-24 06:00 エロコク
凹凸がダイナミックに刺激…パワフルな振動と摩擦がやみつき
 ビビッドカラーの雪だるまといった風情のバイブがお目見えです。その名も「完全防水 ビーバイブ スノーマン」。  私...
桃子 2020-12-20 06:00 エロコク
女性官能作家が伝授する「男を虜にするフェラチオ」3選 #3
 これまで二回にわたって「フェラチオの奥義」についてお話ししました。今回は最終回。やや難易度は上がりますが、官能作家なり...
蒼井凜花 2020-12-18 17:02 エロコク
一瞬で昇天確実 強烈なオーガズムで、深い眠りをサポート
 今年とても元気だった「極天(キワミテン)」シリーズから、「アンモナイト ベロ」が届きました。まさに古代生物のような形状...
桃子 2020-12-13 16:00 エロコク