"40歳OVER婚"成功の本音 子どもはいらない価値観をガチ共有

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2020-10-07 20:34
投稿日:2020-09-29 06:00
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男女の事情を深堀りします。引き続きお話を伺った大阪府出身の長瀬康太さん(仮名/47歳)は3年前、44歳のときに、東京都出身で同い年の京子さん(仮名/47歳)と結婚。康太さんは初婚で、京子さんはバツイチ(子どもはいない)の再婚です。

case1-4.長瀬康太さん(仮名/47歳)

(写真:iStock)
(写真:iStock)

「子どもはいらない」価値観がピッタリ一致

「基本的には若い子が好きだった」康太さんですが、「それは恋人という関係が前提で、結婚は同年代の京ちゃんとしてよかった」と言います。

「40歳になった頃から、相手が望めば別ですが、僕自身は子どもがほしいとは思わなくなったんです。仮に僕が40歳のときに子どもが生まれたとしたら、成人時には60歳。年老いるほど経済的負担が大きくなることは目に見えているし、運動会で若いお父さんに勝てないのが悔しいだろうし(笑)。

 だから、40歳をすぎてからの理想は、共働き婚。お互いに自分を養える程度の収入を稼いで、少しでいいから経済的に余裕のある暮らしをすることが目標になりました。

 つき合っているときに京ちゃんとそういった価値観の話をしたら、ピッタリ一致したんです。自営業の彼女は子どもがほしいと思ったことがなく、仕事にまい進したいタイプ。『男性に養ってもらうなんてとんでもない!』と、自立している女性です。

 金銭感覚もしっかりとしていて、『貯金しなくちゃダメよ』と言われた翌日に、貯蓄専用口座を開設しました。自分より格上の彼女を尊敬しているからです」

「大人婚」成就に重要な3つのポイント!

給料明細を見せる=本気の証(写真:iStock)
給料明細を見せる=本気の証 (写真:iStock)

 ここで大事なポイントが3つ見つかりました。

その1:結婚前に本音で価値観を確認

 1つ目は、結婚前に本音で価値観を確認し合える関係を構築しておくこと。とくに金銭感覚の確認は大事! 

 40歳以上の結婚は、不妊治療代を含み子どもをつくるかどうか。家は賃貸か持ち家か。老後の資金はどのように貯めていくのか。親の介護問題など、お金にまつわるライフプランが短期間で一気に押し寄せてくるからです。逆に、お金の話をストレートに話し合える関係ではなければ、結婚生活も難航を極めるといっても過言ではありません。

 同棲まではスムーズに進んだものの、同棲後に男性が豹変。家事全般はすべて女性任せのうえに「生活費は半分“だけ”でいいよ」と言われて、急いで逃げ出した女性がいます。結婚を考えている相手がいる女性は、勇気を出して洗いざらい疑問をぶつけてみるのが吉。お金の話題に関して「勇気を出させてくれて」、「腹を割って話をできる相手」が、運命の相手ともいえるのではないでしょうか。

その2:相手の伸びしろを見抜く眼

 2つ目のポイントは、年齢を重ねてもお互いに「素直さ」を忘れず、「相手の伸びしろを見抜く眼」を持つことができるか。 

 康太さんの言葉を振り返ってみましょう。「『貯金しなくちゃダメよ』と言われた翌日に、貯蓄専用口座を開設しました」。つまり康太さんは、京子さんと交際前は貯蓄ゼロだったということです。

 康太さんは「独りだったらどうにでもなる」と刹那的な生き方をしてきたと言いますが、44歳で貯蓄ゼロ。危険です。危険すぎます。

 ですが京子さんは康太さんの「翌日に貯蓄講座を作る素直さ」=「伸びしろ」に期待したのではないでしょうか。

 筆者は高スペックを求める婚活中の女性から相談を受けると、必ず伝えている言葉があります。

「相手の容姿や職業、年収にとらわれてはダメ。人間は何歳になっても成長できるというけれど、相手の意見を一旦『そうだね』と受け止めて、噛み砕ける素直な心を持った人が伸びるから期待大なのよ!

 人間は期待されたとおりに成果を出すと言われている、心理学の『ピグマリオン効果』を信じて!

 そして自分も素直な心を忘れないと、相乗効果で幸せになれるの。現状が高条件でフィックスしている人の中には、意固地な人がいる。男女はお互いに長所を伸ばし、高め合うのが結婚の醍醐味だと思うけど、もしも意固地な人にこれから何十年も価値観を押しつけられる人生になったとしても、後悔しない?」と。

 京子さんは、筆者と同じ考え方をしていたのかもしれません。康太さんはその後も貯蓄を怠らず現在、年収程度は貯まったそうです。

その3:相手の根幹をなす性質を尊敬できるか

 3つ目のポイントは、「相手の根幹をなす性質を尊敬できるか」。2つ目のポイントにつながりますが、職業・年収は変動する可能性があります。とくに容姿は、加齢とともに全盛期をすぎ去りゆく。

 康太さんは、「自分より格上の彼女を尊敬している」と言いますが、京子さんも康太さんの実直な性格を尊敬したのでしょう。康太さんは京子さんから「(月収)いくらもらっているの?」と聞かれた際、言葉で数字を伝えるのではなく、給料明細を見せたそう。このエピソードを知人の既婚男性に話して感想を聞いたところ、「結婚前に見せるなんて絶対に結婚したい気持ちで、オトコとして本気の証」だそうです。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


FILM
 結婚してからわかる相手の本性。同棲をしばらくしていたから大丈夫!というものではありません。入籍する意味合いは思うより深...
山崎世美子 2020-10-31 06:00 ラブ
FILM
 男性と恋愛していると、こんなふうに思ってしまうことはありませんか? 「何を考えてるのかわからない」「男心は謎すぎる…...
ミクニシオリ 2020-10-31 06:00 ラブ
FILM
 好きな人からのLINEの未読スルーって、ずっと気になりますよね。そもそも今の時代にスマホを全く見ない日が数日も続くなん...
恋バナ調査隊 2020-10-31 08:18 ラブ
FILM
 女性の恋は「減点方式」だといわれています。一般的にアプローチを受ける側である女性は、複数の選択肢から選ぼうとすると減点...
七味さや 2020-10-30 06:00 ラブ
FILM
 初めて男性をLINEでデートに誘う時って、「断られたらどうしよう」と、すごく緊張しますよね。そんな時には、成功率をアッ...
恋バナ調査隊 2020-10-30 06:00 ラブ
FILM
 コロナ禍で、驚くほど多くの不倫カップルが会うことができなくなり、そのまま別れに至りました。そんななか、今でも仲が続いて...
内藤みか 2020-10-29 06:00 ラブ
FILM
「恋の寿命は3年」って、よく言われますよね。実際、今感じている新鮮な気持ちを3年経った頃にも感じていられると断言できる人...
恋バナ調査隊 2020-10-28 06:00 ラブ
FILM
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2020-10-28 18:28 ラブ
FILM
 意中の彼とLINEを交換したところまでは良かったのに、LINEをするたびに距離ができて自然消滅してしまった……なんてこ...
恋バナ調査隊 2020-10-27 06:00 ラブ
FILM
 将来的に結婚を考えている男性は、少し余裕のある女性を好む傾向があります。それまでの恋愛は同年代のワガママに付き合ってい...
若林杏樹 2020-10-26 06:00 ラブ
FILM
 身長の低い女性は、基本的にはモテると言われます。小さくて可愛らしい動きにキュンキュンする男性も多く、実際にそれを自覚し...
恋バナ調査隊 2020-10-26 06:00 ラブ
FILM
 恋愛中、片思いの彼に振り向いて欲しいからとLINEで駆け引きをする人って多いですよね。あえて未読スルーで焦らせてみたり...
恋バナ調査隊 2020-10-25 06:02 ラブ
FILM
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。現在のシングルマザーの平均年齢は33歳、再婚率は26%と言われています。離婚...
山崎世美子 2020-10-24 06:00 ラブ
FILM
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2020-10-24 07:48 ラブ
FILM
「冷酷と激情のあいだvol.18〜女性編〜」では、ダブル不倫の相手と再婚をしたくて夫に離婚を切り出した女性・Wさんの心情...
並木まき 2020-10-24 07:49 ラブ
FILM
 離婚後、新しい恋愛のチャンスがやってきた!?……と思ったのも束の間、元夫の方が自分に合ってたのかもしれないなぁ。そんな...
七味さや 2020-10-23 06:00 ラブ