「今の趣味は妻」と断言!40代初婚男が同世代バツ1女と結婚

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2020-09-28 18:47
投稿日:2020-09-08 06:00
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。インタビュアー・内埜(うちの)さくらがご本人に迫り、赤裸々に語っていただく連載です。

case1-1.長瀬康太さん(仮名/47歳)

(写真:iStock)
(写真:iStock)

「まさか僕が結婚できたなんて。しかも、今までの人生で一番、愛している人と毎日一緒にいられて至上最高に幸せです。妻には毎日『愛してるよ』『ありがとう』、時と場合によっては『ごめんね』という言葉を欠かしません。仕事中から妻に逢いたくて、終わったら一目散で帰宅します。結婚してから今日まで、寄り道をした日は一度もありません。独身時代は浮気したこともあったのに、こんなにも一途になれるなんて。自分でも驚いています。今の趣味は妻。特技は妻を甘やかすことです」

なぜ日本人既婚男性は“不幸話”をしたがる?

 冒頭から大ノロケ! 引く人もいるかもしれませんが筆者は、第三者に惚気(のろけ)る希少な既婚男性を前にすると頬が緩みます。日本人の既婚男性はなぜ、いまだに「ウチのカミさんとは仲良しというわけではなくて……」とか、「子どもがいるから離婚していないだけで」など、“わが家は(ひいては自分は)それほど幸福ではない自慢をするテク”を駆使する人が残存しているのでしょうか。独身時代は、その手の話を聞くとよくブチ切れていたものです。「あなたの不幸話なんて聞きたくないから黙って! 結婚願望がないわたしに、ハッピーなエピソードを自慢気に語って、わたしの願望に火をつけてみて!」と。

 本連載は40歳オーバーで結婚した男女にスポットをあてて、「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」と、お伝えすることが主旨です。だから、惚気話も大歓迎。

 今回お話を伺った大阪府出身の長瀬康太さん(仮名/47歳)は3年前、44歳のときに、同い年で東京都出身の京子さん(仮名/47歳)と結婚しました。康太さんは初婚で、京子さんはバツイチ(子どもはいない)の再婚です。

女に若さを求める男たち

 同い年の女性と44歳で結婚。40代の初婚男性って、子どもがほしいから20代の女性を娶(めと)りたい派が多数ではないの? 妥協しても高齢出産前の、30代前半までとか。子どもはどちらでもいいけど、「女房と畳は新しい方が良い」的な思想に心酔して若い女性がいいとか。そんなネット記事、うんざりするほど何十本と読んできました。「オンナに若さを求める引き換えに、アナタは経済力とか経済力とか経済力とか貯蓄とか、実年齢とはほど遠い若々しい見た目や体力や気力とか、夜の営みで妻に不満を持たせない精力とか、自分の両親を妻に介護させない準備とかしているんでしょうね!?」と、心の中で毒づきながら。

 康太さんも京子さんに出逢うまでは、「基本的に若い子が好きだった」と言います。「社会人になってからおつき合いした人の大半が年下です。熟女キャバクラ(以下、熟キャバ)が嫌いで、ガールズバーや20代のキャストがメインのキャバクラへ、時折行って遊んでいました」とも。

ラブ 新着一覧


10歳差でも…年上好きの男性は母親との関係が影響している?
 年上の彼女を求める男性が増えています。年上女性志向が高まっている理由には、社会不安による生活安定欲求や、地位向上を目指...
内藤みか 2021-07-29 06:00 ラブ
高学歴女子はなぜモテないの?4つの理由&あるあるな悩み
 努力して勉強をして、いい大学を卒業し、きちんとした仕事に就いている「高学歴女子」。一見、悩みのない人生を送っているよう...
恋バナ調査隊 2021-07-29 06:00 ラブ
知らないと怖い! 彼氏を“ダメ男化”する女性の行動パターン
 パートナーとの時間、ちゃんと取れていますか? 付き合い始めた当初は一緒にいる時間が長かったり、コミュニケーションが多か...
若林杏樹 2021-07-28 06:00 ラブ
辛い片思い…脈なしを見極める5つのポイント&抜け出す方法
 恋をするのは、楽しく幸せなことです。しかし、辛い片思いとなると話は別! 無理に続ける必要はないんです。そこで今回は、男...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
男性が追いかけたくなる女性の特徴&虜にするLINEテク♡
 どうせ恋愛をするなら、追いかける恋よりも追われる恋をしてみたいですよね♡ でも、そのためにはまず、「男性が追いかけたく...
恋バナ調査隊 2021-07-28 06:00 ラブ
年下男性の6つの脈なしサイン…諦めずに射止める方法は?
 近年、年下男性と付き合う女性が増えています。年下男性というと、一見、頼りなさそうなイメージですが、だからこそ母性をくす...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ
彼はどう? 結婚に向いていない男性の特徴5つ&今後の選択肢
 結婚できたからといって、必ずしも幸せになれるとは限りません。理想の結婚生活を叶えるためには、相手選びが重要! そこで今...
恋バナ調査隊 2021-07-27 06:06 ラブ
モテる♡ “あざと可愛い”女性の5つの特徴&目指すポイント
 “あざと可愛い”女性というと、同性から見るとあまり良いイメージは湧かないかもしれません。でも、あざと可愛い女性は男性に...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:00 ラブ
彼からのサプライズの結婚指輪が気に入らない…対処法4つ
 結婚指輪は、一生つけるもの。だからこそ、妥協せずに選びたいですよね。でも、中には彼がサプライズで用意してくれていたとい...
恋バナ調査隊 2021-07-26 06:01 ラブ
失恋から立ち直る時間が早い人と遅い人の違い&立ち直る方法
 失恋は、誰にとっても辛いもの。どんなにモテる人でも、愛する人との別れはダメージが大きいでしょう。しかし、その失恋から立...
恋バナ調査隊 2021-07-25 06:00 ラブ
まさかのプロポーズ失敗…相手をがっかりさせた体験談5選
 プロポーズは男性からする場合も女性からする場合も、一世一代の大勝負!でも、念入りに計画を立てて、いざプロポーズをしたの...
恋バナ調査隊 2021-07-25 06:00 ラブ
脈なしかも…片思いを諦めるべきタイミング&諦める方法
 片思いを続けていると、諦めるタイミングがわからなくなることがあります。そこで今回は、辛い片思いを諦める方法や、諦めるべ...
恋バナ調査隊 2021-07-24 06:00 ラブ
男性がうんざりする女性の行動7選!LINE方法にも要注意
 男性は、女性の行動にうんざりしてしまうことがあります。女性側としては、男性に一生懸命尽くしているつもりでも、かえって逆...
恋バナ調査隊 2021-07-24 06:00 ラブ
浮気じゃないと言うけど…女性部下を可愛がる夫に募る苛立ち
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-07-24 05:36 ラブ
妻が嫌がるのは承知も…女性部下はソウルメイトと開き直る夫
「冷酷と激情のあいだvol.48〜女性編〜」では、特定の女性部下を特別扱いする夫に苦慮する妻・Fさんの悲痛な声をご紹介し...
並木まき 2021-07-24 05:36 ラブ
ナルシスト男性を攻略♡ 上手な落とし方&疲れない付き合い方
 ナルシストな男性と聞くと、悪いイメージを持つ人も多いですよね。でも中には、努力家で自信に満ちている魅力的な男性も多いの...
恋バナ調査隊 2021-07-23 06:00 ラブ