「今の趣味は妻」と断言!40代初婚男が同世代バツ1女と結婚

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2020-09-28 18:47
投稿日:2020-09-08 06:00
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。インタビュアー・内埜(うちの)さくらがご本人に迫り、赤裸々に語っていただく連載です。

case1-1.長瀬康太さん(仮名/47歳)

(写真:iStock)
(写真:iStock)

「まさか僕が結婚できたなんて。しかも、今までの人生で一番、愛している人と毎日一緒にいられて至上最高に幸せです。妻には毎日『愛してるよ』『ありがとう』、時と場合によっては『ごめんね』という言葉を欠かしません。仕事中から妻に逢いたくて、終わったら一目散で帰宅します。結婚してから今日まで、寄り道をした日は一度もありません。独身時代は浮気したこともあったのに、こんなにも一途になれるなんて。自分でも驚いています。今の趣味は妻。特技は妻を甘やかすことです」

なぜ日本人既婚男性は“不幸話”をしたがる?

 冒頭から大ノロケ! 引く人もいるかもしれませんが筆者は、第三者に惚気(のろけ)る希少な既婚男性を前にすると頬が緩みます。日本人の既婚男性はなぜ、いまだに「ウチのカミさんとは仲良しというわけではなくて……」とか、「子どもがいるから離婚していないだけで」など、“わが家は(ひいては自分は)それほど幸福ではない自慢をするテク”を駆使する人が残存しているのでしょうか。独身時代は、その手の話を聞くとよくブチ切れていたものです。「あなたの不幸話なんて聞きたくないから黙って! 結婚願望がないわたしに、ハッピーなエピソードを自慢気に語って、わたしの願望に火をつけてみて!」と。

 本連載は40歳オーバーで結婚した男女にスポットをあてて、「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」と、お伝えすることが主旨です。だから、惚気話も大歓迎。

 今回お話を伺った大阪府出身の長瀬康太さん(仮名/47歳)は3年前、44歳のときに、同い年で東京都出身の京子さん(仮名/47歳)と結婚しました。康太さんは初婚で、京子さんはバツイチ(子どもはいない)の再婚です。

女に若さを求める男たち

 同い年の女性と44歳で結婚。40代の初婚男性って、子どもがほしいから20代の女性を娶(めと)りたい派が多数ではないの? 妥協しても高齢出産前の、30代前半までとか。子どもはどちらでもいいけど、「女房と畳は新しい方が良い」的な思想に心酔して若い女性がいいとか。そんなネット記事、うんざりするほど何十本と読んできました。「オンナに若さを求める引き換えに、アナタは経済力とか経済力とか経済力とか貯蓄とか、実年齢とはほど遠い若々しい見た目や体力や気力とか、夜の営みで妻に不満を持たせない精力とか、自分の両親を妻に介護させない準備とかしているんでしょうね!?」と、心の中で毒づきながら。

 康太さんも京子さんに出逢うまでは、「基本的に若い子が好きだった」と言います。「社会人になってからおつき合いした人の大半が年下です。熟女キャバクラ(以下、熟キャバ)が嫌いで、ガールズバーや20代のキャストがメインのキャバクラへ、時折行って遊んでいました」とも。

ラブ 新着一覧


男性がバツイチ女性に惹かれる4つの理由&恋愛再開の注意点
 ひと昔前までは、離婚歴がある女性を偏見の目でみる男性もいましたが、今はバツイチの女性に魅力を感じる男性も多いそうです。...
恋バナ調査隊 2021-12-05 06:00 ラブ
男女関係がグッとよくなる〜ケンカについて真剣に考えてみた
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。全国100人の妻に聞いた夫婦のケンカの頻度調査の結果、約70%がケンカをする...
山崎世美子 2021-12-04 06:00 ラブ
想いを告げただけで…女性から交際を期待されて戸惑う男性
「冷酷と激情のあいだvol.67〜女性編〜」では、想いを告白してきた男性であるユウタさんと交際に至らずに、相手への不信感...
並木まき 2021-12-04 06:11 ラブ
告白してきたのに…交際に至らない関係に不信感を抱く女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-12-04 06:12 ラブ
「いま家の前に…」元彼からの身勝手でちょっと怖いLINE5選
 大好きだったころは、いつも楽しみに待っていた彼からのLINE。でも「元彼」になってしまうと一変、送られてきたLINEで...
恋バナ調査隊 2021-12-04 06:00 ラブ
付き合って後悔する男性の5つの特徴&後悔した時の対処方法
 ずっと思い続けていた男性と付き合えることになれば、誰だって嬉しいものです。しかし、中には彼のことをよく知らないまま好き...
恋バナ調査隊 2021-12-03 06:00 ラブ
彼氏がほしくなる5つの時期♡ ほしくなったらすべきこと
 彼氏がほしいと思っている人の中には、「今まで、そんなことまったく思わなかったのに……」という人もいるでしょう。実は、彼...
恋バナ調査隊 2021-12-03 06:00 ラブ
自分で引き寄せて♡ モテ期を呼びこむスピリチュアル行動4選
 人生に何度か訪れる「モテ期」を経験したことがある人も多いでしょう。中には「私のモテ期は終わった」なんて、思っている人も...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
見た目重視な「面食い男性」に隠れた心理&落とすテクニック
 女性と同じく、男性にもそれぞれ好みやタイプがあります。「人は見た目じゃない」とも言いながらも、中には明らかに女性を見た...
恋バナ調査隊 2021-12-02 06:00 ラブ
恋人未満な関係はもうウンザリ…セフレと本命彼女の違いとは
「セフレと本命の彼女の違いってなんだろう……」  友人のアラサー女子に相談されたのですが、皆さんはどう答えますか? そ...
若林杏樹 2021-12-01 06:00 ラブ
仕事を優先する彼氏の隠れた心理&うまく付き合う5つの方法
 彼氏ができたら休日のたびにデートしたり、まったりとおうちで過ごしたいと考えている女性が多いでしょう。しかし、男性の中に...
恋バナ調査隊 2021-12-01 06:25 ラブ
浮ついた心に刺さる! 彼氏に浮気をやめさせる効果的な言葉
 大好きな彼氏がほかの女性と浮気をしていたら、本当に辛く、傷つきますよね。でも、感情に任せて責めたところで、逆効果になっ...
恋バナ調査隊 2021-11-30 06:00 ラブ
自分のお金は自分だけのもの! 鬼嫁たちの呆れた金銭感覚
 鬼嫁は常に自分のことしか考えず、夫は「自分のために存在している人」でしかない様子。金銭的な面についても、“結婚”という...
並木まき 2021-11-30 06:00 ラブ
思わず胸キュン♡ 彼氏が彼女を「可愛い」と思う瞬間5選!
 世の中の男性たちは、彼女のことを「可愛い」と思う瞬間、愛情がさらに深まっていくそう。そこで今回は、彼氏が彼女を「可愛い...
恋バナ調査隊 2021-11-29 06:00 ラブ
彼女持ちの男性の4つの脈ありサイン&上手なアプローチ方法
 人を好きになる気持ちは、自分でコントロールできるものではありません。たまたま好きな人が彼女持ちだった……なんてこともあ...
恋バナ調査隊 2021-11-29 06:00 ラブ
片思いが辛い…距離を置くべきタイミング&意外なメリット♡
 片思いがなかなか進展しないと「辛い」と感じてしまう人もいるでしょう。また、相手の男性との距離感がわからず、悩んでいる人...
恋バナ調査隊 2021-11-28 06:00 ラブ