「今の趣味は妻」と断言!40代初婚男が同世代バツ1女と結婚

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2020-09-28 18:47
投稿日:2020-09-08 06:00
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。インタビュアー・内埜(うちの)さくらがご本人に迫り、赤裸々に語っていただく連載です。

case1-1.長瀬康太さん(仮名/47歳)

(写真:iStock)
(写真:iStock)

「まさか僕が結婚できたなんて。しかも、今までの人生で一番、愛している人と毎日一緒にいられて至上最高に幸せです。妻には毎日『愛してるよ』『ありがとう』、時と場合によっては『ごめんね』という言葉を欠かしません。仕事中から妻に逢いたくて、終わったら一目散で帰宅します。結婚してから今日まで、寄り道をした日は一度もありません。独身時代は浮気したこともあったのに、こんなにも一途になれるなんて。自分でも驚いています。今の趣味は妻。特技は妻を甘やかすことです」

なぜ日本人既婚男性は“不幸話”をしたがる?

 冒頭から大ノロケ! 引く人もいるかもしれませんが筆者は、第三者に惚気(のろけ)る希少な既婚男性を前にすると頬が緩みます。日本人の既婚男性はなぜ、いまだに「ウチのカミさんとは仲良しというわけではなくて……」とか、「子どもがいるから離婚していないだけで」など、“わが家は(ひいては自分は)それほど幸福ではない自慢をするテク”を駆使する人が残存しているのでしょうか。独身時代は、その手の話を聞くとよくブチ切れていたものです。「あなたの不幸話なんて聞きたくないから黙って! 結婚願望がないわたしに、ハッピーなエピソードを自慢気に語って、わたしの願望に火をつけてみて!」と。

 本連載は40歳オーバーで結婚した男女にスポットをあてて、「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」と、お伝えすることが主旨です。だから、惚気話も大歓迎。

 今回お話を伺った大阪府出身の長瀬康太さん(仮名/47歳)は3年前、44歳のときに、同い年で東京都出身の京子さん(仮名/47歳)と結婚しました。康太さんは初婚で、京子さんはバツイチ(子どもはいない)の再婚です。

女に若さを求める男たち

 同い年の女性と44歳で結婚。40代の初婚男性って、子どもがほしいから20代の女性を娶(めと)りたい派が多数ではないの? 妥協しても高齢出産前の、30代前半までとか。子どもはどちらでもいいけど、「女房と畳は新しい方が良い」的な思想に心酔して若い女性がいいとか。そんなネット記事、うんざりするほど何十本と読んできました。「オンナに若さを求める引き換えに、アナタは経済力とか経済力とか経済力とか貯蓄とか、実年齢とはほど遠い若々しい見た目や体力や気力とか、夜の営みで妻に不満を持たせない精力とか、自分の両親を妻に介護させない準備とかしているんでしょうね!?」と、心の中で毒づきながら。

 康太さんも京子さんに出逢うまでは、「基本的に若い子が好きだった」と言います。「社会人になってからおつき合いした人の大半が年下です。熟女キャバクラ(以下、熟キャバ)が嫌いで、ガールズバーや20代のキャストがメインのキャバクラへ、時折行って遊んでいました」とも。

内埜さくら
記事一覧
恋愛コラムニスト
これまでのインタビュー人数は3500人以上。無料の恋愛相談は年間200人以上の男女が利用、リピーターも多い(現在休止中。準備中のため近日中にブログにて開始を告知予定)。恋愛コメンテーターとして「ZIP!」(日本テレビ系)、「スッキリ」(同)、「バラいろダンディ」(MX-TV)、「5時に夢中!」(同)などのテレビやラジオ、雑誌に多数出演。

URL: https://ameblo.jp/sakura-ment

関連キーワード

ラブ 新着一覧


「友達以上恋人未満セフレ否定」曖昧な関係しか築けない40代男の心理
「冷酷と激情のあいだvol.146〜女性編〜」では、半年以上にわたって肉体関係のある恋人・ツトムさん(48歳・仮名)との...
並木まき 2023-06-10 06:00 ラブ
週1お泊まりでも告白なしはセフレ? 年上男との曖昧な関係に悩む40代女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2023-06-10 06:00 ラブ
昔好きだったと言われたら脈あり? あえて過去形で伝える男の深層心理
 友達だと思っていた男性から突然「昔好きだった」と言われたら、思わず意識してしまいますよね。その日を境に、あなたも相手を...
恋バナ調査隊 2023-06-09 06:00 ラブ
シンママが年収1000万超の男性と再婚するのは不可能ではない
「再婚したい」と夢見るシングルマザーは大勢います。なかには「お金持ちと再婚したい」とはっきり主張する女性はいます。  ...
内藤みか 2023-06-08 18:04 ラブ
マッチングアプリやめていい? 恋活に自信をなくす5つの瞬間
 恋人を作ろうと勇気を出してマッチングアプリを始めたものの、「全然いい出会いがないっ!」と心が折れそうにな人、集まれ〜!...
恋バナ調査隊 2023-06-08 06:00 ラブ
愛も幸せも欲しい!恋人を選ぶときに重視すべきポイントは?
 年齢が上がるにつれて、将来を見据えた恋愛はとんでもなく重要です。  ただドキドキするだけの恋愛じゃなくて、恋人に...
若林杏樹 2023-06-07 06:00 ラブ
「逃げ癖がある男」との恋愛はほぼ100%満足ムリ! 理由&特徴を解説
「早く結婚したい!」と考えているなら、恋愛するパートナーを選ぶとき“逃げ癖がある男”は避けたほうが良いかもしれません。満...
恋バナ調査隊 2023-06-07 06:00 ラブ
夜の営み事情をママ友と話したら…レス夫婦は私だけだった
 夫婦の夜の営みの話ってママ友としますか? 「そんなの絶対にしない!」 という人もいれば「フランクにするよ~」なん...
まめ 2023-06-06 06:00 ラブ
「イタす時にお香を焚き出して…」彼氏に染み付いた元カノの影響と呪縛
 彼氏と幸せな時間を過ごしている時、ふと「今の誰の影響?」と感じる言動をされた経験はありませんか? 明らかに元カノから受...
恋バナ調査隊 2023-06-06 06:00 ラブ
携帯ショップでも炸裂!裸になるの私じゃないw 天然夫たちの爆笑エピ6選
 天然な夫を持つ妻は、毎日夫の珍行動に困りながらも癒されているといいます。抜けすぎていて不安ばかりでも、やっぱり日々笑顔...
恋バナ調査隊 2023-06-05 06:00 ラブ
「コロナ禍マジックで再婚相手を見誤った」それでも離婚しない男の打算
「冷酷と激情のあいだvol.145〜男性編〜」では、コロナ禍に結婚をした夫・タロウさん(仮名・41歳)との結婚を早まった...
並木まき 2023-06-03 10:02 ラブ
「週1の義務的な夜の生活がつらい」心の底から“コロナ婚”を悔やむ女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2023-06-03 10:01 ラブ
私たち両想いだよね? こじらせ男子あるある&彼の恋愛欲を刺激するテク
「彼も私のことが好きなはずなのに、まったく進展しない」。そんな状況にいるとじれったくてイラッとしてしまいますよね。  ...
恋バナ調査隊 2023-06-03 06:00 ラブ
モテ系女子ほど要注意?恋愛で「闇落ち」しやすいタイプって
 恋愛から遠ざかっている女性の中には、闇落ちしている人もいるのでは……?  大好きだった彼氏がいたはずなのに、何らかの...
恋バナ調査隊 2023-06-02 06:00 ラブ
中高年の恋愛リアリティー番組「あいの里」が斬新すぎる!
 Netflixで配信されている恋愛リアリティーショー『あいの里』が話題です。8人ほどの男女がシェアハウスで恋を育むだけ...
内藤みか 2023-06-01 06:00 ラブ
162円、駅前200円だけで会話成立! 交際10年超カップルの独特LINE3選
 付き合いたてホヤホヤのカップルは、LINEでラブラブな会話を楽しんでいますよね。その一方で、10年以上付き合っている熟...
恋バナ調査隊 2023-06-01 06:00 ラブ