「今の趣味は妻」と断言!40代初婚男が同世代バツ1女と結婚

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2020-09-28 18:47
投稿日:2020-09-08 06:00
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。インタビュアー・内埜(うちの)さくらがご本人に迫り、赤裸々に語っていただく連載です。

case1-1.長瀬康太さん(仮名/47歳)

(写真:iStock)
(写真:iStock)

「まさか僕が結婚できたなんて。しかも、今までの人生で一番、愛している人と毎日一緒にいられて至上最高に幸せです。妻には毎日『愛してるよ』『ありがとう』、時と場合によっては『ごめんね』という言葉を欠かしません。仕事中から妻に逢いたくて、終わったら一目散で帰宅します。結婚してから今日まで、寄り道をした日は一度もありません。独身時代は浮気したこともあったのに、こんなにも一途になれるなんて。自分でも驚いています。今の趣味は妻。特技は妻を甘やかすことです」

なぜ日本人既婚男性は“不幸話”をしたがる?

 冒頭から大ノロケ! 引く人もいるかもしれませんが筆者は、第三者に惚気(のろけ)る希少な既婚男性を前にすると頬が緩みます。日本人の既婚男性はなぜ、いまだに「ウチのカミさんとは仲良しというわけではなくて……」とか、「子どもがいるから離婚していないだけで」など、“わが家は(ひいては自分は)それほど幸福ではない自慢をするテク”を駆使する人が残存しているのでしょうか。独身時代は、その手の話を聞くとよくブチ切れていたものです。「あなたの不幸話なんて聞きたくないから黙って! 結婚願望がないわたしに、ハッピーなエピソードを自慢気に語って、わたしの願望に火をつけてみて!」と。

 本連載は40歳オーバーで結婚した男女にスポットをあてて、「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」と、お伝えすることが主旨です。だから、惚気話も大歓迎。

 今回お話を伺った大阪府出身の長瀬康太さん(仮名/47歳)は3年前、44歳のときに、同い年で東京都出身の京子さん(仮名/47歳)と結婚しました。康太さんは初婚で、京子さんはバツイチ(子どもはいない)の再婚です。

女に若さを求める男たち

 同い年の女性と44歳で結婚。40代の初婚男性って、子どもがほしいから20代の女性を娶(めと)りたい派が多数ではないの? 妥協しても高齢出産前の、30代前半までとか。子どもはどちらでもいいけど、「女房と畳は新しい方が良い」的な思想に心酔して若い女性がいいとか。そんなネット記事、うんざりするほど何十本と読んできました。「オンナに若さを求める引き換えに、アナタは経済力とか経済力とか経済力とか貯蓄とか、実年齢とはほど遠い若々しい見た目や体力や気力とか、夜の営みで妻に不満を持たせない精力とか、自分の両親を妻に介護させない準備とかしているんでしょうね!?」と、心の中で毒づきながら。

 康太さんも京子さんに出逢うまでは、「基本的に若い子が好きだった」と言います。「社会人になってからおつき合いした人の大半が年下です。熟女キャバクラ(以下、熟キャバ)が嫌いで、ガールズバーや20代のキャストがメインのキャバクラへ、時折行って遊んでいました」とも。

ラブ 新着一覧


私は本命? 男性が“最後の女”と決める5つの瞬間&目指し方
 交際が順調に進めば、「このまま彼と結婚したい」と思うのは当然のこと。しかし、なかなか結婚話が出ないと「彼にとって、私は...
恋バナ調査隊 2021-05-14 06:30 ラブ
“デキる女”感がアップ! 同棲や結婚が近づく日用品セレクト
 彼とのおうちデートや半同棲生活では、「この子は生活能力が高い」と思わせることができれば、同棲や結婚へのチャンスも近づき...
並木まき 2021-05-14 06:00 ラブ
会ってくれないのはなぜ?コロナ破局を回避するための対処法
 感染症の流行が続くなか、恋人から「もう別れよう」「もう友達に戻ろう」などと言われる女性が続出しています。その原因は女性...
内藤みか 2021-05-13 06:00 ラブ
奥手な草食系男子との恋愛…LINEはどう送る?注意点5つ
 草食系男子といえば、「恋愛に対する熱量が低く、心優しくて奥手」というイメージが強いですよね。繊細な彼らの特徴やポイント...
恋バナ調査隊 2021-05-13 06:00 ラブ
甘えたくなる〜!男子が弱いところを見せたくなる女子の特徴
 いつもは仕事などでキリッとしているカレが、素の顔や弱いところを見せてくるとキュンと来ちゃいますよね。仕事のできる男性に...
若林杏樹 2021-05-12 06:00 ラブ
男性は記念日を忘れる生き物?納得の理由&忘れさせない方法
 誕生日や付き合った記念日、結婚記念日など、女性が大切にしたい「記念日」。でも、そんな記念日を、あっさり忘れてしまうのが...
孔井嘉乃 2021-05-11 06:00 ラブ
遠距離恋愛中こそLINEを活用♡ 愛が深まる送り方5つ
 遠距離恋愛中のカップルは、会えないぶんだけ絆が深まっていくか、物理的に距離が離れた生活に心も離れてしまうかのどちらかで...
恋バナ調査隊 2021-05-11 06:00 ラブ
実は幸せかも♡ ドキドキしない恋愛の魅力&見極めポイント
「恋愛するなら、思いっきりドキドキしたい♡」と、思っている人は多いでしょう。確かに、ドキドキする恋愛は刺激的です。しかし...
恋バナ調査隊 2021-05-10 06:01 ラブ
いい匂いの女は記憶に残る…男性を魅了する香りのテクニック
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。嫌でも汗ばむ季節の到来です。今年こそ香りを操れる素敵な女性になりたいものです...
山崎世美子 2021-05-08 06:00 ラブ
男性が恐怖を感じる女性の恋愛暴走LINE…あなたは大丈夫?
 恋愛中の女性って、ついつい妄想してしまいがち。特に、LINEでのやりとりでは、相手の顔が見えないぶん、1人で勝手に暴走...
恋バナ調査隊 2021-05-08 06:00 ラブ
愛はなかった…離婚に同意するも話し合いで揉める夫の本心
「冷酷と激情のあいだvol.38〜女性編〜」では、コロナ禍だからこそ、別居婚を経て同居婚になった途端に、離婚を選ばざるを...
並木まき 2021-05-08 05:57 ラブ
同居した途端…夫への愛がないことを悟ってしまった妻の決断
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-05-08 05:56 ラブ
好きじゃない男性と付き合う5つのメリット&ポイントとは
「彼氏がいる」と聞くと、多くの人は「彼のことが好きだから付き合っている」と思うでしょう。しかし、恋愛のはじまり方はさまざ...
恋バナ調査隊 2021-05-07 06:00 ラブ
キスの場所には意味がある♡ パーツ別に隠れた14の男性心理
 恋人同士が愛情を伝えるために交わす、「キス」。実は、キスには場所ごとに意味があるのをご存知でしょうか? 今回は、厳選し...
リタ・トーコ 2021-05-07 06:00 ラブ
年下男性からの好感度アップ!年上女性のLINEメッセージテク
 最近、LINEでのモテメッセージの傾向に変化が起きています。スタンプを散りばめた派手なメッセージよりも、落ち着いたオト...
内藤みか 2021-05-06 06:00 ラブ
結婚に失敗する人の特徴&後悔しないためのチェックポイント
「いつか素敵な人と結婚して幸せになりたい」と、思っている人は多いでしょう。しかし、現実はそう甘くはありません。今では、3...
恋バナ調査隊 2021-05-06 06:00 ラブ