手抜きに見えない時短家事の方法11選♡ グッズや家電も紹介

コクハク編集部
更新日:2020-10-03 06:00
投稿日:2020-10-03 06:00
 毎日毎日、終わりの見えない家事……。ぐったりしますよね。でも、家事を手抜きしていると思われたくないのも事実。そんな悩みを抱えている人って、多いのではないでしょうか? そこで今回は、手抜き家事に見えないけれど、ズボラでもできちゃう簡単時短家事の方法やおすすめグッズをご紹介します。この時代に生まれたあなたはラッキー! 使えるものはすべて使って、自分だけの時間をたくさん確保しましょう♡

アイデア次第でどうにでもなる! 手抜きに見えない時短家事の方法5選

家事ってほんと面倒…(写真:iStock)
家事ってほんと面倒… (写真:iStock)

 さっそく、ズボラでもできる時短家事の方法をご紹介しましょう。

1. 洋服はハンガーで干してそのまま収納

 洋服を洗って畳んでしまって……という部分を省略しましょう! 洋服をハンガー収納にすれば、干したままクローゼットにしまうことができますね。こうすれば手抜き家事には見えませんし、ハンガーにかけているので洋服もシワになりにくいです。

2. 夕食はワンプレートで洗い物削減

 夕食で「主菜+副菜2品」があった場合、お皿の数はご飯や汁物と合わせても5つ。家族が入れば×人数分と、洗い物が大変です。そんな時は、小さい仕切りのあるワンプレート皿を活用しましょう。おしゃれですし、1人につき1枚のお皿しか使わないため、洗い物がとても楽になりますよ。

3. 掃除は「ながら・ついで」が基本

 掃除って、しなくても死なないからと後回しにしがち。でも、そうして汚れが溜まると、逆に面倒なことになりますよね。そこで、掃除グッズは全部、使う場所に置いておくことをご提案します! 基本は、何かのついででこまめに行うこと。

 お風呂に入りながらお風呂掃除。トイレに座りながらトイレ掃除。靴を履きながらさっと玄関掃除など、習慣にしてしまえば掃除が面倒ではなくなります。

4. 床には物を置かないルールを徹底

 床に物を置くと、掃除機をかけるたびに移動させる必要があります。もしくは、その部分だけ掃除を怠って、ホコリだらけになってしまうことも。「床に物を置かないルール」を徹底するだけで部屋もすっきりしますし、掃除する際にかなりの時短になります。

5. 献立はルーティン化しておく

 毎日の献立を考えるのって、とても面倒ですよね。そこで、献立をルーティン化しておくことをおすすめします。一週間のうち、月曜日は魚、火曜日は肉、水曜日は丼物、木曜日は麺類、金曜日は野菜、土日は残り物といったようにおおまかに決めておきます。

 さらに、煮る、揚げる、焼く、蒸すなどの調理法を交互にすることで、献立が浮かびやすくなり、マンネリ化を防ぐことにもつながりますね。

共働きにおすすめ! ズボラ家事に使いたい手抜きグッズ活用方法3選

マスキングテープで可愛くデコろう(写真:iStock)
マスキングテープで可愛くデコろう (写真:iStock)

 続いては、同居人や家族も共働きで「とにかく時間がない」という人のために、家事手抜きグッズの活用方法をご紹介します。

1. モップスリッパで床掃除

 100円ショップでも購入できる便利グッズが、「モップスリッパ」です。スリッパの底がモップになっているので、歩くだけで床掃除ができてしまいます。掃除といっても全く面倒ではないし、楽しく行えるおすすめアイテムですよ♪

2. ゴミ袋で週一回断捨離

 掃除や片付けが大変になるのは、物が多くてあるべき場所に収まらず溢れているから。でも、使わなくなったものを捨てるためにわざわざ時間をとるなんて面倒ですよね。そこで、週に一回ゴミ袋を1枚持って家中を周るようにしましょう。

 使わないなと思ったものや、1年以上使っていないものからどんどんゴミ袋に入れていきます。毎週、この袋を一杯にすると決めておくと、嫌でも断捨離できますよ。ゴミ袋に入れたものは分別して、売れるものはメルカリや買取ショップで売れば節約にもなりますね。

3. サランラップ&マスキングテープで汚れ防止

 魚焼きグリルの空気孔や壁など、ちょっとした隙間ってあっという間に油や食材のカスで汚れて掃除が大変。そんな場所には、サランラップやアルミホイルを貼り、マスキングテープで隙間をかわいく埋めて、汚れを予防しましょう。

 汚れたらラップやマスキングテープを交換するだけなので、とても楽ですよ。

手抜き家事をもっと楽にする♡ サービス&家電の活用方法3選

ロボット掃除機に掃除はおまかせ!(写真:iStock)
ロボット掃除機に掃除はおまかせ! (写真:iStock)

 最後に、手抜き家事に関するサービスや家電をご紹介します。積極的に活用しましょう。

1. 「お掃除ロボット」で時間を確保

 少し投資して「お掃除ロボット」を買うのもおすすめです。勝手に充電できるものもあるため、とにかく放置しておけばOK。毎日の床掃除の時間を、自分の時間に当てることができます♡

2. 「食洗機」を活用! 洗い物をしない

 食洗機があれば、毎日のわずらわしい洗い物がなくなります。最近では、ミニサイズや価格の安いものも販売されているので、家族の人数や用途に合わせてチェックしてみると良いですよ。

3. 家事代行サービスを使う

 家事が苦手な人や時間のない人は、思い切って「家事代行サービス」をお願いしてみるのも1つの方法。研修済みのスタッフが、掃除や洗濯、料理などをしてくれます。お金はかかりますが、時間と上質な生活を手に入れたい人にはおすすめです。

家事は手抜きしてもOK! 時短アイデアやグッズを活用しよう♡

 働きながら家事を完璧にこなせる人なんて、ほんの一握りの人しかいません。家事よりも、あなたの限られた人生の時間を有意義に過ごすことだって、大切なはず。

 ぜひ、今日から時短家事の方法や便利グッズ、サービスなどを利用して、家事に追われる日々とさよならしましょう!

コクハク編集部
記事一覧
コクハクの記事を日々更新するアラサー&アラフォー男女。XInstagram のフォローよろしくお願いします!

ライフスタイル 新着一覧


【銀座】カラオケ館が仕掛ける“ノマド喫茶”誕生!無料豚汁の具がデカい
 人気のスタバやドトールはいつも満席でカフェ難民になることもしばしばな銀座・有楽町エリア。そんな都内喫茶激戦区で、カラオ...
【独自】すいかばか'24~究極のレシピを求めて#1 「寿風土ファーム」代表・小林栄一さんのある決意
 4月の始め、白州は少し遅めの春。冬を越した畑は、春の七草ホトケノザで一面紫の絨毯のようだった。  久しぶりに会っ...
インスタは安定のウザイ投稿祭りだよ!「可愛いよ」待ちがごく痛々しい
 知人・友人の生活を垣間見ることができる、インスタ。友人の近況を知れたり、幸せのお裾分けをしてもらったりと良いところがあ...
【拡散禁止】リモートワークのサボり方を全力で考えた。25分→5分の法則
 リモートワークの醍醐味といえば何ですか? そうです、サボりですね! リモートワークのときは周りの目もないので、やらなけ...
祖父がぽつり「年上女が好きだけど誰も生きてねえ」後期高齢者のLINEには切なさがつきもの
 最近では、後期高齢者でもスマホを操り、LINEを使いこなす人も多くいます。でも、おじいちゃんやおばあちゃんから送られて...
買って正解!不正解?「ニトリ」99円バスグッズが机周りで優秀だった件
 ニトリから生まれたインテリア雑貨のお店『デコホーム』で購入したバスグッズを紹介します♪  デコホームの魅力はなん...
長崎県の池島に上陸! お土産に夢中な“たまたま”をこっそり激写
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
親の介護が必要に【専門家監修】一人で悩まない!知っておきたい公的制度
 彼女の名は、えりの。女性の心を癒すためにはじめたサロン「コクハク」のオーナーで、界隈では「えりのボス」の愛称で知られ、...
任期中に【18万円】の最低保証!シンママ生活応援プロジェクト
 ただいま、『コクハクリーダーズ』2期生を、絶賛募集中!  今回は「シングルマザー応援企画」。シングルマザーであれ...
2024-05-15 11:40 ライフスタイル
花の値段も上がる一方だが、買いに来る女は必ずしもお金持ちとは限らない
 連日連夜「これも値上がりかぁ」と悶々としております。大好きなお菓子や菓子パンのサイズや個数が減っているのを確認するたび...
在宅ワークの暇つぶしも恋バナに限る。独女、久しぶりの胸アツ実況中継
 コロナ禍で、一気に在宅ワークをする人が増えましたよね。でも会社にいる時とは違い、雑談や電話などの雑務も減るため、在宅ワ...
【常勝無敗】ビールしか勝たん!飲み会好きな40女の太らないルール3本柱
 嬉しいことに最近飲みのお誘いが増えております。コロナ禍のあの日々はいったい何だったんだ…というくらい。とはいえ、気にな...
これヒットだわ…薄い・軽い・便利!40女を身軽にするU-1000円“神”3品
「薄型」で「便利」の2つが揃ったアイテムは、自宅だけでなく、出張や旅行でも活躍間違いなし…!  40代になると、出かけ...
職場の「かまってちゃんおばさん」対処法 波風立てずに断るひと言がある
 どの職場にもほぼいる「かまってちゃんおばさん」。忙しい仕事中に「かまって」アピールされたり雑談で引き止められたりすると...
自分が負け組だと実感する6つの瞬間 凹む5秒前に唱えて欲しい魔法の言葉
「私って、もしかして負け組…?」ふとしたときに、こう感じたことがある女性は多いのではないでしょうか。今回は、負け組を実感...
夫と大喧嘩!発熱の娘に家事させるか、フツー。モヤる私はおかしいのか
 ステップファミリー6年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...