女友達にお金を貸したら整形手術を…人間関係を断捨離する時

山崎世美子 男女問題研究家
更新日:2020-09-19 06:00
投稿日:2020-09-19 06:00
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。学生時代から付き合いがある相手なのに、なんとなく最近話が合わない。一緒にいると疲れる。結婚した途端に予定が合わなくなって疎遠になった……など、そんな経験をされた方も多いでしょう。
 人生では、必要な人とのご縁は無理しなくても勝手に続くものです。今の交友関係やパートナーに違和感が出てきたなら、少し距離をとる時期なのかもしれません。ご縁のある人とは、一度離れてもまた出会います。縁を切り離すべきかどうか迷った時、まずは自分の心の整理から始めてみませんか。

大好きで結婚したその人は前世の天敵?

愛し合って結婚したはずの2人でも…(写真:iStock)
愛し合って結婚したはずの2人でも… (写真:iStock)

 結婚には、“心(魂)の成長”、“人生の修行”、“慈しむ気持ち”などの課題が隠れていたりします。まだ独身の方からすれば、“結婚”という2文字は憧れのピンク色かもしれませんが、3年も経ちゃあピンク色の幸せイメージは、残念ながらあっさりと消え去ります。「お金なんてなくてもいい!」といって一緒になっても、先々はお金でもめたりするのはよく耳にする話ですよね。

 しかし、その貧しい生活の中で、いかに前向きに生きるかががテーマとなっているわけです。妻は節約してパートに出かけて、愚痴もこぼさず明るくポジティブ。かたや夫は、仕事を転々として世間を恨んで腐ってしまった……。こんなケースは夫より妻の心(魂)が成長してしまって、夫婦それぞれのステージが変わってしまったということになります。

 2人が違うステージに立っていれば、夫婦はうまくいきません。こんな積み重ねの結果が、「離婚」になるわけです。ひとつの修業が終わったらご縁が切れて、再婚する方も今後はひとりでいる方も、知らない間に新しい課題に取り組んでいると考えれば、離婚を悲観することはありません。

 ステージが変わった相手とうまくやっていくことは、とても困難です。しかし、不思議なことに前世で仲が悪かった相手こそ、この世で結婚するご縁を持つといいます。なぜなら、苦労しないと人は成長しないから。だからかわかりませんが、ほとんどが恋愛結婚なのに、離婚理由の男女とも1位が「性格の不一致」なのかもしれませんね。

学生時代の親友が変貌したという相談

大切な親友だと思っていた(写真:iStock)
大切な親友だと思っていた (写真:iStock)

 聡明でさわやかなA子さん(28才/医療従事者)が、オフィスに来られました。高校生時代、同じ陸上部で頑張っていた親友がいたそうです。当時のふたりは髪を短く切って部活に励み、何をするにもどこへ行くにも一緒でした。

 卒業後、大学に進学したA子さんは地元を離れて上京し、サークルとバイトに明け暮れて年に数回しか実家には戻らなかったといいます。親友は進学せず地元に残り、親戚が経営する中小企業の事務員として就職しました。

 インスタもフォローしあってLINEも時々交換するなど、相変わらず気の合う2人だと思っていたのですが、徐々に親友の変貌ぶりがインスタからもはっきりと読み取れたといいます。

「なんていうか、身なりが派手になって勤めていた会社をやめて、派遣だとか言っていまして……何をしてるかわかりません……」

 実はA子さんの相談は、彼女にお金を貸しているので関係を悪くせず返してもらいたいということでした。

親友から提案された借金の返済方法

「で、A子さんおいくらほど貸しているんでしょうか?」

 まずは金額のことを確認します。

「はい。総額で40万円ほどになります。ある時は10万円。ある時は3万円。5万円だったり……この1年で貸してしまいました。一応、親友なので……」

 でも、催促すると嫌な感じになりそうなので困っている、とのこと。

 ここで、借金する人間の七不思議のひとつ。借りているくせに、返せと言うと不機嫌になる。

「A子さん、40万円って大金じゃないですか!」

 若いのに多額の融資額を聞き、驚きながら話を続けると……。

 先方(親友)は、自分ができる返済計画をA子さんに提案してきたそうです。それがなんと月々1万円、約3年3カ月かけて返済すると言ってきた。40万円というまとまった金額だからこそ値打ちもあるわけで、1万円ずつ返済されたらすぐに使ってしまいそうな額です。もちろん、金利もない優遇されたリボ払い?

「親友なので、もちろん金利なんて考えていません」

 しかし、A子さんは怒っていました。

「山崎さん、私が許せない気持ちになったのは彼女が整形手術をしていたからなんです」

関連キーワード

ライフスタイル 新着一覧


開運花師激推し!夏っぽ“黄色の花”で元気&やる気をチャージ
 びっくりするほど短かった梅雨が明け、猛烈に暑い日本でございます。 「日本の気温がヨーロッパではニュースになってい...
円安でも大満足!ダナン&ホイアン満喫、世界はもう動いてる
 こんにちは! 複業家の林知佳です(占い師もやってます!)。全4回にわたり、コロナ後初の海外について書かせていただきます...
「忘れ物が多い」と自覚するなら“時間ギリ子”の習慣をなくす
 常日頃、忘れ物が多いと悩んでいませんか? 仕事で必要な資料を家に忘れてきたり、お店に傘を忘れてきたなんて経験がある人は...
えっ“たまたま”が落ちてる?夏の夕暮れの路地で大胆ポーズ♡
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 7月4日~7月10日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
「40代の女子会」手抜きメークは“ご法度”!NGマナーの確認を
 気の合う女性同士が集まって、本音を言い合いながら楽しめる「女子会」ですが、大人になると、やはりそれなりのマナーが必要で...
「枕元に麻婆豆腐置いとくわね」世界一意地悪な姑LINE3選!
 大切な息子をとられた恨みがあるからなのか、世の中には嫁をいびる意地悪な姑が存在します。今回は、運悪く意地悪な姑と家族に...
自分ファーストは難しい…他人軸で生きる人のメンタル安定術
 みなさんは、“自分のため”だけにできる行動って何かありますか? 「スキルアップに繋がる」「誰かのためになるかも」とか...
“たまたま”そっくりな口元に注目!ソファの上で寝落ち寸前!!
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
暑い夏!“NO.1”の青い花「デルフィニウム」で頭も体も冷やす
 ここ数日の暑さには本当にまいっちゃいます。暑いのが大の苦手で、基本毎日薄着のワタクシ。夏だからとはいえ、女である以上脱...
悲劇のヒロイン説も浮上!「疲れるネガティブ」ちゃんへのお作法
「どうせ自分なんて」「もう嫌だ」……あなたの周囲にも「他人を疲れさせる」ネガティブな人はいませんか? 悲観的な発言を聞か...
事前準備が命!子連れ引っ越しこう乗り切る 2022.6.28(火)
 ただでさえ、やることだらけでバタバタするのがお引越しですが、小さな子がいる家族は環境の変化や子どもの体調など、心配事も...
タイ→ホーチミンへ!ベトナムドン、やっぱりゼロ多すぎ問題
こんにちは! 複業家の林知佳です(占い師もやってます!)。全4回にわたり、コロナ後初の海外について書かせていただきます。...
招き猫“たまたま”の「おいでおいで♪」に吸い寄せられちゃう
「にゃんたま」とは、猫の陰嚢のこと。神の作った最高傑作! 去勢前のもふもふ・カワイイ・ちょっとはずかしな“たまたま”を見...
あなたは受け恋?追い恋? 6月27日~7月4日のエレメント占い
 これまで約1万8000人を鑑定してきた占い師・林知佳が、火・地・風・水の4つのエレメントの可愛いキャラクターとともに、...
すいかばかと呼ばれる男<2>ハッパ64で10年に一度のすいかを
 山梨県のすいかの生産量は全国で最下位の47位。その山梨県北杜市で、ひとりこだわりのすいかを作る男がいる。寿風土(ことぶ...