“彼氏いない歴=年齢”はよくある? 彼氏ができない4つの原因

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-10-13 06:00
投稿日:2020-10-13 06:00
 あなたは今、好きな人はいますか? 自分の思いがなかなか実を結ばず、彼氏ができないと焦りますよね。「彼氏いない歴=年齢」が一致していると、「このまま一生彼氏ができないの!?」と不安になってしまうことも。でも、そんな時だからこそ、今一度自分の状況に向き合ってみませんか?

やばい?引く?「彼氏いない歴=年齢」女性の特徴

そんなに珍しいことじゃない(写真:iStock)
そんなに珍しいことじゃない (写真:iStock)

「彼氏いない歴=年齢」と一言で言っても、その状況はさまざま。そもそも出会いがないだけかもしれませんし、彼氏が欲しくない場合もあるかもしれません。しかし、それらを踏まえても、彼氏のいない女性に共通する特徴をひとつ挙げるとするならば、「自分の世界や状況が、自分の中で完結してしまっている」という点でしょう。

 たとえば、自分の稼ぎで自立して生活できる社会人女性の場合、男性の存在が必要ではないこともあるでしょう。また、単純に人に甘えることが苦手な女性もいます。本当はそうでなかったとしても、周囲からはそう見えている可能性も考えられますね。

意外に多い!「彼氏いない歴=年齢」の割合

 あるデータによると、恋人がいない人のうち、異性と付き合ったことのない人の割合は20代女性で23.1%、30代女性で19.6%、40代女性で16.1%となっています。(参考:ブライダル総研 恋愛観調査2014)

 未婚者全体で見ると、なんと28.9%も! つまり、未婚者の3割近くいるという結果なんです。そのため、「彼氏いない歴=年齢」は、恥ずかしいことではなく、本当は気にしなくても大丈夫ということも頭に置いておくと良いでしょう。

なぜ彼氏ができない? 考えられる4つの原因

充実した毎日を送っている(写真:iStock)
充実した毎日を送っている (写真:iStock)

 先ほどのブライダル総研の調査によると、「出会いがないから」が、彼氏ができないもっとも多い理由として挙げられています。しかし、通勤や通学の途中、いつもと違うカフェ、どこにでも異性はいるはず。まったく遭遇しない日なんてありません。

 長い間彼氏ができずに悩んでいる女性は、そういった日常で触れ合う相手と恋愛関係に発展できていないのではないでしょうか? その原因として、考えられることをご紹介します。

1. 自信がなくて相手に声をかけられない

 女性は容姿に自信がないと、相手に積極的にアプローチできない場合も多いよう。でも、「美人は3日で飽きる」と言われる通り、容姿は相手に惹かれるきっかけにしかなりません。

 長くお付き合いをするにあたって、やはり大切なのは中身。あまり自意識過剰にならず、相手のかけがえのない存在になれるように、自分の内面を磨きましょう。

 また、ちょっとぽっちゃりしていたり、お尻が大きかったり……など、女性にとってのコンプレックスが、男性の好みによっては魅力的に映ることもあります。一歩踏み出して、会話をする勇気を持てると良いですね。

2. 男性に頼ることと媚びることを混同している

 頼ることと媚びることを混同している場合は、少し厄介です。たとえば、高いところに手の届かない女性が男性に頼るような場面を見て、すかさず「男に媚びてる!」と言いたくなってしまうような女性。中には、「男性に頼ること=まるで卑しいこと」のような認識を持っている人もいるようです。

 こういった女性は、せっかく男性に頼る場面が生まれても「私は媚びない!」と、自分を抑制しがち。しかし、世の多くの男性は「女性に頼られたい」と思う傾向にあるため、頼らないことで恋愛対象から自然と外れてしまうことも。巡り巡って、自分が不利になってしまうんです。

 頼ることと媚びることは別物。パートナーと共に生きるということは「支え合うこと」だという認識を持つところからはじめましょう。

3. 男女平等を曲解して男女の違いに目を向けられない

 もうひとつ厄介なのは、男女平等を曲解している場合。仕事でもプライベートでも、「なんでも男性と同じじゃないと気が済まない」と思う人はいるでしょう。仕事をするうえでは大切な考え方でもありますが、恋愛では「相手が自分と違う生き物」という認識を持ちにくくなるので、支障が出るんです。

 体の作り、思考回路、それぞれの役割、など、男性と女性の違いはどうしたってあります。最初から「男女は違う生き物」という前提で物事を捉えて関係性を上手に構築することが、恋愛をうまくいかせる秘訣にもなると思います。

4. 女性同士のコミュニケーションに慣れ過ぎている

 女性同士のコミュニケーションに慣れ過ぎている人も、恋愛に支障が出ることがあります。「共感をしてほしい女性、解決をしようとする男性」とよく言われますが、女性ならではの完成でしか会話を発展させられないと、男性とのコミュニケーションがどうしてもとりづらくなってしまいます。男性の心理や物事の見方を、正しく認識することも大切でしょう。

 ちなみに、男性の心理を理解するには、男性の作者が描いた恋愛漫画を読むと参考になるそう。また、異性の友達と会話をするだけでも、男女の考え方の違いなどを知ることができますよ。

焦りや劣等感との向き合い方

友達の結婚にちょっと焦ることも(写真:iStock)
友達の結婚にちょっと焦ることも (写真:iStock)

 学校の友達に彼氏ができたり、会社の同僚が結婚したら、焦りや劣等感を覚えることもあるでしょう。しかし、恋愛は競争じゃありませんし、お互いの感情ありきのことですので一筋縄ではいきません。さらに、自分と合う人と出会えるかどうかは「運」も関係するため、なおさら難しいんです。

 しかし、そんな時に劣等感に囚われてしまうと、傷つかないように行動してしまい、より恋愛を遠ざけてしまうことに。気になる人ができたら、肩の力を抜いて「私はあなたに興味があるんです」という視線を向けるだけでも、関係性は変わってくるはずですよ。

大丈夫♡ まずは相手のことをまっすぐに見てみて!

焦る必要なんてない(写真:iStock)
焦る必要なんてない (写真:iStock)

 年を重ねるほどに、「彼氏いない歴=年齢」だと悩んでしまう女性は多いでしょう。ご紹介した「彼氏ができない原因」に当てはまる部分があるのであれば、あなた自身のマインドを大きく変える必要があるかもしれません。白馬の王子様を待つ時代はもう終わり。勇気を出して、自分から男性とまっすぐ向き合ってみてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


仕事帰りの隙間が正解! 警戒する彼を自然に誘うLINEテク3選
 気になる彼ができた時、あなたは積極的に誘うほうですか?  実は男性の中には、下心が見え隠れするあからさまな誘いには...
恋バナ調査隊 2022-08-14 06:00 ラブ
「少人数結婚式」意外なメリット 財布に優しいだけじゃない
 長引くコロナ禍で、今までのように盛大な結婚式を挙げにくくなってしまいましたよね。そこで今、人気なのが「少人数結婚式」で...
恋バナ調査隊 2022-08-14 06:00 ラブ
「相手男だろ?」って嫉妬!?寝る前に届いた甘い胸キュンLINE
 好きな男性からキュンとするLINEが届いて眠れなくなった……なんて経験をしている女性は意外と多いようです。  今回は...
恋バナ調査隊 2022-08-13 06:00 ラブ
「僕の妻はよく分からない人」空虚な夫婦関係を正当化する男
「冷酷と激情のあいだvol.103〜女性編〜」では、夫のユウキさんに対して“演じている自分”を崩せないまま8年もの歳月が...
並木まき 2022-08-13 06:00 ラブ
ハイスぺ男との結婚を逃すな!自分を偽り続けた40歳妻の限界
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-08-13 06:00 ラブ
若さアピールは危険! 年上男性に恋を意識させる6つのテク♡
 恋した相手が年上男性だった場合、「恋愛対象だと思われていないかも……」と不安になってしまいますよね。  今回は年上男...
恋バナ調査隊 2022-08-13 06:00 ラブ
その手があった!物欲のない彼が喜ぶプレゼントを考えてみる
 付き合いが長くなってくると、彼への誕生日プレゼントをあげ尽くしてしまい、どうしたらいいのかわからないと悩む人も多いです...
恋バナ調査隊 2022-08-12 06:00 ラブ
マッチングアプリで選ぶべき男性は? ポイント3つを押さえる
 感染症が拡大すると増えるのが、マッチングアプリをする女性たち。婚活イベントが中止になったり、規模が縮小され、出会いの機...
内藤みか 2022-08-11 06:00 ラブ
【苦痛】夫婦喧嘩、マジ疲れた…意外な原因を知っていますか
 大好きな人との結婚生活とはいえ、時には喧嘩をしてしまうこともあるでしょう。しかし、夫婦喧嘩が増えていくにつれて関係が悪...
恋バナ調査隊 2022-08-11 06:00 ラブ
私のことまだ好き? 彼氏との温度差を感じちゃった時の対処法
「尽くしていても、相手からは気持ちが感じられない……」  交際中、自分とパートナーとの間に気持ちの温度差を感じると不安...
若林杏樹 2022-08-10 06:00 ラブ
「この人はATM」夫が大嫌いでも絶対に離婚しない妻の本音
 まったく家事をする気がない、何歳になってもマザコン……。結婚生活を経て「年々夫を嫌いになっていく」なんて人もいるでしょ...
恋バナ調査隊 2022-08-10 06:00 ラブ
彼氏の体臭がきつい(涙)傷つかない3つの対処法を考えた
 40代の同世代カップルに多い悩みが「彼氏の体臭がきつい」というもの。理由は、40代を過ぎた男性は、特に加齢臭も強くなり...
恋バナ調査隊 2022-08-10 06:00 ラブ
ハロワで不採用続出!子育て真っ最中・転勤族妻の働き方事情
 ステップファミリー5年目になる占い師ライターtumugiです。私は10代でデキ婚→子ども2人連れて離婚→シングルマザー...
少女漫画さながら“胸キュン”シチュエーションで心に栄養を!
 恋愛では「シチュエーション」って大切ですよね。告白シーンなんかも、どんなシチュエーションかによって成功率が変わってくる...
恋バナ調査隊 2022-08-09 06:00 ラブ
おもちゃを使いたくて…彼氏へのプレゼントで失敗しちまった
 誕生日や記念日には、プレゼントで彼氏を喜ばせようと考える人が多いですよね。しかし彼の気持ちを汲み取ることができないと、...
恋バナ調査隊 2022-08-08 18:22 ラブ
男性が思わず周囲に紹介したくなる女性の特徴~行動&外見編
 長くお付き合いをしているのに、彼がなかなか友達や家族に紹介してくれなかったら、なんだか不安になってしまいますよね。男性...
恋バナ調査隊 2022-08-08 06:00 ラブ