婚活女性が「誰かいい人紹介して」と頼むべき人物像3タイプ

田中絵音 日本合コン協会会長
更新日:2020-09-08 06:00
投稿日:2020-09-08 06:00
「彼氏がほしい」「そろそろ結婚したい」と思っている女性なら、マッチングアプリや合コンに精を出しつつも、願わくば「誰かいい人紹介してくれないかな〜」と思っていることでしょう。
 自分がどんな人間かを知ってくれている人が、自分のことを思って相性の良さそうな男性を連れて来てくれるのですから、こんなにありがたい話はありませんよね。いわば、タダで結婚相談所に登録しているような恩恵を受けられるのですから……!
 でも、誰もが「いい人紹介して!」と言われて、本当にホイホイ紹介してくれるわけではありません。みんな自分のことで忙しいですから、まあ当然ですよね。

 そこで今回は、本当に“いい人を紹介してくれる人”の3タイプをご紹介していきます。

「いい人を紹介して」と頼むべき3つの人物像

合コンのお願いをするのはどんなタイプが向いてる?(写真:iStock)
合コンのお願いをするのはどんなタイプが向いてる? (写真:iStock)

 知人を通じて男性との出会いをお願いしたい場合、どんな人に紹介を頼めば良いのでしょうか?

 間違っても、同じく彼氏ナシの婚活女子に頼んではいけません。そんな暇があったら自分の出会いに時間を費やすでしょう。頼むべきはこの3タイプです。

1. 学級委員タイプの友人

 合コンでよく幹事をするような、面倒見のいい学級委員タイプの友人に頼みましょう。

 彼らはとにかく人に何かをしてあげるのが好きで、喜ばれることが大好き。だからこそ、顔が広くて人脈も豊富です。

 人を紹介するって、意外と時間と労力がかかるもの。

 知り合いの中から合いそうな人をピックアップして、その人に連絡を取り、了承が取れたらスケジュールの調整をして、対面場所のセッティングをして、やっと紹介する当日を迎えられるわけです。そして、当日も両者に気を遣いながら会話を進めるという……。

 こんな大変な作業を、善意でやってくれるんですよ。もう神?仏?と言っても過言ではありませんよね。それが、学級委員タイプの友人です。

2. 今、幸せそうな既婚女性

 結婚をして、今、とても幸せな奥様になった既婚の友人。

 彼女たち自身はもう結婚して満たされており、現状では「今後、自分が新しい恋をすることはない」と考えているため、人の恋愛を応援したい傾向にあります。

 結婚式でよくあるブーケトスなんかは、“友達の幸せを後押ししたい”という象徴的な表れですよね。

 そんな時に、独身の友人から「誰かいい人いない?」と聞かれたら、喜んでいい人探しに奔走してくれるはずです。 

 その中で最も紹介されやすいのが、“旦那さんの友人”です。

 想像してみてください。新婚夫婦の会話で……

妻「A子ちゃんが彼氏いないみたいなんだけど、誰かいい人いないかしら?」
夫「じゃあ、B男はどうかな? アイツ最近彼女と別れたみたいでさ」
妻「いいじゃん! 二人がくっついてくれたら、私たちも嬉しいよね♡」

 と、こんな具合で、友人はきっと旦那様と一緒に、素敵な男性を喜んで紹介してくれるでしょう。新婚カップルの会話を盛り上げる一ネタにもなりますね。

 そして、紹介される日の食事の席では、自分・紹介される男性・既婚の友人と旦那様の4人でWデートのような形になるので、さぞかし奥様方も楽しめるはず。

「女子会するなら既婚女性と」これが結婚への近道です。独身女子同士で婚活の傷を舐め合う女子会をしたところで、誰も紹介してくれませんから。

 それから間違っても、夫婦仲がうまくいってなかったり、仕事と子育てに追われて疲弊している既婚友達には、紹介を頼んではいけません。そんな余裕ないですからね。

3. 管理職以上の男友達

 経営者や管理職など、職場に自分の部下が多くいる男性もオススメです。

 彼らは自分の部下に対して「結婚して身を固めたら、もっと仕事に邁進するだろう」という期待があったり、もし自分の紹介した女性と結婚したら「自分に一生頭が上がらないだろう」というちょっとコワい思惑もあり(笑)、意外と積極的に紹介しようとしてくれます。

 もし、結婚相手に求める職種や勤め先の企業などが具体的にあるのなら、そこに属する男友達にターゲットを絞り、紹介をお願いしていくと早いです。実際にそうやって、自分が憧れている会社に勤務する男性に絞って紹介してもらうことを繰り返し、見事結婚した女性がいます。その彼女は今、セレブな奥様生活を送っていますよ。

 以上、この3タイプの人たちに「いい人を紹介して」とお願いすると、実際に動いてくれやすいです。

感謝を伝えよう

感謝の気持ちは必ず伝えよう(写真:iStock)
感謝の気持ちは必ず伝えよう (写真:iStock)

 紹介してもらったら、たとえその相手男性とうまくいかなくても「ありがとう」と感謝の気持ちを必ず伝えましょう。先述した通り、紹介してもらうまでに多大な労力をかけさせてしまっていますからね!

 くれぐれも、相手男性の悪口なんか言わないように。そんなことを言ったら、二度と誰も紹介されないでしょう。

 そして、もし紹介してもらった相手男性と結婚することになったら、結婚式には必ず招待し、なるべく前の方の席に座ってもらって、できれば祝辞を述べていただく……それこそが「愛のキューピッド冥利」に尽きると思います。

 そこからまた、一生のお付き合いが続いていくことでしょう。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


嫌われるかも…彼氏がドン引きした彼女の行動エピソード8選!
 あなたは、彼氏がドン引きするような行動を無意識にしていませんか? 彼氏との付き合いが長くなればなるほど、素が出てきてし...
恋バナ調査隊 2021-06-22 06:00 ラブ
情に引っ張られすぎてつらい…別れるべきか否かの“判断基準”
 長年連れ添ったパートナーには情が芽生えますよね。そしてその情に引っ張られ、別れるべきかどうかわからなくなることも。一体...
七味さや 2021-06-21 06:00 ラブ
“素朴女子”はなぜモテる?特徴&男性が結婚相手に選ぶ理由
 かっこいい男性の結婚相手を見て、「なんであの素朴な子が!?」って思ったことはありませんか? 実は、男性の多くは「素朴女...
恋バナ調査隊 2021-06-21 06:00 ラブ
恋愛主導権を握る♡ 効果的な“寸止めテクニック”6つ&注意点
 好意を抱いている男性からアプローチされると、すぐに誘いに乗ってしまう人が多いでしょう。しかし、相手がモテる男性だったり...
恋バナ調査隊 2021-06-20 06:00 ラブ
夫が妻に求めるたったひとつのこと~もっと愛される秘訣とは
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。“恋愛”と“結婚”についての話題って、尽きませんよね。わかり合えないから悩み...
山崎世美子 2021-06-19 06:39 ラブ
不倫相手から夫に届いた恐怖のLINE…妻が見た驚愕の内容5選
 妻に内緒でこっそり不倫を続けている夫……。いえ、気付いていないと思っているのは夫だけ。妻は気付いていない振りをしながら...
恋バナ調査隊 2021-06-19 06:09 ラブ
真心を感じられない…感情的な女性の扱いに苦心する熟年男性
「冷酷と激情のあいだvol.43〜女性編〜」では、婚活中に出会った年上男性にしつこくアプローチされていると言う女性・Oさ...
並木まき 2021-06-19 06:00 ラブ
猛アプローチの真意は?年上男性の言動に頭を抱える婚活女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-19 05:58 ラブ
運命の人だと思ったのに違った…7つの共通点&見極めるコツ
 彼と出会った時、一緒にいて落ち着いたり、偶然の共通点が多かったりすると「思わず運命の人なのかも!?」と思ってしまいます...
恋バナ調査隊 2021-06-18 06:00 ラブ
ここに来て注目…すぐに会える安心感「ご近所恋愛」のススメ
 コロナ禍は、多くの遠距離カップルを引き裂いてしまいました。会えない期間が続くと、愛情を持続させることはかなり難しくなっ...
内藤みか 2021-06-17 06:00 ラブ
離婚を後悔しがちな5つの理由&後悔しないための確認ポイント
 どんな夫婦でも、結婚が決まった時は明るい未来を想像し、お互いに幸せを感じていたでしょう。しかし、年月が過ぎ、さまざまな...
恋バナ調査隊 2021-06-17 06:00 ラブ
レスの彼との未来はある? 乗り越えるためのおすすめ解消法
 友達同士でもなかなか語り合えない「セックスの頻度」。皆さんはどれくらいでしょうか? パートナーとの夜の営みがない期間が...
若林杏樹 2021-06-16 06:00 ラブ
愛され女子のほっこりLINE♡ 彼氏の仕事の疲れを癒す内容5つ
 仕事が忙しくて、なかなか会えない彼氏……。そんな時には、「なんで会えないの!?」なんて拗ねたLINEよりも、彼氏を癒す...
恋バナ調査隊 2021-06-16 06:00 ラブ
冷凍ごはん絶対NG?ホント無理!彼のこだわりに打ち勝った日
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 08:28 ラブ
いくら美形でも…付き合いたくないモンスターイケメン体験談
 外見の良さは、人から評価されやすいものです。しかし、あまりに外見でちやほやされすぎると、コミュニケーション能力の欠如し...
ミクニシオリ 2021-06-15 06:00 ラブ
現実と向き合って!夫婦の問題から逃げるパートナーとの末路
 結婚って幸せの入り口だと思っていたのに……結婚生活を重ねるほどに浮上してくる、現実的な問題の数々。もしパートナーがこの...
七味さや 2021-06-14 06:00 ラブ