自分の彼氏と友達の彼氏を比べてしまう理由5つ&やめる方法

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-09-21 06:00
投稿日:2020-09-21 06:00
 女性はついつい自分の彼氏と友達の彼氏を比べて、優劣をつけてしまうことがあります。比べても意味がないことはわかっているのに、どうして比べてしまうのでしょうか? そこで今回は、彼氏を比べてしまう理由や対処法をご紹介します。自分に当てはまる項目があるかどうか、チェックしながら読んでみてくださいね。

自分の彼氏と友達の彼氏を比べてしまう5つの理由

 ふとした時に、自分の彼氏と友達の彼氏を比べてしまった経験がある人は多いはず。決していけないことではありませんが、しかし、頻繁に比べて一喜一憂している場合は注意が必要です。まずはじめに、なぜ比べてしまうのか、5つの理由を見ていきましょう。

1. 自分の彼氏に不満がある

 大好きだったとしても、自分の欲求をすべて満たしてくれる彼氏なんてなかなかいませんよね。「◯◯してほしいな……」「こうだったらいいのに……」など、自分の欲求が満たされない時、女性は自分の彼氏と友達の彼氏を比べてしまう傾向があります。

 人は誰しも何らかの欠点があるため、不満を持ってしまうのは仕方がないこと。しかし、欲求不満から「比較癖」がついてしまうと、恋を楽しめなくなってしまうでしょう。

2. 隣の芝生は青く見える

「隣の芝生は青く見える」という言葉は、ほかの誰かと自分を比べて羨ましくなったり、嫉妬してしまったりすることを言います。似た物を持っているのに、なぜか人が持っているものが良く見えてしまうことってありますよね?

 これは、彼氏でも同様。自分が幸せなのにも関わらず、ほかのカップルの方が幸せそうに見えて、つい比べてしまうことがあります。

3. 周囲の評価が気になる

 世間体を気にするタイプの女性は特に、「周囲からどう見られているか」が気になり、自分の彼氏と友達の彼氏を比べてしまうことがあります。

 友達の彼氏の方がイケメンだったり、高収入だったり……など、友達の彼氏のほうがハイスペックだと、自然と自分の彼氏への評価が厳しくなってしまいます。

4. 負けず嫌い

 常に自分が一番ではなくては気が済まない「負けず嫌い」のタイプの女性は、自分と友達を常に比べてしまう癖があります。

「◯◯ちゃんよりも幸せになりたい」など、自分自身の比較だけにはとどまらず、「◯◯ちゃんの彼氏の方が仕事ができる」など、彼氏のことまで比較し始めます。根本的にすべてを「勝ち負け」でしか判断できないタイプの女性の場合、比較してしまうことは避けられないのかもしれませんね。

5. 自分に自信がない

 自分に自信がなくネガティブ思考だと、たとえば優しい友達の彼氏と自分の彼氏と比べて、「彼氏が優しくしてくれないのは、自分に魅力がないから……」「あまり好かれてないからかな」と、自己否定してしまうことも。結果的に自分を追いつめてしまうこともあるので、注意が必要です。

自分の彼氏と友達の彼氏を比べるのをやめる方法

 彼氏を比べてしまう理由はそれぞれですが、いつも比較してばかりでは自分に嫌気がさしてしまいますし、彼氏にとっても失礼なことになってしまいます。では、どうやったら比べるのをやめることができるのでしょうか?

1. 彼氏の大好きな所を書き出してみる

 彼氏を比べてしまう時、どうしても悪い部分ばかりが気になってしまいがちですが、実は、自分の彼氏にしかない良い部分があるはず。まずは、彼氏の大好きな所を書き出してみましょう。

 書き出したメモを見て「この人と付き合って良かった!」という気持ちになれば、友達の彼氏と比べる必要もなくなります。

2. なぜ付き合い始めたのかを思い出す

 付き合い始めた当初は全てが新鮮で、友達の彼氏と比べることもなかったでしょう。しかし、付き合う期間が長くなるにつれて不満が増え、友達の彼氏と比べて彼氏の劣っている部分が目につくようになる人は多いはずです。

 今の彼氏となぜ付き合い始めたのか、どんな部分に魅力を感じたのか、今一度思い返してみてください。きっと、出会った頃の新鮮な気持ちが蘇るはずですよ。

3. 彼氏の大切さを再確認する

 どうしても友達の彼氏と比べてしまう時は、一度「今の彼氏と別れてしまった時」のことを想像してみましょう。「彼氏を失いたくない!」と強く感じた人は、それだけ今の彼氏を大切に思っているということ。彼氏の大切さを再認識できると、自然とほかの人と比べることも少なくなるでしょう。

4. 彼氏の見た目を改造する

 友達の彼氏が自分の彼氏よりもイケメンだったり、オシャレだったりすると、どうしても羨ましい気持ちになってしまいます。しかし、外見は努力次第で変えることが可能です。

 大事なポイントは今の彼氏を否定するのではなく、「この方が似合うよ」や「こうしたら格好いいよ」など、上手に褒めながら改造すること。彼のイメチェンを、二人で楽しむのもアリですね。

彼氏を比べてしまう自分から抜け出して幸せを掴もう!

 彼氏を比べてしまう時は、少しだけ考え方を変えてみるだけで大切さを再認識することができます。友達の彼氏がどんなに魅力的に見えても、あなたが好きになったのは目の前の彼氏なのです。

 かけがえのない大事な人を失わないためにも、彼氏を比べてしまう自分から抜け出しましょう。きっと、新しい幸せが見えるはずですよ♡

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

ラブ 新着一覧


マチアプに“借金男子”が増殖中!生活苦を訴え、カネを無心。助けを求められたら即すべきことは…
 マッチングアプリで近ごろ見かけるのが「借金男子」です。支払いが大変なので、支援してくれる女性いませんか、と呼びかけてい...
内藤みか 2024-07-25 06:00 ラブ
夫婦喧嘩は“自ら折れる”で片付ける!賢い妻は謝罪感謝をポチってハイ終了
 夫婦喧嘩をする時、自分から折れるのは悔しいと感じてしまいがち…。  でも実は、夫婦喧嘩は自ら謝ったほうが問題は解...
恋バナ調査隊 2024-07-24 06:00 ラブ
「レス離婚」は夫に慰謝料請求可能?弁護士に相談したら意外な答えが…
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  実は先日...
豆木メイ 2024-07-23 06:00 ラブ
封筒の中からオンナの毛髪が…もう恋愛したくない! ゾッとした体験談4選
 あなたは、恋愛で怖い思いをした経験があるでしょうか?  今回は、女性たちに“ゾッとした体験談”について話してもらいま...
恋バナ調査隊 2024-07-22 06:00 ラブ
すべてクロ!夫の不倫を見抜いた 探偵級妻たちの鋭すぎる「女の勘」5選
「ん? なんか怪しい…」、そんな女の勘は意外と当たるもの。実際に夫の不倫を、女の勘によって見抜いた女性たちがたくさん存在...
恋バナ調査隊 2024-07-21 06:00 ラブ
婚活市場で「尊敬婚」が増加中。男性に選ばれる女性は若さよりも収入?
 近年、「尊敬婚」が非常に増えています。以前の多くの男性の価値観は、若くて気立ての良い女性を好み、「夫を支える良き妻」が...
植草美幸 2024-07-20 06:00 ラブ
「妻とはマジで離婚」自分の親への非礼に我慢しバカにされ続けた41歳男
「冷酷と激情のあいだvol.205〜女性編〜」では、結婚12年目にして、レスを理由に夫から離婚を突きつけられた妻・絢音さ...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
「もう限界だ」レスを理由に夫から離婚届を突きつけられた41歳女の画策
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-07-20 06:00 ラブ
夜職彼氏との付き合い方「虎の巻」全方位モテ男を骨抜きに♡
「付き合い始めた彼氏が夜職で、女性との接点が多くて不安…」「彼にとって、お客様とは違う特別な女性になるにはどうすればいい...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
暑すぎる…!彼氏との幸せ気分をぶち壊す「夏の失敗デートスポット」4選
 いや日本の夏、暑すぎ〜(泣)! 最近は朝からクーラーつけないと滝汗かいちゃう毎日で、彼氏とのあまあまデートにも支障を来...
恋バナ調査隊 2024-07-19 06:00 ラブ
『バチェロレッテ・ジャパン』S3“本当”の楽しみ方 偏差値高めな人の“頭で恋する恋愛学”が詰まっている!
 恋愛リアリティー番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン3(Amazon Prime Video)が、今まで観たことが...
内藤みか 2024-07-18 06:00 ラブ
元彼と友達になるメリットとデメリット。完全に縁切りする時はいつ?
 彼氏と別れるとき、バッサリ縁を切るべきか、それとも友達になるべきか悩みませんか? そんな悩みを抱えている女性に、元彼と...
恋バナ調査隊 2024-07-18 06:00 ラブ
妻の「レスだけど仲良し」に潰された夫の本音 無言の圧力をかけてない?
 セックスレスやセルフプレジャー、夫婦の在り方などをテーマにブログやコラムを執筆している豆木メイです。  セックス...
豆木メイ 2024-07-16 06:00 ラブ
恋愛感情ない結婚の「夜事情」5選 アラフォー夫婦の“その後”を聞く
「お金のために結婚した」「親を安心させるためにお見合い結婚した」など、恋愛感情がない相手と結婚している人もいます。そんな...
恋バナ調査隊 2024-07-15 06:00 ラブ
意中の彼と“宿泊デート”。自宅まで押しかけ、時計の針は21時を過ぎた。
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。20代でハマったメタル音楽のオフ会で知り合った遠い北の地...
mirae.(みれ) 2024-07-15 06:00 ラブ
既婚女性と独身男性“禁断愛”の終わり方5選。縁はあっけなく切れるもの?
 読者の女性のなかには、独身男性と不倫している方もいるのではないでしょうか。でも、残念ながら既婚女性と独身男性の不倫はバ...
恋バナ調査隊 2024-07-14 06:00 ラブ