彼氏がいるのに好きな人ができた…どっちがいいか判断したい

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-10-19 06:43
投稿日:2020-10-19 06:00
 彼氏がいるのに好きな人ができてしまうと、本当に辛くて悩みますよね……。彼氏のことも好きだけど、新しい人のことも好きになってしまって後戻りできない。でも、新しい人と上手くいくかは現時点ではわからない。そんなループに陥ってしまった人に向けて、今回は、彼氏がいるのに好きな人ができてしまう時の心理や、どちらを選ぶか決めたい時のチェック項目をご紹介します。

彼氏がいるのに好きな人ができるのはなぜ?

どうしても考えちゃう(写真:iStock)
どうしても考えちゃう (写真:iStock)

 そもそも、どうして彼氏がいるのに好きな人ができてしまうのでしょうか? そんな状況の女性の気持ちや心理を分析してみました。

1. 彼氏に足りない部分を持っているから

 今、付き合っている彼氏に対して「ここが足りない」「ここが不満」という部分があると、どうしてもほかの男性が魅力的に見えてしまうことがあります。

 自分に対する優しさや一緒にいる時の楽しさ、価値観の一致など、彼氏に不満を抱えているなら、彼氏以外の男性の良い面ばかりが見えてしまうのは仕方のないことだと思います。

2. 彼氏よりもタイプだから

 単純に、彼氏よりもタイプの人と出会ってしまったからということもあるでしょう。タイプというのは、外見だけでなく内面も含めてです。情だけで付き合う場合を除いては、より魅力的な男性と付き合いたいという本能は誰しも持っているものかもしれません

3. 彼氏に冷めているから

 すでに彼氏への愛情が冷めてマンネリ化している時にも、ほかに好きな人ができやすいですよね。この場合、彼氏と好きな人の間で悩むのは、そのほとんどが情なのでは? こういったケースは、女性側が心の優しい人であるほどドロドロと悩んでしまうでしょう。

4. 新しい人との刺激を求めているだけ

 長い付き合いになると、刺激はほとんどなくなってしまうものです。そんな時に恋のドキドキを感じて、一時的にときめいているだけという場合も考えられます。ただ、どんな恋も時間が経てば刺激はなくなるもの。その代わりに生まれる安心感や深い愛情、幸せなどに目を向けることも大切かもしれません。

5. 新しい人に言い寄られてときめいたから

 人は誰かに好意を寄せられると、自分も同じ気持ちで返したくなる心理的傾向があります。そのため、新しい人に強く言い寄られると、相当なことがない限りは多少でも心が揺れてしまうのは仕方がないことでしょう。

彼氏or新しい人? どっちを選ぶか判断したい時の5つのチェック項目

彼氏のことは好きだけど…(写真:iStock)
彼氏のことは好きだけど… (写真:iStock)

 彼氏or新しい人、どちらを選ぶか悩んでいる場合、友達に相談するのはできればやめた方が良いかもしれません。こっちの意見が多いからと、気持ちではなく変な理屈によって相手を選んでしまったり、周囲の信頼を失ったりすることにもつながるからです。

 まずは、一旦冷静に以下のチェック項目で自分の気持ちを確認してみると良いでしょう。

1. 今の彼氏との関係に不満はある?

 新しい人のどこに惹かれていますか? もしその惹かれている部分が、今の彼氏が持っていない部分や、あなたが不満に思っていることなら、もう一つ掘り下げて質問です。

 今の彼氏への不満は、修正が可能ですか? また、修正する気持ちはありますか? 新しい人と付き合っても、必ず何らかの不満は出てくるでしょう。その時のことを想像してみてください。もし修正する気持ちが残っているなら、彼氏との関係を良いものにするよう努力してみてからでも遅くはないと思います。

2. 一時的な刺激を求めているだけではない?

 付き合いが長くなれば、刺激はだんだんとなくなります。新しい人の方がときめきが強いのは、言ってみれば当たり前なのです。そのため、胸がときめく度合いだけで判断するのは危険だといえるでしょう。なぜなら、新しい人との刺激だって、いつまでも続かない可能性があるからです。

 それでも、今の彼氏より新しい人の方が好きと思えるかをよく考えてみると良いでしょう。

3. 今の彼氏と別れて失うものはある?

 新しい人に彼氏より魅力的な部分があったとしても、逆に今の彼氏にしかない部分もあるはずです。安心感や彼氏の周りとの人間関係、自分のことを誰よりも理解してくれている人であるなど、あなたが失うものもあるかもしれません。

 それを失ってでも新しい人を選びたいかを、今一度考えてみてみましょう。

4. 彼氏が悲しむことを想像した時、辛い?

 別れ話を切り出せば、彼氏は悲しむでしょう。それを想像した時、あなたは彼氏が悲しむことを心から辛いと感じますか? その気持ちは、単なる情ではないでしょうか?

 本当に彼氏のことを大切に思うなら、辛いと感じるはずなのです。そう感じたなら、新しい人は潔く諦める方が幸せになれるのではないかと思います。

5. 彼氏に対しての気持ちは冷めている?

 もしもすでに彼氏に対しての気持ちが冷めているのなら、彼氏と別れて新しい恋愛に進むのもありかもしれません。もし自分の気持ちがわからないなら、新しい人への想いがただの尊敬やないものねだり、憧れだけではないか、一旦時間をおいてじっくり考えてみる方が良いでしょう。

彼氏がいるのに好きな人ができた時は幸せのチャンス

自分の気持ちと向き合うチャンスかも(写真:iStock)
自分の気持ちと向き合うチャンスかも (写真:iStock)

 彼氏がいるのに、好きな人ができてしまったことに罪悪感を覚える人もいるでしょう。でも、そんな必要はありません。好きな人ができてしまった時こそ、今の彼氏との関係や自分の幸せを見つめ直せるチャンスなのです。ぜひ、この機会を大切にしてしっかり自分の気持ちを確認し、さらに幸せになってくださいね!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


社内不倫は態度でバレる! 知っておきたい5つの特徴とリスク
「不倫はいけないこと」だと知っていても、密かに既婚者と関係を持っている人は少なくありません。中には、危険度の高い社内不倫...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
狙った同窓会 憧れのK君が“地味子”の私に声をかけてきた!#1
 不倫に至る経緯の一つに「同窓会」が挙げられる。単なるクラスメイトだった相手が「再会」をきっかけに男女の関係になるーー。...
蒼井凜花 2022-05-20 06:00 ラブ
冷めたんじゃない? 彼氏が付き合って変わったと思ったら…
「付き合ってすぐの頃はあんなに愛情表現をしてくれたのに……」「連絡が少なくなった……」など、付き合って態度が変わった彼氏...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
【40代の恋愛】年下男にモテる女・モテない女の決定的な違い
 40代になり、年下に恋愛対象を変える女性がいます。しかし、同じ40代女性であっても、年下男性から好かれる40代と、敬遠...
内藤みか 2022-05-19 06:00 ラブ
「バツイチ同士」恋愛成就の方程式 メリット&デメリットは?
 離婚した後に好きになった人がバツイチだった場合、「バツイチ同士の恋愛は、やめたほうがいいのかな……」と、悩んでしまうこ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
「結婚して」が一転…“浮気バレ”で涙を流した男女の地獄エピ
 愛する恋人がいたとしても、不意に魔がさして浮気をしてしまう男女がいます。悲惨なのは、それがバレた時……。今回は、アラサ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
“長年不倫愛”継続中の40代女性に衝撃の予言! 人生初「電話占い」で“第2の男”の存在が…
 不倫などの誰にも言えない悩みを胸に秘め、苦しい思いをした経験、ありませんか? 誰かに相談したい、話を聞いてもらいたい、...
内藤みか [PR] 2022-05-18 12:30 ラブ
「男性との会話が続かない」悩むのやめ!最強カンタン雑談術
 女友達なら平気なのに、男性としゃべるのが苦手だったり、うまく自分が出せなくて会話が盛り上がらない……。もしくは、盛り上...
若林杏樹 2022-05-18 06:00 ラブ
不倫常習は連休明けこそ元気!カーナビとスマホに危険サイン
「連休明けに不倫の危険が高くなる」と耳にした経験がある方も多いでしょう。実は不倫関係にある2人にとって、連休明けは密会の...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
「カネでトキメキ買うしか」不倫相手と別れを決めた誤爆LINE
 道ならぬ恋と知っているからこそ、盛り上がってしまう“不倫”。恋は盲目とはよく言ったものですね。恋は盲目とはよく言ったも...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
結婚しないカップルの特徴 幸せの価値観は人それぞれだもの
 彼氏がいて、ある程度の年齢になると多くの人は結婚を意識するでしょう。でも、必ずしも結婚しなければいけないというわけでは...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
夫に不倫がバレた! 対処法5つ&絶対にやってはいけない3つ
 結婚生活が数年続くと、刺激を求めて不倫に走ってしまう女性がいます。一般的に恋愛は自由なものではありますが、既婚者の場合...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ