彼氏の“わがまま”をひどくする!?してはいけない3つの行動

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-11-13 06:00
投稿日:2020-11-13 06:00
 わがままな彼氏と付き合うと、毎日本当に疲れますよね……。「甘やかされて育ってきただろうからどうしようもない」なんて、諦めている人も多いはず。でも実は、無意識のうちに、彼女であるあなたの行動がわがままに拍車をかけている可能性もあるんですよ。そこで今回は、彼氏のわがままをひどくする行動や、改善方法をご紹介します!

自分勝手な彼氏…わがままを言う男性心理とは?

いつだって王様気分?(写真:iStock)
いつだって王様気分? (写真:iStock)

 まずは、そもそもどうして彼女にわがままを言ってしまうのか、男性心理からチェックしていきましょう!

わがままを当たり前に聞いてくれると思っている

 幼少期から甘やかされて過保護に育てられた男性は、大人になっても「わがままは許されるもの」だと思い込んでいる可能性があります。嫌だと泣けば何でもしてもらった経験から、甘えられる彼女に対しても同じ行動をとってしまうのかもしれませんね。

「相手は自分に嫌われたくないだろう」という感情を逆手にとって、わがままがエスカレートしていく場合もあります。また、困った時にも、「誰かがどうにかしてくれるはず」と人任せな考えを持っている人も多いでしょう。

自分のプライドを守りたい

 プライドが高い男性も、わがままを言いやすい傾向にあります。「自分は彼女よりも優れている」と見下して、常に上の立場にいたいと思っているのです。こういうタイプの彼氏は、ケンカをした時などにもミスを認めないことが多いでしょう。

 わがままを言って彼女がそれに従うことで、「自分のほうが偉い立場」だということに安心したいという気持ちが表れているのかもしれません。

完璧主義で自分の意見を通したい

 彼氏の性格も、わがままに大きく影響しています。特に、完璧主義で頑固なタイプの男性は、自分が「正しい」と思ったことを貫き通さないと気が済まないため、結果的にわがままになりやすいのです。

 良い方向に向かえば大成する性格とも言えますが、彼女としては辛いですよね。真面目で不器用な面もあるため、憎みきれない点も彼女を悩ませる原因となっているでしょう。

わがままをひどくする! 彼氏に対してのNG行動&改善方法

やってもらって当たり前(写真:iStock)
やってもらって当たり前 (写真:iStock)

 続いては、彼女が無意識にしている「彼氏のわがままをひどくする行動」について、チェックしていきましょう! 併せて、改善方法もお伝えしていくので、ぜひ参考にしてくださいね。

NG行動1. 世話焼き気質で何でもしてあげる

 わがまま彼氏の彼女に多いのが、とにかく尽くしてしまう「世話焼き」タイプです。頼まれてもいないのにモーニングコールをして、部屋の掃除やご飯作り、洗濯もして……など。これでは、甘やかしてきた母親と同じ行動になってしまうので彼氏のわがままをひどくさせてしまいます。

【改善方法】

 彼氏に頼まれていないことまで、世話を焼くのはやめましょう。男性は、「自分が頑張って手に入れた」と感じるものに対しては、大切に扱う傾向があります。逆に、自分から何も頼まなくても身の回りの世話を勝手に焼いてくれる女性は、「都合のいい彼女」になりやすいので要注意です。

NG行動2. 嫌われたくないから断らない

 わがままを断ると「彼氏に嫌われるのではないか」と思って、笑顔で言うことを聞いてしまっていませんか? これは、あまりおすすめできない行動です。彼氏としては、「彼女が嫌がっていることに気付いていない」か、「嫌われないように断れないことを知っていながらわがままを言っている」かのどちらかです。

 いずれにしても、嫌なことは嫌ときちんと伝えられないままでは、彼氏のわがままを直すのは難しいでしょう。

【改善方法】

 まずはきちんと「嫌なものは嫌」と、ネガティブな気持ちも素直に伝えるようにしてみてください。いきなりわがままを断るのはハードルが高いと感じるなら、頼まれごとに対して「これはやるけど、残りはやってね」と、一部断るようにしていくとスムーズに聞き入れてもらえる可能性が高くなります。

NG行動3. 我慢するのが当たり前だと思っている

 わがままな彼氏だとわかっているのについつい言うことを聞いてしまう人は、“自己犠牲”の癖がついているのかもしれません。原因は、あなた自身に自信がない、意思を抑えてしまう癖がある、愛情深い、面倒を避けたいなど、さまざまです。

 でも、自己犠牲の精神が行き過ぎると、「なんでもしてくれるお母さん」になってしまい、彼氏の甘えやわがままもエスカレートしてしまいます。

【改善方法】

 相手に嫌われたくない、相手に好かれたいなどの「相手を基本とした考え方」を少し減らして、自分がどう感じているかを大切にしてみましょう。自分が幸せだと思えるかどうかを基準に行動していると、自然とあなたの魅力もアップし、彼氏もあなたを大切にしたいと感じてくれるはずです。

彼氏がもっとわがままになる前に自分を変えよう!

対等な関係でいるためにも(写真:iStock)
対等な関係でいるためにも (写真:iStock)

 わがままな彼氏を変えることは、とても難しいですよね。でも、自分を変えることならできるはず。変わっていくあなたに接することで、彼氏にも少なからず変化が生まれるはずですよ。我慢ばかりの関係から、幸せでお互いが楽しい関係になれるといいですね♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


夫が妻に求めるたったひとつのこと~もっと愛される秘訣とは
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。“恋愛”と“結婚”についての話題って、尽きませんよね。わかり合えないから悩み...
山崎世美子 2021-06-19 06:39 ラブ
不倫相手から夫に届いた恐怖のLINE…妻が見た驚愕の内容5選
 妻に内緒でこっそり不倫を続けている夫……。いえ、気付いていないと思っているのは夫だけ。妻は気付いていない振りをしながら...
恋バナ調査隊 2021-06-19 06:09 ラブ
真心を感じられない…感情的な女性の扱いに苦心する熟年男性
「冷酷と激情のあいだvol.43〜女性編〜」では、婚活中に出会った年上男性にしつこくアプローチされていると言う女性・Oさ...
並木まき 2021-06-19 06:00 ラブ
猛アプローチの真意は?年上男性の言動に頭を抱える婚活女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-19 05:58 ラブ
運命の人だと思ったのに違った…7つの共通点&見極めるコツ
 彼と出会った時、一緒にいて落ち着いたり、偶然の共通点が多かったりすると「思わず運命の人なのかも!?」と思ってしまいます...
恋バナ調査隊 2021-06-18 06:00 ラブ
ここに来て注目…すぐに会える安心感「ご近所恋愛」のススメ
 コロナ禍は、多くの遠距離カップルを引き裂いてしまいました。会えない期間が続くと、愛情を持続させることはかなり難しくなっ...
内藤みか 2021-06-17 06:00 ラブ
離婚を後悔しがちな5つの理由&後悔しないための確認ポイント
 どんな夫婦でも、結婚が決まった時は明るい未来を想像し、お互いに幸せを感じていたでしょう。しかし、年月が過ぎ、さまざまな...
恋バナ調査隊 2021-06-17 06:00 ラブ
レスの彼との未来はある? 乗り越えるためのおすすめ解消法
 友達同士でもなかなか語り合えない「セックスの頻度」。皆さんはどれくらいでしょうか? パートナーとの夜の営みがない期間が...
若林杏樹 2021-06-16 06:00 ラブ
愛され女子のほっこりLINE♡ 彼氏の仕事の疲れを癒す内容5つ
 仕事が忙しくて、なかなか会えない彼氏……。そんな時には、「なんで会えないの!?」なんて拗ねたLINEよりも、彼氏を癒す...
恋バナ調査隊 2021-06-16 06:00 ラブ
冷凍ごはん絶対NG?ホント無理!彼のこだわりに打ち勝った日
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 08:28 ラブ
いくら美形でも…付き合いたくないモンスターイケメン体験談
 外見の良さは、人から評価されやすいものです。しかし、あまりに外見でちやほやされすぎると、コミュニケーション能力の欠如し...
ミクニシオリ 2021-06-15 06:00 ラブ
現実と向き合って!夫婦の問題から逃げるパートナーとの末路
 結婚って幸せの入り口だと思っていたのに……結婚生活を重ねるほどに浮上してくる、現実的な問題の数々。もしパートナーがこの...
七味さや 2021-06-14 06:00 ラブ
美魔女はモテる?モテない?年齢に負けずちやほやされるコツ
 少し前に流行った、「美魔女」という言葉をご存知ですか? 一般的な定義としては、“35歳以上の才色兼備の女性”のを指すよ...
恋バナ調査隊 2021-06-14 06:00 ラブ
すぐに実践♡ 男性を虜にする効果抜群の恋愛テクニック8選
 気になる男性ができた時、「誰にでも効果のある恋愛テクニックがあればいいのになぁ」と感じたことはありませんか? 今回は、...
恋バナ調査隊 2021-06-13 06:01 ラブ
もはや誤変換の神! 彼女から届いた笑える可愛いLINE5選♡
 恋人同士の連絡ツールであるLINEには、2人のいろいろな物語が詰まっています。今回はその中でも、愛しい彼女から届いた、...
恋バナ調査隊 2021-06-12 06:00 ラブ
妻一筋で不倫しません! 夫を虜にする妻が持つ“4つの共通点”
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。芸能人の不倫スクープが山ほどクローズアップされ、今や“女遊びは芸の肥やし”と...
山崎世美子 2021-06-12 11:11 ラブ