彼氏の“わがまま”をひどくする!?してはいけない3つの行動

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-11-13 06:00
投稿日:2020-11-13 06:00
 わがままな彼氏と付き合うと、毎日本当に疲れますよね……。「甘やかされて育ってきただろうからどうしようもない」なんて、諦めている人も多いはず。でも実は、無意識のうちに、彼女であるあなたの行動がわがままに拍車をかけている可能性もあるんですよ。そこで今回は、彼氏のわがままをひどくする行動や、改善方法をご紹介します!

自分勝手な彼氏…わがままを言う男性心理とは?

いつだって王様気分?(写真:iStock)
いつだって王様気分? (写真:iStock)

 まずは、そもそもどうして彼女にわがままを言ってしまうのか、男性心理からチェックしていきましょう!

わがままを当たり前に聞いてくれると思っている

 幼少期から甘やかされて過保護に育てられた男性は、大人になっても「わがままは許されるもの」だと思い込んでいる可能性があります。嫌だと泣けば何でもしてもらった経験から、甘えられる彼女に対しても同じ行動をとってしまうのかもしれませんね。

「相手は自分に嫌われたくないだろう」という感情を逆手にとって、わがままがエスカレートしていく場合もあります。また、困った時にも、「誰かがどうにかしてくれるはず」と人任せな考えを持っている人も多いでしょう。

自分のプライドを守りたい

 プライドが高い男性も、わがままを言いやすい傾向にあります。「自分は彼女よりも優れている」と見下して、常に上の立場にいたいと思っているのです。こういうタイプの彼氏は、ケンカをした時などにもミスを認めないことが多いでしょう。

 わがままを言って彼女がそれに従うことで、「自分のほうが偉い立場」だということに安心したいという気持ちが表れているのかもしれません。

完璧主義で自分の意見を通したい

 彼氏の性格も、わがままに大きく影響しています。特に、完璧主義で頑固なタイプの男性は、自分が「正しい」と思ったことを貫き通さないと気が済まないため、結果的にわがままになりやすいのです。

 良い方向に向かえば大成する性格とも言えますが、彼女としては辛いですよね。真面目で不器用な面もあるため、憎みきれない点も彼女を悩ませる原因となっているでしょう。

わがままをひどくする! 彼氏に対してのNG行動&改善方法

やってもらって当たり前(写真:iStock)
やってもらって当たり前 (写真:iStock)

 続いては、彼女が無意識にしている「彼氏のわがままをひどくする行動」について、チェックしていきましょう! 併せて、改善方法もお伝えしていくので、ぜひ参考にしてくださいね。

NG行動1. 世話焼き気質で何でもしてあげる

 わがまま彼氏の彼女に多いのが、とにかく尽くしてしまう「世話焼き」タイプです。頼まれてもいないのにモーニングコールをして、部屋の掃除やご飯作り、洗濯もして……など。これでは、甘やかしてきた母親と同じ行動になってしまうので彼氏のわがままをひどくさせてしまいます。

【改善方法】

 彼氏に頼まれていないことまで、世話を焼くのはやめましょう。男性は、「自分が頑張って手に入れた」と感じるものに対しては、大切に扱う傾向があります。逆に、自分から何も頼まなくても身の回りの世話を勝手に焼いてくれる女性は、「都合のいい彼女」になりやすいので要注意です。

NG行動2. 嫌われたくないから断らない

 わがままを断ると「彼氏に嫌われるのではないか」と思って、笑顔で言うことを聞いてしまっていませんか? これは、あまりおすすめできない行動です。彼氏としては、「彼女が嫌がっていることに気付いていない」か、「嫌われないように断れないことを知っていながらわがままを言っている」かのどちらかです。

 いずれにしても、嫌なことは嫌ときちんと伝えられないままでは、彼氏のわがままを直すのは難しいでしょう。

【改善方法】

 まずはきちんと「嫌なものは嫌」と、ネガティブな気持ちも素直に伝えるようにしてみてください。いきなりわがままを断るのはハードルが高いと感じるなら、頼まれごとに対して「これはやるけど、残りはやってね」と、一部断るようにしていくとスムーズに聞き入れてもらえる可能性が高くなります。

NG行動3. 我慢するのが当たり前だと思っている

 わがままな彼氏だとわかっているのについつい言うことを聞いてしまう人は、“自己犠牲”の癖がついているのかもしれません。原因は、あなた自身に自信がない、意思を抑えてしまう癖がある、愛情深い、面倒を避けたいなど、さまざまです。

 でも、自己犠牲の精神が行き過ぎると、「なんでもしてくれるお母さん」になってしまい、彼氏の甘えやわがままもエスカレートしてしまいます。

【改善方法】

 相手に嫌われたくない、相手に好かれたいなどの「相手を基本とした考え方」を少し減らして、自分がどう感じているかを大切にしてみましょう。自分が幸せだと思えるかどうかを基準に行動していると、自然とあなたの魅力もアップし、彼氏もあなたを大切にしたいと感じてくれるはずです。

彼氏がもっとわがままになる前に自分を変えよう!

対等な関係でいるためにも(写真:iStock)
対等な関係でいるためにも (写真:iStock)

 わがままな彼氏を変えることは、とても難しいですよね。でも、自分を変えることならできるはず。変わっていくあなたに接することで、彼氏にも少なからず変化が生まれるはずですよ。我慢ばかりの関係から、幸せでお互いが楽しい関係になれるといいですね♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


離婚危機! 夫と妻「性格の不一致」具体例&サヨナラ回避法
 結婚したときは、誰もが「この人とだったら一生添い遂げられる」と思っているもの。しかし、実際にはさまざまな理由で離婚して...
恋バナ調査隊 2022-08-19 06:00 ラブ
シングルマザーの“リベンジ恋愛” 運命の相手探しに3つのコツ
 シングルマザーの子どもが内縁の夫に虐待される……。そんな悲しいニュースを私たちは何度も目にしています。  ひどい男に...
内藤みか 2022-08-18 06:00 ラブ
結婚生活に悪影響&イライラ! 育ち格差で悩んだら試す3カ条
 離婚率の高い日本では、価値観の違いを乗り越えられずに別れてしまう夫婦が後を経ちません。そもそも、結婚相手はまったく違う...
恋バナ調査隊 2022-08-18 06:00 ラブ
草食系男子から告白させる方法は? 女子側のアプローチが肝!
 気になっている男性と何度かデートを重ねているのに、全然発展しない……。カラオケなど密室空間にいるのに、いいムードになら...
若林杏樹 2022-08-17 06:00 ラブ
幸せな同棲は「間取り」が命!愛を育むお部屋探し3つのコツ
 彼と同棲をすることが決まったら、最初に悩むのが部屋選び。実は同棲生活ではどんな間取りの部屋にするかによって、2人の生活...
恋バナ調査隊 2022-08-17 06:00 ラブ
ステップファミリー実践中!連れ子と実子との差は埋まるのか
 ステップファミリー5年目になる会社員ライターひでまるです。私は大学卒業と同時に、当時付き合っていた彼女と結婚→当時の妻...
【40代対象】マッチングアプリの初デートでおすすめの服は?
 近年では、マッチングアプリで出会った恋人やカップルも増えているようです。なかでも特に出会いが増えるのが夏!  でも、...
恋バナ調査隊 2022-08-16 06:00 ラブ
やっちまった! 彼へのサプライズ失敗談3選…問題ぼっ発デス
 好きな男性が喜ぶ顔を思い浮かべて、サプライズを計画するのって楽しいですよね♪ 特に小洒落たバーも素敵なブランド小物も知...
恋バナ調査隊 2022-08-16 06:00 ラブ
推しメンは誰?バチェロレッテS2にみるあなたの恋愛&結婚観
 Amazon Prime Videoで7月より配信中の婚活リアリティ番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン2。1人の...
ミクニシオリ 2022-08-15 06:00 ラブ
うざい!何様?「彼氏の女友達」マウントあるある&対処法
 付き合いはじめた彼氏に仲の良い女友達がいる場合、すぐに仲良くなれるタイプの女性なら問題ありませんが、マウントを取ってく...
恋バナ調査隊 2022-08-15 06:00 ラブ
離婚寸前!?「夫婦の危機」乗り越え方&関係修復の3ステップ
 3組に1組が離婚すると言われる日本。まったく違う環境で育った他人が家族になるのですから、かなりお互いに歩み寄らないと離...
恋バナ調査隊 2022-08-15 06:00 ラブ
仕事帰りの隙間が正解! 警戒する彼を自然に誘うLINEテク3選
 気になる彼ができた時、あなたは積極的に誘うほうですか?  実は男性の中には、下心が見え隠れするあからさまな誘いには...
恋バナ調査隊 2022-08-14 06:00 ラブ
「少人数結婚式」意外なメリット 財布に優しいだけじゃない
 長引くコロナ禍で、今までのように盛大な結婚式を挙げにくくなってしまいましたよね。そこで今、人気なのが「少人数結婚式」で...
恋バナ調査隊 2022-08-14 06:00 ラブ
「相手男だろ?」って嫉妬!?寝る前に届いた甘い胸キュンLINE
 好きな男性からキュンとするLINEが届いて眠れなくなった……なんて経験をしている女性は意外と多いようです。  今回は...
恋バナ調査隊 2022-08-13 06:00 ラブ
「僕の妻はよく分からない人」空虚な夫婦関係を正当化する男
「冷酷と激情のあいだvol.103〜女性編〜」では、夫のユウキさんに対して“演じている自分”を崩せないまま8年もの歳月が...
並木まき 2022-08-13 06:00 ラブ
ハイスぺ男との結婚を逃すな!自分を偽り続けた40歳妻の限界
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-08-13 06:00 ラブ