遊び尽くした肉食系が出逢った瞬間に結婚を決意した"ひと言"

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2020-10-06 06:00
投稿日:2020-10-06 06:00
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。インタビュアー・内埜(うちの)さくらがご本人に迫り、赤裸々に語っていただく連載です。1回目2回目3回目4回目に続き、今回もお話を伺った大阪府出身の長瀬康太さん(仮名/47歳)は3年前、44歳のときに、東京都出身で同い年の京子さん(仮名/47歳)と結婚。康太さんは初婚で、京子さんはバツイチ(子どもはいない)の再婚です。

case1-5.長瀬康太さん(仮名/47歳)

(写真:iStock)
(写真:iStock)

「もっといろんな男性と出逢ってみたい」

 前回のお話では、結婚前に5回も京子さんにフラれかけたという康太さん。理由は?

「すべてを話すと長くなるので割愛しますが、僕は飲食業で仕事が終わる時間が遅いので、過去の恋人にも自宅の鍵を渡して、デートをするときは自宅で待ってもらうようにしていたんです。

 ところがある日突然、京ちゃんから『やっぱりおつき合いできない。鍵を返す』と、LINEが来ました。彼女は仕事大好きな人でそれなりに稼いでいたので、僕のように積極的に子どもは作らず、共働きが理想の同年代や年上男性からはモテるはず。

 しかも、離婚して婚活市場に出たばかりだったうえ、僕の見た目は彼女の好みではない。『もっといい人がいるかも。もっといろんな男性と出逢ってみたい』と思った、彼女なりの決断でしょう。

 僕は、『半分だけつき合っていることにしておいて。だから、まだ鍵は持っていて』と引き止めました。彼女は、『半分だけってなに!(笑)』と食いついてくれて、関係を修復できました。

 結婚前提の同棲中も、フラれかかったんです。焼酎の蔵元が集まるイベントで僕が歩くのもおぼつかないほど泥酔したとき、『家の中ではどれだけ酔っ払ってもいい。でも、玄関から一歩外を出たら社会人。あなたは蔵元とも関係がある。外ではちゃんとしてくれないと、一緒に人生を歩めません!』と、怒られました。

 会社勤めではなく、自営業でひとり、社会を生き抜いている彼女の言葉ですから、平謝りするしかありませんでした」

 なかなか京子さん、手厳しい。何回フラれても康太さんが引き止めた理由もすっごく気になるのですが。

男のプライドを捨ててしがみついた

彼女じゃないと幸せになれない(写真:iStock)
彼女じゃないと幸せになれない (写真:iStock)

「単なる直感ですし、今の結婚生活を振り返ってみて実感はしているのですが、僕は彼女じゃないと幸せになれない。彼女は僕じゃないと幸せになれないとわかっていたからです。だから、男のプライドを捨ててでもしがみつきました。

 彼女の過去の恋愛とバツイチになった理由を聞きましたが、男運が悪かっただけ。彼女は、『なぜ、ここまでつらい修行を経ないとあなたと出逢えなかったのかしら』と、よく言います。

 僕は、『もしも来世があるなら、もっと早く出逢ってお互い幸せになろう』と、答えています。人生を一緒に歩めるパートナーには、いつ出逢えるかわからないものだなと、結婚して思いました」

関連キーワード

ラブ 新着一覧


社内不倫は態度でバレる! 知っておきたい5つの特徴とリスク
「不倫はいけないこと」だと知っていても、密かに既婚者と関係を持っている人は少なくありません。中には、危険度の高い社内不倫...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
狙った同窓会 憧れのK君が“地味子”の私に声をかけてきた!#1
 不倫に至る経緯の一つに「同窓会」が挙げられる。単なるクラスメイトだった相手が「再会」をきっかけに男女の関係になるーー。...
蒼井凜花 2022-05-20 06:00 ラブ
冷めたんじゃない? 彼氏が付き合って変わったと思ったら…
「付き合ってすぐの頃はあんなに愛情表現をしてくれたのに……」「連絡が少なくなった……」など、付き合って態度が変わった彼氏...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
【40代の恋愛】年下男にモテる女・モテない女の決定的な違い
 40代になり、年下に恋愛対象を変える女性がいます。しかし、同じ40代女性であっても、年下男性から好かれる40代と、敬遠...
内藤みか 2022-05-19 06:00 ラブ
「バツイチ同士」恋愛成就の方程式 メリット&デメリットは?
 離婚した後に好きになった人がバツイチだった場合、「バツイチ同士の恋愛は、やめたほうがいいのかな……」と、悩んでしまうこ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
「結婚して」が一転…“浮気バレ”で涙を流した男女の地獄エピ
 愛する恋人がいたとしても、不意に魔がさして浮気をしてしまう男女がいます。悲惨なのは、それがバレた時……。今回は、アラサ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
“長年不倫愛”継続中の40代女性に衝撃の予言! 人生初「電話占い」で“第2の男”の存在が…
 不倫などの誰にも言えない悩みを胸に秘め、苦しい思いをした経験、ありませんか? 誰かに相談したい、話を聞いてもらいたい、...
内藤みか [PR] 2022-05-18 12:30 ラブ
「男性との会話が続かない」悩むのやめ!最強カンタン雑談術
 女友達なら平気なのに、男性としゃべるのが苦手だったり、うまく自分が出せなくて会話が盛り上がらない……。もしくは、盛り上...
若林杏樹 2022-05-18 06:00 ラブ
不倫常習は連休明けこそ元気!カーナビとスマホに危険サイン
「連休明けに不倫の危険が高くなる」と耳にした経験がある方も多いでしょう。実は不倫関係にある2人にとって、連休明けは密会の...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
「カネでトキメキ買うしか」不倫相手と別れを決めた誤爆LINE
 道ならぬ恋と知っているからこそ、盛り上がってしまう“不倫”。恋は盲目とはよく言ったものですね。恋は盲目とはよく言ったも...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
結婚しないカップルの特徴 幸せの価値観は人それぞれだもの
 彼氏がいて、ある程度の年齢になると多くの人は結婚を意識するでしょう。でも、必ずしも結婚しなければいけないというわけでは...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
夫に不倫がバレた! 対処法5つ&絶対にやってはいけない3つ
 結婚生活が数年続くと、刺激を求めて不倫に走ってしまう女性がいます。一般的に恋愛は自由なものではありますが、既婚者の場合...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ
“結婚は必要ない派”の男女が急増 長所と短所を改めて考える
 時代が大きく変化する中で、人々の結婚に対する認識も大きく変わっているようです。特に現代の人に急増しているのが、「結婚は...
恋バナ調査隊 2022-05-16 06:00 ラブ
「ドラレコで見えてるよ」浮気がバレる“冷や汗たらり”LINE
 連絡ツールとして定番のLINEですが、浮気している人にとっては、相手に浮気がバレるきっかけとなる危険なツールでもありま...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ
膝枕好きの彼はマザコンの証?男性心理を知って愛深めるテク
 膝枕が好きな男性は多いですよね。でも、彼氏からあまりにも膝枕を求められると、マザコンだったり、頼りない甘えん坊なのでは...
恋バナ調査隊 2022-05-15 06:00 ラブ