遊び尽くした肉食系が出逢った瞬間に結婚を決意した"ひと言"

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2020-10-06 06:00
投稿日:2020-10-06 06:00
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。インタビュアー・内埜(うちの)さくらがご本人に迫り、赤裸々に語っていただく連載です。1回目2回目3回目4回目に続き、今回もお話を伺った大阪府出身の長瀬康太さん(仮名/47歳)は3年前、44歳のときに、東京都出身で同い年の京子さん(仮名/47歳)と結婚。康太さんは初婚で、京子さんはバツイチ(子どもはいない)の再婚です。

case1-5.長瀬康太さん(仮名/47歳)

(写真:iStock)
(写真:iStock)

「もっといろんな男性と出逢ってみたい」

 前回のお話では、結婚前に5回も京子さんにフラれかけたという康太さん。理由は?

「すべてを話すと長くなるので割愛しますが、僕は飲食業で仕事が終わる時間が遅いので、過去の恋人にも自宅の鍵を渡して、デートをするときは自宅で待ってもらうようにしていたんです。

 ところがある日突然、京ちゃんから『やっぱりおつき合いできない。鍵を返す』と、LINEが来ました。彼女は仕事大好きな人でそれなりに稼いでいたので、僕のように積極的に子どもは作らず、共働きが理想の同年代や年上男性からはモテるはず。

 しかも、離婚して婚活市場に出たばかりだったうえ、僕の見た目は彼女の好みではない。『もっといい人がいるかも。もっといろんな男性と出逢ってみたい』と思った、彼女なりの決断でしょう。

 僕は、『半分だけつき合っていることにしておいて。だから、まだ鍵は持っていて』と引き止めました。彼女は、『半分だけってなに!(笑)』と食いついてくれて、関係を修復できました。

 結婚前提の同棲中も、フラれかかったんです。焼酎の蔵元が集まるイベントで僕が歩くのもおぼつかないほど泥酔したとき、『家の中ではどれだけ酔っ払ってもいい。でも、玄関から一歩外を出たら社会人。あなたは蔵元とも関係がある。外ではちゃんとしてくれないと、一緒に人生を歩めません!』と、怒られました。

 会社勤めではなく、自営業でひとり、社会を生き抜いている彼女の言葉ですから、平謝りするしかありませんでした」

 なかなか京子さん、手厳しい。何回フラれても康太さんが引き止めた理由もすっごく気になるのですが。

男のプライドを捨ててしがみついた

彼女じゃないと幸せになれない(写真:iStock)
彼女じゃないと幸せになれない (写真:iStock)

「単なる直感ですし、今の結婚生活を振り返ってみて実感はしているのですが、僕は彼女じゃないと幸せになれない。彼女は僕じゃないと幸せになれないとわかっていたからです。だから、男のプライドを捨ててでもしがみつきました。

 彼女の過去の恋愛とバツイチになった理由を聞きましたが、男運が悪かっただけ。彼女は、『なぜ、ここまでつらい修行を経ないとあなたと出逢えなかったのかしら』と、よく言います。

 僕は、『もしも来世があるなら、もっと早く出逢ってお互い幸せになろう』と、答えています。人生を一緒に歩めるパートナーには、いつ出逢えるかわからないものだなと、結婚して思いました」

関連キーワード

ラブ 新着一覧


彼と目が合うのは脈ありだから? 男性心理&彼の心を掴む仕草
 ふと、男性と目が合う時ってありますよね。そんな時、脈ありなのか、ただの偶然なのかがわかったらいいのに……と思う人も多い...
恋バナ調査隊 2021-10-26 06:00 ラブ
純愛と恋愛の違いは? 一途な愛を貫く男性の特徴も紹介♡
「純愛」と「恋愛」。それぞれよく聞く言葉ですが、いまいち違いについてわからないという人も多いかもしれませんね。そして、ど...
恋バナ調査隊 2021-10-26 06:00 ラブ
甘え下手な女子必見♡ 男性に上手に甘える3つの方法&注意点
 男性に上手に甘えることができない「甘え下手」な女性って、意外と多いんですよね。媚びていると思われたくない、負けず嫌いで...
恋バナ調査隊 2021-10-25 06:00 ラブ
“コロナ破局”するカップルの価値観の違い5つ&避けるポイント
 私たちの生活は、過去に経験したことのないコロナウイルスによって一変しました。恋愛にも、その影響が出ているカップルは少な...
恋バナ調査隊 2021-10-24 06:00 ラブ
男性のお金目当てで結婚する女性の特徴5つ&後悔するケース
 女性が結婚相手を選ぶ時は、人生を大きく左右するターニングポイントとも言えるでしょう。高収入男性と結婚したほうが将来の不...
恋バナ調査隊 2021-10-24 06:00 ラブ
元カノに嫉妬してつらい…気になる4つの原因&上手な対処法
 自分が彼にとってはじめての彼女でない限り、どんな男性にも存在する「元カノ」。もう関係が終わっているのはわかっているのに...
恋バナ調査隊 2021-10-23 06:00 ラブ
結婚もしてないのに…嫁姑問題を気にする恋人に辟易する男性
「冷酷と激情のあいだvol.61〜女性編〜」では、結婚を考えている彼氏・ヒロさんの母親であるユキエさんに嫌悪感を抱く女性...
並木まき 2021-10-23 06:00 ラブ
あの人が義母に…恋人の母親を好きになれなず結婚を迷う女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-10-23 06:00 ラブ
振った側だけど復縁したい!確認すべきこと&やり直す方法
 交際している時には嫌な部分ばかりが目について、彼を振ってしまった人もいるでしょう。しかし、離れてから、彼の良さに気づく...
恋バナ調査隊 2021-10-22 06:00 ラブ
ついつい自慢したくなる彼氏の特徴5つ&自慢の彼氏を作る方法
 あなたは、彼氏自慢をした経験がありますか?「自慢話」は、聞く側にとっては面倒なもの。それをわかっているはずなのに、つい...
恋バナ調査隊 2021-10-22 06:00 ラブ
コロナ禍で明暗…結婚できた女性とできなかった女性の違いは
 寒くなってくると、どうしてもお家デートが増えてしまいがち。マンネりしがちなその雰囲気の中、結婚話に進んだカップルと、結...
内藤みか 2021-10-21 06:00 ラブ
“年の差婚”はうまくいかない? 後悔してしまう3つのパターン
 年齢が大きく離れた男女が結婚する“年の差婚”。「愛に年の差は関係ない!」と、熱い愛情で結ばれた二人。もちろん、うまくい...
恋バナ調査隊 2021-10-21 06:00 ラブ
浮気させない究極の方法…バレて振られるのが怖い“いい女”に!
 “男性は浮気する生き物”なんて言いますが、女性としては到底納得できませんよね。年齢が上がるにつれて「仕方ない」と諦める...
若林杏樹 2021-10-20 06:00 ラブ
甘え下手な女性必見♡ 男性に上手に甘える3つの方法&注意点
 男性に上手に甘えることができない「甘え下手」な女性って、意外と多いんですよね。媚びていると思われたくない、負けず嫌いで...
恋バナ調査隊 2021-10-20 06:00 ラブ
納得!結婚相手は優しい人より正直な人の方が失敗しないワケ
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。今回は番外編です。のべ3000人以上の離婚案件の相談に乗ってい...
内埜さくら 2021-10-19 06:00 ラブ
付き合って3年目の男性心理…結婚してくれない理由&対処法
 付き合って3年目は、男女共に心境に変化が訪れやすい時。結婚を目的として彼と付き合っている女性は、なかなか進展がないこと...
恋バナ調査隊 2021-10-18 06:00 ラブ