遊び尽くした肉食系が出逢った瞬間に結婚を決意した"ひと言"

内埜さくら 恋愛コラムニスト
更新日:2020-10-06 06:00
投稿日:2020-10-06 06:00
「結婚できるとは思っていなかった」「結婚願望がなかった」。そんな40歳オーバーの男女が結婚に至った経緯とは――。インタビュアー・内埜(うちの)さくらがご本人に迫り、赤裸々に語っていただく連載です。1回目2回目3回目4回目に続き、今回もお話を伺った大阪府出身の長瀬康太さん(仮名/47歳)は3年前、44歳のときに、東京都出身で同い年の京子さん(仮名/47歳)と結婚。康太さんは初婚で、京子さんはバツイチ(子どもはいない)の再婚です。

case1-5.長瀬康太さん(仮名/47歳)

(写真:iStock)
(写真:iStock)

「もっといろんな男性と出逢ってみたい」

 前回のお話では、結婚前に5回も京子さんにフラれかけたという康太さん。理由は?

「すべてを話すと長くなるので割愛しますが、僕は飲食業で仕事が終わる時間が遅いので、過去の恋人にも自宅の鍵を渡して、デートをするときは自宅で待ってもらうようにしていたんです。

 ところがある日突然、京ちゃんから『やっぱりおつき合いできない。鍵を返す』と、LINEが来ました。彼女は仕事大好きな人でそれなりに稼いでいたので、僕のように積極的に子どもは作らず、共働きが理想の同年代や年上男性からはモテるはず。

 しかも、離婚して婚活市場に出たばかりだったうえ、僕の見た目は彼女の好みではない。『もっといい人がいるかも。もっといろんな男性と出逢ってみたい』と思った、彼女なりの決断でしょう。

 僕は、『半分だけつき合っていることにしておいて。だから、まだ鍵は持っていて』と引き止めました。彼女は、『半分だけってなに!(笑)』と食いついてくれて、関係を修復できました。

 結婚前提の同棲中も、フラれかかったんです。焼酎の蔵元が集まるイベントで僕が歩くのもおぼつかないほど泥酔したとき、『家の中ではどれだけ酔っ払ってもいい。でも、玄関から一歩外を出たら社会人。あなたは蔵元とも関係がある。外ではちゃんとしてくれないと、一緒に人生を歩めません!』と、怒られました。

 会社勤めではなく、自営業でひとり、社会を生き抜いている彼女の言葉ですから、平謝りするしかありませんでした」

 なかなか京子さん、手厳しい。何回フラれても康太さんが引き止めた理由もすっごく気になるのですが。

男のプライドを捨ててしがみついた

彼女じゃないと幸せになれない(写真:iStock)
彼女じゃないと幸せになれない (写真:iStock)

「単なる直感ですし、今の結婚生活を振り返ってみて実感はしているのですが、僕は彼女じゃないと幸せになれない。彼女は僕じゃないと幸せになれないとわかっていたからです。だから、男のプライドを捨ててでもしがみつきました。

 彼女の過去の恋愛とバツイチになった理由を聞きましたが、男運が悪かっただけ。彼女は、『なぜ、ここまでつらい修行を経ないとあなたと出逢えなかったのかしら』と、よく言います。

 僕は、『もしも来世があるなら、もっと早く出逢ってお互い幸せになろう』と、答えています。人生を一緒に歩めるパートナーには、いつ出逢えるかわからないものだなと、結婚して思いました」

関連キーワード

ラブ 新着一覧


積極的だと逆効果? “恋愛やりすぎアプローチ”7選&注意点
 女性から男性にアプローチするのは、とても勇気がいること。本気だからこそ「絶対に彼を振り向かせたい!」と、意気込んでいる...
恋バナ調査隊 2021-06-24 06:00 ラブ
元カレと比べてない?彼氏ができない人の残念な思考パターン
 近ごろ出会った男性とデートをしてもいまいちピンと来ない——。自分の感覚を信じるのはすごくいいことなんですが、歴代彼氏や...
若林杏樹 2021-06-23 06:00 ラブ
デートを断られた…脈ありor脈なしを見極めるポイント&対策
 女性からデートに誘うのは、とても勇気がいること。思い切って誘ったのにも関わらず、あっさりと断られてしまったら、多くの人...
恋バナ調査隊 2021-06-23 06:00 ラブ
嫌われるかも…彼氏がドン引きした彼女の行動エピソード8選!
 あなたは、彼氏がドン引きするような行動を無意識にしていませんか? 彼氏との付き合いが長くなればなるほど、素が出てきてし...
恋バナ調査隊 2021-06-22 06:00 ラブ
情に引っ張られすぎてつらい…別れるべきか否かの“判断基準”
 長年連れ添ったパートナーには情が芽生えますよね。そしてその情に引っ張られ、別れるべきかどうかわからなくなることも。一体...
七味さや 2021-06-21 06:00 ラブ
“素朴女子”はなぜモテる?特徴&男性が結婚相手に選ぶ理由
 かっこいい男性の結婚相手を見て、「なんであの素朴な子が!?」って思ったことはありませんか? 実は、男性の多くは「素朴女...
恋バナ調査隊 2021-06-21 06:00 ラブ
恋愛主導権を握る♡ 効果的な“寸止めテクニック”6つ&注意点
 好意を抱いている男性からアプローチされると、すぐに誘いに乗ってしまう人が多いでしょう。しかし、相手がモテる男性だったり...
恋バナ調査隊 2021-06-20 06:00 ラブ
夫が妻に求めるたったひとつのこと~もっと愛される秘訣とは
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。“恋愛”と“結婚”についての話題って、尽きませんよね。わかり合えないから悩み...
山崎世美子 2021-06-19 06:39 ラブ
不倫相手から夫に届いた恐怖のLINE…妻が見た驚愕の内容5選
 妻に内緒でこっそり不倫を続けている夫……。いえ、気付いていないと思っているのは夫だけ。妻は気付いていない振りをしながら...
恋バナ調査隊 2021-06-19 06:09 ラブ
真心を感じられない…感情的な女性の扱いに苦心する熟年男性
「冷酷と激情のあいだvol.43〜女性編〜」では、婚活中に出会った年上男性にしつこくアプローチされていると言う女性・Oさ...
並木まき 2021-06-19 06:00 ラブ
猛アプローチの真意は?年上男性の言動に頭を抱える婚活女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-19 05:58 ラブ
運命の人だと思ったのに違った…7つの共通点&見極めるコツ
 彼と出会った時、一緒にいて落ち着いたり、偶然の共通点が多かったりすると「思わず運命の人なのかも!?」と思ってしまいます...
恋バナ調査隊 2021-06-18 06:00 ラブ
ここに来て注目…すぐに会える安心感「ご近所恋愛」のススメ
 コロナ禍は、多くの遠距離カップルを引き裂いてしまいました。会えない期間が続くと、愛情を持続させることはかなり難しくなっ...
内藤みか 2021-06-17 06:00 ラブ
離婚を後悔しがちな5つの理由&後悔しないための確認ポイント
 どんな夫婦でも、結婚が決まった時は明るい未来を想像し、お互いに幸せを感じていたでしょう。しかし、年月が過ぎ、さまざまな...
恋バナ調査隊 2021-06-17 06:00 ラブ
レスの彼との未来はある? 乗り越えるためのおすすめ解消法
 友達同士でもなかなか語り合えない「セックスの頻度」。皆さんはどれくらいでしょうか? パートナーとの夜の営みがない期間が...
若林杏樹 2021-06-16 06:00 ラブ
愛され女子のほっこりLINE♡ 彼氏の仕事の疲れを癒す内容5つ
 仕事が忙しくて、なかなか会えない彼氏……。そんな時には、「なんで会えないの!?」なんて拗ねたLINEよりも、彼氏を癒す...
恋バナ調査隊 2021-06-16 06:00 ラブ