これって未練…? 元彼が気になる女性の6つの心理&対処法

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-06-22 06:00
投稿日:2020-06-22 06:00
 あなたは、元彼の存在を気にしたことがありますか?「まだ好きな気持ちがある」と自覚しているのであればまだしも、すでにほかの男性と交際が始まっているのにも関わらず、元彼をふと思い出してしまうと、「これって未練かな?」と自分でも考えてしまうでしょう。そこでここでは、元彼が気になる女性に隠れた心理や対処法をご紹介します。

別れたのに元彼が気になるのはなぜ? 隠れた6つの心理

なぜか思い出してしまう(写真:iStock)
なぜか思い出してしまう (写真:iStock)

 あなたには、忘れられない元彼はいますか?「どうして、こんなに元彼のことが気になるのだろう?」と、自分でも不思議に思っている人もいるでしょう。そんな女性には、自分でも気づかない心理が隠されているかもしれません。

1. まだ愛情が残っている

 お互いに「別れたい」と思って別れるのであれば良いですが、中には、一方的に男性に振られてしまった人もいるでしょう。急に別れを告げられて心が追い付いていない状態になると、別れてからも愛情が消えずに残ってしまい、元彼が気になってしまうのです。

2. 彼にライバル心を持っている

 女性は何かにつけて、人と比べる傾向にあります。元彼に対しても、別れたことでライバル心が生まれてしまうこともあるでしょう。特に、振られた場合には、その気持ちが強くなるもの。「新しい恋愛をしているのだろうか?」「私と別れても楽しく暮らしているのか?」など、元彼の近況が気になってしまいます。

3. 別れたことを後悔している、復縁を願っている

 長い間一緒にいると恋人の存在が当たり前になってしまい、相手の魅力や存在の大きさに気づけなくなってしまうことがあります。そのため、別れてから「やっぱり、彼が良かった」「彼の存在がこんなに大きかったなんて」と、後悔して復縁を願ってしまい、いつまでも元彼を気にしてしまう女性もいます。

4. 今彼と比べている

 元彼のことが気になる女性の中には、すでに新しい恋がスタートしている人もいるでしょう。本来であれば、ラブラブで幸せな時期のはずですよね。しかし、新しい彼がいるのに元彼が気になるということは、心のどこかで元彼と今彼を比べているのかもしれません。「元彼なら、こうしてくれたのに……」など、実は不満を抱えている可能性もあるでしょう。

5. 別れに納得できていない

 恋人との別れ方は、カップルの数だけあるもの。話し合い、互いに納得して別れを選択することもあれば、突然別れを告げられることもあるでしょう。その中でも「別れたくなかったのに……」と納得できていない人は、新たな恋を見つけるまで元彼のことが気になってしまうはずです。

6. 人として好きだから

 恋人の存在は家族でも友達でもない、特別なものです。一度でも互いの人生が関わった元彼だからこそ、今まで築いてきた時間を愛おしく思う人もいるでしょう。そんな元カレと、「ずっと、つながっていたい」と思う人もいます。恋愛は終わってしまっても、「人として好き」という感情があることで、別れてからも気になる存在となるのです。

元彼が気になったらどうする? 5つの対処法

お気に入りだったけど…(写真:iStock)
お気に入りだったけど… (写真:iStock)

 別れた元彼の存在をいつまでも気にしてしまい、新たな恋愛ができずに悩んでいる人もいるでしょう。元彼が気になる場合には、今後、元彼とどうしたいのかによって対処法が変わってきます。自分の素直な気持ちに向き合い、対処法を見つけましょう。

1. 彼のSNSをチェックしてみる

 元彼が気になる人の中には、「特に愛情が残っているわけでも、復縁したいわけでもない」という人もいるでしょう。これは、執着心が強い女性に多いケースです。そんな人は、元彼のSNSをチェックしてみましょう。現在の近況が分かれば、それなりに満足できるはずですよ。

2. 思い切って連絡を取る

 別れを後悔している人は当然、今、元彼がどうしているのか気になるはず。「できることなら復縁したい」と思うのであれば、勇気を出して行動するしかありません。その第一歩は、あなたから連絡を取ること。元彼も同じ気持ちであれば、自然と「会おうか」という流れになるでしょう。

 ただし、一方的にあなたが振った場合、連絡を取ること自体が身勝手だと思われてしまう可能性もあるため、慎重に行動する必要があります。

3. 思い出の品を捨てる

 辛い恋愛であったり、すでに元彼が結婚してしまったなど、できるだけ早く忘れた方が良い場合もありますね。そんな人は、前に進むためにも元彼に関係のあるものを断捨離するのがおすすめ。部屋の中にある思い出のもの、たとえば、写真やお揃いのマグカップなどを処分して、心をすっきりとさせましょう。

4. あえて思い出を振り返る

 終わってしまった恋は、知らず知らずのうちに美化してしまうものです。辛かったはずの別れですら、綺麗な思い出になってしまうことがありますよね。そのため、あえて思い出を振り返る時間を作ってみましょう。

 どんな風に別れたのか、付き合っている時の良い思い出だけではなく、悪い思い出を振り返ることで、過去の恋愛と冷静に向き合えるはずです。

5. 新たな出会いを見つける

 忘れられないことがある時には、記憶を上書きしていくことも必要です。特に、辛かった思い出であれば、楽しい思い出に塗り替えていくとよいでしょう。元彼のことが気になる人は、新たな出会いを見つけることで、思い出に縛られていたことに気づくかもしれません。

元彼が気になるなら自分と向き合って対処法を見つけよう

そろそろもう一歩踏み出すとき(写真:iStock)
そろそろもう一歩踏み出すとき (写真:iStock)

 元彼は、なんらかの理由や原因があって別れた人です。なんとなく気になるということは、実は自分でも気づいていない心理が隠れているのかもしれません。

 前に進むためには、まずは自分の本当の気持ちに気づくことが大切! 後悔しないためにも、納得のいく対処法を見つけてくださいね。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


結婚相手を見極める!郵便ポストが溜まっている男にはご用心
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。離婚に反対する親も少なくなりました。ずいぶんと時代は変化しましたが、できれば...
山崎世美子 2021-05-15 06:00 ラブ
彼はどう? 亭主関白彼氏のタイプ別特徴&上手な付き合い方
 亭主関白タイプの男性は、「男らしくてかっこいい」という意見がある反面、「自己中心的過ぎて腹が立つ!」と感じる人もいます...
恋バナ調査隊 2021-05-15 06:00 ラブ
私は本命? 男性が“最後の女”と決める5つの瞬間&目指し方
 交際が順調に進めば、「このまま彼と結婚したい」と思うのは当然のこと。しかし、なかなか結婚話が出ないと「彼にとって、私は...
恋バナ調査隊 2021-05-14 06:30 ラブ
“デキる女”感がアップ! 同棲や結婚が近づく日用品セレクト
 彼とのおうちデートや半同棲生活では、「この子は生活能力が高い」と思わせることができれば、同棲や結婚へのチャンスも近づき...
並木まき 2021-05-14 06:00 ラブ
会ってくれないのはなぜ?コロナ破局を回避するための対処法
 感染症の流行が続くなか、恋人から「もう別れよう」「もう友達に戻ろう」などと言われる女性が続出しています。その原因は女性...
内藤みか 2021-05-13 06:00 ラブ
奥手な草食系男子との恋愛…LINEはどう送る?注意点5つ
 草食系男子といえば、「恋愛に対する熱量が低く、心優しくて奥手」というイメージが強いですよね。繊細な彼らの特徴やポイント...
恋バナ調査隊 2021-05-13 06:00 ラブ
甘えたくなる〜!男子が弱いところを見せたくなる女子の特徴
 いつもは仕事などでキリッとしているカレが、素の顔や弱いところを見せてくるとキュンと来ちゃいますよね。仕事のできる男性に...
若林杏樹 2021-05-12 06:00 ラブ
男性は記念日を忘れる生き物?納得の理由&忘れさせない方法
 誕生日や付き合った記念日、結婚記念日など、女性が大切にしたい「記念日」。でも、そんな記念日を、あっさり忘れてしまうのが...
孔井嘉乃 2021-05-11 06:00 ラブ
遠距離恋愛中こそLINEを活用♡ 愛が深まる送り方5つ
 遠距離恋愛中のカップルは、会えないぶんだけ絆が深まっていくか、物理的に距離が離れた生活に心も離れてしまうかのどちらかで...
恋バナ調査隊 2021-05-11 06:00 ラブ
実は幸せかも♡ ドキドキしない恋愛の魅力&見極めポイント
「恋愛するなら、思いっきりドキドキしたい♡」と、思っている人は多いでしょう。確かに、ドキドキする恋愛は刺激的です。しかし...
恋バナ調査隊 2021-05-10 06:01 ラブ
いい匂いの女は記憶に残る…男性を魅了する香りのテクニック
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。嫌でも汗ばむ季節の到来です。今年こそ香りを操れる素敵な女性になりたいものです...
山崎世美子 2021-05-08 06:00 ラブ
男性が恐怖を感じる女性の恋愛暴走LINE…あなたは大丈夫?
 恋愛中の女性って、ついつい妄想してしまいがち。特に、LINEでのやりとりでは、相手の顔が見えないぶん、1人で勝手に暴走...
恋バナ調査隊 2021-05-08 06:00 ラブ
愛はなかった…離婚に同意するも話し合いで揉める夫の本心
「冷酷と激情のあいだvol.38〜女性編〜」では、コロナ禍だからこそ、別居婚を経て同居婚になった途端に、離婚を選ばざるを...
並木まき 2021-05-08 05:57 ラブ
同居した途端…夫への愛がないことを悟ってしまった妻の決断
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-05-08 05:56 ラブ
好きじゃない男性と付き合う5つのメリット&ポイントとは
「彼氏がいる」と聞くと、多くの人は「彼のことが好きだから付き合っている」と思うでしょう。しかし、恋愛のはじまり方はさまざ...
恋バナ調査隊 2021-05-07 06:00 ラブ
キスの場所には意味がある♡ パーツ別に隠れた14の男性心理
 恋人同士が愛情を伝えるために交わす、「キス」。実は、キスには場所ごとに意味があるのをご存知でしょうか? 今回は、厳選し...
リタ・トーコ 2021-05-07 06:00 ラブ