目指すはスルメ系女子? 噛むほどに味が出る女性の特徴7つ

リタ・トーコ ライター
更新日:2020-12-03 06:00
投稿日:2020-12-03 06:00
 男女の性質を、「◯◯系」という括りで表しがちな昨今。実は今、見直されているのが、“スルメ系女子”。その言葉の通り、スルメのように「噛めば噛むほど味が出る女性」のことを指します。そんなスルメ系女子には、モテ要素がたくさん! ぜひ、あなたもスルメ系女子をヒントに、噛むほどに味が出る女性を目指してみませんか?

噛めば噛むほど味が出る! スルメ系女子の7つの特徴

独特な世界を持つ「スルメ系女子」とは(写真:iStock)
独特な世界を持つ「スルメ系女子」とは (写真:iStock)

 さっそく、スルメ系女子の特徴をご紹介します。男性にモテる理由が、きっと納得できるはず。

1. 感情の起伏が少ない

 女性はとてもデリケート。生理前にイライラしたりするだけではなく、時にはヒステリックな感情になってしまうことってありますよね。しかし、感情の起伏が激しい女性に多くの男性は引いてしまうようです。

 その点、スルメ系女子は感情の起伏が少ないのが特徴。そういられるのは、自分の心に余裕があるからこそでしょう。周りに振り回されず、イライラなどの自分の負の感情を上手にコントロールできるスキルを持っています。

2. 良くも悪くも「普通」に見える

 スルメ系女子は、良くも悪くも「普通」に見えます。誰もが振り向く美人というわけでもなく、ガツガツ系でも引っ込み思案でもない、言ってみれば平均的な女性。しかし、会えば会うほどに居心地の良さを感じさせたりと心を掴む要素を持っているため、その不思議な魅力にハマってしまう男性は多いのです。

 要は、スルメ系女子を語る上で、ルックスはあまり関係ないのかもしれません。「美人は3日で飽きる」ではないですが、恋愛経験を重ねてきた男性がパートナーを選ぶ時、外見だけではなく、やはり内面に注目するということなんでしょう。

3. 自分の世界を持っている

 自分の世界を持っていることも、スルメ系女子の魅力の一つ。「普通に見えるのに、実は独特な趣味や特技を持っている」という女性も多く、このギャップが男性には魅力的に映るのだとか。

 何かに没頭するということは、それだけ知識も話題も増えるということ。いつもワクワクと楽しそうにしているスルメ系女子と話すと自然と元気になれたり、自分も頑張ろうという気持ちになれるため、知らず知らずのうちに惹かれてしまう男性も多いようです。

些細なことにも喜びを(写真:iStock)
些細なことにも喜びを (写真:iStock)

4. 約束やタスクをしっかり守る

 当たり前のように約束をしっかり守れるのも、スルメ系女子の良いところ。彼氏ができると、彼との約束は守っても友達との約束を大事にできなかったり、自分のやるべきことやタスクを後回しにしてしまう女性は多いです。

 しかし、約束を守れないということは、どこかしらで嘘をつくことにもつながります。そういった態度を見て彼も不信感を抱き、関係がうまくいかなくなる可能性もあるでしょう。そんな中、自分や人を大切にすることができるスルメ系女子は、彼からも周りからも信用してもらうことができる女性です。

5. 本音が分かりやすい

「察して欲しい」と思う女性は多いものの、「察する」ことが苦手な男性は多いです。このすれ違いにより、カップル内で喧嘩が起きることってよくあるんですよね。

 スルメ系女子は、本音が分かりやすいのも特徴のひとつ。ポジティブな感情やネガティブな感情が顔や態度に出やすいため、男性は「自分のしたことに対して喜んでくれている」「今、機嫌が悪いんだな」と、察することができ、お付き合いがうまくいきやすいです。

 さらに、察してくれた彼の態度に感謝の気持ちを素直に見せるため、お互いに居心地の良さを感じられるでしょう。

6. 些細なことを楽しめる

 スルメ系女子は、些細なことを楽しめるのも特徴。「この間の話、本当に面白かった」「庭に咲いたお花が綺麗だった」「私も、同じことを思ってた!」など、いつでも楽しそうにしてくれるため、男性も飽きることがありません。もはや、これは特技と言っても良いでしょう。

 また、スルメ系女子は金銭感覚がしっかりしている傾向にあります。自分はもちろん、男性に無理をさせません。男性側も気を張ることなく一緒にいられるため、安心できると思う男性は多いようです。

7.「好き」を伝え続けてくれる

 付き合った当初はお互いに燃え上がり、愛を伝え合うのは当然のこと。しかし、時間が経つにつれてだんだんと愛情表現が減ってしまい、マンネリに陥ってしまうカップルは多いですが、スルメ系女子は「好き」な気持ちをずっと表現し続けます。

 どんなに大人の男性でも、時に弱気になることはあるでしょう。自分にふと自信がなくなったそんな時、変わらぬ愛情を伝え続けてくれるスルメ系女子の存在にありがたさを感じるようです。特に、口下手だったり受け身の男性にとっては、彼女の愛情表現に対して「自分もだよ」と言葉を伝えるきっかけになりますね。

持久力が高いスルメ系女子の特徴をあなたの恋愛に活かして♡

大人らしい落ち着いた恋愛を(写真:iStock)
大人らしい落ち着いた恋愛を (写真:iStock)

 スルメ系女子の特徴すべてに共通しているのが、安定や安心を男性に与えられる点ではないでしょうか?「今日は好き」「明日は嫌い」というジェットコースターのような恋愛は若い頃こそ刺激的ですが、大人になればなるほど落ち着いた恋愛をしたいと願う男女は多いです。

 その点、普通の毎日を思い切り楽しめるスルメ系女子は、やはり「噛めば噛むほどに味が出る女性」であり、自身も「噛めば噛むほどに相手の味を発見できる女性」だと言えます。

 恋愛が長続きしないとお悩みの女性は、ぜひスルメ系女子の恋愛持久力に学んでみると良いかもしれませんよ♡

関連キーワード

ラブ 新着一覧


プロポーズ間近かも? 彼の気持ちがわかる「3つのポイント」
 彼は結婚するつもりがあるのかどうかは、恋愛中の女性ならどうしても気になってしまうところ。彼が将来のことを考えているのか...
内藤みか 2021-10-28 06:00 ラブ
会えない時間に対する男女の違い&会いたい女性になるコツ♡
 女性は、好きな男性と会えない時間が増えてくると、「彼はもう私のこと好きじゃないのかな……」と、そんなふうに感じる人も多...
恋バナ調査隊 2021-10-28 06:00 ラブ
「終わらせたい…」ズルズル続いてしまった不倫をやめる方法
「不倫なんて良くない」と頭では分かっていながら続けてしまったこの恋。もうやめたいなと思っても、なかなかやめるタイミングや...
若林杏樹 2021-10-27 06:00 ラブ
あなたは甘え上手or甘え下手? 6つの特徴&原因から診断!
 あなたは人に甘えることに対して、どんな考えを持っていますか? もしも甘え下手なタイプなら、「人に甘えるのは弱い証拠」「...
恋バナ調査隊 2021-10-27 06:00 ラブ
彼と目が合うのは脈ありだから? 男性心理&彼の心を掴む仕草
 ふと、男性と目が合う時ってありますよね。そんな時、脈ありなのか、ただの偶然なのかがわかったらいいのに……と思う人も多い...
恋バナ調査隊 2021-10-26 06:00 ラブ
純愛と恋愛の違いは? 一途な愛を貫く男性の特徴も紹介♡
「純愛」と「恋愛」。それぞれよく聞く言葉ですが、いまいち違いについてわからないという人も多いかもしれませんね。そして、ど...
恋バナ調査隊 2021-10-26 06:00 ラブ
甘え下手な女子必見♡ 男性に上手に甘える3つの方法&注意点
 男性に上手に甘えることができない「甘え下手」な女性って、意外と多いんですよね。媚びていると思われたくない、負けず嫌いで...
恋バナ調査隊 2021-10-25 06:00 ラブ
“コロナ破局”するカップルの価値観の違い5つ&避けるポイント
 私たちの生活は、過去に経験したことのないコロナウイルスによって一変しました。恋愛にも、その影響が出ているカップルは少な...
恋バナ調査隊 2021-10-24 06:00 ラブ
男性のお金目当てで結婚する女性の特徴5つ&後悔するケース
 女性が結婚相手を選ぶ時は、人生を大きく左右するターニングポイントとも言えるでしょう。高収入男性と結婚したほうが将来の不...
恋バナ調査隊 2021-10-24 06:00 ラブ
結婚もしてないのに…嫁姑問題を気にする恋人に辟易する男性
「冷酷と激情のあいだvol.61〜女性編〜」では、結婚を考えている彼氏・ヒロさんの母親であるユキエさんに嫌悪感を抱く女性...
並木まき 2021-10-23 06:00 ラブ
あの人が義母に…恋人の母親を好きになれなず結婚を迷う女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-10-23 06:00 ラブ
振った側だけど復縁したい!確認すべきこと&やり直す方法
 交際している時には嫌な部分ばかりが目について、彼を振ってしまった人もいるでしょう。しかし、離れてから、彼の良さに気づく...
恋バナ調査隊 2021-10-22 06:00 ラブ
ついつい自慢したくなる彼氏の特徴5つ&自慢の彼氏を作る方法
 あなたは、彼氏自慢をした経験がありますか?「自慢話」は、聞く側にとっては面倒なもの。それをわかっているはずなのに、つい...
恋バナ調査隊 2021-10-22 06:00 ラブ
コロナ禍で明暗…結婚できた女性とできなかった女性の違いは
 寒くなってくると、どうしてもお家デートが増えてしまいがち。マンネりしがちなその雰囲気の中、結婚話に進んだカップルと、結...
内藤みか 2021-10-21 06:00 ラブ
“年の差婚”はうまくいかない? 後悔してしまう3つのパターン
 年齢が大きく離れた男女が結婚する“年の差婚”。「愛に年の差は関係ない!」と、熱い愛情で結ばれた二人。もちろん、うまくい...
恋バナ調査隊 2021-10-21 06:00 ラブ
浮気させない究極の方法…バレて振られるのが怖い“いい女”に!
 “男性は浮気する生き物”なんて言いますが、女性としては到底納得できませんよね。年齢が上がるにつれて「仕方ない」と諦める...
若林杏樹 2021-10-20 06:00 ラブ