「好きすぎて辛い」と感じる5つの理由&楽になれる対処法

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-12-15 06:00
投稿日:2020-12-15 06:00
 誰かを好きになるというのは、とても素敵なこと。恋をすることで、生活にハリが出てきたと感じている人も多いでしょう。しかし、本来では楽しいはずの恋が「辛い」と感じる人もいます。そこで今回は、「好きすぎて辛い」と感じる理由や、楽になれる対処方法をご紹介します。

「好きすぎて辛い……」と感じる5つの原因

「好き」が迷走中…(写真:iStock)
「好き」が迷走中… (写真:iStock)

「好きすぎて辛い」と感じている人の中には、片思い中の人もいれば、すでに交際している人もいるでしょう。本当なら幸せな気分に浸っているはずなのに、「辛い」と思ってしまったら、その恋を「手放そう」と考えてしまう人もいるかもしれません。

 そもそも、「好きすぎて辛い」と感じるのはなぜなのか、その原因についてご紹介します。

1. 嫉妬心が大きくなる

 誰かを好きになったら、多くの人は「自分だけのものにしたい」と独占欲が湧いてくるもの。特に、片思い中の人であれば、「私だけを見てほしい」という気持ちが大きくなるのではないでしょうか。

 愛情が大きくなればなるほど独占欲は大きくなり、嫉妬心が芽生えてきます。その結果、彼がほかの女性と話しているだけで嫉妬したりなど、苦しい気持ちになってしまいます。

2. 彼に依存してしまう

 好きな人や恋人ができると、恋愛中心の生活になってしまう女性が少なくありません。そんなタイプの女性は、彼に依存する傾向にあります。

 愛情が大きくなるごとに彼への依存心は大きくなり、自分自身を見失ってしまうことも。好きすぎるゆえに彼中心の生活になることが、「辛い」と感じる人もいるでしょう。

3. 自分に自信がなくなる

 気になっていた彼との距離が縮まり、新しい発見をするたびに好きな気持ちが大きくなっている人もいるでしょう。

 しかし、彼があまりにも完璧だと自分への自信を失ってしまう人もいます。「私は、彼と釣り合っていないのでは?」「付き合うなんて無理」と自信を失い、好きでいることすら「辛い」と感じるようになります。

4. 仕事に集中できない

 恋愛中は、彼への「好き」という気持ちが大きくなるにつれて、彼のことを考えている時間が自然と増えていくでしょう。

 そんな女性の中には、仕事中も彼のことばかり考えてしまい、「集中できない」と感じている人もいるのではないでしょうか。ミスをしたり、ペースが落ちてくると「仕事にまで支障が出てきてしまった」と悩んでしまう人もいます。

5. 関係が壊れることへの恐怖心

「好きすぎて辛い」と感じている人の中には、すでに交際に発展している人もいるでしょう。

 一見、「付き合っているのであれば、何も辛いことなんてないだろう」と思われがちですが、付き合っているからこそ「いつか、この関係が壊れるのでは?」といった恐怖心を抱くこともあります。好きすぎるゆえに、「失うのが怖い」と不安を抱える人も多いでしょう。

「好きすぎて辛い」という気持ちへの5つの対処法

体を動かして発散!(写真:iStock)
体を動かして発散! (写真:iStock)

 好きな彼がいるというのは、幸せなこと。しかし、それにも関わらず「好きすぎて辛い」と感じるようになると、どう対処したらよいのか分からなくなってしまいますよね。そんな時には、自分が楽になれる方法を取り入れることがおすすめですよ!

1. 好きなことに没頭する

 常に彼のことばかり考えて「辛い」と感じるようになった人は、好きなことに没頭する時間を作ることがおすすめです。

 仕事、勉強、趣味、何でも構いませんから、あなたにとって「楽しい」「時間を忘れられる」と思うことをしましょう。何かに没頭する時間を作ることで、彼への依存心も少しずつ減ってくるはずです。

2. 仲の良い友達と楽しい時間を過ごす

 彼氏ができると、友達と疎遠になってしまう女性が少なくありません。彼から連絡がきたらいつでも出かけられるようにと、友達と会わずに過ごしている人もいるでしょう。

 そんな人は、あえて友達との時間を作ることがおすすめ。好きな彼との時間は楽しいですが、それだけでは世界が狭くなってしまいますし、依存して重たい女になってしまうかもしれませんよ。

3. 運動して汗を流す

 大人になると、身体を動かす機会が少なくなってしまうもの。しかし、心がモヤモヤした時には、運動をして汗を流すのも最適です。

 もともと身体を動かすことが好きな人であれば、汗を思い切りかくことで体がすっきりするだけでなく、心まで軽くすることができるでしょう。

4. 考え込む時間を作らない

 彼が好きすぎて「辛い」と感じている人の中には、一人時間が長い人もいるでしょう。一人で過ごす時間、何もしない時間があれば、当然、嫌でも彼のことを考えることになります。

 そのため、「辛い」と感じた時には、考え込む時間を作らないことも大切。彼のことを考えはじめたら、あえて本を読む、映画を観る、外出するなどして、気持ちをほかに向けるようにしましょう。

5. 彼のSNSをチェックしない

 好きな人ができると、ついついその人のSNSを小まめにチェックしてしまうもの。「彼のことをもっと知りたい!」と思うと、一日に何度もチェックしてしまう人もいるでしょう。

 しかし、これでは彼のことが頭から離れず、「好きすぎて辛い」と思うのは当然。この状況から打破するためには、まずはSNSのチェックをやめましょう。

「好きすぎて辛い」と思うくらい人を好きになるのは素敵なこと!

好きすぎて辛いなんて羨ましい(写真:iStock)
好きすぎて辛いなんて羨ましい (写真:iStock)

 本来であれば、「辛い」という感情はネガティブなものです。しかし、誰かのことを「好きすぎて辛い」と感じるのは、決して悪いことではありません。それだけ人を好きになれるというのは、素敵なことなんです。そう切り替えることができれば、ポジティブな対処方法も見えてくるはず!

「彼のことを好きになりすぎて、辛い……」と感じている人は、こちらを参考に原因と対処方法を見つけてくださいね!

恋バナ調査隊
記事一覧
ライター女子部
趣味:恋愛、特技:恋愛――。3度の食事よりも男女の話題が大好き。日々、恋愛や結婚について考え、あれこれ調査しているアラサー&アラフォー女性集団。

ラブ 新着一覧


ゾッコンした女は恋愛上級系?それなら…交際戸惑う48歳バツ1男の胸の内
「冷酷と激情のあいだvol.200〜女性編〜」では、たまたま入ったバーで出会った男性と友達以上恋人未満の関係が続き、40...
並木まき 2024-06-22 06:00 ラブ
40代、昔なら“無い男”と告白前旅行はアリ?恋の始め方を見失う45歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-22 06:00 ラブ
人気の電話占い師は20年前からお見通し 新しい彼氏が最速でできる方法
 恋をすると占い師に頼る女性がかなり多いのではないかと思います。特に梅雨時は、気持ちもじめっとしてしまうのか、思い悩んで...
内藤みか 2024-06-20 06:00 ラブ
略奪婚その後の幸せは確約されていない? 4人の女が直面したリアルな現実
 不倫の末に掴む幸せは、果たして長く続くのでしょうか?  今回は“略奪婚のその後”に迫ります。現在不倫中で、相手と...
恋バナ調査隊 2024-06-19 06:00 ラブ
【調香師監修】4タイプ別 熱い夏に負けないスパイシーな香り&オイル解説
 夏になるとスパイスの効いた料理が食べたくなりませんか? スパイスには体の代謝を高めて血行をよくする働きがあり、中東など...
太田奈月 2024-06-18 06:00 ラブ
「なぜ不倫したかって? お宅の夫に騙されたからよ」不倫女の言い分7選
 婚期を逃したり、相手の奥さんにバレて慰謝料を請求されたりと、不倫はハイリスクですよね。なのになぜ、不倫する女性が後を絶...
恋バナ調査隊 2024-06-17 06:00 ラブ
50歳独女の初体験未遂は突然始まった。オタのオフ会で男を物色したら…
 パートナーなしの50歳独女ライター、mirae.(みれ)です。あなたは大好きな人に「うちに泊まっていく?」って誘われた...
mirae.(みれ) 2024-06-17 06:00 ラブ
「俺って特別な存在?」まで聞いといて言わんのかーい! 告らせたい男と女の攻防戦はLINEでも
 好きな男性には、自分から告白するより告白されたいですよね。いい雰囲気になってきたら「今言って!」と、告白を引き出したく...
恋バナ調査隊 2024-06-16 06:00 ラブ
成長させてあげる…? 男への違和感はスルー厳禁!勘が命中したLINE
「女の直感は当たる」といわれている通り、女性の「ん…?」という違和感は意外と当たるもの。信頼している彼氏やちょっといいな...
恋バナ調査隊 2024-06-15 06:00 ラブ
「倦怠期は不可避だ」運命の女と交際2年半、絶望に占領されるハイスぺ男
「冷酷と激情のあいだvol.199〜女性編〜」では、あえて結婚も同棲もしないスタイルで生涯を添い遂げると決めた恋人・カズ...
並木まき 2024-06-15 06:00 ラブ
年収計2000万のパワーカップルに暗雲?レス問題回避に失敗した46歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-15 06:00 ラブ
無意識な結婚ハラスメントにご用心!恋バナの延長線じゃすまないNG3つ
 結婚ハラスメント、いわゆる「マリハラ」をご存知でしょうか? 最近は何かとハラスメントに厳しいご時世、結婚についての話題...
恋バナ調査隊 2024-06-15 06:00 ラブ
熊谷真実、磯野貴理子は何が…2度3度結婚する中高年女性に特殊技能?
 女優の熊谷真実(64)が今月4日、自身のインスタグラムを更新し、ウエディングドレスの写真とともに結婚パーティーをしたこ...
そこ見る!? ヒモ男とヒモを飼いたい女性のリアリティーショーがすごい
 近頃、恋愛リアリティーショーも細分化されてきています。  バツイチだけの恋愛リアリティーや男性同士の恋愛リアリティー...
内藤みか 2024-06-13 06:00 ラブ
韓国人彼氏はプリンにも嫉妬なんてかわゆ♡ 日韓カップルのLINEを覗き見
 韓流ドラマなどを見ていると、主人公によくいる紳士的で優しい韓国人彼氏に憧れますよね!  実際に、韓国人彼氏がいる...
恋バナ調査隊 2024-06-12 06:00 ラブ
「恋愛も結婚も女性もわからなくて」色恋経験ゼロ男が淡泊に描く既定路線
「冷酷と激情のあいだvol.198〜女性編〜」では、結婚前提で交際する5歳年上の生真面目な恋人・サトルさん(46歳・仮名...
並木まき 2024-06-08 06:00 ラブ