「好きすぎて辛い」と感じる5つの理由&楽になれる対処法

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-12-15 06:00
投稿日:2020-12-15 06:00
 誰かを好きになるというのは、とても素敵なこと。恋をすることで、生活にハリが出てきたと感じている人も多いでしょう。しかし、本来では楽しいはずの恋が「辛い」と感じる人もいます。そこで今回は、「好きすぎて辛い」と感じる理由や、楽になれる対処方法をご紹介します。

「好きすぎて辛い……」と感じる5つの原因

「好き」が迷走中…(写真:iStock)
「好き」が迷走中… (写真:iStock)

「好きすぎて辛い」と感じている人の中には、片思い中の人もいれば、すでに交際している人もいるでしょう。本当なら幸せな気分に浸っているはずなのに、「辛い」と思ってしまったら、その恋を「手放そう」と考えてしまう人もいるかもしれません。

 そもそも、「好きすぎて辛い」と感じるのはなぜなのか、その原因についてご紹介します。

1. 嫉妬心が大きくなる

 誰かを好きになったら、多くの人は「自分だけのものにしたい」と独占欲が湧いてくるもの。特に、片思い中の人であれば、「私だけを見てほしい」という気持ちが大きくなるのではないでしょうか。

 愛情が大きくなればなるほど独占欲は大きくなり、嫉妬心が芽生えてきます。その結果、彼がほかの女性と話しているだけで嫉妬したりなど、苦しい気持ちになってしまいます。

2. 彼に依存してしまう

 好きな人や恋人ができると、恋愛中心の生活になってしまう女性が少なくありません。そんなタイプの女性は、彼に依存する傾向にあります。

 愛情が大きくなるごとに彼への依存心は大きくなり、自分自身を見失ってしまうことも。好きすぎるゆえに彼中心の生活になることが、「辛い」と感じる人もいるでしょう。

3. 自分に自信がなくなる

 気になっていた彼との距離が縮まり、新しい発見をするたびに好きな気持ちが大きくなっている人もいるでしょう。

 しかし、彼があまりにも完璧だと自分への自信を失ってしまう人もいます。「私は、彼と釣り合っていないのでは?」「付き合うなんて無理」と自信を失い、好きでいることすら「辛い」と感じるようになります。

4. 仕事に集中できない

 恋愛中は、彼への「好き」という気持ちが大きくなるにつれて、彼のことを考えている時間が自然と増えていくでしょう。

 そんな女性の中には、仕事中も彼のことばかり考えてしまい、「集中できない」と感じている人もいるのではないでしょうか。ミスをしたり、ペースが落ちてくると「仕事にまで支障が出てきてしまった」と悩んでしまう人もいます。

5. 関係が壊れることへの恐怖心

「好きすぎて辛い」と感じている人の中には、すでに交際に発展している人もいるでしょう。

 一見、「付き合っているのであれば、何も辛いことなんてないだろう」と思われがちですが、付き合っているからこそ「いつか、この関係が壊れるのでは?」といった恐怖心を抱くこともあります。好きすぎるゆえに、「失うのが怖い」と不安を抱える人も多いでしょう。

「好きすぎて辛い」という気持ちへの5つの対処法

体を動かして発散!(写真:iStock)
体を動かして発散! (写真:iStock)

 好きな彼がいるというのは、幸せなこと。しかし、それにも関わらず「好きすぎて辛い」と感じるようになると、どう対処したらよいのか分からなくなってしまいますよね。そんな時には、自分が楽になれる方法を取り入れることがおすすめですよ!

1. 好きなことに没頭する

 常に彼のことばかり考えて「辛い」と感じるようになった人は、好きなことに没頭する時間を作ることがおすすめです。

 仕事、勉強、趣味、何でも構いませんから、あなたにとって「楽しい」「時間を忘れられる」と思うことをしましょう。何かに没頭する時間を作ることで、彼への依存心も少しずつ減ってくるはずです。

2. 仲の良い友達と楽しい時間を過ごす

 彼氏ができると、友達と疎遠になってしまう女性が少なくありません。彼から連絡がきたらいつでも出かけられるようにと、友達と会わずに過ごしている人もいるでしょう。

 そんな人は、あえて友達との時間を作ることがおすすめ。好きな彼との時間は楽しいですが、それだけでは世界が狭くなってしまいますし、依存して重たい女になってしまうかもしれませんよ。

3. 運動して汗を流す

 大人になると、身体を動かす機会が少なくなってしまうもの。しかし、心がモヤモヤした時には、運動をして汗を流すのも最適です。

 もともと身体を動かすことが好きな人であれば、汗を思い切りかくことで体がすっきりするだけでなく、心まで軽くすることができるでしょう。

4. 考え込む時間を作らない

 彼が好きすぎて「辛い」と感じている人の中には、一人時間が長い人もいるでしょう。一人で過ごす時間、何もしない時間があれば、当然、嫌でも彼のことを考えることになります。

 そのため、「辛い」と感じた時には、考え込む時間を作らないことも大切。彼のことを考えはじめたら、あえて本を読む、映画を観る、外出するなどして、気持ちをほかに向けるようにしましょう。

5. 彼のSNSをチェックしない

 好きな人ができると、ついついその人のSNSを小まめにチェックしてしまうもの。「彼のことをもっと知りたい!」と思うと、一日に何度もチェックしてしまう人もいるでしょう。

 しかし、これでは彼のことが頭から離れず、「好きすぎて辛い」と思うのは当然。この状況から打破するためには、まずはSNSのチェックをやめましょう。

「好きすぎて辛い」と思うくらい人を好きになるのは素敵なこと!

好きすぎて辛いなんて羨ましい(写真:iStock)
好きすぎて辛いなんて羨ましい (写真:iStock)

 本来であれば、「辛い」という感情はネガティブなものです。しかし、誰かのことを「好きすぎて辛い」と感じるのは、決して悪いことではありません。それだけ人を好きになれるというのは、素敵なことなんです。そう切り替えることができれば、ポジティブな対処方法も見えてくるはず!

「彼のことを好きになりすぎて、辛い……」と感じている人は、こちらを参考に原因と対処方法を見つけてくださいね!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


冷凍ごはん絶対NG?ホント無理!彼のこだわりに打ち勝った日
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 08:28 ラブ
いくら美形でも…付き合いたくないモンスターイケメン体験談
 外見の良さは、人から評価されやすいものです。しかし、あまりに外見でちやほやされすぎると、コミュニケーション能力の欠如し...
ミクニシオリ 2021-06-15 06:00 ラブ
現実と向き合って!夫婦の問題から逃げるパートナーとの末路
 結婚って幸せの入り口だと思っていたのに……結婚生活を重ねるほどに浮上してくる、現実的な問題の数々。もしパートナーがこの...
七味さや 2021-06-14 06:00 ラブ
美魔女はモテる?モテない?年齢に負けずちやほやされるコツ
 少し前に流行った、「美魔女」という言葉をご存知ですか? 一般的な定義としては、“35歳以上の才色兼備の女性”のを指すよ...
恋バナ調査隊 2021-06-14 06:00 ラブ
すぐに実践♡ 男性を虜にする効果抜群の恋愛テクニック8選
 気になる男性ができた時、「誰にでも効果のある恋愛テクニックがあればいいのになぁ」と感じたことはありませんか? 今回は、...
恋バナ調査隊 2021-06-13 06:01 ラブ
もはや誤変換の神! 彼女から届いた笑える可愛いLINE5選♡
 恋人同士の連絡ツールであるLINEには、2人のいろいろな物語が詰まっています。今回はその中でも、愛しい彼女から届いた、...
恋バナ調査隊 2021-06-12 06:00 ラブ
妻一筋で不倫しません! 夫を虜にする妻が持つ“4つの共通点”
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。芸能人の不倫スクープが山ほどクローズアップされ、今や“女遊びは芸の肥やし”と...
山崎世美子 2021-06-12 11:11 ラブ
別居してお互い自由にしているし…離婚に応じない夫の言い分
「冷酷と激情のあいだvol.42〜女性編〜」では、別居をして何度も離婚の話をするも、夫が合意してくれない女性・Sさんの苦...
並木まき 2021-06-13 22:12 ラブ
冷え切った関係なのに…夫に離婚を認めてもらえない妻の悲嘆
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-12 06:09 ラブ
キスは何回目のデートで?最適なタイミング&男性のサイン♡
 待ちに待った初デート♡「もしかしてキスされるのでは?」と、ドキドキしてしまいますよね。でも、それと同時に何度目のデート...
恋バナ調査隊 2021-06-11 06:05 ラブ
見極めが肝心! 不倫をする男性の7つの特徴&行動パターン
 永遠の愛を誓って結婚したはずが、夫の不倫で人生どん底……そんな目にあいたくないのは皆同じ。でも、リサーチしたところによ...
リタ・トーコ 2021-06-11 10:49 ラブ
フラれるかも…仕事人間の彼に言ってはいけない3つのセリフ
 仕事に没頭する彼。そしてそれを待つ女性。今までもよく見られた光景です。けれど、仕事を頑張る彼にNGワードを投げる女性が...
内藤みか 2021-06-10 06:00 ラブ
夫の二股浮気に愛想が尽き…離婚を決意した40代女性のケース
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-06-10 06:00 ラブ
興味ない男性からのありがちな勘違いアプローチ5選&対処法
 男性から好きになってもらえるのは、嬉しいものですよね。でも、その相手が自分が好意を抱いている男性とは限りません。時には...
恋バナ調査隊 2021-06-09 06:00 ラブ
スメハラは恋人しか気づけない? 100年の恋も冷めるニオイ話
 どんなに顔が好きでも、性格が合っていても。そのすべてを凌駕して恋愛関係を終わらせるものがあります。100年の恋も冷める...
ミクニシオリ 2021-06-08 06:00 ラブ
結婚相談所に初登録!“婚活スイッチ”が入ったまさかの一言
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 09:11 ラブ