「好きすぎて辛い」と感じる5つの理由&楽になれる対処法

恋バナ調査隊 ライター女子部
更新日:2020-12-15 06:00
投稿日:2020-12-15 06:00
 誰かを好きになるというのは、とても素敵なこと。恋をすることで、生活にハリが出てきたと感じている人も多いでしょう。しかし、本来では楽しいはずの恋が「辛い」と感じる人もいます。そこで今回は、「好きすぎて辛い」と感じる理由や、楽になれる対処方法をご紹介します。

「好きすぎて辛い……」と感じる5つの原因

「好き」が迷走中…(写真:iStock)
「好き」が迷走中… (写真:iStock)

「好きすぎて辛い」と感じている人の中には、片思い中の人もいれば、すでに交際している人もいるでしょう。本当なら幸せな気分に浸っているはずなのに、「辛い」と思ってしまったら、その恋を「手放そう」と考えてしまう人もいるかもしれません。

 そもそも、「好きすぎて辛い」と感じるのはなぜなのか、その原因についてご紹介します。

1. 嫉妬心が大きくなる

 誰かを好きになったら、多くの人は「自分だけのものにしたい」と独占欲が湧いてくるもの。特に、片思い中の人であれば、「私だけを見てほしい」という気持ちが大きくなるのではないでしょうか。

 愛情が大きくなればなるほど独占欲は大きくなり、嫉妬心が芽生えてきます。その結果、彼がほかの女性と話しているだけで嫉妬したりなど、苦しい気持ちになってしまいます。

2. 彼に依存してしまう

 好きな人や恋人ができると、恋愛中心の生活になってしまう女性が少なくありません。そんなタイプの女性は、彼に依存する傾向にあります。

 愛情が大きくなるごとに彼への依存心は大きくなり、自分自身を見失ってしまうことも。好きすぎるゆえに彼中心の生活になることが、「辛い」と感じる人もいるでしょう。

3. 自分に自信がなくなる

 気になっていた彼との距離が縮まり、新しい発見をするたびに好きな気持ちが大きくなっている人もいるでしょう。

 しかし、彼があまりにも完璧だと自分への自信を失ってしまう人もいます。「私は、彼と釣り合っていないのでは?」「付き合うなんて無理」と自信を失い、好きでいることすら「辛い」と感じるようになります。

4. 仕事に集中できない

 恋愛中は、彼への「好き」という気持ちが大きくなるにつれて、彼のことを考えている時間が自然と増えていくでしょう。

 そんな女性の中には、仕事中も彼のことばかり考えてしまい、「集中できない」と感じている人もいるのではないでしょうか。ミスをしたり、ペースが落ちてくると「仕事にまで支障が出てきてしまった」と悩んでしまう人もいます。

5. 関係が壊れることへの恐怖心

「好きすぎて辛い」と感じている人の中には、すでに交際に発展している人もいるでしょう。

 一見、「付き合っているのであれば、何も辛いことなんてないだろう」と思われがちですが、付き合っているからこそ「いつか、この関係が壊れるのでは?」といった恐怖心を抱くこともあります。好きすぎるゆえに、「失うのが怖い」と不安を抱える人も多いでしょう。

「好きすぎて辛い」という気持ちへの5つの対処法

体を動かして発散!(写真:iStock)
体を動かして発散! (写真:iStock)

 好きな彼がいるというのは、幸せなこと。しかし、それにも関わらず「好きすぎて辛い」と感じるようになると、どう対処したらよいのか分からなくなってしまいますよね。そんな時には、自分が楽になれる方法を取り入れることがおすすめですよ!

1. 好きなことに没頭する

 常に彼のことばかり考えて「辛い」と感じるようになった人は、好きなことに没頭する時間を作ることがおすすめです。

 仕事、勉強、趣味、何でも構いませんから、あなたにとって「楽しい」「時間を忘れられる」と思うことをしましょう。何かに没頭する時間を作ることで、彼への依存心も少しずつ減ってくるはずです。

2. 仲の良い友達と楽しい時間を過ごす

 彼氏ができると、友達と疎遠になってしまう女性が少なくありません。彼から連絡がきたらいつでも出かけられるようにと、友達と会わずに過ごしている人もいるでしょう。

 そんな人は、あえて友達との時間を作ることがおすすめ。好きな彼との時間は楽しいですが、それだけでは世界が狭くなってしまいますし、依存して重たい女になってしまうかもしれませんよ。

3. 運動して汗を流す

 大人になると、身体を動かす機会が少なくなってしまうもの。しかし、心がモヤモヤした時には、運動をして汗を流すのも最適です。

 もともと身体を動かすことが好きな人であれば、汗を思い切りかくことで体がすっきりするだけでなく、心まで軽くすることができるでしょう。

4. 考え込む時間を作らない

 彼が好きすぎて「辛い」と感じている人の中には、一人時間が長い人もいるでしょう。一人で過ごす時間、何もしない時間があれば、当然、嫌でも彼のことを考えることになります。

 そのため、「辛い」と感じた時には、考え込む時間を作らないことも大切。彼のことを考えはじめたら、あえて本を読む、映画を観る、外出するなどして、気持ちをほかに向けるようにしましょう。

5. 彼のSNSをチェックしない

 好きな人ができると、ついついその人のSNSを小まめにチェックしてしまうもの。「彼のことをもっと知りたい!」と思うと、一日に何度もチェックしてしまう人もいるでしょう。

 しかし、これでは彼のことが頭から離れず、「好きすぎて辛い」と思うのは当然。この状況から打破するためには、まずはSNSのチェックをやめましょう。

「好きすぎて辛い」と思うくらい人を好きになるのは素敵なこと!

好きすぎて辛いなんて羨ましい(写真:iStock)
好きすぎて辛いなんて羨ましい (写真:iStock)

 本来であれば、「辛い」という感情はネガティブなものです。しかし、誰かのことを「好きすぎて辛い」と感じるのは、決して悪いことではありません。それだけ人を好きになれるというのは、素敵なことなんです。そう切り替えることができれば、ポジティブな対処方法も見えてくるはず!

「彼のことを好きになりすぎて、辛い……」と感じている人は、こちらを参考に原因と対処方法を見つけてくださいね!

関連キーワード

ラブ 新着一覧


実践!結婚後ずーっと“愛され妻”でいるための「3つの心得」
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。結婚したらずっと仲良くしたいし、ずっと愛されたいと誰しもが願います。年を重ね...
山崎世美子 2022-05-21 06:00 ラブ
「肉体関係なしのパパ活ですよ?」開き直って妻を見下す夫
「冷酷と激情のあいだvol.91〜女性編〜」では、夫であるヒロノブさんのパパ活に悩む妻・仁美さん(仮名・42歳)の覚悟を...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
パパ活発覚から半年…やめたフリする夫に42歳妻は“制裁”計画
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-05-21 06:00 ラブ
「犬好き? 猫好き?」恋愛モードに突入!気になる彼に聞け
 あなたは犬好きですか? それとも猫好きですか? 実は、この「犬派or猫派」によって恋愛傾向が変わってくるそう。というこ...
恋バナ調査隊 2022-05-21 06:00 ラブ
社内不倫は態度でバレる! 知っておきたい5つの特徴とリスク
「不倫はいけないこと」だと知っていても、密かに既婚者と関係を持っている人は少なくありません。中には、危険度の高い社内不倫...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
狙った同窓会 憧れのK君が“地味子”の私に声をかけてきた!#1
 不倫に至る経緯の一つに「同窓会」が挙げられる。単なるクラスメイトだった相手が「再会」をきっかけに男女の関係になるーー。...
蒼井凜花 2022-05-20 06:00 ラブ
冷めたんじゃない? 彼氏が付き合って変わったと思ったら…
「付き合ってすぐの頃はあんなに愛情表現をしてくれたのに……」「連絡が少なくなった……」など、付き合って態度が変わった彼氏...
恋バナ調査隊 2022-05-20 06:00 ラブ
【40代の恋愛】年下男にモテる女・モテない女の決定的な違い
 40代になり、年下に恋愛対象を変える女性がいます。しかし、同じ40代女性であっても、年下男性から好かれる40代と、敬遠...
内藤みか 2022-05-19 06:00 ラブ
「バツイチ同士」恋愛成就の方程式 メリット&デメリットは?
 離婚した後に好きになった人がバツイチだった場合、「バツイチ同士の恋愛は、やめたほうがいいのかな……」と、悩んでしまうこ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
「結婚して」が一転…“浮気バレ”で涙を流した男女の地獄エピ
 愛する恋人がいたとしても、不意に魔がさして浮気をしてしまう男女がいます。悲惨なのは、それがバレた時……。今回は、アラサ...
恋バナ調査隊 2022-05-19 06:00 ラブ
“長年不倫愛”継続中の40代女性に衝撃の予言! 人生初「電話占い」で“第2の男”の存在が…
 不倫などの誰にも言えない悩みを胸に秘め、苦しい思いをした経験、ありませんか? 誰かに相談したい、話を聞いてもらいたい、...
内藤みか [PR] 2022-05-18 12:30 ラブ
「男性との会話が続かない」悩むのやめ!最強カンタン雑談術
 女友達なら平気なのに、男性としゃべるのが苦手だったり、うまく自分が出せなくて会話が盛り上がらない……。もしくは、盛り上...
若林杏樹 2022-05-18 06:00 ラブ
不倫常習は連休明けこそ元気!カーナビとスマホに危険サイン
「連休明けに不倫の危険が高くなる」と耳にした経験がある方も多いでしょう。実は不倫関係にある2人にとって、連休明けは密会の...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
「カネでトキメキ買うしか」不倫相手と別れを決めた誤爆LINE
 道ならぬ恋と知っているからこそ、盛り上がってしまう“不倫”。恋は盲目とはよく言ったものですね。恋は盲目とはよく言ったも...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
結婚しないカップルの特徴 幸せの価値観は人それぞれだもの
 彼氏がいて、ある程度の年齢になると多くの人は結婚を意識するでしょう。でも、必ずしも結婚しなければいけないというわけでは...
恋バナ調査隊 2022-05-18 06:00 ラブ
これが現実? 40代女性マッチングアプリ発の“笑撃”LINE4選
 手軽にたくさんの人と繋がることができる、マッチングアプリ。年齢も趣味も違う異性と簡単にやり取りできてしまうツールですが...
恋バナ調査隊 2022-05-17 06:00 ラブ