何をしてもダメ出し…妻に怯えながら家庭生活を営む夫の悲哀

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-12-05 05:48
投稿日:2020-12-05 05:45
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人差があります。ひとつの出来事への解釈や目的が、男性と女性では異なる場合もしばしば。男性と女性では、夫婦のあり方への認識が大きく異なる場合も少なくありません。
 魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様分析を得意とする並木まきが、日常的な家庭生活を送るにあたり妻に怯えている男性の心情をお届けします。

コロナ禍で浮き彫りになった鬼嫁ぶり

THE鬼嫁!(写真:iStock)
THE鬼嫁! (写真:iStock)

 今年40代半ばを迎えたOさんは、3歳年下の妻と結婚生活3年目です。結婚が遅かったこともあり、子どもはいません。共働きで、経済的には不自由なく暮らしていますが、テレワーク中心となっているコロナ禍の今、妻との家庭生活において、大きな苦悩を抱えています。

「もともと妻は、気が強い性格だったんですけど、もはや家では“鬼嫁”としか言えないほどの恐妻っぷりです。

 僕が家事をしても、感謝されたことは一度もなく、何かをするたびにダメ出しばかり。掃除をすれば、ホコリや汚れが残っているだの、洗濯をすれば汚れが落ちていないだのって言われて、もうウンザリです。

 共働きなので、もともと家事分担を決めていましたが、お互いがテレワーク中心になっている今は、家事分担の負担を見直し、ちょうど半分ずつにしました。

 だけど、僕が何かをすると、妻がイライラして、僕を怒鳴り飛ばすんです」

家にいることが苦痛

家にいるだけで体に不調が(写真:iStock)
家にいるだけで体に不調が (写真:iStock)

 テレワークメインの生活になった最初のうちは「家で仕事ができるなんて、ラッキー」と思っていたというOさんですが、自分に対してダメ出ししかしない妻と、四六時中顔を付き合わせなくてはならなくなったことにより、今では「家にいる」という当たり前のことに、大きなストレスを感じているそうです。

「家にいるだけで、頭が痛いし、吐き気も出てきて……。妻が僕にダメ出しをしているあいだは、身体が小刻みに震えることもあります。

 こっちだって、一生懸命に、分担した家事をしているんだから少しくらい認めてくれてもいいんじゃないのって思いますよね。

 あまりにも、ダメ出しばかり言われる日々に疲れ果て、最近では家事をすることを丸ごと放棄しています」

 妻からのダメ出しを真面目に受け止め、指摘された点は改善に努めてきたOさん。しかし、どんなに努力しても妻が認めてくれることはなく、ついには心身ともに疲れ果てたと口にしています。

妻のいる日常生活にうんざり

家事を放棄することで徹底抗戦(写真:iStock)
家事を放棄することで徹底抗戦 (写真:iStock)

「家にいることがこんなに苦痛になる日がくるなんて思いもしなかったです。やってもやらなくてもダメ出しされるなら、労力を使わずにダメ出しされていたほうがマシだと思うので、今後も僕は家事をするつもりはありません。

 はっきり言ってしまうと、日常生活すらもはや妻と一緒には送りたくないです。だけど、離婚するには決定打がないですし、親にも反対されるだろうし。

 なので、今後僕はずっと家事を放棄するって方法で、妻のダメ出しと向き合っていくことになるんだろうと思っています」

 コロナ禍でのテレワーク生活における家事分担をきっかけに、夫婦仲は完全に崩壊。もはや妻に対して怯えているような生活は「しんどい」と感じているOさん。

 しかし、妻の言い分は少々異なるようです。次回に続きます。

ラブ 新着一覧


男性のヒゲから読み解く深層心理&性格♡ 彼はどのタイプ?
 あなたは、男性のヒゲが好きですか?「ヒゲは不潔なイメージがあるから苦手」という人や「ヒゲの生えている男性のほうがワイル...
恋バナ調査隊 2021-06-25 06:00 ラブ
“体の相性”が良いってどういうこと? 判断する5つのポイント
 女友達と赤裸々に恋愛トークをしている時、彼氏との“体の相性”について話すこともあるのではないでしょうか? でも、中には...
恋バナ調査隊 2021-06-25 06:00 ラブ
積極的だと逆効果? “恋愛やりすぎアプローチ”7選&注意点
 女性から男性にアプローチするのは、とても勇気がいること。本気だからこそ「絶対に彼を振り向かせたい!」と、意気込んでいる...
恋バナ調査隊 2021-06-24 06:00 ラブ
元カレと比べてない?彼氏ができない人の残念な思考パターン
 近ごろ出会った男性とデートをしてもいまいちピンと来ない——。自分の感覚を信じるのはすごくいいことなんですが、歴代彼氏や...
若林杏樹 2021-06-23 06:00 ラブ
デートを断られた…脈ありor脈なしを見極めるポイント&対策
 女性からデートに誘うのは、とても勇気がいること。思い切って誘ったのにも関わらず、あっさりと断られてしまったら、多くの人...
恋バナ調査隊 2021-06-23 06:00 ラブ
嫌われるかも…彼氏がドン引きした彼女の行動エピソード8選!
 あなたは、彼氏がドン引きするような行動を無意識にしていませんか? 彼氏との付き合いが長くなればなるほど、素が出てきてし...
恋バナ調査隊 2021-06-22 06:00 ラブ
情に引っ張られすぎてつらい…別れるべきか否かの“判断基準”
 長年連れ添ったパートナーには情が芽生えますよね。そしてその情に引っ張られ、別れるべきかどうかわからなくなることも。一体...
七味さや 2021-06-21 06:00 ラブ
“素朴女子”はなぜモテる?特徴&男性が結婚相手に選ぶ理由
 かっこいい男性の結婚相手を見て、「なんであの素朴な子が!?」って思ったことはありませんか? 実は、男性の多くは「素朴女...
恋バナ調査隊 2021-06-21 06:00 ラブ
恋愛主導権を握る♡ 効果的な“寸止めテクニック”6つ&注意点
 好意を抱いている男性からアプローチされると、すぐに誘いに乗ってしまう人が多いでしょう。しかし、相手がモテる男性だったり...
恋バナ調査隊 2021-06-20 06:00 ラブ
夫が妻に求めるたったひとつのこと~もっと愛される秘訣とは
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。“恋愛”と“結婚”についての話題って、尽きませんよね。わかり合えないから悩み...
山崎世美子 2021-06-19 06:39 ラブ
不倫相手から夫に届いた恐怖のLINE…妻が見た驚愕の内容5選
 妻に内緒でこっそり不倫を続けている夫……。いえ、気付いていないと思っているのは夫だけ。妻は気付いていない振りをしながら...
恋バナ調査隊 2021-06-19 06:09 ラブ
真心を感じられない…感情的な女性の扱いに苦心する熟年男性
「冷酷と激情のあいだvol.43〜女性編〜」では、婚活中に出会った年上男性にしつこくアプローチされていると言う女性・Oさ...
並木まき 2021-06-19 06:00 ラブ
猛アプローチの真意は?年上男性の言動に頭を抱える婚活女性
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-19 05:58 ラブ
運命の人だと思ったのに違った…7つの共通点&見極めるコツ
 彼と出会った時、一緒にいて落ち着いたり、偶然の共通点が多かったりすると「思わず運命の人なのかも!?」と思ってしまいます...
恋バナ調査隊 2021-06-18 06:00 ラブ
ここに来て注目…すぐに会える安心感「ご近所恋愛」のススメ
 コロナ禍は、多くの遠距離カップルを引き裂いてしまいました。会えない期間が続くと、愛情を持続させることはかなり難しくなっ...
内藤みか 2021-06-17 06:00 ラブ
離婚を後悔しがちな5つの理由&後悔しないための確認ポイント
 どんな夫婦でも、結婚が決まった時は明るい未来を想像し、お互いに幸せを感じていたでしょう。しかし、年月が過ぎ、さまざまな...
恋バナ調査隊 2021-06-17 06:00 ラブ