ルーズすぎる夫にメンタル限界…秘密裏に別居計画を進める妻

並木まき ライター・エディター
更新日:2020-12-05 05:48
投稿日:2020-12-05 05:45
「冷酷と激情のあいだvol.23〜男性編〜」では、妻に対して怯えながら家庭生活を送っている男性であるOさんの心情をご紹介しました。では、Oさんの妻であるIさんの心情はどうなのでしょうか。

だらしない夫との生活がストレス

夫のだらしなさに、もう限界!(写真:iStock)
夫のだらしなさに、もう限界! (写真:iStock)

「はっきり言って、夫には心底幻滅していますし、離婚も視野に入れています」

 開口一番、強い口調でこう断言したIさん。コロナ禍の影響で、テレワークメインの日々を送っている今、何をしても中途半端にしかできない夫との生活には、精神的にも体力的にも限界を感じているのだそうです。

「コロナ禍になる前から、夫の性格のうち、だらしないところにはちょっと嫌悪感があったんです。でも、お互いに仕事をしていますから、家で顔を合わせる時間もそんなに多くはなかったですし、まぁ我慢できる範囲内でした。

 だけど、コロナ禍の影響で基本的に24時間ずっと家にいる生活が多くなり、お互いに自宅で仕事をしながら家事をこなす……という新しい日常になってからは、夫のだらしなさが今まで以上に目につくようになり、私のストレス源になっています」

夫の家事スキルが低すぎる

洗濯もできないの!?(写真:iStock)
洗濯もできないの!? (写真:iStock)

 Iさんいわく、夫であるOさんは何をやらせても中途半端なうえに、掃除や洗濯には不潔感もあって、とてもじゃないけれど安心して家事を任せられるレベルではないのだそうです。

「洗濯物は汚れも落ちていないし、たたみ方もぐちゃぐちゃ。掃除は、床の汚れを拭かずに、いきなり掃除機をサッとかけて終わり。ホコリが残っていても、知らん顔です。

 うちには猫がいるのですが、猫のトイレを掃除させても、トイレの周りに猫砂が飛び散っていて、それをいちいち片付けているのは私です。

 些細なことだと思われるかもしれませんが、すべてに対してそうなので、共同生活を送っているこっちは、毎日、毎日、イライラしっぱなしですよ……。

 最初のうちは、夫に対してやさしい口調で指摘するよう心がけていましたが、何度言っても変わらないし、むしろ最近では家事を放棄して、すべてを私に押し付けるようになって、最悪です」

夫はただ家にいるだけ

夫は“役立たず”(写真:iStock)
夫は“役立たず” (写真:iStock)

 コロナ禍に見舞われたことをきっかけに、50%ずつの公平な負担となるよう、家事割合を見直したというIさん夫妻。しかし夫は、取り決め通りに家事をしてくれず、最近ではIさんが家事をするよう促しても、知らん顔をされるのだとか。

「私が夫に対して怒鳴っても、叫んでも、びくともしません。ボーッとした顔で私を見るだけで、手を動かそうともしないんです。

 言葉は悪いですけど、まるで“木偶の坊(でくのぼう)”って感じで、近くで見ていると本気でイライラしますよ。だらしない自分を改めようとしている様子もないし、ただ家にいるだけです。

 ひと言でいうと、“役立たず”ですね。そんな夫には、もはや愛情も感じなくなりました。

 だけど、私は結婚が遅かったので、即離婚となると親が悲しみそうで、それが気がかりです。

 なので、コロナ禍が落ち着いたら、まずは別居でもしたいと思っていたのですが、当初考えていた以上にテレワーク中心の生活が長引いていますし、このままコロナ禍が明けるのを待っていたら、私のメンタルが壊れてしまいそう。

 だから、まだ夫には話していませんが、年始早々くらいのタイミングで、アパートでも借りて、別居生活をスタートさせたいなって密かに計画しています」

  ◇  ◇  ◇

 恋人同士であれ、夫婦であれ、100%同じ価値観を有する男女は稀です。少しのすれ違いが、大きな溝に発展することも少なくないのが異性間における現実でしょう。まさにこれこそが、男女関係における醍醐味にもなれば致命傷にもなる“冷酷と激情”のはざまなのかもしれません。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


冷凍ごはん絶対NG?ホント無理!彼のこだわりに打ち勝った日
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-15 08:28 ラブ
いくら美形でも…付き合いたくないモンスターイケメン体験談
 外見の良さは、人から評価されやすいものです。しかし、あまりに外見でちやほやされすぎると、コミュニケーション能力の欠如し...
ミクニシオリ 2021-06-15 06:00 ラブ
現実と向き合って!夫婦の問題から逃げるパートナーとの末路
 結婚って幸せの入り口だと思っていたのに……結婚生活を重ねるほどに浮上してくる、現実的な問題の数々。もしパートナーがこの...
七味さや 2021-06-14 06:00 ラブ
美魔女はモテる?モテない?年齢に負けずちやほやされるコツ
 少し前に流行った、「美魔女」という言葉をご存知ですか? 一般的な定義としては、“35歳以上の才色兼備の女性”のを指すよ...
恋バナ調査隊 2021-06-14 06:00 ラブ
すぐに実践♡ 男性を虜にする効果抜群の恋愛テクニック8選
 気になる男性ができた時、「誰にでも効果のある恋愛テクニックがあればいいのになぁ」と感じたことはありませんか? 今回は、...
恋バナ調査隊 2021-06-13 06:01 ラブ
もはや誤変換の神! 彼女から届いた笑える可愛いLINE5選♡
 恋人同士の連絡ツールであるLINEには、2人のいろいろな物語が詰まっています。今回はその中でも、愛しい彼女から届いた、...
恋バナ調査隊 2021-06-12 06:00 ラブ
妻一筋で不倫しません! 夫を虜にする妻が持つ“4つの共通点”
 男女問題研究家の山崎世美子(せみこ)です。芸能人の不倫スクープが山ほどクローズアップされ、今や“女遊びは芸の肥やし”と...
山崎世美子 2021-06-12 11:11 ラブ
別居してお互い自由にしているし…離婚に応じない夫の言い分
「冷酷と激情のあいだvol.42〜女性編〜」では、別居をして何度も離婚の話をするも、夫が合意してくれない女性・Sさんの苦...
並木まき 2021-06-13 22:12 ラブ
冷え切った関係なのに…夫に離婚を認めてもらえない妻の悲嘆
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2021-06-12 06:09 ラブ
キスは何回目のデートで?最適なタイミング&男性のサイン♡
 待ちに待った初デート♡「もしかしてキスされるのでは?」と、ドキドキしてしまいますよね。でも、それと同時に何度目のデート...
恋バナ調査隊 2021-06-11 06:05 ラブ
見極めが肝心! 不倫をする男性の7つの特徴&行動パターン
 永遠の愛を誓って結婚したはずが、夫の不倫で人生どん底……そんな目にあいたくないのは皆同じ。でも、リサーチしたところによ...
リタ・トーコ 2021-06-11 10:49 ラブ
フラれるかも…仕事人間の彼に言ってはいけない3つのセリフ
 仕事に没頭する彼。そしてそれを待つ女性。今までもよく見られた光景です。けれど、仕事を頑張る彼にNGワードを投げる女性が...
内藤みか 2021-06-10 06:00 ラブ
夫の二股浮気に愛想が尽き…離婚を決意した40代女性のケース
 長引くコロナ禍では「コロナ離婚」と呼ばれる不測の離婚に至った夫婦も珍しくなくなっています。これまで水面下に問題を抱えて...
並木まき 2021-06-10 06:00 ラブ
興味ない男性からのありがちな勘違いアプローチ5選&対処法
 男性から好きになってもらえるのは、嬉しいものですよね。でも、その相手が自分が好意を抱いている男性とは限りません。時には...
恋バナ調査隊 2021-06-09 06:00 ラブ
スメハラは恋人しか気づけない? 100年の恋も冷めるニオイ話
 どんなに顔が好きでも、性格が合っていても。そのすべてを凌駕して恋愛関係を終わらせるものがあります。100年の恋も冷める...
ミクニシオリ 2021-06-08 06:00 ラブ
結婚相談所に初登録!“婚活スイッチ”が入ったまさかの一言
「何歳からでも夫婦になるのは遅くない」とお伝えする本連載。インタビュアー・内埜(うちの)さくらが、40歳以上で結婚した男...
内埜さくら 2021-06-09 09:30 ラブ