情熱的にキスしたい♡男性に上手におねだりする方法&注意点

リタ・トーコ ライター
更新日:2020-12-13 06:00
投稿日:2020-12-13 06:00
 好きな彼と一緒にいる時、「今、キスしたい!」と思う瞬間ってありますよね。そんな時、恥ずかしさからその気持ちを隠してしまう人、我慢できずに自分からしてしまう人……さまざまだと思いますが、次回は自分から彼にキスをおねだりしてみてはいかがでしょう? そこで今回は、男性がキュンとする上手なおねだり方法をご紹介します。

男性に上手にキスをおねだりする方法5選

上手にキスをおねだりしたい!(写真:iStock)
上手にキスをおねだりしたい! (写真:iStock)

 リサーチしたところによると、「女性からキスのお誘いがあると嬉しい」と思っている男性は多いよう。可愛く、時にはセクシーにおねだりすることで、彼はきっとドキドキしてくれるはずですよ♡ さっそく、男性に上手にキスをおねだりする方法を見ていきましょう。

1. 袖を軽く引っ張って立ち止まる

 デートの帰り際、「今日は一度もキスをしていないけど、するの? しないの?」という悶々とした気持ちを感じたことがある女性は多いはず。でも、だからといって、なかなか積極的になれない……そんな人におすすめなのが、「男性の袖を軽く引っ張って立ち止まる」という行動。

 敏感な彼なら、きっとあなたの気持ちを察してくれるでしょう。鈍感な彼なら、思い切って「キスしたい」と、そっと伝えてみてください。でも、彼が急いでいる時や、人通りが多い場所ではNGです。大人ですから、タイミングはきちんと見計らいましょう。

2. じっと目を見つめる

 彼とキスをしたいと思った時、じっと目を見つめるのも効果的です。「目は口ほどに物を言う」ではないですが、「キスしたい」と強く思えば伝わることってあると思うんです。 恥ずかしい気持ちをぐっと押さえて、見つめ合ってみましょう。

 ちなみにこの時、上目遣いができる位置で見つめるとおねだり効果倍増です。男性は本能なのか、自分より小さいものに対して「可愛い」と思う傾向にあるそうですので、きっと自然にキスの雰囲気に持ち込めるでしょう。ちなみにこれは、モテ女子がよく使う方法らしいです。余裕がある人は、試してみてくださいね。

3. スキンシップを増やす

 男性は、「手を繋いだ時」「ハグした時」「いい匂いがした時」など、女性との距離が近い時にキスをしたくなるそうです。唇と唇が触れ合うのが「キス」ですから、当然、二人の距離が近いほうが、そういった雰囲気に持ち込みやすいもの。

 手をつないだり、腕に絡まったり、後ろから首に手を回したり、太腿に手を置いたりなど、彼とのスキンシップを増やして、キスをしたくなるムードに持ち込んでみましょう。この時、彼との顔が近ければ近いほど、キスをおねだりしている感じが出ますよ。

4. 不意打ちで彼の頬にキスをする

「いつも、彼きっかけでスキンシップが始まる」という人もいますが、時には女性からきっかけ作りをしてみても良いかもしれません。情熱的なキスをしたい時、不意打ちで彼の頬にキスをしてみましょう。(もちろん、頬でなくてもOKです)

 きっと彼は驚きつつも、あなたの「キスがしたい」という気持ちを察するでしょうし、お返しにキスを返したり、その後のスキンシップにつなげやすくなるはずです。

5. ストレートに「キスしたい」と伝える

「キスしたい」と思った瞬間、ストレートに伝えるのが、もっとも効果的で手っ取り早い方法。昼間のデート中に明るく伝えてみても良いですし、落ち着いたシチュエーションの中で囁くようにおねだりしても良いでしょう。

 男性は女性と違って、察することが苦手な人が多いです。「目をつむってキスを催促したのにスルーされた」という話を聞いたことがありますが、女性側が微妙なアプローチを続けるよりは、分かりやすくおねだりしたほうがドキッとさせることができるはずです。

これはNG! 大人女子がキスをおねだりする時の注意点

キスする場所を選ぶのも大人女子のマナー(写真:iStock)
キスする場所を選ぶのも大人女子のマナー (写真:iStock)

 どんなにキスをおねだりしたくても、大人女子だからこそのNGもあります。注意したいのは以下の2点!

公共の場所は避ける

 やはり、公共の場所でのキスは避けるべきでしょう。相手によっては引かれてしまうかもしれませんし、ましてや、通りすがりの人はドン引きしていることを忘れてはいけません。

 お互いがどうしても盛り上がってしまったら、自己責任でどうぞお願いします。

エチケットに気をつける

 キスと一言で言っても、軽いフレンチキスから、ディープキスまで方法はさまざま。こちらが軽いキスがしたくても、男性が盛り上がってしまうこともあります。

 そんな時に注意したいのが、やはりエチケット面。食事の後であれば、口臭予防にタブレットやガムを食べておく、唇にリップを塗っておく、など、事前に準備をしてからおねだりできると良いですね。

おねだりばかりではなく時には積極的なキスも良いかも♡

時には積極的に♡(写真:iStock)
時には積極的に♡ (写真:iStock)

 漫画やドラマなどでよく見る、女性が目をつむって男性にキスをおねだりするシーン。正直言って、「かなり恥ずかしい!」と思ってしまう女性はいるでしょう。でも、ご紹介した方法であれば、無理なく男性にキスをしてもらえるシチュエーションに持ち込めるはずです。

 とはいえ、おねだりばかりではなく、時には情熱的なキスを女性から仕掛けてみるのも良いのかも! 大切なスキンシップであるからこそ、あなたの情熱的な思いを「キス」という形で彼に届けてみてくださいね。きっと、応じてくれるはずですよ。

関連キーワード

ラブ 新着一覧


離婚危機! 夫と妻「性格の不一致」具体例&サヨナラ回避法
 結婚したときは、誰もが「この人とだったら一生添い遂げられる」と思っているもの。しかし、実際にはさまざまな理由で離婚して...
恋バナ調査隊 2022-08-19 06:00 ラブ
シングルマザーの“リベンジ恋愛” 運命の相手探しに3つのコツ
 シングルマザーの子どもが内縁の夫に虐待される……。そんな悲しいニュースを私たちは何度も目にしています。  ひどい男に...
内藤みか 2022-08-18 06:00 ラブ
結婚生活に悪影響&イライラ! 育ち格差で悩んだら試す3カ条
 離婚率の高い日本では、価値観の違いを乗り越えられずに別れてしまう夫婦が後を経ちません。そもそも、結婚相手はまったく違う...
恋バナ調査隊 2022-08-18 06:00 ラブ
草食系男子から告白させる方法は? 女子側のアプローチが肝!
 気になっている男性と何度かデートを重ねているのに、全然発展しない……。カラオケなど密室空間にいるのに、いいムードになら...
若林杏樹 2022-08-17 06:00 ラブ
幸せな同棲は「間取り」が命!愛を育むお部屋探し3つのコツ
 彼と同棲をすることが決まったら、最初に悩むのが部屋選び。実は同棲生活ではどんな間取りの部屋にするかによって、2人の生活...
恋バナ調査隊 2022-08-17 06:00 ラブ
ステップファミリー実践中!連れ子と実子との差は埋まるのか
 ステップファミリー5年目になる会社員ライターひでまるです。私は大学卒業と同時に、当時付き合っていた彼女と結婚→当時の妻...
【40代対象】マッチングアプリの初デートでおすすめの服は?
 近年では、マッチングアプリで出会った恋人やカップルも増えているようです。なかでも特に出会いが増えるのが夏!  でも、...
恋バナ調査隊 2022-08-16 06:00 ラブ
やっちまった! 彼へのサプライズ失敗談3選…問題ぼっ発デス
 好きな男性が喜ぶ顔を思い浮かべて、サプライズを計画するのって楽しいですよね♪ 特に小洒落たバーも素敵なブランド小物も知...
恋バナ調査隊 2022-08-16 06:00 ラブ
推しメンは誰?バチェロレッテS2にみるあなたの恋愛&結婚観
 Amazon Prime Videoで7月より配信中の婚活リアリティ番組『バチェロレッテ・ジャパン』シーズン2。1人の...
ミクニシオリ 2022-08-15 06:00 ラブ
うざい!何様?「彼氏の女友達」マウントあるある&対処法
 付き合いはじめた彼氏に仲の良い女友達がいる場合、すぐに仲良くなれるタイプの女性なら問題ありませんが、マウントを取ってく...
恋バナ調査隊 2022-08-15 06:00 ラブ
離婚寸前!?「夫婦の危機」乗り越え方&関係修復の3ステップ
 3組に1組が離婚すると言われる日本。まったく違う環境で育った他人が家族になるのですから、かなりお互いに歩み寄らないと離...
恋バナ調査隊 2022-08-15 06:00 ラブ
仕事帰りの隙間が正解! 警戒する彼を自然に誘うLINEテク3選
 気になる彼ができた時、あなたは積極的に誘うほうですか?  実は男性の中には、下心が見え隠れするあからさまな誘いには...
恋バナ調査隊 2022-08-14 06:00 ラブ
「少人数結婚式」意外なメリット 財布に優しいだけじゃない
 長引くコロナ禍で、今までのように盛大な結婚式を挙げにくくなってしまいましたよね。そこで今、人気なのが「少人数結婚式」で...
恋バナ調査隊 2022-08-14 06:00 ラブ
「相手男だろ?」って嫉妬!?寝る前に届いた甘い胸キュンLINE
 好きな男性からキュンとするLINEが届いて眠れなくなった……なんて経験をしている女性は意外と多いようです。  今回は...
恋バナ調査隊 2022-08-13 06:00 ラブ
「僕の妻はよく分からない人」空虚な夫婦関係を正当化する男
「冷酷と激情のあいだvol.103〜女性編〜」では、夫のユウキさんに対して“演じている自分”を崩せないまま8年もの歳月が...
並木まき 2022-08-13 06:00 ラブ
ハイスぺ男との結婚を逃すな!自分を偽り続けた40歳妻の限界
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2022-08-13 06:00 ラブ