キスで相性が分かる♡ 良い相手か悪い相手か嗅ぎ分けるには

リタ・トーコ ライター
更新日:2019-07-27 06:00
投稿日:2019-07-27 06:00
 男性とキスをする時、「うっとりとして気持ちが良い」と思う人と、「なんとなくしっくりしない」と思う人がいませんか?実は、女性はキスをすると、遺伝子レベルで相手との相性を感じ取っているそうなんです。キスをすることで良い相手か悪い相手か嗅ぎ分けるコツ、知っておくと役に立つかもしれませんよ。

相性が分かる!?女性は遺伝子レベルでキスをする

キスで相性がわかっちゃう?(写真:iStock)
キスで相性がわかっちゃう? (写真:iStock)

 キスって不思議ですよね。相手が変われど、唇と唇を重ねる行為だということには変わりがないのに、唇の柔らかさやふわりと香る匂いの印象は全く違います。でも、実は、この印象こそが「相性」を見分ける大きなポイントなのかもしれません。

 そこでまずは、女性が遺伝子レベルでキスから何を感じ取っているのか、見ていきましょう。

DNAで相性を感じる

 キスをすると唾液が交わりますよね。実はこの時、女性は相手のDNAを感じ取っているという説があります。

「相手は健康? 遺伝子学的に近いor遠い? しっかり繁殖をさせてくれる?」と、瞬時に判断できるのが「キス」。この時、女性はできるだけ自分の持つDNAから遠い相手を選ぶことで、丈夫な遺伝子を残すことができると確認しているそうです。

匂いで相性を感じる

 キスをした時、女性は無意識に相手の匂いを感じ取ります。ずっとキスをしたくなるような匂いだったら相性が良い相手、逆に、なぜか違和感や嫌な匂いだったら相性が悪い相手、そう判断することができるのです。

 ちなみに、思春期になると父親の匂いが嫌いになる女の子が増えるのは、遺伝子が近い相手(父親)との近親相姦を防ぐために本能的に避けているという説もありました。

相性が良い相手とのキスはどんなキス?

キスのあとにもっと相手を求めたくなる(写真:iStock)
キスのあとにもっと相手を求めたくなる (写真:iStock)

 上記の理由を見ると、キスでの相性診断はあながち間違っていないかも?と思ってしまいますね。過去の男性とのキスを思い出して、確かに!なんて思っている女性もいるのでは?

 では、相性が良い相手とのキスはどんなキスなのか、特徴をチェックしてみましょう。

長時間のキスを苦痛に感じない

 相性の良い相手とのキスは、長時間キスをしても苦痛に感じないキス。間だったり、呼吸だったり、お互いの顔の角度だったり、と、キスをするという動作には、さまざまなタイミングやフィット感が絡んでいます。

 これが1つでも合わないと、途端に冷めてしまったり、逆に気を遣ってしまったりと、疲れるキスになってしまうのです。時間を気にせずにいつまでもキスをしていられるような相手は、相性が良い相手だと言えるでしょう。

気持ちが良く幸せを感じる

 キスをしていると、気持ちが良く幸せな気持ちになったことがありませんか?実は、キスには、体をリラックスさせてくれたり、幸せを感じさせてくれる「セロトニン」という幸せホルモンを分泌させる働きがあります。ポジティブな気持ちになれるため、そんなキスができる相手とは、一緒にいて楽しく過ごせると感じられるのです。

 ちなみに、キスは女性ホルモンの「エストロゲン」の分泌も促してくれます。肌や髪をツヤツヤにして女性の体を美しく保つホルモンですので、キスをすることでより魅力的な女性になれるかもしれません。

その先を求めたくなる

 相性の良い相手と情熱的なキスをすると、欲望を湧き立たせる「オキシトシン」や「アドレナリン」というホルモンが分泌されます。鼓動が早くなって高揚感を得ると、女性だって、その先を求めたくなる感覚に陥りますよね。

 さらに、実は男性の唾液には男性ホルモンである「テストステロン」が含まれているという説も。興奮剤として知られるテストステロンを女性が受け取ることによって、女性側も次第に興奮していく、これがキスをすることで体を求めたくなるメカニズムなんだとか。

 逆に、キスをしても盛り上がらない場合には、相手を求めていないと遺伝子レベルで判断しているということ。流れに任せて……なんて言わずに、お断りする勇気も持つことも大切かもしれませんね。

相性が悪い相手とのキスはどんなキス?

キスしたけど、なんか違う…(写真:iStock)
キスしたけど、なんか違う… (写真:iStock)

 逆に、相性が悪い相手とのキスについても、確認していきましょう。

キスをすると精神的に疲れる

 キスをすると、なんだか疲れてしまう男性には要注意。激しすぎて肉体的に疲れる、というのではなく、精神的に疲れるのであれば、相性が合わない可能性大。

 上記で挙げた「長時間のキスを苦痛に感じない」と真逆になりますが、キスが合わないということは、体も気持ちも通じない相手として認定して良いのかもしれません。

なぜか違和感を感じる

 どんなに恋い焦がれている相手でも、なぜか違和感を感じるキスってありますよね。でも、第一印象で「何か違う」と感じても、回数を重ねるごとに次第に慣れていってしまうのも「キス」。

 でも、この違和感は、大事にした方が良いかもしれません。だって、あなたのDNAが違うと判断してそう思わせているのかもしれないのですから。

 違和感を感じた相手とは、その後発展してもあまりうまくいかないことが多いようです。キスの相性でお付き合いを検討するのには勇気が要りますが、女性だからこそ本能を信じて見ても良いのかもしれません。

進展を迷うなら、キスから始まる恋愛も良いかも?

キスから始まる恋もアリ?(写真:iStock)
キスから始まる恋もアリ? (写真:iStock)

 男性にとってのキスは求愛行動の1つとも言われていますが、女性にとってのキスは、相手の子孫を残したいかどうかを判断している行為。キスをするって、なんだか神秘的にも思えてきますよね。

 キスで全ての相性をはかることは難しくても、判断材料の1つとして持っておくのも良いかもしれません。もしも、「この人を好きになって良いのかな?」と進展を迷うなら、まずはキスから始めてみても?もしかしたら、キスが全てを解決してくれるかもしれませんよ。

リタ・トーコ
記事一覧
ライター
引きこもり既婚ライター。夫とのゆるい幸せを楽しみつつ、つい浮つく。類は友を呼ぶのか、周りに似た友人が多い。人生1回きり。興味に負け続ける女。好きな言葉は「自己責任」。

ラブ 新着一覧


成長させてあげる…? 男への違和感はスルー厳禁!勘が命中したLINE
「女の直感は当たる」といわれている通り、女性の「ん…?」という違和感は意外と当たるもの。信頼している彼氏やちょっといいな...
恋バナ調査隊 2024-06-15 06:00 ラブ
「倦怠期は不可避だ」運命の女と交際2年半、絶望に占領されるハイスぺ男
「冷酷と激情のあいだvol.199〜女性編〜」では、あえて結婚も同棲もしないスタイルで生涯を添い遂げると決めた恋人・カズ...
並木まき 2024-06-15 06:00 ラブ
年収計2000万のパワーカップルに暗雲?レス問題回避に失敗した46歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-15 06:00 ラブ
無意識な結婚ハラスメントにご用心!恋バナの延長線じゃすまないNG3つ
 結婚ハラスメント、いわゆる「マリハラ」をご存知でしょうか? 最近は何かとハラスメントに厳しいご時世、結婚についての話題...
恋バナ調査隊 2024-06-15 06:00 ラブ
熊谷真実、磯野貴理子は何が…2度3度結婚する中高年女性に特殊技能?
 女優の熊谷真実(64)が今月4日、自身のインスタグラムを更新し、ウエディングドレスの写真とともに結婚パーティーをしたこ...
そこ見る!? ヒモ男とヒモを飼いたい女性のリアリティーショーがすごい
 近頃、恋愛リアリティーショーも細分化されてきています。  バツイチだけの恋愛リアリティーや男性同士の恋愛リアリティー...
内藤みか 2024-06-13 06:00 ラブ
韓国人彼氏はプリンにも嫉妬なんてかわゆ♡ 日韓カップルのLINEを覗き見
 韓流ドラマなどを見ていると、主人公によくいる紳士的で優しい韓国人彼氏に憧れますよね!  実際に、韓国人彼氏がいる...
恋バナ調査隊 2024-06-12 06:00 ラブ
「恋愛も結婚も女性もわからなくて」色恋経験ゼロ男が淡泊に描く既定路線
「冷酷と激情のあいだvol.198〜女性編〜」では、結婚前提で交際する5歳年上の生真面目な恋人・サトルさん(46歳・仮名...
並木まき 2024-06-08 06:00 ラブ
「真面目で大事にされてもときめかない」味気ない男との再婚迷う41歳女
 男女の関係では、交際相手や配偶者の態度に悩む人も少なくありません。愛し合っている男女間でも、価値観や物事の判断には個人...
並木まき 2024-06-08 06:00 ラブ
年齢を言いたがらないアラフォー女性 “私は若く見える”が招く婚活トラブル
 結婚相談所では生年月日はプロフィール上に掲載されていますが、相談所外での恋愛相談を聞いていると、「年齢」を巡って揉める...
植草美幸 2024-06-07 06:00 ラブ
ド緊張して顔が土色!? 夫の人見知り発動時に隣の妻がやるべき3つのこと
「夫が人見知りで困っている」という悩みを抱える妻は少なくありません。ご近所付き合いや親戚の集まり、子育て関係のイベントや...
恋バナ調査隊 2024-06-07 06:00 ラブ
“女風”で気持ち良くなりたいのに…アラフォー女性初回利用でなぜ大失敗?
 女性用風俗、略して「女風」の勢いが止まりません。東京都だけで約100店舗ほどがあるとされ、どのお店の誰を選べばいいのか...
内藤みか 2024-06-06 06:00 ラブ
唇かむ“サレ女”。高度化する浮気バレ対策、奴らはLINEに証拠残さない!
 今、SNSのショート動画には“スマホから浮気を発見する方法”に関する動画が溢れ返っています。LINEはトーク画面上から...
ミクニシオリ 2024-06-06 06:00 ラブ
「野球大好き男」彼氏がうざい件 たまには違う話をしてー!対処法は?
 野球大好き男を彼氏にもつと、一緒に野球観戦デートをしたり、勝利を祝ったり、楽しいこともありますよね。でも、時にはあまり...
恋バナ調査隊 2024-06-06 06:00 ラブ
「関西の女はモテない」のざっくり感。関東男性の本音と好相性のいい人
 恋愛において、相手の出身地は意外と大きな影響があるものです。文化や習慣、価値観などに関わるので、相性にも差が出てきそう...
恋バナ調査隊 2024-06-04 06:00 ラブ
【調香師監修】梅雨はフェロモン危機!パワフルシトラスで恋愛運UPを
 雨の日が続く梅雨時は、出かけるのも仕事に行くのも憂鬱な気分…ヘアスタイルも決まらないし、肌も心も曇りがちなフェロモンピ...
太田奈月 2024-06-04 06:00 ラブ